« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月31日 (土)

生観戦。中谷、値千金の代打決勝弾!連敗ストップ!

20190831阪神○4-2●巨人(甲子園
勝利打点:中谷②

BS1で完全中継。毎日放送でも中継。今日の先発は西(中6日)、巨人・山口俊。今季7試合目の生観戦試合でした。初回、2アウトから福留の1塁線を破る当たりでしたが、塁審の股間に打球が直撃してシングルヒットに。

2回、先頭・糸原がワンバウンドを止めたバットに当てると、山口の横を抜けてセカンド内野安打。これが12打席ぶりのヒット。1アウト1,3塁から梅野が右中間へ落とすタイムリーでタイガース先制!さらに亀井が弾いたのを見て3塁に進むと、西が初球スクイズファウル。2球連続ウエストで手を出さずカウント3-1からスクイズ成功!さらに梅野が三盗を試みますがタッチアウト。矢野監督のリクエストも判定変わらず。

4回、先頭・丸がカウント3-0から打っていき、センター右へのライナーを近本が追いつくファインプレー。この後、1アウト2,3塁のピンチを背負った西。ゲレーロをキャッチャーファウルフライに抑えて2アウトを取りますが、続く若林の初球を暴投で1失点。さらにファウルで粘られるとセカンドの右を破るタイムリーで2-2の同点。そのウラ、2アウトから高山のセカンドゴロが間一髪アウトの判定に矢野監督が2度目のリクエスト。ここは判定が覆ってセーフになりますが、梅野が三球三振。

同点の7回はドリスが7番からの打順で三人抑えました。6回82球の山口に代打を送らずもちろん続投。そのウラ、2アウトとなった所でネクストに控えていた鳥谷がベンチに戻り、代打・中谷。追い込まれてから真ん中高めに入ったストレートに振り負けずレフトスタンドへの6号ソロで勝ち越し!さらに木浪がヒットを放った所で山口KO。代わった高木から1,2塁のチャンスでしたが、福留が良い当たりのライトフライ。

1点リードの8回は岩崎。代打・石川にカウント3-0としますが、フルカウントからライトフライ。坂本を三球三振に抑えると、昨日打たれた丸をレフトフライに抑えてパーフェクトリリーフ。そのウラ、大竹から先頭・マルテがレフト線への2塁打で代走・植田糸原が送りバントを決めると、代打・大山がなんと振り逃げの間に1点追加!打った本人も2塁まで進む好走塁。最終回は球児が2アウト2塁のピンチを背負いますが、代打・山下航をファーストフライに抑えてゲームセット!

「自分はチャンスが少ないので、足跡を残してやろうと思っていた。」by 中谷
「昨日終わってから次はどうやって抑えようか考えていました。」by 岩崎
「満足して帰ってほしい。すべてファンの皆さんのためにやっています。」by 球児
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 中谷 ドリス[勝](2) 岩崎[H](3) 藤川[S](4)
近本 西  
高山 梅野  
福留 マルテ 植田 大山
木浪 北條  
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位争い【C○】(残18)⇔3差⇔【T○】(残21)⇔3差⇔【D●】(残23) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

大山外しの新打線も拙攻11残塁。鳥谷に引退勧告。

20190830阪神●1-4○巨人(甲子園
勝利打点:丸

よみうりTVで5回ウラ途中まで中継。今日の先発は高橋遥(中6日)、巨人・高橋。121試合目で大山が今季初のスタメン落ち。サードには北條が入りました。夕方の豪雨の影響で1時間遅れてのプレーボール。

初回、2アウトからヒットの丸が暴投で一気に3塁に進むと、岡本のレフト前タイムリーが雨で打球が止まりタイムリー2塁打でジャイアンツ先制。そのウラ、先頭・木浪が11球粘ってヒットで出塁すると、近本がセカンドゴロ併殺。ここで矢野監督が1塁アウトの判定にリクエスト成功でセーフに。2アウトからマルテがレフト線へのタイムリー2塁打で同点!

3回、2アウト1,2塁のチャンスを作りますが、マルテが良い当たりのサードゴロで無得点。さらに4回、1アウトから1,2塁のチャンスを作りますが、梅野が空振り三振。続く高橋遥もサードゴロに倒れて無得点。ジャイアンツは4回91球の高橋に代打を送り、5回からは田口を投入。2アウトから1,2塁のチャンスを作りましたが、糸原がショートフライに倒れて無得点。

6回、1アウト1,2塁のピンチでゲレーロを空振り三振に抑えますが、大城のセカンド前への詰まった打球をマルテが追いかけてしまい、ファーストへの内野安打で満塁の大ピンチ。ここで小林が初球セカンドゴロに倒れて三者残塁。そのウラ、2アウト1塁で打順が回りますが、91球の高橋遥を打席に立たせてセカンドゴロ。

7回、先頭・石川のファースト頭上への当たりをマルテのグラブを弾くヒット。2アウト2塁で坂本へカウント3-0と悪くした所で申告敬遠。ここで丸がフルカウントからライト前タイムリーを放ち勝ち越し。ジョンソンが体調不良で2試合続けてベンチを外れており、続投させたのが裏目に出ました。そのウラ、先頭・木浪がレフト前ヒットで出塁すると、代走・植田。1アウトから盗塁を決めますが、福留が空振り三振に倒れて2アウト。ここでマルテを申告敬遠で歩かせて1,2塁となりますが、糸原がセカンドフライに倒れて無得点。

1点ビハインドの9回は岩崎が登板しますが、1アウトから代走・重信が盗塁成功。植田のグラブが重信の左手に当たってそうに見えましたが、矢野監督のリクエストも判定変わらず。2アウト2塁から丸がバックスクリーンへの24号2ランで勝負アリ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
木浪  
マルテ ドリス(2)
高橋遥[負]  
福留 植田 俊介
北條 中谷 梅野 高山 大山
近本 糸原 岩崎(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位争い【C●】(残19)⇔3差⇔【T●】(残22)⇔2差⇔【D○】(残24)

25日の神宮での「最後かも」発言から鳥谷の戦力外報道が過熱。球団も鳥谷と会談を行った事を明らかにし、事実上の戦力外通告。このままユニフォームを脱ぐのか、それとも他球団での現役を続行するのか決断が迫られる。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月28日 (水)

青柳、粘りの投球も一発。梅野に代打鳥谷も不発。

20190828阪神●0-1○中日(甲子園
勝利打点:阿部

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発は青柳(中7日※スライド)、中日・小笠原。長期ロードを勝率5割で終えて迎えたホーム初戦。木浪が4月2日以来の1番に入り、開幕時の構想「キナチカ」コンビが復活。再昇格した俊介も7番ライトで今季初スタメン。

初回、先頭・木浪がレフト前ヒットで出塁しますが、近本の良い当たりのピッチャーライナーで戻れずゲッツー。

3回、先頭・大島が9球粘って四球を与えると、1アウトから福田に死球で1,2塁のピンチ。ここでビシエドをサードゴロ併殺に抑えて無失点。4回、2アウトからマルテ糸原へ連続死球で1,2塁のチャンスでしたが、大山がセンターフライに倒れて無得点。5回、先頭・小笠原が自らレフトオーバーの2塁打。続く大島もレフト前ヒットでノーアウト1,3塁の大ピンチでしたが、踏ん張った青柳。最後はビシエドにスライダーが甘く入りましたが、サードゴロに抑えてくれました。

6回、1アウトから阿部に甘く入ったスライダーを振り抜かれ、レフトスタンド最前列へ放り込む一発でドラゴンズ先制。ここまで青柳が粘っていただけにもったいない1球でした。そのウラ、1アウトから近本がライト前ヒットで出塁して今季131安打としますが、続く福留が空振り三振。スタートを切っていた近本も刺されて三振ゲッツー。

7回、先頭・マルテがショートへの内野安打。1塁送球が少しそれてボールがこぼれる間に2塁を狙いましたが楽々タッチアウト。2アウトを取った所で好投の小笠原に代えて防御率0.00の藤嶋にスイッチ。ここから大山がセンター前ヒットを放つと、代打・高山も右中間への2塁打で2,3塁のチャンス。ここで梅野に代打・鳥谷で勝負に出ますが、セカンドゴロで無得点。打点0を続ける中でここの選手起用は様々な思惑を感じました。

8回はロドリゲスとの勝負。先頭の代打・北條がレフト前ヒットで出塁すると、代走・植田。続く木浪が150キロ超のストレートを送りバント成功。1アウト2塁のチャンスでしたが、近本福留が相次いで凡退。9回はクローザーの岡田。1アウトから糸原のレフトフライを遠藤が落球して盛り上がりましたが、大山がピッチャーゴロ併殺に倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  島本(2)
青柳[負] 高山 北條 能見(3)
木浪  
梅野  
マルテ 大山 近本 坂本 植田 江越
糸原 福留 俊介 鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位争い【C●】(残21)⇔3.5差⇔【T●】(残23)⇔3差⇔【D○】(残25)

27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 俊介外野手(再昇格。大野対策で抜擢されたが雨で流れる。)
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT ガルシア投手(中盤に崩れる悪癖。ゲームを作れず今季2勝どまり。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

ガルシア、3度の満塁で5回に力尽きる。2軍降格が決定。

20190825ヤクルト○5-1●阪神(神宮
勝利打点:中村

今季119試合目は中継なし。今日の先発はガルシア(中6日)、ヤクルト・ブキャナン。2回、2アウト満塁のピンチを背負いますが、ブキャナンをピッチャーゴロに抑えて無失点。3回、1アウトからガルシアがレフト前ヒットで出塁すると、2アウトから木浪が死球。1,2塁から福留のライト前タイムリーでタイガース先制!

