« 近本、スタメン落ちに発奮!延長の神走塁で連敗ストップ! | トップページ | 岩田、粘りの投球でコイ料理!接戦を制し2位争いが混戦。 »

2019年7月 4日 (木)

メッセ、球威なく5回4失点KO。4年ぶりハマスタで負け越し。

20190704DeNA○7-2●阪神(横浜
勝利打点:筒香

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー、DeNA・大貫。スタメン復帰の糸原近本と並び替えて1,2番を組んできました。初回、先頭・糸原がライトフェンス直撃(グラブに入っているようにも見えた)2塁打で出塁。2アウトから大山が左中間オーバーのタイムリー2塁打でタイガース先制!そのウラ、2アウト1,2塁から苦手のロペス、宮崎の連続タイムリーで逆転。

2回、先頭・高山がフルカウントから四球を選んで出塁。続く梅野のショートゴロが1塁セーフの判定に、ラミレス監督がリクエスト成功で一転アウト。1アウト2塁から木浪が振り逃げで出塁して1,3塁のチャンス。ここでメッセが初球スクイズのサインを見落としてしまい、ランナーがダブルスチールのスタート。高山が慌てて帰塁しますが挟まれてタッチアウト。

3回、先頭・糸原がショート内野安打で際どいタイミングでしたが今度はリクエストせず。続く近本のセカンドゴロ併殺コースでしたが、大和の1塁悪送球でカメラマン席に入って1アウト2塁。2アウトから大山がサードのグラブを弾く当たり。ボールが転がる間に近本が一気にホームを狙い、カバーの大和からの送球でタイミングはアウトでしたがボールがこぼれて2-2の同点!そのウラ、1アウトからソトに左中間フェンス直撃の2塁打を許すと、続く筒香にレフト線へのタイムリー2塁打で勝ち越し。

5回、1アウトから近本がライト前ヒットで復調気配。2アウトから大山が四球を選んで1,2塁としますが、マルテが内角のフォークに空振り三振で無得点。そのウラ、2アウトからソトにレフトスタンドへの一発を許して痛すぎる4点目。さすがに気落ちしたか、筒香に四球を出すと、ロペスにはレフトフェンス最上部に当てる2塁打で2,3塁のピンチでしたが、追加点は許さず。ベイキラーのメッセは5回4失点で降板。

6回、守屋が登板しますが、スタメン起用の戸柱に初球をライトスタンドへ1号ソロ。さらに大和のサードフライを大山が落球で2塁に進まれますが、バッターボックスに立って続投の石田が送りバント失敗。なお1アウト2塁のピンチでしたが、神里、佐野を抑えました。6回から登板した石田が3イニングを無失点に抑えて反撃ムードが出ず。

3点ビハインドの8回は能見。先頭・宮崎がライト前ヒットで出塁。2アウトまで行きますが、代打・中井がフルカウントからレフトスタンド中段へ放り込む2号2ランでダメ押し。際どいコースを取ってもらえず、直後にやられました。得意のハマスタで15年5月以来のカード負け越し。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  岩崎(3)
糸原 大山  
   
近本  
高山 木浪 北條 守屋(2)
糸井 マルテ 梅野
メッセンジャー[負]
能見(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日、石崎剛投手(28)とロッテ・高野圭佑投手(27)の交換トレードが両球団から発表された。17年に侍ジャパンにも選ばれた石崎だが、右肘の故障明けで今季は2試合の登板に終わり、無念の放出。対する高野も150キロ台の速球とフォークが武器の右腕。どちらも新天地ではリリーフでの起用が見込まれる。

4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN メッセンジャー投手(再昇格。交流戦から中15日で先発登板。)
OUT 浜地真澄投手(リーグ戦再開後はブルペンから外れる日が続いた。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 近本、スタメン落ちに発奮!延長の神走塁で連敗ストップ! | トップページ | 岩田、粘りの投球でコイ料理!接戦を制し2位争いが混戦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近本、スタメン落ちに発奮!延長の神走塁で連敗ストップ! | トップページ | 岩田、粘りの投球でコイ料理!接戦を制し2位争いが混戦。 »