« 生観戦。岩田、10年ぶり西武戦で勝利!野手全員安打! | トップページ | 青柳、リーグ戦再開の初戦で5失点。勝率5割に逆戻り。 »

2019年6月23日 (日)

レオの集中打を止めれず。拙攻14残塁で交流戦終了。

20190623阪神●3-7○西武(甲子園
勝利打点:秋山

朝日放送で8回ウラまで中継。今日の先発はガルシア(中6日)、西武・松本航。初回、2アウトから1,2塁のチャンスを作ると、マルテが詰まりながらセンター前タイムリーでタイガース先制!しかし2回、2アウト2塁から金子侑のサードゴロを大山が1塁悪送球でカメラマン席に飛び込む間に同点。

5回、1アウトから愛斗がセンター前ヒットで出塁すると、松本航が送りバント成功。2アウト2塁で秋山にレフト前タイムリーを許してライオンズ勝ち越し。1塁が空いていただけにもったいなかった。そのウラ、2アウトから糸井がライトフェンス際への2塁打を放ちますが、大山がセンターフライに倒れて無得点。松本航は5回を投げ終えて106球。

6回、1アウトから連打を許すと、負傷の森に代わってスタメンの岡田がレフト前ヒットで満塁。ここで金子侑のセンター前2点タイムリーで痛すぎる追加点。さらに近本のバックホームがマウンドで跳ねて悪送球となり2,3塁と進塁すると、愛斗のショートゴロを木浪が弾いてしまい、1塁送球も間一髪セーフ。ここで矢野監督のリクエストも判定変わらず、1-5となった所で5連打のガルシアKO。代わった岩崎が2アウトから秋山にレフトフェンスの上にボールが転がる2点2塁打でダメ押し。一挙5点の猛攻。

7回、キャッチャーの守備から出場の原口が初球ヒット。2アウト後、糸井のライト前ヒットで代走・陽川。1,3塁から大山のレフト前タイムリーで1点を返しました。さらにマルテが投げる寸前にタイムを取るタイム打法で1球飛ばし、フルカウントから四球を選んで満塁。ここで代打・鳥谷が登場。フルカウントからレフトフライで三者残塁。打点0が続き、得点圏で今季25打数ノーヒットと苦しみ。

8回、ノーアウト1塁から木浪が左中間オーバーのタイムリー2塁打で4点差!続く原口が四球を選んで1,2塁のチャンス。1アウトから糸原がレフト前ヒットを放ち満塁とした所で、イニングまたぎの平井からヒースにスイッチ。ここで陽川が初球を浅いライトフライでタッチアップできず。続く大山に期待が集まりましたが、三球三振で三者残塁。6連敗があり苦しい交流戦でしたが、6勝10敗2分の10位で終了。首位ジャイアンツと3.5ゲーム差の3位でリーグ戦再開へ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マルテ 高山 原口 島本(4)
糸井 守屋(3) 浜地(5)
木浪  
  上本
糸原 大山 梅野 鳥谷 岩崎(2)
近本 ガルシア[負] 陽川
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩田稔投手(まだ2勝だが、4月途中から苦しい先発陣を救っている。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 生観戦。岩田、10年ぶり西武戦で勝利!野手全員安打! | トップページ | 青柳、リーグ戦再開の初戦で5失点。勝率5割に逆戻り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生観戦。岩田、10年ぶり西武戦で勝利!野手全員安打! | トップページ | 青柳、リーグ戦再開の初戦で5失点。勝率5割に逆戻り。 »