« 西、6回1失点の好投も惜敗。15試合連続で先制許す。 | トップページ | 福留、3打点でベテランの集中打!新布陣で立て直し。 »

2019年8月18日 (日)

木浪、プロ初の猛打賞も今季4度目の巨人戦3タテ。

20190818巨人○6-3●阪神(東京ドーム
勝利打点:増田大

BS日テレで完全中継。今日の先発はガルシア(中5日)、巨人・山口。ソラーテが先発を外れ、糸原が今季2度目の5番に入りました。2回、糸原高山のヒットで1アウト1,2塁のチャンスを作りましたが、坂本が空振り三振。ガルシアもセカンドゴロに倒れて無得点。

4回、先頭・岡本がライト前ヒットで出塁すると、阿部のセンターフライを近本が打球を見失ってしまいヒット。1アウト1,3塁から増田大が低めのチェンジアップを弾き返し、前進守備の福留もグラブに当てながら及ばず。レフトオーバーの2点3塁打でジャイアンツ先制。2アウト後、ピッチャーの山口自らライト線へのタイムリー2塁打で3点目。ガルシアは5回で代打を出されて降板。外国人枠の問題もあり次回登板は微妙。

5回、浜地原口のバッテリーに代わりますが、岡本がバックスクリーン左の壁へ直撃する特大弾で4点目。6回、1アウト1,2塁のチャンスを作ると、マルテが左胸の痛みを訴えて代打・ソラーテ登場もセカンドゴロ併殺崩れ。それでも糸原がファーストの頭を越えるタイムリー内野安打で1点を返しました。さらに満塁のチャンスで高山がカウント3-0から空振り三振。そのウラ、ソラーテが初のファースト守備に入りました。四球の増田大が二盗・三盗と連続して決めますが得点は許さず。

7回、代打・鳥谷がライト前ヒットで相性の良さを見せると、2アウトから木浪が右中間へのタイムリー2塁打で初の猛打賞!さらに福留が左中間へのタイムリーで1点差!ここで山口が降板して代わった大竹がソラーテをセカンドゴロに抑えました。そのウラ、1点ビハインドでジョンソンを投入しますが、2アウト1,2塁からゲレーロに高めのつり球が甘く入ってレフトオーバーの2点2塁打。前進守備だっただけに原口のリードが残念でした。力んだかこの後は155キロを連発。

8回、続投の大竹を攻めて1アウト満塁のチャンスでしたが、代打・北條がセカンドフライ。左の田口にスイッチして、近本はセカンドゴロで三者残塁。田口は9回も続投して2アウトを取った所で沢村にスイッチし、ソラーテを空振り三振に抑えてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
木浪 鳥谷
   
糸原 福留 守屋(4)
大山 浜地(2)
高山 原口
近本 マルテ 坂本
ガルシア[負]
陽川 ソラーテ 北條 ジョンソン(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西、6回1失点の好投も惜敗。15試合連続で先制許す。 | トップページ | 福留、3打点でベテランの集中打!新布陣で立て直し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西、6回1失点の好投も惜敗。15試合連続で先制許す。 | トップページ | 福留、3打点でベテランの集中打!新布陣で立て直し。 »