4回、先頭・雄平がレフト線への2塁打を放つと、2アウトから奥村を申告敬遠。ピッチャー勝負にしましたが、梅野のパスボールで2,3塁に進まれると、フルカウントから四球を出してしまい満塁。ここでトップに戻って太田をショートゴロに抑えましたが、後で響いてきました。5回、先頭・青木の右肩付近への死球。2アウト1,3塁から村上に四球を出して満塁となると、代打・中村のレフト前への2点タイムリーで逆転。あと1アウトを取れずガルシアがKO。ベンチでグラブを叩きつけました。

1点ビハインドの7回、2アウトから木浪がセンター前ヒットで出塁すると、福留が四球を選んで1,2塁のチャンス。ここでスワローズが右の平井にスイッチすると、マルテがフォークにタイミングが合わず空振り三振。そのウラ、ドリスが登板。1アウトから四球と連打で満塁のピンチを作ってしまうと、2アウトから代打・川端にライト前へ2点タイムリーを許してしまい勝負アリ。

8回は守屋。2アウトから山崎がセーフティバントを決めて出塁すると、続く雄平が左中間オーバーのタイムリー2塁打を許してダメ押しとなる5点目。最終回、1アウトから代打・鳥谷が叩き付けてショートへの内野安打。さらに初球スチールを決めますが、点差が空いており記録はつかず。ただ後続が凡退してゲームセット。今年の長期ロードは10勝10敗1分で去年に続いて五分に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  島本(2)
福留 鳥谷
   
木浪 マルテ  
近本 大山 高山
ガルシア[負]
北條
糸原 梅野 ドリス(3) 守屋(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

福留、今週3度目のお立ち台!西に援護あり5連勝!

20190824ヤクルト●4-7○阪神(神宮
勝利打点:高山③

今季118試合目は中継なし。今日の先発は西(中6日)、ヤクルト・田川。初回、1アウトから木浪が叩き付けた当たりがセカンドへの内野安打となると、続く福留がライトポール際、スタンド上段へ放り込む8号2ランでタイガース先制!西に16試合ぶりの先制点をプレゼントしました。

3回、先頭・中村に四球を出すと、続く奥村が右中間を破っていくタイムリー3塁打で1点を返されました。1アウトからトップに戻って太田のレフト前タイムリーで同点。さらに青木が外角スライダーに崩されながらレフト線への2塁打を放つと、2,3塁から山田のレフト前タイムリーでスワローズが逆転。なお1,3塁のピンチでしたがバレンティンをサードゴロ併殺に抑えて追加点は許さず。

4回、クリーンアップ3連打でノーアウト満塁のチャンス。大山はフルカウントから空振り三振に倒れますが、高山がセンターフェンス直撃の2点2塁打で4-3と逆転!ここでスワローズは星にスイッチしますが、梅野がレフト線へ落とす2点2塁打で6-3!また西の打席の時にキャッチャーが前にボールをこぼすのを見て梅野が3塁に進む好走塁を見せますが、追加点ならず。

5回、1アウトから福留が2塁打を放ち、早くも猛打賞。続くマルテのレフト前ヒットで1,3塁とすると、糸原のショートゴロ併殺崩れの間に7点目。そのウラ、先頭・太田にセンターフェンス直撃の2塁打。1アウト3塁で山田のセカンド後方へのフライ。糸原が深めに追いかけながら捕りますが、これを見て3塁ランナーがタッチアップを決めて珍しい犠牲フライに。ライトの高山も捕れただけにもったいなかった。西は慣れない神宮のマウンドに苦しんだか5回4失点。82球で代打を送られました。

3点リードの6回は能見。1アウトから松本直にプロ初ヒットとなる内野安打を許しますが、2アウトからボールがこぼれる間に2塁を狙って梅野の送球が決まってタッチアウト。7回は岩崎がわずか6球で片づけるナイスピッチング。そして8回はジョンソン。1アウトからバレンティンにパワーカーブをヒットされると、雄平の左中間への大きな当たりを近本が追いついてナイスキャッチ。

9回、2アウト2塁から木浪のピッチャー強襲の当たりが内野安打になりますが、近藤の右肩付近に直撃して負傷交代。満塁で途中出場の植田がショートライナーに倒れて三者残塁。最終回は球児が連続三振の後、西田をセンターフライに抑えてゲームセット!現役最多タイのNPB通算234セーブで5連勝!3位ベイスターズまで2.5ゲーム差。

「(初の5連勝に)ちょっと遅い気がしますけど、勝ててよかったです。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 岩崎[H](3) ジョンソン[H](4) 藤川[S](5)
  能見[H](2)
マルテ 高山 梅野 中谷
近本 木浪 糸原  
大山 西[勝] 原口 植田
  鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

高橋遥、ツバメの大砲村上から3三振!集中打で4連勝!

20190823ヤクルト●3-8○阪神(神宮
勝利打点:マルテ③

今季117試合目は中継なし。今日の先発は高橋遥(中6日)、ヤクルト・山田大。初回、木浪がセカンドゴロ併殺で倒れますが、福留が四球を選んで出塁すると、マルテが10球粘ってショートの右を鋭く破っていくと、フェンス際でスライディングしたセンターの山崎がもたつく間に一気に先制のホームイン!続く糸原も右中間を鋭く破るタイムリー2塁打。さらに大山もセンターオーバーのタイムリー2塁打で3点先行!

3回、先頭・木浪が高めに浮いたスライダーを振り抜きライトスタンドへの4号ソロ!そのウラ、1アウトから3連打で満塁のピンチを背負うと、バレンティンのショートゴロ併殺崩れの間に1失点。さらに5回、1アウト1,2塁のピンチを背負った高橋遥。ここでバレンティンがショート後方へポトリと落ちるヒット。ただボールを捕った木浪が2塁へ高すぎる悪送球。1塁ベンチ付近まで転がる間に生還して4-2。2,3塁の大ピンチでしたが、雄平、村上を連続三振に抑えて梅野がガッツポーズ!

6回、奥村の叩き付けたピッチャーゴロが内野安打の判定でしたが、矢野監督がリクエスト成功で一転アウト!高橋遥は102球、9奪三振で降板。2点リードの7回、ドリスが登板しますが1アウト1,2塁のピンチ。バレンティンとの対戦でまさかの2球連続暴投で1点を返されました。なお1アウト3塁からセンター犠牲フライ。近本の山なりながらダイレクト返球でタイミングはアウトでしたが、セーフの判定に矢野監督がリクエスト。山田の足が浮いており判定覆ってチェンジ!同点のピンチをしのぎました。

8回、先頭・近本がライト前ヒットで出塁すると、木浪が送りバント成功。続く福留が初球セカンドゴロで進塁打となり2アウト3塁とすると、スワローズは梅野にスイッチ。ここでマルテがサードの右を破るタイムリーで貴重な5点目を取り、代走・植田。続く糸原がレフトへのヒット。高く跳ねた打球をバレンティンが後ろに弾く間に一気にホームイン!さらに大山がセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打!初回と同じく3連続タイムリーで7-3と突き放しました。

9回、スワローズは五十嵐が登板。先頭・梅野のショートゴロが悪送球となり出塁すると盗塁成功。代打・鳥谷が叩き付けてのサード内野安打で今季39打席目でついに得点圏でのヒット。打率も2割を超えました。すると意表を突いた初球ダブルスチール成功!1アウトから木浪のファーストゴロの間に8点目。最終回は島本が3人で抑えてゲームセット!4連勝で3位カープに3ゲーム差まで接近。

「え~と、みんな一生懸命やっているので、上の順位になれるように。」by 高橋遥
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 マルテ 糸原 大山  
木浪 梅野 高橋遥[勝] 鳥谷 岩崎(3) 島本(4)
福留  
  植田 ドリス[H](2)
  原口 江越
高山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

望月、満塁をしのいでプロ初勝利!ベイに3タテ!

