« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

高山、悪球打ちで同点劇を演出。今季初のサヨナラ負け。

20190531広島○2x-1●阪神(マツダ
勝利打点:野間

サンテレビで完全中継。今日の先発は西(中6日)、広島・床田。木浪が3試合ぶりのスタメン。試合前の雨で外野の芝を走ると水しぶきが上がっていました。初回、1アウトから菊池が盗塁を決めると、バティスタのライト線へのフライを糸井が打球を見失って目測と違う所に落ちるヒット。1,3塁のピンチで鈴木誠、西川を抑えてくれました。

3回の守備から福留が右ふくらはぎの張りを訴えて負傷交代。4回、先頭・バティスタがフェンス直撃の2塁打。さらに鈴木誠の痛烈なサードへの当たりでしたが大山がジャンピングキャッチ!2アウト1,3塁で田中を空振り三振に抑えて西ガッツポーズ!5回、1アウトからピッチャー床田に四球。野間のサードゴロが内野安打の判定でしたが、矢野監督がリクエスト成功で2アウト!しかし菊池のピッチャー返しがセンターへ抜けていき、床田が2塁からホームインでカープ先制。打球が濡れた芝で転がらず近本のチャージが遅れました。

西は7回109球で8回に代打を送られて降板。8回、守屋が2アウトを取った所で島本にスイッチ。西川のショートゴロがワンバウンド送球となり緒方監督がリクエスト。マルテの足が離れており判定覆ってセーフ。ただ会澤をライトフライに抑えて無失点。

1点ビハインドの9回、抑えの中崎との勝負。先頭・上本がレフト前ヒットで出塁しますが、ここから2アウト。代打・高山も追い込まれますが粘って7球目の顔ぐらいの高さに来たストレートを悪球打ちでライト前ヒット!好調キープで1,3塁のチャンスを作ると、梅野がショート左を破る同点タイムリー!!1球投げた所で代走・植田を送っており、再び1,3塁としますがマルテが空振り三振で勝ち越せず。

9回、植田がセンターの守備に入りました。球児のフォークが冴えて3人で抑えて延長戦へ。10回、カープは一岡が登板。1アウトから代打・鳥谷が痛烈なライト線への2塁打で5月5日以来、11打席ぶりのヒット。近本は高めのつり球でサードフライに倒れると、上本がライト後方へのフライ。前進守備の鈴木誠が背走キャッチで勝ち越せず。

10回、ジョンソンが登板。先頭・野間の時にセットが短く反則投球を取られてボールが1つ増やされました。フルカウントからセカンド内野安打で出塁。2アウト2塁となった所で鈴木誠を申告敬遠。ここで西川を153キロで空振り三振!11回は能見。2アウトから上本にレフト前ヒットを許すと、代打・磯村にストレートの四球。突如制球を乱すと1,2塁から野間を追い込んでからフォークが高めに浮いた所をライトオーバーのサヨナラタイムリー。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 西 高山 守屋(2) 島本(3) 藤川[H](4)
  植田 鳥谷 ジョンソン[H](5)
   
上本  
糸井 大山 木浪 糸原
マルテ 近本 福留 中谷 能見[負](6)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

大山、先制弾&4打点!遥人も快投で巨人戦4連勝!

20190530阪神○5-2●巨人(甲子園
勝利打点:大山⑥

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発は高橋遥(中6日)、巨人・ヤングマン。初回、先頭・近本が叩き付けてのショート内野安打で出塁すると、初球で盗塁成功。早くも今季15個目。1アウト1,3塁から大山が高めに浮いたカーブを崩されながらレフトポール際へ。浜風にも乗ってスタンドイン!9号3ランでタイガース先制!

2回、先頭・岡本にレフト前ヒットを許すと、大城にバックスクリーンへ放り込まれてしまい1点差。さらにゲレーロの痛烈な当たりでしたが、北條がスライディングキャッチ!3回、1アウトから四球の糸井が盗塁成功。タイミングはアウトながらセーフの判定に原監督がリクエストも覆らず。続く大山のファースト後方のフライをセカンドの山本がダイビングキャッチ。2アウト1,2塁から梅野がライトファウルフライで無得点。

4回、2アウト1,2塁となった所で早くもヤングマンを諦め、田口にスイッチ。糸原のセカンドゴロでバウンドが変わり、山本がグラブトスで遠投。間一髪アウトの判定に矢野監督がリクエストしますが覆らず。5回、先頭・糸井が左中間への当たりにダイブした丸が後逸する間に3塁へ進むと、大山が前進守備のセカンド左を破るタイムリーで4点目!

6回、先頭・坂本にセンター前ヒットを許して3打席すべて出塁。ここで丸を空振り三振に抑えると、梅野が盗塁を刺して三振ゲッツー!岡本も空振り三振で抑えて高橋遥が踏ん張りました。7回も続投して120球の熱投。そのウラ、高木が登板。先頭・近本が10球粘って左中間を破る3塁打を放つと、糸原のレフト犠牲フライで5点目。3点差に開いた所で今季初登板の鍬原にスイッチして抑えられました。

3点リードの8回はジョンソンが最速154キロをマーク。今日は3人で抑えてくれました。9回はドリス。先頭・坂本がサード内野安打で出塁しますが、後続を3人で抑えてゲームセット。対巨人戦で開幕6連敗の後、4連勝と巻き返してきました。3ゲーム差で明日から首位カープとの首位攻防3連戦。

「ありがとうございまーす。ホームラン、ナイスバッティングでーす。」by 高橋遥
「風とファンの声援に乗って入りました。3タテされたのでやり返せるように。」by 大山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 大山 高橋遥[勝] ジョンソン[H](2) ドリス[S](3)
   
糸井 マルテ  
糸原 梅野 北條  
福留 植田 高山 木浪
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

高山、代打サヨナラ満塁弾!巨人との激戦制し2位浮上!

