« 青柳、自らの悪送球で自滅。サンテレビ開局50周年で敗戦。 | トップページ | 岩田、危険球退場で一変。5点差守れず大暗転ドロー。 »

2019年5月 7日 (火)

木浪、逆転打で初のお立ち台!継投で僅差を逃げ切り。

20190507ヤクルト●1-3○阪神(神宮
勝利打点:木浪①

テレビ大阪で3回ウラから9回表途中まで中継。今日の先発は秋山(中6日)、ヤクルト・原。初回、2アウトから連続四球で1,2塁のチャンスでしたが、福留が見逃し三振。2回、先頭・雄平にライト前ヒットを許すと、暴投で2塁へ。ここで村上のセンター前タイムリーでスワローズ先制。さらに大引のセカンド左の当たりを糸原が捕れず外野に転がる間に1塁ランナーが3塁へ。ノーアウト満塁の大ピンチでしたが、荒木がショートゴロ併殺で追加点を許さず。

4回、先頭・大山が10球粘ってバットを折りながらライト前へポテンヒット。続く福留が初球を振り抜いてライトオーバーの2塁打でノーアウト2,3塁とすると、梅野のショートゴロの間に1-1の同点。ここでマルテが外角スライダーに何とかバットが止まって四球で出塁すると、1,2塁から木浪が1,2塁間を鋭く破るライト前タイムリーで勝ち越し!

6回、マルテがどん詰まりながらライト線へポトリと落ちるヒットで1アウト1,2塁とすると、木浪のセンターフライで福留が2塁から3塁へ激走のタッチアップ。ダイレクト返球を見てマルテも2塁へ好走塁。秋山がそのまま打席に立ち、惜しい当たりがレフト線ファールとなり、最後はショートゴロで無得点。そのウラ、先頭・青木のセカンドゴロを糸原がファンブルしてノーアウトのランナー。1アウトを取った所で99球の秋山が降板して左の島本(3連投)にスイッチ。雄平を力強いボールでショートフライ。続く村上には四球を出しましたが、大引をライトフライに抑えてナイスリリーフ!

1点リードの7回は球児。先頭・中村にフルカウントから四球を出すと、2アウト2塁から西浦、青木に連続四球で満塁の大ピンチ。ストレートの制球が定まらず苦しい投球で絶対絶命でしたが、山田をレフトフライに抑えてピンチ脱出!

9回、スワローズはビハインドの展開ながら近藤を投入。先頭・木浪がセンター前ヒットで出塁すると、代打・北條がバントの構えから四球を選んでノーアウト1,2塁のチャンス。ここで近本が三塁線への送りバントが決まり内野安打。さらに近藤が1塁悪送球でボールが転がる間に貴重な3点目のホームイン!なおノーアウト2,3塁で糸原が浅いレフトフライに倒れた後、糸井を申告敬遠。1アウト満塁で大山に期待がかかりましたが、痛恨のピッチャーゴロ併殺。そのウラ、ドリスが3人で抑えてゲームセット!

「自分のアピールポイントは全力疾走なので見に来てください。」by 木浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  北條 島本[H](2) ジョンソン[H](4)
ドリス[S](5)
福留 木浪 秋山[勝]  
近本  
マルテ 藤川[H](3)
糸原 大山 梅野 植田 江越
糸井  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 青柳、自らの悪送球で自滅。サンテレビ開局50周年で敗戦。 | トップページ | 岩田、危険球退場で一変。5点差守れず大暗転ドロー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青柳、自らの悪送球で自滅。サンテレビ開局50周年で敗戦。 | トップページ | 岩田、危険球退場で一変。5点差守れず大暗転ドロー。 »