20190822阪神○8-0●DeNA(京セラドーム
勝利打点:木浪③

サンテレビで完全中継。今日の先発は望月、DeNA・平良。初回、先頭・神里にセンター前ヒットを許しますが、続く筒香をファーストゴロ併殺に抑えて無失点の立ち上がり。2回、2アウト1,3塁のチャンスを作った所でラミレス監督が梅野を申告敬遠。満塁で望月がセカンドゴロに倒れて三者残塁。

3回、先頭・近本がライト線へのライナーで2塁打を放つと、木浪が1,2塁間を破るライト前タイムリーでタイガース先制!さらに福留が得意の平良からレフトスタンドへの7号2ランで一挙に3点を先行!4回、1アウト1,2塁のピンチを背負うと、暴投でそれぞれ進塁。ルーキー伊藤を四球で満塁となりますが、大和を外角ストレートが決まって見逃し三振!続く代打・戸柱をレフトフライに抑えて、望月が何とかしのぎました。

6回、先頭・マルテが四球を選ぶと、糸原のファーストゴロが内野安打となりノーアウト1,2塁のチャンス。ここで大山にバントのサインで場内どよめき。1球ファウルの後、送りバントを決めますが、ラミレス監督が高山を申告敬遠で1アウト満塁。そして梅野が浅いレフトフライに倒れると、続く代打・鳥谷が珍しく初球の低めボール球をフルスイング。カウント1-2から外角ストレートに見逃し三振で三者残塁。

3点リードの7回は能見が先週打ち込まれた巨人戦以来のマウンド。振り逃げでランナーを出しますが、4人で抑えて無失点ピッチング。8回はジョンソンが2番の筒香からを三者連続三振!そのウラ、ベイスターズは齋藤が登板。先頭・マルテがレフト前ヒットを放つと、代走・植田。盗塁を決めると、すかさずラミレス監督は申告敬遠。ノーアウト1,2塁から大山に今度はヒッティングのサイン。高めのつり球が失投で真ん中に入ってきたのを見逃さず、右中間オーバーのタイムリー2塁打で勝負アリ!

なおノーアウト2,3塁で高山の打席でしたが、ラミレス監督が今日4度目の申告敬遠。満塁で梅野が三塁線を破る2点2塁打で6-0とダメ押し!こうなると申告敬遠は行わず、代打・北條がレフト前タイムリーで7点目。さらに1アウト1,3塁から木浪のピッチャーゴロが斎藤のグラブに挟まってしまいボールが取れずタイムリー内野安打で猛打賞!終盤に一挙5点の猛攻でベイスターズ戦3タテ!

「まだ力ありますね。(好調の秘密は)わかんないです。」by 福留
「ケガケガで大変だったので周りで支えてくれた人に感謝です。」by 望月
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
木浪 福留 望月[勝] 北條 能見[H](2) ジョンソン[H](3)
大山 守屋(4)
マルテ 糸原 梅野 植田
近本 高山  
   
  鳥谷 中谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 望月惇志投手(再昇格。今季3度目の先発チャンス。)
OUT 島田海吏外野手(今月5試合出場も持ち味の走塁で課題が出た。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

マルテ、新4番の存在感。連続打点でベイに快勝!

20190821阪神○3-1●DeNA(京セラドーム
勝利打点:高山②

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継。BS1で完全中継。今日の先発は秋山(中6日)、DeNA・上茶谷。2回、1アウト1,2塁から大和のレフト前ヒットで2塁ランナーの佐野が一気にホームを狙いますが、福留のバックホームが決まって楽々アウト。そのウラ、1アウトからポテンヒットで出塁した糸原が盗塁を決めますが、ラミレス監督のリクエスト成功で一転アウト。

3回、先頭・高山がバックスクリーン右へ放り込む2号ソロでタイガース先制!さらに4回、先頭・木浪が三塁線を破る2塁打で出塁すると、1アウトからマルテがまたも三塁線を破るタイムリー2塁打で2点目!今月途中からサードを守っている筒香を攻めました。なお2アウト1,2塁のチャンスでしたが、高山が低めのチェンジアップに空振り三振で追加点ならず。

5回、先頭・大和が右中間への2塁打で出塁すると、ピッチャー上茶谷が自らセンター前ヒットでノーアウト1,3塁のピンチ。ここでルーキー伊藤がレフトへの犠牲フライで1点を返されました。さらに2アウト1,3塁のピンチで苦しい秋山でしたが、ロペスをレフトフライに抑えて最少失点で抑えて勝利投手の権利を持ってこの回で降板。

1点リードの6回は岩崎。2アウトから大和が猛打賞となるライト前ヒットで1,3塁のピンチを背負いますが、代打・細川をセカンドゴロに抑えて今日も無失点ピッチング。そのウラ、2番手の三嶋から先頭・木浪がレフト線へポトリと落ちる2塁打で出塁すると、福留が初球ファーストゴロで進塁打。ここでマルテも初球打ちでライトへの犠牲フライで貴重な3点目!この後、1,3塁のチャンスでしたが、高山がセカンドゴロ。

7回はドリスが連投。先頭・伊藤にセンター前ヒットを許しますが、続く乙坂が初球をショートゴロ併殺。ここは大きかった。筒香をセンターフライに抑えて3人斬り。8回はジョンソン。1アウトから佐野のサードファウルフライを大山がエキサイトシート付近でナイスキャッチ。続くソトの痛烈な当たりを木浪がダイビングキャッチで助けました。最終回は球児が3人で締めて、新しい方程式が決まりました。

「昨日打った糸原さんにホームランで負けたらヤバい。」by 高山
「やっぱり良いプレーをするとベンチの雰囲気が良くなる。」by 木浪
「サイコーデス。良い試合を見せれて良かった。オレガヤル。」by マルテ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
木浪 マルテ ドリス[H](3) ジョンソン[H](4) 藤川[S](5)
高山 秋山[勝] 岩崎[H](2)
糸原 大山  
  梅野
福留 原口 北條 江越
近本  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

福留、3打点でベテランの集中打!新布陣で立て直し。

20190820阪神○8-0●DeNA(京セラドーム
勝利打点:木浪②

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、DeNA・濵口。中谷が7番ライトで昇格即スタメン。初回、2アウトから2,3塁のチャンスを作りましたが、大山が空振り三振で無得点。2回、先頭・佐野がセンターフェンス直撃の2塁打。打球を見ていた分、走塁が遅れました。ノーアウト1,3塁から戸柱のピッチャーゴロで三本間に挟まれてアウト。さらに1アウト満塁の大ピンチでしたが、苦手の神里を抑えて無失点!

5回、先頭・糸原が四球を選ぶと、続く中谷がレフト線への2塁打でノーアウト2,3塁のチャンス。ここで梅野がスクイズを試みますがファウル。カウント3-1からセカンドフライに倒れました。さらに青柳も2球目をスクイズしますがファウルとなり、追い込まれて空振り三振で2アウト。一気に嫌な流れになりますが、ラミレス監督が近本を申告敬遠で満塁策を取ると、木浪にはストレートの四球で押し出してタイガース先制!そして福留が右中間への3点2塁打!一挙4点のビッグイニングで濵口KO!代わった藤岡から1,2塁のチャンスで大山が空振り三振。

6回、2アウトから1,2塁のピンチを作った所で青柳が降板。このタイミングで不振の大山が下がり、北條が今季初のサード。早めの投入となった岩崎ですが、代打・細川を見逃し三振に抑えてピンチ脱出!そのウラ、ベイスターズは赤間が登板。先頭・糸原が高めのストレートを叩いてライトスタンドへの2号ソロで追加点!

5点リードの7回は島本。ノーアウト1塁から嶺井のピッチャーゴロ併殺コースでしたが、2塁ベースに入るのが遅れてオールセーフ。それでも1アウトから中井をピッチャーゴロ併殺に抑えてガッツポーズ!そのウラ、笠井が登板。2アウト1塁からマルテが打った瞬間とわかるレフトスタンドへの11号2ランでダメ押し!

8回はドリスが調整登板で上がり156キロ。ロペスのポール際大ファールがありましたが3人斬り。試合後の監督インタビューで当分の間は6回、7回を任される形に。そのウラ、梅野のレフトスタンドへの8号ソロも飛び出し快勝!

