« 高橋遥、好投も1球に泣く。打線は2安打零封負け。 | トップページ | 大山、勝ち越し打の後に怠慢走塁。連夜の終盤逆転負け。 »

2019年6月14日 (金)

西、魔の8回。古巣の逆襲に遭い2点差守れず逆転負け。

20190614オリックス○6-4●阪神(京セラドーム
勝利打点:西野

関西テレビで1回ウラ途中から中継。今日の先発は西(中6日)、オリックス・成瀬。福留がベンチスタートとなり、DHには原口が入りました。初回、2アウト1塁からロメロにバックスクリーンへ放り込まれる2ランでバファローズ先制。移籍1年目で古巣との初対戦だった西が早くも失点。

2回、1アウト1塁から梅野のレフト線への当たりを吉田正が捕れず、1塁ランナーの原口が一気にホームを狙いヘッドスライディングもタッチアウトの判定。ここで矢野監督のリクエスト成功で判定覆りホームイン!さらにマルテのサードゴロの間に2-2の同点!ここからゲームが落ちついて両先発による投手戦に。成瀬は6回79球で降板しますがゲームを作られてしまいました。

7回、バファローズは比嘉が登板。先頭・原口がライト前ヒットで出塁すると、代走・荒木梅野の送りバントが決まって1アウト2塁からマルテのレフト前タイムリーで勝ち越し!バックホームがそれる間に2塁に進むと、代走・木浪。ここで左の海田にスイッチしますが、高山がレフト前タイムリーで4-2!さらに8回、ノーアウト1,2塁のチャンスで右のエップラーが登板すると、大山が痛恨のサードゴロ併殺。なお2アウト3塁で代打・鳥谷が登場しますが、良い当たりのセンターフライで追加点ならず。

8回、4イニング連続で3人で抑えていた西。連続ヒットでノーアウト1,3塁のピンチを背負うと、福田のレフト前タイムリー(3連打)で1点差。続く代打・鈴木昂の送りバントが決まって1アウト2,3塁となった所で球児にスイッチ。いきなり主砲・吉田正との対戦でしたがストレートの四球で満塁。絶体絶命の中でロメロは空振り三振に抑えますが、続く西野との対戦で暴投の間に4-4の同点。さらに前進守備のライトオーバー2点3塁打を打たれてしまい勝負アリ。球児の連続無失点記録も止まり、急に崩れただけに西の交代機が難しかった。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
糸原 原口 高山 西[負]  
梅野 マルテ 荒木
糸井 藤川(2)
北條 木浪 鳥谷 福留
近本 大山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 高橋遥、好投も1球に泣く。打線は2安打零封負け。 | トップページ | 大山、勝ち越し打の後に怠慢走塁。連夜の終盤逆転負け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高橋遥、好投も1球に泣く。打線は2安打零封負け。 | トップページ | 大山、勝ち越し打の後に怠慢走塁。連夜の終盤逆転負け。 »