« 植田、神走塁で決勝点!下剋上で5年ぶりファイナル! | トップページ | 天敵メルセデスに完敗。CS連敗で早くも崖っぷちの虎。 »

2019年10月 9日 (水)

望月、CS初先発で2回KO。反撃及ばず巨人が先手。

20191009クライマックス・セ ファイナルステージ第1戦
巨人(2勝)○5-2●阪神(東京ドーム
勝利打点:丸

BS日テレ→よみうりTV→BS日テレのリレー中継。今日の先発は望月(中16日)、巨人・山口。好調の木浪を1番起用しキナチカコンビで挑んだタイガース。初回、坂本をショートゴロ併殺に抑えた後、丸にバックスクリーン左への一発でジャイアンツ先制。さらに岡本がレフトスタンドへ2者連続アーチで早くも2点を先行。

2回、1アウト1,2塁から山口の送りバントは三塁ホースアウトに抑えますが、2アウト1,2塁から亀井の三塁線を破るタイムリー2塁打が飛び出すと、坂本が初球センター前への2点タイムリーで0-5。CS初登板となった望月ですが、打ち込まれてしまい無念のKO。ただ3回からは1軍合流の岩貞がここで登板。キレのいいボールで3人で抑えてゲームを作り直しました。

4回、2アウトから福留がライト前ヒットを放ち、チーム初出塁。続くマルテもセカンド右を破るヒットでつなぐと、糸原も四球を選んで満塁のチャンス。ここで高山の打席でフォークが暴投となり1点を返しました。さらに四球で満塁としますが、大山がセンターフライで三者残塁。5回、ノーアウト1塁で代打・鳥谷が登場しますが、フルカウントからセカンドゴロ併殺に倒れて反撃ならず。

8回、途中出場の先頭・北條がレフト前ヒットで出塁。1アウトを取った所で126球の山口が降板。代わった中川が近本福留を完璧に抑えて流れを封じられたかに見えました。9回は抑えのデラロサが登板。1アウトから連打でチャンスを作りますが、代打・原口がサードゴロ併殺崩れ。ただ2アウト1,3塁から梅野にストレートの四球で満塁とすると、北條がフルカウントから押し出しの四球を選んで1点を返しました。ここで原監督が田口にスイッチし、木浪がサードゴロに倒れてゲームセット。序盤の失点が響きました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  北條 岩貞(2) 能見(3)
高山 守屋(4)
糸原  
梅野  
近本 福留 マルテ 陽川 植田
木浪 大山 望月[負] 鳥谷 原口
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩貞祐太投手(再昇格。先発・リリーフの両方でフル回転したい。)
OUT 中谷将大外野手(陽川が打撃好調で守れる野手でもCS構想外に。)
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 植田、神走塁で決勝点!下剋上で5年ぶりファイナル! | トップページ | 天敵メルセデスに完敗。CS連敗で早くも崖っぷちの虎。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 植田、神走塁で決勝点!下剋上で5年ぶりファイナル! | トップページ | 天敵メルセデスに完敗。CS連敗で早くも崖っぷちの虎。 »