「がんばりました!(女性ファンに)僕の為にありがとうございます。」by 青柳
「青柳さんが頑張っていた。(3点タイムリーに)良かったなぁと。」by 福留
「女性の心をつかもうと打ちました。女性ファンの数は青柳に負けている。」by 糸原
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 マルテ 糸原 青柳[勝] 岩崎[H](2)
木浪 島本(3) ドリス(4)
  北條 鳥谷
梅野 浜地
近本 中谷 江越 高山
大山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ドリス投手(再昇格。守護神の1軍復帰後は7回を任される。)
IN 中谷将大外野手(再昇格。打撃不振から6月5日以来の昇格。爆発に期待。)
IN 江越大賀外野手(再昇格。故障の糸井が戻るまでにアピールしたい。)
19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 谷川昌希投手(今回は登板機会なく抹消。次回に期待。)
OUT ソラーテ内野手(待望の新助っ人も20試合で抹消。復調なるか。)
OUT 陽川尚将内野手(打率は1割前半まで落ち込み打撃不振は深刻。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

木浪、プロ初の猛打賞も今季4度目の巨人戦3タテ。

20190818巨人○6-3●阪神(東京ドーム
勝利打点:増田大

BS日テレで完全中継。今日の先発はガルシア(中5日)、巨人・山口。ソラーテが先発を外れ、糸原が今季2度目の5番に入りました。2回、糸原高山のヒットで1アウト1,2塁のチャンスを作りましたが、坂本が空振り三振。ガルシアもセカンドゴロに倒れて無得点。

4回、先頭・岡本がライト前ヒットで出塁すると、阿部のセンターフライを近本が打球を見失ってしまいヒット。1アウト1,3塁から増田大が低めのチェンジアップを弾き返し、前進守備の福留もグラブに当てながら及ばず。レフトオーバーの2点3塁打でジャイアンツ先制。2アウト後、ピッチャーの山口自らライト線へのタイムリー2塁打で3点目。ガルシアは5回で代打を出されて降板。外国人枠の問題もあり次回登板は微妙。

5回、浜地原口のバッテリーに代わりますが、岡本がバックスクリーン左の壁へ直撃する特大弾で4点目。6回、1アウト1,2塁のチャンスを作ると、マルテが左胸の痛みを訴えて代打・ソラーテ登場もセカンドゴロ併殺崩れ。それでも糸原がファーストの頭を越えるタイムリー内野安打で1点を返しました。さらに満塁のチャンスで高山がカウント3-0から空振り三振。そのウラ、ソラーテが初のファースト守備に入りました。四球の増田大が二盗・三盗と連続して決めますが得点は許さず。

7回、代打・鳥谷がライト前ヒットで相性の良さを見せると、2アウトから木浪が右中間へのタイムリー2塁打で初の猛打賞!さらに福留が左中間へのタイムリーで1点差!ここで山口が降板して代わった大竹がソラーテをセカンドゴロに抑えました。そのウラ、1点ビハインドでジョンソンを投入しますが、2アウト1,2塁からゲレーロに高めのつり球が甘く入ってレフトオーバーの2点2塁打。前進守備だっただけに原口のリードが残念でした。力んだかこの後は155キロを連発。

8回、続投の大竹を攻めて1アウト満塁のチャンスでしたが、代打・北條がセカンドフライ。左の田口にスイッチして、近本はセカンドゴロで三者残塁。田口は9回も続投して2アウトを取った所で沢村にスイッチし、ソラーテを空振り三振に抑えてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
木浪 鳥谷
   
糸原 福留 守屋(4)
大山 浜地(2)
高山 原口
近本 マルテ 坂本
ガルシア[負]
陽川 ソラーテ 北條 ジョンソン(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

西、6回1失点の好投も惜敗。15試合連続で先制許す。

20190817巨人○4-2●阪神(東京ドーム
勝利打点:坂本

BS日テレで完全中継。今日の先発は西(中6日)、巨人・高橋。初回、先頭・近本が初球を三塁線へバントヒットで出塁すると、盗塁成功。ただ北條がフルカウントから見逃し三振に倒れて進塁できず。この後、2アウト1,2塁から近本が三盗を決めて1イニング2盗塁。ソラーテが四球を選んで満塁としますが、大山のショートライナーで三者残塁。そのウラ、坂本にレフトスタンドへの32号ソロでジャイアンツ先制。西は15試合連続で先制されました。

5回、先頭・梅野が四球で出塁すると、西が送りバント成功。2アウト2塁から梅野が三盗を決めて今季10盗塁としますが、北條がショートゴロに倒れて無得点。そのウラ、2アウトからピッチャー高橋の当たりは西のグラブを弾く内野安打。3連打で満塁の大ピンチでしたが、丸のファーストゴロを西がうまくベースカバーして間一髪アウト。原監督のリクエストも失敗。

6回、連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、ゲレーロが来日初の送りバント成功に場内どよめき。続く大城に際どいコースを突いて四球となり満塁。若林をキャッチャーファウルフライに抑えると、代打・石川のボテボテのサードゴロも大山がうまくさばいて間一髪アウトのタイミング。原監督が2度目のリクエストも失敗。打った石川も1塁ベースをうまく踏めてませんでした。

1点ビハインドの7回は能見が通算400試合登板。先頭・亀井に左中間への2塁打を許すと、坂本には四球。続く丸にも四球でノーアウト満塁とすると、岡本のライト犠牲フライで痛い2点目。さらに阿部に右中間へのタイムリーを許すと、代わった守屋がゲレーロに初球をレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打で0-4。ただこの後の満塁のピンチはしのぎました。

8回は高木京が登板。1アウトから北條がレフトスタンドへの4号ソロで反撃すると、続く福留も初球をライトポール際へ放り込む6号ソロが飛び出して2者連続アーチ!たまらず鍵谷にスイッチして2アウトからソラーテが低めボール球をミートしてライト線へのヒットで出塁しますが、大山がサードゴロ。9回はデラロサの前に3人で抑えられてしまいゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
福留 西[負]  
近本 マルテ 守屋(3) 島本(4)
北條 ソラーテ 梅野  
大山 糸原 木浪
陽川 高山 能見(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

高橋遥、7回続投も打線は拙攻。岡本の一発に泣く。

20190816巨人○2-1●阪神(東京ドーム
勝利打点:岡本

BS日テレで完全中継。今日の先発は高橋遥(中6日)、巨人・桜井。木浪が7月20日以来のスタメンで初の2番起用。初回、1アウトから木浪福留の連打で1,3塁のチャンスを作ると、マルテが四球を選んで満塁。ここでソラーテが内角低めのストレートをやや浅めのセンター犠牲フライでタイガース先制!追加点は取れませんでしたが、桜井は早くも33球を費やしました。

4回、先頭・坂本に際どいコースを取ってもらえなかった後にレフト前ヒットを許すと、1アウトから岡本が差し込まれながらライトスタンド最前列へ放り込む2ランでジャイアンツ逆転。さらにゲレーロに四球を出すと、若林にはピッチャーゴロを右足首に当ててしまいますが続投。2アウト2塁から増田大のピッチャーライナーを捕って追加点は許さず。

5回、先頭・近本が四球を選ぶと木浪は初球バスターを試みますが、セカンドの増田が1塁線へ回り込んで進塁打に。1アウト1,2塁のチャンスでしたがマルテが痛恨のサードゴロ併殺。100球を超えた桜井ですがそのウラの打席にも立って続投。対する高橋遥も6回96球で来ましたが、ベンチは続投。7回の打席にも立って見逃し三振。1アウトを取った所で125球の桜井が降板して高木京が後続を抑えました。そのウラ、2アウト1塁で高木京に打席が回りましたが、ジャイアンツも代打を送らず。

8回、続投の高木京と対戦した福留が激走のセカンド内野安打で出塁すると、代走・植田。原監督の予定が狂ったか、ここで大竹を投入。続くマルテが10球粘って四球を選びますが、ソラーテがセカンドゴロに倒れて1アウト1,3塁。1塁ランナーには代走・島田が入りました。ここで大山が追い込まれてから痛恨のサードゴロ併殺。1塁ランナーも動けず同点のチャンスを逃しました。

1点ビハインドの9回はデラロサとの勝負。先頭・高山がレフト前ヒットで出塁すると、梅野が送りバント成功。1アウト2塁で代打・糸原が159キロをファウルで粘りますが良い当たりのセンターフライ。最後は近本が空振り三振に倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 高橋遥[負]  
  岩崎(2)
木浪 マルテ 高山  
ソラーテ  
梅野 植田 島田 糸原
近本 大山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

木浪、6連打で逆転劇の口火!セカンドで新境地。

20190814中日●3-6○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:大山⑩

サンテレビで完全中継。今日の先発は秋山(中5日)、中日・山井。ソラーテがスタメン落ちし、大山が5番昇格。初回、先頭・近本が左中間を破る2塁打で出塁しますが、北條がバントファウルで追い込まれて空振り三振。2アウト1,3塁のチャンスで大山がショートゴロに倒れて無得点。そのウラ、先頭・平田にレフト線へ2塁打を許すと、京田の三塁前への送りバントが内野安打となり1,3塁。1アウト後、ビシエドにセンター前へ2点タイムリーを許してドラゴンズ先制。

