« 2019年12月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年3月27日 (金)

藤浪、NPB初のコロナ感染を発表。長坂・隼太も。

藤浪晋太郎選手、伊藤隼太選手、長坂拳弥選手の3名が昨日PCR検査を受け、昨夜、新型コロナウイルスの陽性判定が確定しましたことをお知らせいたします。

3名との濃厚接触者については現在調査中ですが、関係者及びそのご家族の安全を第一に考え、保健所と協力して調査を進めて参ります。なお、選手等のチーム関係者につきましては、濃厚接触者か否かにかかわらず、昨日より自宅待機および経過観察としております。

今後につきましては、保健所、地域アドバイザーの先生方、チームドクターのご協力を仰ぎながら、感染拡大防止に全力を尽くして参ります。
・チーム及び球団職員については、昨日より実施している自宅待機を当面の間継続し、経過観察と状況把握に努めながら、体調等に異変が出ればその都度迅速に対応していく体制を取っております。
・球団関連施設の消毒については、昨日全て終了しておりますが、今後も必要が出てくれば都度実施する予定です。
・これまでも取り組んでいた新型コロナウイルス感染症対策に「匂いや味を感じない等、嗅覚や味覚に異常を感じた場合、直ちに報告する」等の対応を追加し、昨日中に監督、コーチ、選手、球団スタッフ全員に再度周知、徹底をはかっております。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

小野寺、支配下登録を引き寄せる打撃アピール成功!

200324DeNA●5-9○阪神(横浜)
勝利打点:小野寺

新型コロナウイルス対策による練習試合ですが、開幕が4月10日から24日以降へ延期となり、明日の第5戦で中断することに。今日の先発は高橋遥、DeNA・平良。初回、先頭・木浪が1塁線へのボテボテの当たりでしたが、1塁への悪送球で内野安打に。2アウト1,2塁から新外国人のサンズが外角の球を左中間スタンドへ放り込む3ランでタイガース先制!

2回、2アウト1,2塁のピンチを背負うと、大和のセカンドゴロを糸原が後ろに逸らす間に1点。続く梶谷のセンター前タイムリーで1点差に迫られると、中井のボテボテのサードゴロをマルテのランニングスローがワンバウンドで1塁悪送球となり同点。さらにオースティンが初球をレフト線への2点2塁打で勝ち越し。2アウトからミスも重なって一挙5失点。早くも3エラーを喫しました。

2点ビハインドの5回、1アウトから木浪マルテの連続ヒットでチャンスを作ると、2アウトからボーアサンズへの連続四球で押し出し。なお満塁で大山でしたが内角低めのストレートに見逃し三振に倒れて三者残塁。

7回、1アウトから陽川高山の連打で1,3塁のチャンス。2アウト後、育成選手の小野寺の打席でダブルスチールが決まり、陽川が同点のホームイン!さらにライトへの打球に楠本のグラブに当てながら捕れずタイムリーとなり、6-5と逆転に成功!

9回、先頭・陽川がフルカウントから四球を選ぶと、1アウトから荒木のエンドランが決まって2,3塁のチャンス。ここで小野寺がレフト左への2点2塁打を放ちアピール成功!さらに大山にもセンター前タイムリーが飛び出して9点目。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

北條、バスター成功で存在感!大勝で上昇気配。

200322ヤクルト●0-10○阪神(神宮)
勝利打点:マルテ

新型コロナウイルス対策による練習試合第3戦の先発は青柳、ヤクルト・山田大。初回、先頭・上本がライトオーバーの2塁打で出塁すると、1アウト3塁からマルテのショートゴロの間にタイガース先制!

4回、先頭・北條が7球粘ってレフト前ヒットを放つと、マルテもフルカウントから四球を選んでノーアウト1,2塁のチャンス。ここから2アウトまで行きますが、陽川への死球で満塁になると、原口のレフト前タイムリーで2点目!さらに5回、ノーアウト1,2塁のチャンスで北條。カウント3-1のヒッティングカウントからバスターエンドラン。レフト前ヒットで2塁から植田が帰る鮮やかな攻撃。さらに1アウト満塁から福留の犠牲フライで4点目。

先発の青柳は4回50球で降板。前回登板で8四球と乱れてから今日は無四球と調整してきました。5回は能見がヒット2本を打たれながら無失点ピッチング。そして6回は今季はリリーフ挑戦の岩貞が登板。2アウトから連続四球でピンチを背負いますが、塩見を空振り三振に抑えてくれました。

7回、先頭・島田が苦手の高めを振り抜くとライトスタンドへの一発!さらに2アウトから代打・糸原のライトフェンス直撃の2塁打で2,3塁とすると、陽川のレフトフェンス直撃の2点2塁打でダメ押し!さらに9回、2アウト1,2塁から暴投で2塁から一気にホームイン。これで終わらず打席の陽川がライトスタンドへの一発で大勝! もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

