« マルテ、先制弾から固め打ち!ツバメ退治で初勝利! | トップページ | 球児、あと1人からサヨナラ被弾。構想崩れ一層厳しく。 »

2020年6月24日 (水)

ボーア、19打席目でついに初ヒット。貧打は深刻。

200624ヤクルト○6-1●阪神(神宮
勝利打点:村上

関西テレビで中継。今日の先発はガンケル、ヤクルト・スアレス。原口がマスクを被り、開幕5試合すべてキャッチャーを代えてきました。初回、いきなりガンケルがノーアウト満塁のピンチを背負うと、村上のファーストゴロの間にスワローズ先制。さらに雄平の犠牲フライで2点目が入ると、山崎のレフト前タイムリーの間に3点先行。

3回、先頭・近本のサードゴロを村上が大きく弾いてしまいエラー。続く糸原のライト前ヒットでノーアウト1,3塁のチャンスを作ると、糸井のセカンドゴロ併殺の間に1点を返しました。この後、マルテのセカンドゴロが間一髪アウトとなり、矢野監督がリクエストを要求しますが失敗。そのウラ、原口が1塁ランナーの山田が飛び出したのを見逃さず牽制で刺すファインプレー。

4回、1アウトから山崎が盗塁を決めると、エスコバーを申告敬遠。続く嶋がセンター前ヒットで満塁のピンチ。炎上寸前でしたが、スアレスを空振り三振に抑えると、ベンチは続投させて坂口をレフトフライに抑えて三者残塁。何とか4回を投げきったガンケルはここで代打を送られました。低めにボールが集まらないと抑えられず苦しい内容でした。

5回、代わった守屋が雄平へ死球を与えてしまい1アウト満塁のピンチ。ここで山崎にレフト前タイムリーを許すと、エスコバーのサードゴロで前進守備のマルテが素早い動きで5-5-3を狙うもゲッツー崩れの間に5点目。6回、谷川が坂口に10球目をライトスタンドへ放り込まれて6点目。

7回、スワローズは清水が登板。1アウトからボーアが外角に沈むボールに泳ぎながらセンター前へ落とすヒット!19打席目でついに今季初ヒットが飛び出して思わずガッツポーズ。ただ今日はこれがハイライトになってしまい、再び単独最下位に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
  能見(4) 小川(5)
ボーア 糸井  
近本 糸原 福留 木浪 大山 谷川(3)
マルテ 原口 ガンケル[負] 高山 守屋(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ガンケル投手(今季初先発。好不調の波が大きく不安が残る。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« マルテ、先制弾から固め打ち!ツバメ退治で初勝利! | トップページ | 球児、あと1人からサヨナラ被弾。構想崩れ一層厳しく。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルテ、先制弾から固め打ち!ツバメ退治で初勝利! | トップページ | 球児、あと1人からサヨナラ被弾。構想崩れ一層厳しく。 »