« 菅野から11安打も攻略ならず。ジョンソンまさかの失点。 | トップページ | メッセ無残。対巨人戦今季3度目の3タテで後半戦へ。 »

2019年7月 9日 (火)

ガルシア、打球直撃も8回1失点の好投。ホーム遠く惜敗。

20190709阪神●0-1○巨人(甲子園
勝利打点:中島

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発はガルシア(中5日)、巨人・桜井。初回、先頭・重信がレフト線への2塁打で出塁。2アウトから岡本のピッチャー強襲の当たり。坂本がアウトにしますが、ガルシアの右足首に当たりグラウンドに座りこんでしましました。それでも痛みを押して2回のマウンドに上がりました。

3回、1アウトから重信が2打席連続ヒット。盗塁を試みて2塁セーフの判定に矢野監督がリクエスト。ここで判定が覆ってアウトとなり助かりました。そのウラ、1アウトから坂本がレフト前ヒットで出塁すると、ガルシアの送りバントの場面。ファウルで追い込まれてからスリーバントが前にチャージしてきたサード・ビヤヌエバの右を抜けていき内野安打。1,2塁のチャンスでしたが、近本糸原がチェンジアップに連続三振。

4回、1アウトから大山がレフト前への当たりに岡本がダイブしますが、グラブからボールがこぼれてヒット。しかしマルテの痛烈なサードライナーに大山が飛び出してしまい痛恨のゲッツー。好投を続けるガルシアはボールが動いて中盤は内野ゴロの山。

6回、先頭・ガルシア自ら1,2塁間を破るヒットで出塁。糸原のセンターへ抜けそうな当たりを坂本が追いついて2塁へバックトス。間一髪でゲッツー崩れとなりますが、2アウトから糸井が右中間へのヒットで1,3塁とすると、大山が四球を選んで満塁のチャンス。ここでマルテが初球ショートゴロで三者残塁。

7回、2アウトから大城がセンター前ヒットで出塁すると、代走・立岡が盗塁成功。矢野監督が今日2度目のリクエストをしますが判定変わらずセーフ。ここで山本泰を空振り三振に抑えて雄叫び。しかし8回、先頭・ビヤヌエバにライト線2塁打を許すと代走・増田大を投入。小林の送りバントで1アウト3塁とされると、前進守備シフトで代打・中島の当たりを木浪がダイブで止めますがショートゴロの間にジャイアンツ先制。

1点ビハインドの9回、小野が連続四球でピンチを作ると、4番の岡本が送りバント成功。1アウト2,3塁で島本にスイッチ。ここで坂本が3塁ランナーの坂本を刺すと、代打・亀井のセンター前ヒットで2塁から一気にホームを狙った丸を近本が刺して無失点!そのウラ、マシソンが2アウトを取った所で原監督がマウンドに行き田口にスイッチ。高山がショート内野安打で出塁すると、代打・原口が空振り三振に倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ガルシア[負]  
  上本
坂本  
近本  
糸井 大山 高山 植田 原口 島本(3)
糸原 マルテ 木浪 小野(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6月の「大樹生命月間MVP賞」を発表し、セリーグ野手部門では糸井嘉男外野手(37)が3度目の受賞。月間打率.354、得点圏打率.588がリーグ最高で、日本ハム時代の2012年9月以来、阪神へ移籍後初めて選ばれました。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 菅野から11安打も攻略ならず。ジョンソンまさかの失点。 | トップページ | メッセ無残。対巨人戦今季3度目の3タテで後半戦へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菅野から11安打も攻略ならず。ジョンソンまさかの失点。 | トップページ | メッセ無残。対巨人戦今季3度目の3タテで後半戦へ。 »