2回、2アウトから平田の右手首付近へ死球。次の回の守備から退きました。3回、先頭・大島がライト前ヒットで出塁すると、盗塁成功。さらに暴投で3塁まで進まれると、1アウトから阿部のサードゴロで大島がスタートを切っており、大山がバックホームできず。諦めて1塁送球すると間一髪アウトの判定。与田監督がリクエストも判定変わらず。痛い3点目を取られました。

5回、2アウトから秋山の代打・木浪が内角の変化球をたたんで23打席ぶりのヒット。トップに戻って近本がセンターオーバーのタイムリー2塁打!25イニングぶりの得点で1点を返すと、北條も初球打ちでレフトオーバーのタイムリー2塁打で1点差!続く福留もセカンドへの内野安打でつなぐと、マルテがレフトオーバーのタイムリー2塁打で同点!4番になって初打点。2,3塁で山井が降板して三ツ間にスイッチすると、大山がセンター前へ弾き返す2点タイムリーで勝ち越し!6連打で一挙5点の猛攻!そのウラの守備から木浪がセカンドに入りました。

2点リードの5回、能見が連投のマウンド。2番からの厳しい打順で2アウトを取ってから、ビシエドにレフト線へ2塁打を許しますが、阿部を空振り三振に抑えるナイスピッチング。40歳になってから今季初勝利!すると6回、2アウトから木浪がライトスタンド上段へ放り込む3号ソロで追加点で6-3!

7回、岩崎が登板。21人連続で抑えていたニュースが出ましたが、いきなり木下拓にレフトフェンス直撃の2塁打を許しました。1人出ればビシエドという展開ながら、落ち着いた投球を見せてくれました。平田が退いていたのも大きかったですが、最後は大島をカウント3-1から打ち取って無失点ピッチング。今日はここで勝負アリ。

8回はジョンソンが登板。ビシエドのボテボテでファウルになりそうな打球を梅野が追いついてアウトにするファインプレーもありました。最終回は球児が2アウトから四球を出しますが、無失点で抑えて7セーブ目。

「苦しんでたけど気持ちを切らずにやってきた。完璧でしたね。」by 木浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  木浪 能見[勝](2) 島本[H](3) 岩崎[H](4)
ジョンソン[H](5) 藤川[S](6)
近本 マルテ 大山  
   
北條 福留 梅野
高山 植田
糸原 原口 秋山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

青柳、崖っぷちの先発で快投。3併殺で援護なくドロー。

20190813中日△0-0△阪神(ナゴヤドーム

テレビ大阪で4回表から12回表途中まで中継。今日の先発は青柳(中5日)、中日・大野雄。北條が2番に起用され、相性の良い陽川を8番に入れました。青柳は今日の内容次第では2軍降格もある崖っぷちの先発。初回、1アウトから苦手の左バッターに連打で1,2塁のピンチを背負いますが、ビシエドをショートゴロ併殺に抑えて無失点の立ち上がり。

5回、先頭・青柳が11球粘って最後は見逃し三振ですが打撃で貢献。この後、1アウト1,2塁のチャンスを作りますが、福留が空振り三振。続くマルテも高々と打ち上げてしまいショートフライで無得点。6回、1アウトから大山がライト前ヒットで出塁すると、梅野がセーフティバントの形で送りバント成功。ここでドラゴンズは陽川を申告敬遠して、ピッチャー青柳との勝負を選択。まだ代打を出せずセカンドゴロ。続投は良いのですが、ここの采配はもったいなかった。

6回、1アウトからアルモンテのボテボテのショートゴロで間一髪アウトの判定。与田監督がリクエストを要求しますが判定変わらず。さらに激走のアルモンテが脚の張りを訴えて負傷交代。これが後で響いてきました。7回、1アウトから北條がヒットで出塁すると、代走・植田が盗塁成功。タイミングの合っていない福留が四球を選んで1,2塁としますが、マルテが初球ピッチャーゴロ併殺。そのウラ、ドラゴンズのバント攻撃を梅野が相次いでアウトにしました。

8回、先頭・ソラーテがレフト前ヒットで出塁しますが、大山がセカンドゴロ併殺。それでも梅野がレフト前ヒットを放った所で131球の大野が降板。代わった藤嶋の前に陽川が三球三振。ここの采配も引っかかりました。そのウラ、先頭・藤井にセンター前ヒットを許した所で好投の青柳が降板。代わった岩崎が亀澤をスリーバント失敗。そしてアルモンテの代わりに出ている遠藤を打ち取りました。同点の9回はジョンソンが苦手のビシエドからの打順を3人で抑えて延長戦へ。

11回、先頭・大山がライト前ヒットで出塁すると、梅野が送りバント成功。途中出場の糸原がカウントが悪くなった所で敬遠気味で歩かされると、高山が痛恨の初球セカンドゴロ併殺。そのウラ、島本が1アウトからヒットを許しますが、代打・阿部をショートゴロ併殺に抑えて無失点。最終回は球児がビシエドからの打順を3人で抑えてスコアレスドロー。両チームともに3塁を踏めず。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
青柳 岩崎[H](2) ジョンソン[H](3) 能見[H](4)
島本[H](5) 藤川(6)
北條 梅野  
   
近本 大山 植田 糸原
福留 ソラーテ 陽川 島田 鳥谷 木浪
マルテ 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

ガルシア、古巣にまたも勝てず。初登板の梅津に完敗。

20190812中日○5-1●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:福田

サンテレビで完全中継。今日の先発はガルシア(中5日)、中日・梅津。初回、先頭・近本が四球で出塁しますが、盗塁失敗。プロ初登板の梅津を助けました。しかし糸原がレフト前ヒットで出塁すると、福留がレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打でタイガース先制!そのウラ、先頭・平田がサード前への内野安打で出塁すると、1アウト1,2塁からビシエドのレフト前タイムリーで同点。2アウト後、福田のセンター前タイムリーでドラゴンズ逆転。

3回、1アウト1塁からビシエドのサードゴロ。2塁ホースアウトのタイミングでソラーテが落球。しかし1塁ランナーのアルモンテがアウトと勘違いして2塁ベースを離れてしまいアウト。ここは助かりましたが4回、先頭・福田に9球粘られて四球を出してしまいガルシアがマウンド上で飛び上がってました。続く堂上にレフトスタンドへ放り込まれてしまい2ランで1-4。

5回、先頭・大山のセンター前への当たりを大島がスライディングキャッチ。続く高山が内角攻めに対応して肘を抜いて曲芸打ちのヒット。2アウトからガルシアをそのまま打席に立たせて続投させました。6回、堂上の二遊間を破りそうな当たりをソラーテが追いつくと、飛びながら反転スローが決まってアウト。守備で魅せました。ガルシアは結局、7回まで投げ抜いて112球。今季初の10奪三振を記録。

8回は守屋。先頭・アルモンテにヒットを許しますが、代走・遠藤の盗塁を梅野が刺しました。2アウトから阿部に四球を出すと、福田が左中間オーバーのタイムリー2塁打で勝負アリ。6回以降はノーヒットに抑えられてしまい完敗。5位ドラゴンズが2ゲーム差まで迫ってきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
福留  
糸原 ガルシア[負]  
マルテ 高山 梅野
近本 ソラーテ 大山 坂本 陽川 守屋(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 谷川昌希投手(再昇格。9連戦で苦労しているリリーフ陣を助けたい。)
OUT 望月惇志投手(プロ2度目の先発は5回持たずKO。課題は多い。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

糸原、途中出場でフランスア撃ち!連夜の大逆転劇!

20190811阪神○6-5●広島(京セラドーム
勝利打点:陽川①

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は望月、広島・九里。高山を今季初の2番で起用。初回、先頭・近本がレフト線へ2塁打を放つと、高山がセカンドゴロで進塁打の形に。ここで福留のセカンドゴロの間にタイガース先制!しかし2回、ノーアウト1,2塁から会澤のセンター前タイムリーで同点。さらに3回、2アウト2塁から鈴木誠のセンター前タイムリーで勝ち越し。

5回、先頭・西川のショート後方へのフライを北條が捕れず2塁打。2アウトまでこぎつけますが、鈴木誠にフルカウントから四球を出すと、松山に甘く入ったフォークを打ち返されてライト前タイムリーで3点目。なお1,3塁から会澤のライト前タイムリーを打たれた所で望月KO。ショートには木浪が入りました。代わった守屋が暴投の間に5点目。梅野のバックハンドトスも悪送球となりました。

6回、1アウトからマルテソラーテの連続四球。続く大山がボテボテのショート内野安打で出塁。緒方監督のリクエストも失敗で満塁のチャンスを作ると、梅野が右中間へのタイムリーで1点を返しました。ここでカープが左の中村恭にスイッチすると、代打・糸原が空振り三振。さらに代打・原口で勝負に出ますが、内角スライダーに見逃し三振で三者残塁。2-5で終盤へ。

8回は浜地。1アウト1塁から小園のセンターフェンス際への当たりを近本が背走してジャンピングキャッチ!これで流れが変わりました。そのウラ、カープは今村が登板。マルテソラーテの連続ヒットでノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、大山がセンターフェンス直撃の2点2塁打!ソラーテがヘッドスライディングで激走ホームイン!続く梅野が送りバントで1アウト3塁とすると、抑えのフランスアが前倒しで登板。

ここで糸原のセンター前への当たりで同点!捕りに行った野間が高いバウンドで頭を越されると、カバーに行った西川も素手でファンブルする間に3塁へ!代走・植田が送られて、途中出場の陽川がボテボテのショートゴロで田中のバックホームも及ばず。鮮やかなゴロゴー成功で勝ち越し!

