« プロ野球戦力分析【巨人編・2020開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2020開幕】 »

2020年6月12日 (金)

梅野、あと1球からの同点打。土壇場でドロー。

200612オリックス△3-3△阪神(京セラドーム大阪)
勝利打点:なし

練習試合第9戦の先発は西、オリックス・山岡。開幕1週間前の試合で全12球団が開幕投手を練習試合に先発。初回、先頭・近本が四球を選ぶと、2番に入った糸原がライト前ヒットでノーアウト1,3塁のチャンス。ここで糸井のショートゴロ併殺の間にタイガース先制。しかし2回、連打で1アウト1,2塁のピンチを迎えると、若月がセーフティバントを試みて送りバントの形に。続く安達のピッチャー強襲のタイムリー内野安打で同点。

5回、2アウトから梅野が甘く入ったスライダーをセンター前ヒット。さらに暴投の間に2塁まで進むと、近本のライト前タイムリーで2-1と勝ち越し!先発の西は5回1失点、77球で降板。開幕戦、ジャイアンツ菅野との投げ合いに注目。

6回、2番手で飯田が登板しますが、1アウト満塁の大ピンチ。2アウトまで行きましたが、T-岡田にフルカウントから押し出しの四球を出してしまい同点。7回もイニングまたぎで行きますが、1アウト1,2塁のピンチ。ここは太田、若月を抑えて無失点。

8回、先頭・近本が左中間への2塁打で出塁すると、糸原が送りバント成功。1アウト3塁で初のライト守備に入った大山が四球。ここでボーアが痛恨のセカンドゴロ併殺に倒れて無得点。そのウラ、エドワーズが5四球を与えて以来の登板。2アウトからT-岡田にライトスタンド最上段へ放り込む160m弾を許してバファローズ勝ち越し。

9回は抑えのディクソンとの勝負。1アウトから福留がライト前ヒットで代走・植田を投入すると盗塁成功。代打・高山は四球を選んで1,2塁のチャンスとしますが、木浪が初球センターフライに倒れて2アウト。ここで梅野がカウント2-2と追い込まれてからセンター前へ。小田のバックホームがマウンドで大きく跳ねて悪送球となる間に3-3の同点!!そのウラ、谷川がサヨナラのピンチを背負いましたが無失点に抑えてゲームセット。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【巨人編・2020開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2020開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【巨人編・2020開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2020開幕】 »