« 西、投打で活躍。プロ初長打もありナゴヤで初勝利! | トップページ | 鳥谷、4回登場で菅野撃ち。得意の継投で逆転負け。 »

2019年9月14日 (土)

ナゴヤで再び。13年ぶりノーヒットノーランの屈辱。

20190914中日○3-0●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発は望月(中7日)、中日・大野。福留が8月9日以来の休養日に充てられ、大山を今季初の3番。北條をプロ2度目の5番に入れてきました。大野キラーの陽川も6番でスタメン。2回、先頭・ビシエドがセンターオーバーの2塁打で出塁すると、1アウト3塁から阿部に暴投の間にドラゴンズ先制。

3回、先頭・加藤のファーストゴロをマルテが後ろに逸らしてしまうと、大野の送りバントも望月が足を滑らせて内野安打。1アウトから京田への内角スライダーが左足の先に当たって死球。この判定に矢野監督がリクエストを要求しますが判定変わらず。満塁から福田のライト犠牲フライの間に2点目。

5回、マルテの振ったバットがキャッチャー加藤の左手に当たり、ベンチに戻りますが治療をして出場。この回も3人で抑えて5回までパーフェクトの大野。そのウラ、2アウトから福田に四球を出すと、変化球が内角高めに抜けて暴投。2塁に進むとビシエドにライトフェンス最上部に当てるタイムリー2塁打を許してしまい、痛すぎる3点目。望月は5回3安打94球で降板。大野と比べると無駄なボール球がどうしても目立ってしまいました。

6回、この回の守備からキャッチャーが大野奨に交代。1アウトから梅野のショートゴロで1塁送球がそれてエラー。これがチーム初出塁でした。ビシエドがタッチに行きましたが、与田監督のリクエストも判定変わらず完全試合は崩れました。続く代打・上本が空振り三振に倒れますが、スタートを切っていた梅野が盗塁成功。2アウト2塁から木浪のショート右へイレギュラーした当たりを京田がアウトにするファインプレー。これで場内がノーヒットノーランの雰囲気を出してきました。

7回、1アウトで大山がフルカウントから四球を選んで今日2人目の出塁。続くマルテの初球、三塁線を破る当たりでしたが惜しくもファウル。ただ内角ストレートに見逃し三振。代打・糸原もサードゴロに倒れてまだノーヒット。9回、110球の大野がマウンドに上がりあと3人。代打・原口がフルカウントからショートゴロに倒れると、木浪もショートゴロで2アウト。場内大野コールが上がり、最後のバッター近本が良い当たりのサードライナーでノーヒットノーラン達成。2006年9月16日の山本昌以来の屈辱を喫しました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  能見(3)
  守屋(2) ドリス(4)
   
梅野 望月[負] 糸原 原口
木浪 近本 大山 マルテ
北條 陽川 高山
上本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位争い【C○】(残6、マジック4)⇔4.5差⇔【T●】(残10)⇔0.5差⇔【D○】(残11) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西、投打で活躍。プロ初長打もありナゴヤで初勝利! | トップページ | 鳥谷、4回登場で菅野撃ち。得意の継投で逆転負け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西、投打で活躍。プロ初長打もありナゴヤで初勝利! | トップページ | 鳥谷、4回登場で菅野撃ち。得意の継投で逆転負け。 »