3点差をひっくり返して1点リードの最終回は球児。1番からの嫌な打順でしたが三人斬り。最後のバッター三好に10球粘られましたが、ライトフライに抑えてゲームセット!2試合連続の逆転勝利で3カードぶりの勝ち越し!

「うれしいです。1点でも多くとっていれば何かあると思った。」by 大山
「ファンに怒られると思って打ちました。悠輔もいろいろあると思う。」by 糸原
「糸原さんの代走やったので絶対帰ってこないと怒られる。」by 植田
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山 糸原 藤川[S](5)
マルテ ソラーテ 梅野 植田 能見(3) 浜地[勝](4)
近本 高山 守屋(2)
  陽川
福留 北條 木浪
望月 原口
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 望月惇志投手(再昇格。7月17日以来、2度目の先発チャンス。)
OUT 高野圭佑投手(投手枠の都合で抹消。リリーフではまずまずの内容。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

生観戦。大山、6番降格に燃えた。逆転サヨナラ弾!

20190810阪神○6x-5●広島(京セラドーム
勝利打点:大山⑨

サンテレビで完全中継。今日の先発は西(中6日)、広島・床田。今季6試合目の生観戦試合でした。105試合すべて4番を務めた大山がついに6番降格。糸井も離脱してしまい新オーダーに。2回、1アウト1塁で鈴木誠の1塁牽制を巡って矢野監督がリクエスト失敗。リズムを悪くしたか会澤に死球を出すと、満塁から小園のライト前タイムリーでカープ先制。そのウラ、1アウト1塁から梅野の右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打で追いつくと、2アウトから西自らセカンドのグラブをかすめるヒット。1,3塁から近本のライト前タイムリーで逆転!

3回、ノーアウト1塁からバティスタのレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打で同点。さらに1,3塁から松山のレフトオーバーの当たりをソラーテがグラブに当てながら落としてしまい2点タイムリー2塁打となり、4連打で勝ち越し。1アウトからメヒアの止めたバットに当たったファーストゴロがマルテの前でイレギュラーして捕れずヒット。小園のショートゴロの間に1点追加して2-5。緒方監督は早くも床田に代打を送りました。

5回、ノーアウト1塁で鈴木誠の1塁牽制を巡って矢野監督が2度目のリクエスト。マルテの強い要望もあって早くも2度目のコールをすると、判定が覆ってアウト!本調子ではない西ですが、この回あたりから本来の調子を取り戻して6回まで投げ抜きました。

6回、2番手・遠藤に抑えられていましたが、代打・高山のヒットで1アウト1,2塁のチャンス。満塁となった所で左の中村恭にスイッチしますが、糸原が押し出しの四球を選んで2点差。ただ福留が空振り三振に倒れると、マルテがサードフライに倒れました。7回、先頭・ソラーテがライト線へのヘッスラ2塁打で士気を高めますが、ノーアウト1,3塁から梅野が空振り三振。続く北條もショートゴロ併殺で無得点。

8回は島本。先頭・会澤を四球で出すとバントシフトの所で、牽制を見落としたマルテが1塁ベースを離れてしまいがら空きの悪送球。1アウト3塁の大ピンチを抑えました。2点ビハインドの9回は勝ちパターンの岩崎が登板。1番からの打順を3人で抑えてくれました。そのウラ、抑えのフランスアとの勝負。先頭・マルテがセンター前ヒットで出塁すると、ソラーテが四球を選んでノーアウト1,2塁。ここで大山が2球目を弾き返してライトスタンド最前列へ放り込む逆転サヨナラ3ラン!!

「本当にうれしい。初めてです。悔しい気持ちはありました。」by 大山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 大山 岩崎[勝](4)
  高山 島本(3)
近本 ソラーテ 梅野  
福留 西 能見(2)
マルテ 北條 鳥谷 島田 植田
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 陽川尚将内野手(再昇格。糸井の離脱で内外野で出場機会を狙う。)
OUT 糸井嘉男外野手(盗塁の際に左足首を痛め、今年も故障離脱。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

高橋遥、絶好調も4回に落とし穴。痛い4点差逆転負け。

20190809阪神●5-11○広島(京セラドーム
勝利打点:メヒア

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は高橋遥(中6日)、広島・大瀬良。ソラーテが1軍合流後、初のスタメン落ち。2回、原口のファースト後方へ落ちるヒットでノーアウト1,3塁のチャンスを作ると、高山のレフト前タイムリーでタイガース先制!さらに1アウト満塁から近本のセンター犠牲フライで2点目。再び満塁から糸井のライト前2点タイムリーで一挙4点先行。ただ1,3塁から糸井が盗塁を試みてセーフの判定も、緒方監督のリクエスト成功でアウト。さらに左足首を痛めてしまい途中交代。

4回、ここまでパーフェクトの高橋遥。2巡目は連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、バティスタのレフト前タイムリーで1点。続く鈴木誠のサードゴロ併殺コースでしたが、大山がファンブルしてアウトは1つ。1アウト1,3塁からダブルスチールを仕掛け、原口の2塁送球がそれる間に3塁ランナーがホームイン。そして2アウト1,3塁からメヒアが外角を狙いすまし、ライトポール際への弾丸ライナーで4-5と大逆転。

大瀬良も本調子から程遠い内容でしたが、3回以降はノーヒットに抑えられてしまい流れがカープに。それでも高橋遥は7回まで投げ抜いて115球で降板。変化球でなかなかカウントが取れなかったですが球自体は走っていたので、4回の攻撃だけでした。

1点ビハインドの8回、守屋が登板。先頭・バティスタが四球で出塁すると、代走・野間。サイン違いで原口がストレートを左手首に当てて弾いてしまい2塁に進まれると、鈴木誠のセンター前タイムリーで痛い6点目。そのウラ、1アウトから途中出場の島田が右中間を破る2塁打。3塁も狙えそうな当たりだけにもったいなかった。続く大山が空振り三振に倒れますが、マルテの右中間へのタイムリー2塁打で再び1点差。

9回は浜地。1アウト1塁から野間のピッチャーゴロ併殺コースでしたが、浜地が2塁へ悪送球となり1,3塁のピンチ。鈴木誠を申告敬遠で満塁策を取りますが、安部にセンター前へ2点タイムリー。続く会澤には前進守備のライトオーバーの2点3塁打。さらに代打・田中の犠牲フライで一挙5失点。3度目の自力V消滅で3位カープとは6.5ゲーム差。Bクラスが見えてきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マルテ  
糸井 高山  
北條 島田 ソラーテ
高橋遥[負]  
近本 糸原 鳥谷 植田
大山 原口 守屋(2) 浜地(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

北條、逆転劇で連敗ストップ!秋山が3ヶ月ぶり勝利!

20190808ヤクルト●3-5○阪神(神宮
勝利打点:北條①

サンテレビで完全中継。今日の先発は秋山、ヤクルト・山田大。原口がマスクを被り今季初の同期バッテリー。2回、2アウト満塁のチャンスで秋山に回りますが、ショート奥村のスライディングキャッチに阻まれました。3回、2アウトから糸井が内野安打で出塁すると、大山の左中間を破る2塁打でホームに還れず2,3塁のチャンスとなりますが、福留のセカンドゴロで無得点。そのウラ、2アウトから太田がレフトフェンス際へ放り込む一発でスワローズ先制。

5回、ノーアウト1塁から奥村のピッチャーゴロ併殺コースでしたが、秋山がまさかの2塁悪送球でオールセーフ。ここで山田大の送りバントを原口が積極的に3塁を狙って間一髪アウト!2アウト1,3塁まで行きますが、青木が1,2塁間を破るタイムリーで2点目。

6回、先頭・糸井がレフトフェンス直撃の2塁打で出塁すると、大山がレフト前へポトリと落とすタイムリーで1点差。バレンティンのバックホームが大暴投の間に2塁に進むと、2アウト3塁から原口がピッチャーのグラブをかすめてショートへのタイムリー内野安打で同点!さらに北條が左中間オーバーのタイムリー2塁打で勝ち越し!1塁から原口が激走のホームイン!スワローズは梅野にスイッチ。代打・鳥谷が四球でつなぎますが、追加点ならず。そのウラ、島本がノーアウト1,2塁のピンチを背負いますが、村上を空振り三振に抑えると、中村をセカンドゴロ併殺で無失点。

1点リードの7回は岩崎。2アウトから太田の叩き付けたセカンドゴロが内野安打の判定。ここで矢野監督がリクエストを要求すると、判定が覆ってアウト。この回から植田を守備固めに入れていたのも大きい。8回はジョンソンが2番青木からの厳しい打順でしたが、3人で抑えるナイスピッチング!

