« ガルシア、古巣にまたも勝てず。初登板の梅津に完敗。 | トップページ | 木浪、6連打で逆転劇の口火!セカンドで新境地。 »

2019年8月13日 (火)

青柳、崖っぷちの先発で快投。3併殺で援護なくドロー。

20190813中日△0-0△阪神(ナゴヤドーム

テレビ大阪で4回表から12回表途中まで中継。今日の先発は青柳(中5日)、中日・大野雄。北條が2番に起用され、相性の良い陽川を8番に入れました。青柳は今日の内容次第では2軍降格もある崖っぷちの先発。初回、1アウトから苦手の左バッターに連打で1,2塁のピンチを背負いますが、ビシエドをショートゴロ併殺に抑えて無失点の立ち上がり。

5回、先頭・青柳が11球粘って最後は見逃し三振ですが打撃で貢献。この後、1アウト1,2塁のチャンスを作りますが、福留が空振り三振。続くマルテも高々と打ち上げてしまいショートフライで無得点。6回、1アウトから大山がライト前ヒットで出塁すると、梅野がセーフティバントの形で送りバント成功。ここでドラゴンズは陽川を申告敬遠して、ピッチャー青柳との勝負を選択。まだ代打を出せずセカンドゴロ。続投は良いのですが、ここの采配はもったいなかった。

6回、1アウトからアルモンテのボテボテのショートゴロで間一髪アウトの判定。与田監督がリクエストを要求しますが判定変わらず。さらに激走のアルモンテが脚の張りを訴えて負傷交代。これが後で響いてきました。7回、1アウトから北條がヒットで出塁すると、代走・植田が盗塁成功。タイミングの合っていない福留が四球を選んで1,2塁としますが、マルテが初球ピッチャーゴロ併殺。そのウラ、ドラゴンズのバント攻撃を梅野が相次いでアウトにしました。

8回、先頭・ソラーテがレフト前ヒットで出塁しますが、大山がセカンドゴロ併殺。それでも梅野がレフト前ヒットを放った所で131球の大野が降板。代わった藤嶋の前に陽川が三球三振。ここの采配も引っかかりました。そのウラ、先頭・藤井にセンター前ヒットを許した所で好投の青柳が降板。代わった岩崎が亀澤をスリーバント失敗。そしてアルモンテの代わりに出ている遠藤を打ち取りました。同点の9回はジョンソンが苦手のビシエドからの打順を3人で抑えて延長戦へ。

11回、先頭・大山がライト前ヒットで出塁すると、梅野が送りバント成功。途中出場の糸原がカウントが悪くなった所で敬遠気味で歩かされると、高山が痛恨の初球セカンドゴロ併殺。そのウラ、島本が1アウトからヒットを許しますが、代打・阿部をショートゴロ併殺に抑えて無失点。最終回は球児がビシエドからの打順を3人で抑えてスコアレスドロー。両チームともに3塁を踏めず。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
青柳 岩崎[H](2) ジョンソン[H](3) 能見[H](4)
島本[H](5) 藤川(6)
北條 梅野  
   
近本 大山 植田 糸原
福留 ソラーテ 陽川 島田 鳥谷 木浪
マルテ 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« ガルシア、古巣にまたも勝てず。初登板の梅津に完敗。 | トップページ | 木浪、6連打で逆転劇の口火!セカンドで新境地。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガルシア、古巣にまたも勝てず。初登板の梅津に完敗。 | トップページ | 木浪、6連打で逆転劇の口火!セカンドで新境地。 »