植田、公式戦に取っておきたい満塁弾。6点差から反撃。

200321ヤクルト○6-5●阪神(神宮)
勝利打点:廣岡

新型コロナウイルス対策による練習試合第2戦の先発は中田、ヤクルト・小川。初回、大山の初球エンドランが決まってライト前ヒットで1アウト1,3塁のチャンス。ここでボーアのレフト線への浅いフライで糸原がタッチアップしますが、塩見のストライク返球の前にホームタッチアウトで無得点。

3回、変化球の制球がばらついた中田。先頭・廣岡に高めに浮いたスライダーをレフトスタンドへ放り込まれてスワローズ先制。1アウトから渡邉のレフト前への浅いフライを後ろに守っていたサンズが捕れず2塁打。1,2塁から吉田にライト前タイムリーを許すと、なお1,3塁から西田の三塁線へのゴロを崩れた体勢から大山がバックホームしてフィルダースチョイスとなり3点目。満塁から塩見にセンター前へ2点タイムリー、雄平の犠牲フライで一挙6点の猛攻。曲がりの大きいスライダーを痛打されてしまい、6連続出塁で炎上。

とどめは4回、続投の中田が嶋の頭部付近に投げてしまい、右手への死球で負傷交代。無観客試合なので嶋がベンチ裏に下がる際に叫ぶ声が中継にも聞こえてきました。試合後、親指付近の骨折と診断され長期離脱は避けられず、遺恨を残してしまいました。

6回、2アウト1塁から代走・植田が盗塁成功。さらに暴投の間に3塁まで進むと、1,3塁からボーアが2塁ベースの後ろに守っていたショートの頭を越えるセンター前タイムリーで1点を返しました。しかしそのウラ、雄平の強い打球のファーストゴロが陽川の右ひざに当たって負傷交代。

7回、2アウト1塁から北條のファーストファウルフライを西田が落球。これで五十嵐のリズムが乱れたか、満塁のチャンスに広がった所で左の中尾にスイッチ。ここで途中出場の植田が初球を振り抜くと、風にも乗ってレフトスタンドへ放り込むグランドスラムで1点差!タイガースベンチからオイ!オイ!という声が聞こえてきました。その後も1,3塁のチャンスを作りましたが、島田がレフトフライで同点ならず。

5回から登板した秋山が特別ルールで行われた9回ウラまで続投して無失点ピッチング。最大のピンチは7回、北條の1塁悪送球から2アウト1,3塁のピンチを背負いましたが、村上をセカンドゴロに抑えてくれました。好調を続けており開幕ローテ入りが見えてきました。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

幻の開幕戦。コロナ対策の無観客試合でミス連発。

200320ヤクルト○7-2●阪神(神宮)
勝利打点:エスコバー

新型コロナウイルス拡大の影響で、本来今日行われる開幕戦が延期となり練習試合を実施。幻の開幕戦となった先発は西、ヤクルト・清水。外国人野手3人(MBS砲)でクリーンアップを形成。初回、先頭・糸原の初球打ちでセカンド山田がいきなりファンブル。そのウラ、青木のライト前ヒットで糸井がトンネルするなど、無観客試合の影響からか集中力を欠きました。

2回、先頭・塩見が高めに浮いたを叩いてライトフェンス際への3塁打。1アウト後、新外国人のエスコバーが内角へのシュートを三塁線へ弾き返すタイムリー2塁打でスワローズ先制。さらに1,2塁から上田が左中間を真っ二つに破る2点2塁打で一挙3点の猛攻。西は細かな制球ができず3回3失点でマウンドを降りました。

4回、新外国人のボーアがファーストの横を破るヒットでノーアウト1,3塁のチャンスを作ると、同じく新外国人・サンズのサードゴロ併殺の間に1点を返しました。5回、タイガースは3番手で新外国人のエドワーズが登板しますが、2アウト1塁から村上にストレートを右中間に弾き返されタイムリー2塁打で1-4。

7回、先頭・福留がライト前ヒットで3打数3安打の猛打賞。第1打席の走塁でも隙をついて2塁を陥れるなど好調をアピールしました。ここから1アウト満塁のチャンスを作ると、スワローズは今野にスイッチ。途中出場の上本がライトポール際への犠牲フライで1点を返しました。なお2アウト2,3塁で大山に打席が回りましたが空振り三振。そのウラ、ルーキー小川が登板しますが、西田に高めに浮いた変化球がホームランとなり2-5。

スワローズがリードなので本来行われない9回ウラを特別ルールで実施。望月が登板しますが、サードゴロの1塁送球を陽川が弾いてしまいノーアウト1,3塁。塩見のセカンドゴロの間に1点を追加すると、原口が2度のパスボールと暴投でバッテリーミスの連続でさらに1点が入り、今日は本来の投球とは程遠い内容。9回ウラはやらない方がよかった。   もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年5月 »