9回は五十嵐が登板。途中出場の糸原がヒットで出塁すると、近本が初球ストレートを低いライナーでライトスタンドへ放り込む9号2ラン!リードが3点に代わり、最終回は球児。いきなり雄平にライトスタンドへ弾丸ライナーを打たれました。ただこの後を三者連続空振り三振で抑えて今季5セーブ目。苦しい試合を取って3タテは阻止しました。

「(原口さん)今日は速かったです。ショートいっぱいおるな~。」by 北條
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
北條 岩崎[H](3) ジョンソン[H](4)
近本 原口 鳥谷 糸原 藤川[S](5)
糸井 大山 秋山[勝]  
  植田 島本[H](2)
福留 マルテ 梅野
ソラーテ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(再昇格。7月25日以来の先発チャンス。)
OUT 岡本洋介投手(昨日は2回5失点と打ち込まれて再調整。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

青柳、5回6失点KOで先発ローテ危機。投壊11失点。

20190807ヤクルト○11-2●阪神(神宮
勝利打点:村上

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、ヤクルト・石川。北條が5試合ぶりのスタメン。初回、1アウト1塁から青木のショートゴロ併殺で北條自ら2塁ベースを踏んでゲッツー完成。2回、1アウトからマルテが泳がされて右ひざを地面につきながらレフトスタンドへ放り込む10号ソロでタイガース先制!

3回、先頭・中村が死球で出塁すると、奥村の三塁線へ叩き付けた当たり。大山の後ろでフェアグラウンドに落ちましたがファウルの判定。小川監督の抗議も及ばず。2アウト2塁から太田が1塁線を破るタイムリー2塁打で同点。さらに4回、先頭・青木に死球を出して少しざわつきました。1アウト1,3塁から村上に特大の24号3ランを許して勝ち越し。この後、奥村にセンターオーバーのタイムリー2塁打で5点目。青柳は5回も続投しますが、2アウトから連打と申告敬遠で満塁とすると、中村の押し出し四球で6点目。

6回、1アウトからヒットで出塁した近本が盗塁成功。2アウト2塁で糸井(1500試合出場)の二遊間を破りそうな当たりを山田が追いついて1塁アウト。際どいタイミングで矢野監督がリクエストを要求しますが、判定覆らずアウト。そのウラ、能見が登板。2アウト2塁から青木のセカンドの上を抜けそうな当たりをソラーテがジャンピングキャッチ!

7回、岡本が登板しますが雄平に右中間スタンドへの一発を許して7点目。6点差の8回、五十嵐が登板。先頭・梅野がセンター前への当たり。滑り込んだ上田が弾く間に2塁へ進むと、1アウトから途中出場の高山がセンター前ヒットで1,3塁のチャンス。続く近本が11球粘って四球で満塁とすると、ソラーテのライト犠牲フライで1点を返しました。

そのウラ、2アウト1,2塁から代打・バレンティンにセンター前タイムリー。近本の3塁送球がそれる間に2,3塁へ進塁すると、山田がレフトスタンドへの27号3ランが飛び出して一挙4失点。最下位スワローズに連敗を喫しました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
近本 高山
マルテ 能見(2)
ソラーテ  
糸井 梅野 木浪 島田
大山 福留 北條 青柳[負] 糸原 岡本(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

ガルシア、6回に急変逆転負けで迫る2軍。神宮は秋風。

20190806ヤクルト○4-3●阪神(神宮
勝利打点:中村

今季102試合目は地上波中継なし。今日の先発はガルシア(中6日)、ヤクルト・ブキャナン。祝日(山の日)とつなげて今日から真夏の9連戦がスタート。ソラーテマルテの助っ人を6番、7番に並べる新オーダー。初回、廣岡のエラーもあって1アウト1,2塁から悩める大山がライト線へのタイムリー2塁打でタイガース先制!8試合ぶりの打点でした。さらに2アウトからキャッチャーがボールを弾く間に糸井がホームを狙いますがタッチアウト。

2回、前の回の打ち直しとなったソラーテが初球をライトスタンド中段へ放り込む4号ソロ!左打席で初めて一発が出ました。さらに3回、2アウトから糸井がレフト前ヒット。続く大山にはカーブが抜けて死球となり1,2塁のチャンスでしたが、福留が空振り三振に倒れて無得点。

5回、ここまでランナーを出しながら抑えていたガルシアですが、先頭・奥村に死球を出すと、ブキャナンが送りバント成功。2アウト3塁から青木の1,2塁間へのゴロを深追いしたマルテが1塁悪送球(記録は内野安打)となり1点を返されました。6回、2アウト2塁から中村が初球をレフトスタンドへ放り込む2ランで逆転。さらにヒットと四球で1,2塁となった所でガルシアKO。代わった守屋が廣岡をショートゴロに打ち取りますが、糸原が弾いてしまいタイムリーエラー。

2点ビハインドの9回はマクガフとの勝負。先頭・福留がセンター前ヒットで出塁すると、ソラーテがライト線への2塁打でノーアウト2,3塁のチャンス。ここでマルテが際どいハーフスイングを取られながら四球を選んで満塁。ここで代打・高山のサードへの当たりを廣岡がダイブ。2塁ホースアウトの間に1点を返しました。続く原口はバットが折れてしまいショート奥村のジャンピングキャッチ。近本にはカウントが悪くなった所で申告敬遠で満塁となりますが、糸原がライトフライに倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ソラーテ  
糸井 大山 鳥谷 浜地(3) 能見(4)
マルテ  
  高山 守屋(2)
ガルシア[負] 原口 植田
近本 糸原 福留 坂本  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 能見篤史投手(再昇格。2軍でリフレッシュし再びリリーフへ向かう40歳。)
IN 木浪聖也内野手(再昇格。打撃不振からの修正に期待。はまれば手強い。)
IN 島田海吏外野手(再昇格。外野のサブとしてまずは足で見せたい。)
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩田稔投手(2試合連続で炎上。今季の登板は難しいか。)
OUT 上本博紀内野手(開幕から1軍を守ったが打撃不振でついに決断。)
OUT 江越大賀外野手(やはり打撃面で当たりが出ないのが痛い。)
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

岩田、7失点で連続KO。ソラーテ守乱で早くも正念場。

20190804広島○10-5●阪神(マツダ
勝利打点:鈴木誠

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、広島・九里。高山が6試合ぶりのスタメン。初回、先頭・近本がライト前ヒットで出塁し得点圏にランナーを進めますが無得点。そのウラ、1アウトから連打で1,2塁とされると、鈴木誠のレフト前タイムリーでカープ先制。続く会澤のライト前タイムリーの後、メヒアに3ランを浴びてしまい5連打で5失点。

2回、1アウトから西川のセカンドゴロをソラーテが1塁悪送球。1,2塁からバティスタの打球が岩田の右足に当たりますが、糸原のカバーが間に合って1塁アウト。続投しますが鈴木にカウント3-0からレフト前タイムリーで6点目。続く会澤もセンター前タイムリーで7点目。先週の巨人戦と同じく序盤の大量失点が響き、岩田は2回7失点KO。前半戦の立役者が一気に苦しくなりました。

2番手の浜地が2イニングを無失点で投げきり、先発枠へアピール成功。5回、2アウト1塁から代打・原口が登場すると、初球をライトポール際へ放り込む1号2ラン!オールスターで2発打ちましたが、公式戦は1年ぶりの一発。続く近本も低いライナーでライトフェンス直撃の2塁打を放ちましたが、糸原がボテボテのピッチャーゴロ。

6回、2アウトから連続四球でチャンスを作りますが、高山が初球ファーストゴロで九里を攻略できず。そのウラ、2イニング目の高野が2アウト1,2塁から会澤にタイムリー。さらに途中出場の野間がライト線を鋭く破っていく2点3塁打で10点目。ソラーテのバックホームがワンバウンドして原口が逸らしたのを見て、一気に野間がホームを狙いましたがアウト。

