« 岩田、5回に崩れ対広島6連敗。矢野監督が観客と口論に。 | トップページ | 原口、復活の一打に全虎が泣いた!大勝で交流戦開幕。 »

2019年6月 2日 (日)

一挙7点の猛攻!コイの猛追を振り切り、貯金5で交流戦へ。

20190602広島●5-7○阪神(マツダ
勝利打点:梅野③

毎日放送で9回表まで中継。今日の先発はガルシア(中6日)、広島・アドゥワ。糸井がスタメン復帰しマルテを初の5番起用。好調高山も1ヶ月ぶりのスタメン。初回、先頭・近本がライト前ヒットで出塁しますが、糸原がショートゴロ併殺。ここから2アウト1,2塁のチャンスでしたがマルテが三球三振。そのウラ、2アウトからバティスタが右中間フェンス直撃の3塁打を許しますが、鈴木誠をセンターフライに抑えて無失点。

2回、先頭・梅野がバックスクリーンへ4号ソロで先制するとこの回ビッグイニング!ノーアウト1,2塁からガルシアの送りバントが決まり、1塁は間一髪アウト。近本が前進守備のセカンド菊池を弾く2点タイムリー!さらに2アウト1,3塁から大山がライトオーバーの2点3塁打!続くマルテも粘って9球目をレフト前タイムリー!暴投で2塁に進むと、打者一巡の梅野がこのイニング2本目のヒット。1,3塁から高山のライト前タイムリーで7点目。打者12人で一挙7点の猛攻でアドゥワをKO!

5回、1アウト満塁のピンチを背負ったガルシアですが、バティスタを初球ショートゴロ併殺に抑えて無失点。6回、連打と四球で再び1アウト満塁のピンチ。ここで田中のレフト前2点タイムリーで反撃。高山のバックホームが梅野のグラブに入らず空タッチとなりました。代打・長野を三振に抑えて2アウトとしますが、野間のショート内野安打で1点入ると、2人目のランナーを三本間に挟みながらマルテが3塁悪送球。捕りに行った大山のバックホームも悪送球となり、打った野間は3塁へ。続投のガルシアですが菊池に四球を出すと、バティスタにレフト前タイムリーで7-5となり無念の降板。絶体絶命で守屋が登板し、鈴木誠を外角高めのシュートを見逃し三振!

7回、カープは菊池が登板。1アウト1,3塁のチャンスで木浪が右足に自打球を当ててしまい矢野監督が駆けつけました。粘りましたが空振り三振。ここで代打・鳥谷が登場しフルカウントから四球を選んで満塁としますが、近本もフルカウントからセカンドゴロで三者残塁。そのウラ、球児が四球のランナー1人を出しますが、無失点で抑えるナイスピッチング。この回からショートに入った植田も動きが良かった。

8回はジョンソン。代打・松山のライト前へのライナーを中谷がダイビングキャッチ!結局3人で抑える貫禄のピッチング。9回、カープはビハインドの場面で抑えの中崎を投入。先頭・マルテがレフトフェンス最上部に当てるシングル。続く梅野の送りバントでバッテリーが交錯してオールセーフ。ただ強攻策に出た高山がショートゴロ併殺に倒れて無得点。そのウラ、ドリスが3番からの打順でしたが3人で抑えてゲームセット!貯金5、首位カープと4ゲーム差の2位で15年目の交流戦へ。

「ボールが見えるようになって状態はいい。守屋に感謝したいです。」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 高山 守屋[H](2) 藤川[H](3) ジョンソン[H](4)
ドリス[S](5)
近本 大山 鳥谷
マルテ ガルシア[勝] 中谷 上本
糸井 木浪 植田
  江越
糸原  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 齋藤友貴哉投手(再昇格。敗戦処理から再アピールしたい新人。)
OUT 谷川昌希投手(ビハインドの展開で試合を壊してしまい再調整。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 岩田、5回に崩れ対広島6連敗。矢野監督が観客と口論に。 | トップページ | 原口、復活の一打に全虎が泣いた!大勝で交流戦開幕。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩田、5回に崩れ対広島6連敗。矢野監督が観客と口論に。 | トップページ | 原口、復活の一打に全虎が泣いた!大勝で交流戦開幕。 »