« ナゴヤで再び。13年ぶりノーヒットノーランの屈辱。 | トップページ | ガルシア、東京D最終戦で3ヶ月ぶり勝利!残留なるか。 »

2019年9月15日 (日)

鳥谷、4回登場で菅野撃ち。得意の継投で逆転負け。

20190915巨人○6-5●阪神(東京ドーム
勝利打点:ゲレーロ

BS日テレで完全中継。今日の先発は岩貞(中6日)、巨人・菅野。初回、1アウト1,2塁のピンチを背負うと、岡本のライトへの当たりが鋭くフェンスまで破っていく2点2塁打でジャイアンツ先制。打った岡本が三遊間で挟まれてアウトとなり助かりました。2回、2アウト1,2塁から梅野のライト前タイムリーで1点を返しましたが、3回に坂本がレフトスタンドへ36号ソロ。岩貞の低めへのチェンジアップに崩されながら放り込まれました。

2点ビハインドの4回、先頭・マルテがセンター左への当たりに積極的に2塁を狙いヘッドスライディング!続く糸原も四球で歩いてノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、高山が外角ツーシームに空振り三振。2アウト1,3塁となった所で梅野を申告敬遠しますが、矢野監督が早くも岩貞に代打・鳥谷を投入!甘く入ったカットボールを1,2塁間を破る2点タイムリーで同点!さらに相性の良い木浪がセンター前タイムリーを放ち、4-3と逆転!腰痛から1軍復帰した菅野はこの回で降板。

6回、岩崎が登板。相性の悪い中軸との対戦で、先頭・坂本に四球。続く丸の右手首付近への死球でノーアウト1,2塁のピンチ。岡本は空振り三振に抑えますが、阿部の左手にも死球(バットとボールに挟まれる)で負傷交代。1アウト満塁の大ピンチでしたが、ゲレーロを高めのつり球で空振り三振!続く田中をサードゴロに抑えて三者残塁!

7回、先頭・近本がセカンドへの内野安打。2アウトから宮國の暴投で2塁に進むと、次の球を糸原がセンター前タイムリー!しかしそのウラ、前の回に苦しんだ岩崎を続投させると1アウトから代打・石川にレフトスタンド看板直撃の135m弾で再び1点差。2アウトで坂本を迎えた所で早めのジョンソン投入。イニングまたぎとなった8回、先頭・丸に四球。1アウトから途中出場の吉川大が2球連続でバントを打ち上げてアウトとしますが、ゲレーロが高めに浮いたストレートをレフトスタンドへ放り込む20号2ランで逆転負け。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  鳥谷 守屋[H](2) 島本[H](3)
マルテ 糸原 上本
   
木浪 梅野 岩崎[H](4)
近本 中谷
福留 高山 大山 岩貞 ジョンソン[負](5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位争い【C●】(残5、マジック3)⇔4.5差⇔【T●】(残9)⇔0.5差⇔【D●】(残10) もしよければ1クリックお願いします。

|

« ナゴヤで再び。13年ぶりノーヒットノーランの屈辱。 | トップページ | ガルシア、東京D最終戦で3ヶ月ぶり勝利!残留なるか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナゴヤで再び。13年ぶりノーヒットノーランの屈辱。 | トップページ | ガルシア、東京D最終戦で3ヶ月ぶり勝利!残留なるか。 »