7回、カープは遠藤が登板。3連打でノーアウト満塁のチャンスを作ると、糸原が左中間への2点2塁打。さらに小園のバックホームがそれる間に1塁ランナーの近本までホームインして一挙3点。続く糸井がセンターオーバーかという当たりでしたが、野間が背走しながらジャンピングキャッチ。ここで菊池にスイッチし、大山はセンターフライ。続くソラーテは空振り三振に倒れてしまい、ここで交代。9回、近本が抑えのフランスアから今日4安打目のヒットを放ったのが救いか。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 糸原 原口 北條
  浜地(2) 岡本(4)
   
マルテ  
糸井 上本 高野(3)
大山 ソラーテ 高山 坂本
岩田[負]
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

生観戦。西、足の捻挫に耐えてコイ料理!接戦制す。

20190803広島●1-4○阪神(マツダ
勝利打点:近本⑥

テレビ大阪で3回ウラ途中から中継。今日の先発は西(中6日)、広島・床田。今季5試合目の生観戦試合でした。初回、1アウトから菊池がレフトスタンド最前列へ放り込む一発でカープ先制。2回、先頭・大山のサードゴロをメヒアが弾きエラー。1アウト1,2塁から糸原が右中間へのタイムリーで同点!さらに満塁のチャンスでしたが西がセカンドゴロ併殺。

3回、先頭・近本がライトポール際へ放り込む8号ソロで勝ち越し!125mと距離が出ました。そのウラ、先頭のピッチャー床田がレフト前ヒット。続く西川は良い当たりのライトフライに抑えますが、投げた瞬間に西がバランスを崩してうずくまりました。負傷交代も考えられましたが、治療を終えて続投。続く菊池に11球粘られますがピッチャーゴロ併殺に抑えました。

4回、マルテの2塁ベース後方への小フライを菊池が背走しながらジャンピングキャッチ。さらに5回も梅野が二遊間を破りそうな当たりでしたが、ここも菊池のジャンピングスローが決まって1塁アウト。そのウラ、2アウトから小園のショートゴロにヘッドスライディングで内野安打の判定でしたが、矢野監督がリクエスト成功して一転アウト。

6回、先頭の代打・安部のショートゴロを糸原が1塁悪送球となりセーフ。ここで西川がセーフティ気味に送りバントを試みますが、大山が果敢に2塁を狙ってホースアウト!2アウトからバティスタにショート後方へ落とされるヒットで1,3塁のピンチ。場内が盛り上がりますが鈴木誠をサードゴロに抑えてピンチ脱出!西は足に不安がありながら6回1失点、94球で投げ抜きました。

1点リードの7回はジョンソン。1アウトから連打で1,2塁のピンチ。ここで小園に10球粘られますがレフトフライ。続く代打・坂倉を空振り三振に抑えてピンチ脱出!すると8回、遠藤を攻めて先頭・近本が叩き付けてファーストの頭を越える2塁打で猛打賞。1アウトから連続四球で満塁のチャンスを作ると、福留の初球ファーストゴロをバティスタが弾いて貴重な3点目!続くマルテの右中間への犠牲フライでもう1点追加。

リードが3点に代わり、8回は岩崎が1番からの嫌な打順でしたが3人斬り。9回は球児。1アウトから松山に右中間を破られてしまい2塁打。2アウトから暴投で3塁まで進まれますが、メヒアをサードゴロに抑えてゲームセット!

「足首の状態が悪かったんですけど、6回まで行くことができた。」by 西
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 西[勝] 岩崎[H](3)
糸井 藤川[S](4)
福留  
大山 マルテ 糸原 梅野 ジョンソン[H](2)
  植田 高山
ソラーテ 上本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

高橋遥、6回に力尽き7失点KO。大瀬良に完封負け。

20190802広島○7-0●阪神(マツダ
勝利打点:松山

サンテレビで完全中継。今日の先発は高橋遥(中6日)、広島・大瀬良。夏の長期ロードがスタート。糸井が2年ぶりに1番に座り、打順を組み替えてきました。初回、連打でノーアウト1,3塁のピンチを背負うと、1アウト満塁から松山のセカンドゴロをソラーテが弾いてしまいカープ先制。続く会澤のサードゴロの間に2点目を取られました。

4回、1アウトからソラーテがレフト前へポトリと落ちるヒットで出塁すると、大山がピッチャー強襲の内野安打で1,2塁のチャンス。ここで福留がセンターフライに倒れると、マルテも良い当たりのセカンドゴロに倒れて無得点。そして6回、レフト前ヒットで出塁した糸井が投球前に飛び出してしまい挟まれてアウト。

6回、会澤、メヒアの連続ポテンヒットでノーアウト1,2塁のピンチ。ここで小園のボテボテのピッチャーゴロで3塁ホースアウト!さらに大瀬良がスリーバント失敗で2アウトまで行きますが、トップに戻って西川がセンター前タイムリーで痛い3点目。ベンチは高橋遥を続投させますが、続く菊池を四球で歩かせてしまい満塁とすると、バティスタが特大の満塁ホームランで勝負アリ。ここで高橋遥がKOされ、代わった岡本がいきなり鈴木誠に死球。1,2塁のピンチでしたが、会澤をサードフライに抑えて追加点は許さず。

打線は良い所がなく、大瀬良の前に5安打完封負け。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
近本 高野(3)
  岡本(2)
大山 高橋遥[負] 高山 坂本
糸井 ソラーテ 福留 マルテ
糸原 梅野
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岡本洋介投手(初昇格。昨年も壊れかけの試合を立て直した。)
OUT 藤浪晋太郎投手(今季初登板は5回持たず。まだ復活途上は否めず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

マルテ、上昇気配の決勝打!藤浪復帰戦を全員でカバー。

20190801阪神○3-2●中日(甲子園
勝利打点:マルテ②

関西テレビで1回表途中から7回表途中まで中継。今日の先発は藤浪、中日・ロメロ。北條が4試合ぶりのスタメン。初回、先頭・平田にフルカウントから四球。2アウトから連続四球で満塁まで行きますが、堂上を空振り三振に抑えて35球かかりましたが無失点の立ち上がり。2回、右バッターの木下に死球を出してしまい場内がどよめきますが、2アウト1,2塁から大島の打球が1塁ランナーの木下に当たって守備妨害となりチェンジ。

3回、先頭・アルモンテがライト前ヒット。1アウトから阿部のセンターフェンス際のフライを近本がキャッチ。アルモンテがタッチアップを決めますが、次の堂上との対戦が始まる前に1塁へ投げて、スタートが早いと藤浪のアピールプレーが認められてアウト!

5回、ノーアウト1塁でアルモンテが初球エンドラン。センター前ヒットで1,3塁のピンチを背負うと、ビシエドの犠牲フライでドラゴンズ先制。続く阿部に四球を出した所で藤浪降板。最速は155キロながら5回を投げきれず102球、8四死球と苦しみながらの投球でしたが、場内のファンは温かい歓声。代わった守屋が連続三振で切り抜けると、そのウラ、北條のレフトスタンドへの一発で同点!

6回は島本が2アウトから平田に11球粘られて四球を出しますが、大島を空振り三振に抑えてガッツポーズ。そのウラ、糸井大山の連打でノーアウト1,2塁のチャンス。ソラーテはショートゴロ併殺に倒れますが、続くマルテがセンター前タイムリーを放ち勝ち越し!7回はジョンソンが登板。苦手のビシエドに2塁打を許すと、阿部のライト前へのフライを糸井が弾いてしまい2塁打で2,3塁。ただこのピンチで粘って無失点。

8回、ドラゴンズは又吉が登板。先頭・糸井がセンター前ヒットを放つと、大山には送りバントのサイン。追い込まれてショートゴロ併殺崩れ。2アウト1,2塁から梅野のセンター前タイムリーで貴重な3点目!2点リードとなり最終回は球児。ビシエドを高めストレートで空振り三振に抑えて2アウトとしますが、代走・遠藤をフリーパスで盗塁させてしまうと、阿部に8球粘られてライト前タイムリーで1点差。最後は福田を大きなライトフライに抑えてゲームセット!

「ファンの皆さんからも信頼してもらえる選手になるよう頑張ります。」by 守屋
「ありがとうございます!初めてです。最高にうれしいです!」by 島本
「サイコーデス!アシタモオレガヤル!」by マルテ
「めっちゃうれしいです。(藤浪が)マウンド降りるの早かったな。」by 北條
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マルテ 北條 守屋(2) 島本[勝](3) 岩崎[H](5)
近本 糸井  
   
ソラーテ 梅野 高山 ジョンソン[H](4) 藤川[S](6)
大山 藤浪 植田
糸原 上本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤浪晋太郎投手(初昇格。悩める右腕が待望の今季初先発。)
OUT 飯田優也投手(スクランブル登板で持ち味を出したが、再調整。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »