« 鳥谷、3ヶ月ぶり先発で攻守に躍動。ドリス失敗でドロー。 | トップページ | 秋山、6回途中2失点も援護なし。貧打に矢野監督決断へ。 »

2019年7月24日 (水)

陽川、痛恨の後逸。苦手の濵口を打てず一歩後退。

20190724阪神●1-3○DeNA(甲子園
勝利打点:ロペス

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳、DeNA・濵口。原口が1年ぶりの先発マスクを被り、左投手対策で陽川北條がスタメン起用。2回、先頭・マルテがセンター前ヒットで出塁しますが、原口がサードゴロ併殺。左投手を苦手にしており、特に今日はタイミングが取りづらい印象を受けました。

4回、1アウトからソトにレフト線への2塁打を許すと、続くロペスにフルカウントからスライダーが甘く入った所を見逃さず。陽川の追い方ではレフトフェンス際のフライも、浜風に乗ってそのままスタンドイン。ベイスターズが2点先制。そのウラ、1アウトからマルテが詰まりながらレフト前へ落とすヒット。しかし原口がフルカウントから三振ゲッツー。

5回、1アウトから北條がレフトスタンドへの2号ソロで反撃し1点差。6回、先頭・筒香にフルカウントから四球を出しますが、ロペスをサードゴロ併殺に抑えて無失点ピッチング。そのウラ、1アウト1,2塁のチャンスで今日2打数2安打のマルテに回りましたが、フルカウントからボテボテのピッチャーゴロ併殺に倒れてしまい無得点。

8回、先頭バッターで代打・乙坂をコールしたのを見て、ここで青柳が93球で降板。今日はロペスの一発だけでした。代わった島本がマウンドに上がったのを見て代打の代打・中井を送りますが空振り三振。1点差のまま9回は岩崎が登板。先頭・筒香のレフト前ヒットで不規則な回転がかかっており、陽川がまさかの後逸。一気に3塁まで進まれました。ここから2アウトまで行きますが、柴田にセンター前タイムリーを許し3点目。

2点差の9回は抑えの山崎康との勝負。先頭・糸井がレフト線への2塁打で出塁しますが、大山が三球三振。最後は代打・福留が登場しますが、落ちるツーシームに空振り三振でゲームセット。緊急補強した新外国人・ソラーテも2軍戦に出場し、1軍昇格が近づいてきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
青柳[負]  
糸井 北條 島本(2)
   
マルテ 岩崎(3)
糸原 大山 梅野 福留
近本 原口 陽川  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 青柳晃洋投手(チームトップの5勝。後半戦も投げ抜きたい。)
IN 浜地真澄投手(再昇格。競った場面での投球に注目。)
OUT 小野泰己投手(リリースが安定せず再び制球難に陥った。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 鳥谷、3ヶ月ぶり先発で攻守に躍動。ドリス失敗でドロー。 | トップページ | 秋山、6回途中2失点も援護なし。貧打に矢野監督決断へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥谷、3ヶ月ぶり先発で攻守に躍動。ドリス失敗でドロー。 | トップページ | 秋山、6回途中2失点も援護なし。貧打に矢野監督決断へ。 »