« 植田、公式戦に取っておきたい満塁弾。6点差から反撃。 | トップページ | 小野寺、支配下登録を引き寄せる打撃アピール成功! »

2020年3月22日 (日)

北條、バスター成功で存在感!大勝で上昇気配。

200322ヤクルト●0-10○阪神(神宮)
勝利打点:マルテ

新型コロナウイルス対策による練習試合第3戦の先発は青柳、ヤクルト・山田大。初回、先頭・上本がライトオーバーの2塁打で出塁すると、1アウト3塁からマルテのショートゴロの間にタイガース先制!

4回、先頭・北條が7球粘ってレフト前ヒットを放つと、マルテもフルカウントから四球を選んでノーアウト1,2塁のチャンス。ここから2アウトまで行きますが、陽川への死球で満塁になると、原口のレフト前タイムリーで2点目!さらに5回、ノーアウト1,2塁のチャンスで北條。カウント3-1のヒッティングカウントからバスターエンドラン。レフト前ヒットで2塁から植田が帰る鮮やかな攻撃。さらに1アウト満塁から福留の犠牲フライで4点目。

先発の青柳は4回50球で降板。前回登板で8四球と乱れてから今日は無四球と調整してきました。5回は能見がヒット2本を打たれながら無失点ピッチング。そして6回は今季はリリーフ挑戦の岩貞が登板。2アウトから連続四球でピンチを背負いますが、塩見を空振り三振に抑えてくれました。

7回、先頭・島田が苦手の高めを振り抜くとライトスタンドへの一発!さらに2アウトから代打・糸原のライトフェンス直撃の2塁打で2,3塁とすると、陽川のレフトフェンス直撃の2点2塁打でダメ押し!さらに9回、2アウト1,2塁から暴投で2塁から一気にホームイン。これで終わらず打席の陽川がライトスタンドへの一発で大勝! もしよければ1クリックお願いします。

|

« 植田、公式戦に取っておきたい満塁弾。6点差から反撃。 | トップページ | 小野寺、支配下登録を引き寄せる打撃アピール成功! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 植田、公式戦に取っておきたい満塁弾。6点差から反撃。 | トップページ | 小野寺、支配下登録を引き寄せる打撃アピール成功! »