« 岩田、危険球退場で一変。5点差守れず大暗転ドロー。 | トップページ | メッセ、悔やまれる初回3失点。糸井の守備に暗雲。 »

2019年5月10日 (金)

西、自らのヒットから逆転劇!竜倒でリベンジ!

20190510阪神○7-3●中日(甲子園
勝利打点:糸原②

サンテレビ、NHK総合で完全中継。今日の先発は西(中6日)、中日・又吉。GW12連戦を8勝3敗1分で終えたタイガース。2回、先頭・ビシエドの時に西が左足のバランスを崩してトレーナーが駆け寄る場面も。顔をしかめますが続投。次の球をセンター前ヒット。続く阿部のピッチャーゴロ併殺崩れ、1塁セーフの判定を巡って矢野監督がリクエストも判定変わらず。そして高橋が初球をライトポール直撃の2ランでドラゴンズ先制。

そのウラ、1アウト1塁からマルテがレフトスタンドへの2号2ランで同点!2アウトランナーなしから西自ら三塁線を破るヒットで出塁すると、近本が粘って8球目を叩き付けて内野安打。送球も少しそれました。1,2塁から糸原の左中間へのタイムリーで勝ち越すと、満塁で大山がセンター前へ落とす2点タイムリーで一挙5点の猛攻!又吉を2回でKO。

5回、ドラゴンズは小熊。先頭・福留がフルカウントから四球を選ぶと、梅野が送りバント成功。マルテは外角スライダーに見逃し三振に倒れますが、木浪が前進守備の左中間を大きく破っていくタイムリー3塁打!さらに西にストライクが入らずストレートの四球も追加点ならず。7回、先頭・高橋が右中間への2塁打で猛打賞。続く伊藤康のヒットでノーアウト1,3塁から代打・福田のセカンドゴロ併殺の間に1点を返されました。疲れの見えた西は7回3失点、96球で降板。

3点リードの8回、ジョンソンが28歳のバースデー登板。無失点記録が止まって以来のマウンドでしたが、2番からの打順ながら3人で抑えるナイスピッチング。最速153キロをマーク。そのウラ、ドラゴンズは谷元が登板。2アウトから糸原が粘って8球目で四球を選ぶと、糸井もレフト前ヒットで1,2塁。ここで大山が三遊間を破るレフト前タイムリーで今日3打点!4点リードながら9回はドリスが無失点で抑えてゲームセット!2位スワローズに並びました。

「全体的に調子が悪かった。振ったら当たりました。」by 西
「アリガトウゴザイマス!西のためにアウトを取った。」by ジョンソン
「4番バッターとしてしっかり打つべきところで打てた。」by 大山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 大山 木浪 西[勝] ジョンソン[H](2)
糸井 マルテ 福留 ドリス(3)
梅野  
   
近本 植田 高山 江越 
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 長坂拳弥捕手(再昇格。2軍で実戦経験を積み出場チャンス。)
9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岡崎太一捕手(GW12連戦で出番はなかった控え捕手。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 岩田、危険球退場で一変。5点差守れず大暗転ドロー。 | トップページ | メッセ、悔やまれる初回3失点。糸井の守備に暗雲。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩田、危険球退場で一変。5点差守れず大暗転ドロー。 | トップページ | メッセ、悔やまれる初回3失点。糸井の守備に暗雲。 »