« 総動員の覚悟。決死のドリス5回投入も失敗でCS赤信号。 | トップページ | 鳥谷、130試合目で今季初打点!勇姿1試合でも長く。 »

2019年9月10日 (火)

4回から必死の継投実らず。ツバメに屈し自力CS消滅。 

20190910阪神●4-5○ヤクルト(甲子園
勝利打点:塩見

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は秋山(中5日)、ヤクルト・高橋。初回、近本のショートゴロ併殺崩れが1塁悪送球となり、1アウト2塁。ここから満塁となると糸原のレフト前タイムリーでタイガース先制!ただ大山が10球粘って見逃し三振に倒れると、中谷がライトフライで三者残塁。42球投げさせますが1点どまりが後で響きました。

2回、2アウト満塁のピンチを背負うと、ピッチャーの高橋が初球を振り抜いてなんとセンターオーバーの3点2塁打で逆転。さらに3回、2アウトからバレンティンに甘く入ったカーブをバックスクリーン左へ放り込まれてしまい1-4。そのウラ、2アウト1,2塁から中谷がレフト前タイムリーで1点を返すと、原口もレフト前タイムリーで1点差!ここで早くも秋山に代打・上本で勝負に出ますが空振り三振。

1点ビハインドの4回は早くも島本を投入。2アウト2塁のピンチを背負いましたが今日も無失点ピッチングで2イニング投げました。そのウラ、スワローズも高梨にスイッチ。先頭・木浪がレフトポール際への当たりがフェンスラバーの上を転がる間に一気に3塁へ。交錯して一度はベンチに下がりますが復帰。1アウトから福留のセンター犠牲フライで4-4の同点!そして5回、2アウト1塁で代打・鳥谷が退団表明後、初の甲子園での打席に大歓声。初球から打っていきますが浅いセンターフライ。

6回、1アウトから近本がレフト前ヒット。福留が三振ゲッツーに倒れますが、近本のアピールで矢野監督がリクエストを要求。タイミングはアウトながら、左足を動かしてタッチをかいくぐっていましたが判定変わらず。7回、スワローズは梅野。先頭・マルテが高々と打ち上げますが、ショートとセカンドがお見合いして落球。1アウトから大山がショートゴロ併殺。さらに8回、1アウトから代打・高山がヒット。途中出場の梅野の送りバントで2アウト2塁としますが、木浪がセンターフライ。

9回、球児が3人で抑えてサヨナラの流れを作りました。そのウラ、石山との勝負。1アウトから福留がライトオーバーの2塁打で出塁すると、代走・江越。すかさずマルテが申告敬遠されて1アウト1,2塁のチャンス。ここで糸原が良い当たりのレフトフライに倒れると、続く大山もキャッチャーファウルフライに倒れてサヨナラならず延長戦へ。

10回はドリス。先頭・廣岡がライト前ヒットで出塁すると、代打・奥村が送りバント成功。ドリスの1塁送球はヒヤヒヤしましたが、ゆっくり投げれました。2アウトまで行きますが代打・塩見が初球を打ち返して二遊間を破るタイムリーで勝ち越し。そのウラ、マクガフの前に3人で抑えられてしまいゲームセット。残り14試合でついに自力CS進出の可能性も消滅。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  島本(2) 岩崎[H](3) 藤川[H](5)
福留 マルテ 高山 ジョンソン[H](4)
木浪 原口  
糸原 梅野
中谷 上本 鳥谷 江越 北條
近本 大山 秋山 ドリス[負](6)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位争い【C○】(残10)⇔4.5差⇔【T●】(残14)⇔0.5差⇔【D●】(残15) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 総動員の覚悟。決死のドリス5回投入も失敗でCS赤信号。 | トップページ | 鳥谷、130試合目で今季初打点!勇姿1試合でも長く。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 総動員の覚悟。決死のドリス5回投入も失敗でCS赤信号。 | トップページ | 鳥谷、130試合目で今季初打点!勇姿1試合でも長く。 »