« 近本、逆転打からの二盗三盗!令和初戦を制し4連勝! | トップページ | 大山、プロ初のサヨナラ打!延長戦を制し5割復帰! »

2019年5月 2日 (木)

岩田、7回無失点の好投も援護なし。ドリス力尽きる。

20190502阪神●0-4○広島(甲子園
勝利打点:バティスタ

関西テレビで3回ウラから中継。今日の先発は岩田(中6日)、広島・大瀬良。初回、野間が粘って内野安打で出塁しますが、バティスタの打席で梅野が前に弾いたのを見て1,2塁間に飛び出してしまい、梅野が自ら1,2塁間まで追いかけて挟殺プレーでアウト。そのウラ、1アウト1,3塁のチャンスでしたが、大山がセカンドフライ。福留もレフトフライで無得点。

3回、1アウトから近本が三塁線を破る2塁打を放ち、新人13試合連続ヒットの球団新記録。1,2塁のチャンスで糸井がショートフライ。大山もセカンドライナーで無得点。4回、先頭・菊池の1,2塁間への当たりをマルテがダイビングキャッチ!トスも決まり序盤3イニングすべて先頭を出していた岩田を助けました。

0-0の投手戦で7回、2アウトから長野がライト前ヒット。ここで会澤の三遊間への深いゴロでしたが、木浪が追いつくと反転してのジャンピングスローでバウンドしましたが1塁アウトのファインプレー!そのウラ、先頭・梅野がレフト前ヒット。1アウトから木浪が送れず追い込まれてから見逃し三振となりますが、代打・高山がライト前ヒット。さらに近本も三遊間を破るヒット(猛打賞)で2アウト満塁のチャンス。ここで糸原が良い当たりのセンターフライで三者残塁。

8回、ジョンソンが3人で抑えて無失点記録を継続。そのウラ、カープは大瀬良に代打を送ったので左のフランスアが登板。1アウトから大山が右中間へ2塁打を放ちますが、福留が初球ショートフライ。梅野もファーストファウルフライに倒れて無得点。

9回はドリス。先頭・野間がセーフティバントの構えで揺さぶり、痛すぎるストレートの四球。菊池が1球で送りバントを決めると、バティスタにレフトスタンドへの2ランを許してカープ先制。さらに鈴木誠にヒットを許した所で守屋にスイッチ。牽制球をマルテが捕れず2塁に進めてしまうと、1,3塁から会澤のレフト線への長打で1塁から曽根も一気にホームインして0-4。この後、小窪のショートゴロの判定を巡って緒方監督のリクエスト失敗。最後は中崎に抑えられて今季4度目の零封負け。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 岩田 ジョンソン[H](2)
  高山 上本
糸原  
梅野 守屋(4)
大山 江越
糸井 福留 マルテ 木浪 ドリス[負](3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 福永春吾投手(初昇格。2軍で無失点を継続する右のリリーフ。)
OUT 才木浩人投手(メッセの復帰見込みで一度抹消。長い回を投げたい。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 近本、逆転打からの二盗三盗!令和初戦を制し4連勝! | トップページ | 大山、プロ初のサヨナラ打!延長戦を制し5割復帰! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近本、逆転打からの二盗三盗!令和初戦を制し4連勝! | トップページ | 大山、プロ初のサヨナラ打!延長戦を制し5割復帰! »