« ガルシア、東京D最終戦で3ヶ月ぶり勝利!残留なるか。 | トップページ | 近本、154安打のリーグ新人記録。CS進出へ崖っぷち。 »

2019年9月18日 (水)

大山、逆転打で復調気配!近本がミスターに並んだ。

20190918阪神○3-2●ヤクルト(甲子園
勝利打点:大山⑪

サンテレビ→朝日放送→サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、ヤクルト・ブキャナン。初回、先頭・太田に四球を出すと、続く山崎が送りバント成功。1アウト2塁のピンチでしたが、青木、雄平を打ち取って無失点の立ち上がり。3回、2アウトから梅野のパスボールで2塁に進まれると、連続四球で満塁の大ピンチ。雄平をファーストゴロに抑えて三者残塁。

4回、1アウト1塁から奥村の三遊間を破りそうな当たりを木浪がダイビングキャッチ!2塁ホースアウトにするファインプレーで助けました。そのウラ、先頭・糸原が四球で出塁すると、高山が空振り三振の際にスタートを切っており盗塁成功。1アウト2塁から大山のセンター前タイムリーでタイガース先制!なお1,2塁で青柳がスリーバント失敗に倒れますが、木浪がヒットでつないで満塁のチャンス。近本の当たりは風に乗りましたがライトフライで三者残塁。

6回、先頭・青木に四球を出すと、1アウト2塁で村上にカウントを悪くした所で申告敬遠。1,2塁からルーキー吉田にライト前タイムリーで同点。さらに1,3塁から奥村がカウント3-0から三塁線ギリギリに入れるタイムリー2塁打で逆転。まだ青柳が続投して松本に四球を出して満塁となると、ブキャナンのボテボテの当たりに木浪がバックホームでアウト!2アウト満塁となった所で青柳が降板して島本(60試合登板)にスイッチ。代打・山田が出てきましたが空振り三振で三者残塁。

7回、スワローズは左のハフが登板。先頭・近本がセンター前ヒットを放つと、1アウトから34個目の盗塁成功で単独トップに浮上。マルテが四球を選んで1,2塁とすると、糸原のセカンドゴロ併殺崩れで2アウト1,3塁。ここで高山が二遊間を破るタイムリーで同点に追いつくと、続く大山のレフト前タイムリーで3-2と勝ち越し!さらに8回、2アウトから近本がファーストへの内野安打で長嶋茂雄氏に並ぶセリーグ新人記録の153安打!

1点リードの9回は球児。先頭の代打・荒木にライト線への2塁打を許すと、山田に四球を出したボールを梅野が後逸してしまいノーアウト1,3塁の大ピンチ。ここで1塁ランナーの山田が盗塁を試みますが梅野が刺してアウト!今シーズン失敗2個の山田を刺したのは大きい。山崎を空振り三振に抑えると、最後は代打・バレンティンが出てきますがライトフライでゲームセット!日米通算240セーブ。

「目標にしていたのでうれしいです。最後まで0で抑えれるように。」by 島本
「青柳さんの為に打ちたいと思っていた。自分が決めるという強い気持ち。」by 大山
「恐縮です。僕らしいヒットやなぁと。まだまだいっぱい走ります。」by 近本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 大山 島本(2) 岩崎[勝](3)
  ドリス[H](4)
糸原 梅野 青柳  
木浪 マルテ 高山 藤川[S](5)
福留 中谷 北條
  鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位争い【C】(残4、マジック3)⇔3差⇔【T○】(残7)⇔0.5差⇔【D○】(残8) もしよければ1クリックお願いします。

|

« ガルシア、東京D最終戦で3ヶ月ぶり勝利!残留なるか。 | トップページ | 近本、154安打のリーグ新人記録。CS進出へ崖っぷち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガルシア、東京D最終戦で3ヶ月ぶり勝利!残留なるか。 | トップページ | 近本、154安打のリーグ新人記録。CS進出へ崖っぷち。 »