« 北條、5打点の大暴れ!ベイに6点差大逆転でCS先勝! | トップページ | 植田、神走塁で決勝点!下剋上で5年ぶりファイナル! »

2019年10月 6日 (日)

福留、あと1人から同点弾。継投力尽きサヨナラ負け。

20191006クライマックス・セ ファーストステージ第2戦
DeNA○6x-4●阪神(横浜
勝利打点:乙坂

BS-TBSで完全中継。今日の先発は青柳(中5日)、DeNA・濵口。初回、先頭・近本が右中間への2塁打で出塁すると、北條が送りバント成功。1アウト3塁のチャンスでしたが無得点。そのウラ、先頭・神里がセカンドへの内野安打でヘッドスライディング。2アウトからロペスがレフトスタンドへ放り込む一発でベイスターズ先制。

3回、先頭・筒香が外角ツーシームをレフトスタンド最前列へ放り込む一発で今日も3点のビハインド。毎回のようにピンチを背負った青柳ですが点を取られたのはホームラン2本のみ。5回、1アウトから代打・上本がセンター前ヒットで出塁すると、2アウトから北條が三塁線を破る長打!ここで上本が一気にホームに還って1点を返しました!戸柱がバックホームをそらす間に3塁まで進むと、福留のライト前タイムリーで1点差!好投の濵口がここで降板。代わった三嶋が大山を打ち取り同点ならず。大山は次の回の守備から退きました。

6回は今永が連投のマウンド。先頭・糸原がセカンドへの内野安打で出塁すると、梅野が送りバント成功。ここで中谷が9球粘って空振り三振で2アウトとなりますが、上本の打席で初球暴投で3塁に。レフト前タイムリーを放ち、3-3の同点!そのウラ、昨日3イニング投げたガルシアが連投。1アウトから大和に四球を出すと、2アウト2塁から神里のレフト前タイムリーでベイスターズ勝ち越し。

1点ビハインドの7回、パットンが8月に冷蔵庫を殴って負傷離脱してから復帰登板。先頭・北條がレフト前ヒットを放つと、代走・植田で早めの勝負に出ますが痛恨の盗塁失敗。一度はセーフでしたが大和のグラブが足に挟まっておりアウト。ただ福留の死球とマルテのヒットで1アウト1,2塁となった所でエスコバーにスイッチ。今日は抑えられてしまいました。そのウラ、ドリスがノーアウト2,3塁の大ピンチでしたが、フォークを多投して無失点ピッチング。梅野もよく抑えた。

8回は抑えの山崎康が早くも登場。すさまじい気迫でわずか9球で抑えられてしまいました。そのウラ、岩崎が2アウトからソトに四球を出しますが、筒香をライトフライに抑えて無失点。9回もイニングまたぎで山崎康が登板しますが、2アウトから福留がライトスタンド上段へ放り込む特大アーチで4-4の同点!しかしそのウラ、イニングまたぎの岩崎が1アウト1塁から代打・乙坂にサヨナラホームランを打たれて敗戦。明日がCS最終戦、退団表明している鳥谷の出番があるか。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
北條 福留 上本 守屋(2)
マルテ  
  岩崎[負](5)
糸原 梅野 ドリス(4)
近本 青柳 植田 高山 木浪 ガルシア(3)
大山 中谷 原口
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 北條、5打点の大暴れ!ベイに6点差大逆転でCS先勝! | トップページ | 植田、神走塁で決勝点!下剋上で5年ぶりファイナル! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北條、5打点の大暴れ!ベイに6点差大逆転でCS先勝! | トップページ | 植田、神走塁で決勝点!下剋上で5年ぶりファイナル! »