20190529阪神○8x-4●巨人(甲子園
勝利打点:高山①

BS朝日で完全中継。朝日放送でも中継。今日の先発は青柳(中7日※スライド)、巨人・今村。左投手対策で上本北條がスタメン。初回、坂本をピッチャーゴロ併殺に取った所は良かったのですが、苦手の丸にバックスクリーンへ放り込まれてジャイアンツ先制。さらに大城のセカンドゴロを弾いた上本が1塁送球もそれてしまい、1塁ベースから足が離れていないか原監督がリクエストしますが、判定はアウト。大きく両手を広げてました。

3回、2アウトから坂本がバックスクリーン左へ放り込み通算200号達成。さらに4回、先頭・岡本が左中間へ2塁打を放つと、続く大城もレフトポール際へ落とすタイムリー2塁打で3点目。ただここから踏ん張って追加点を許さなかった青柳は5回3失点で降板。5回、先頭・マルテがレフト前ヒットで出塁すると、2アウトから近本がライト線への2塁打で2,3塁。ここで上本が右中間への2点2塁打で反撃!

6回から島本が2イニング無失点に抑えて流れを引き寄せるピッチング。6回、先頭・大山がライトオーバーの2塁打で出塁しますが、原監督がマウンドで激励すると後続が凡退。7回、ジャイアンツは田口が登板。1アウトから糸原近本の連打で1,2塁のチャンスを作りますが、代打・中谷がレフトフライ。続く糸井もショートゴロで同点ならず。

8回、代わった守屋が丸に今日2本目となるレフトスタンドへの一発。さらに岡本のショートゴロを北條がダイブしますが1塁悪送球。2塁進塁はアウトのタイミングでしたが、北條が2塁のベースカバーに入っておらず。1アウト3塁で代打・阿部のファーストゴロをマルテがダイブ。目で3塁ランナーを殺しながら1塁へのトスが間に合ってアウト。そのウラ、澤村との勝負。2アウト1塁でマルテがど真ん中のストレートを振り抜き、レフトポール際への同点ホームラン!!左に切れるはずが、右に曲がってファウルゾーンから戻ってきました。

同点の9回はドリス。2アウトから亀井が内野安打で出塁すると、坂本はヒヤリとさせる特大のレフトフライで無得点。そのウラ、クローザーの中川を投入。先頭・糸原がレフト前ヒットで出塁しますが、近本がフルカウントからスリーバント失敗。10回はジョンソンが中5日のマウンド。いきなり丸に四球を出しますが、後続を3人で抑えてくれました。

11回、田原が登板。先頭・マルテが左中間へのヒットで代走・木浪植田の送りバントがキャッチャー前で止まってしまいますが、炭谷の2塁送球がセーフ!ノーアウト1,2塁で矢野監督糸原にアドバイス。強行策に出た所、暴投!たまらず原監督が申告敬遠で満塁策を取り、左の高木へスイッチ。近本はフルカウントから浅いセンターフライでタッチアップできず。ここで代打・鳥谷が登場しますが空振り三振。そして糸井もセンターフライに倒れてまさかの三者残塁。

12回は球児。先頭・亀井に四球を出すと、坂本は送りバントの構え。バントファウルで追い込まれて最後は空振り三振。1アウト1,2塁のピンチとなりますが、岡本をセンターフライ。続く中島をフォークで空振り三振!これで負けはなくなりました。そのウラ、桜井が登板。1アウトから福留がストレートの四球を選んで代走・長坂梅野のファースト後方のフライをセカンドが捕れずオールセーフ!ここで左の池田にスイッチ。途中出場の木浪が粘って四球を選んで満塁とすると、最後の野手・高山が代打で登場。カウント2-0から豪快に振りに行くとライトポール上を通過するサヨナラ満塁ホームラン!!

「完璧でした。水の勢いがすごくてコケちゃって。最高です!」by 高山
「アリガトゴザイマス。良いショーを見せれるように全力を尽くす。」by マルテ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マルテ 高山 島本(2) ドリス[H](4) 能見[H](6)
上本 糸原 木浪 ジョンソン[H](5)
福留 長坂 藤川[勝](7)
近本 大山 北條 守屋(3)
梅野 青柳 植田 江越
糸井 中谷 鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

ガルシア、虎初勝利は完封!1試合4発でベイに圧勝!

20190526DeNA●0-7○阪神(横浜
勝利打点:近本③

BS-TBSで9回表途中まで中継。今日の先発はガルシア、DeNA・濵口。福留が休養日に充てられ、中谷が7番レフトでスタメン。初回、近本が2球目を振り抜きライトスタンドへプロ初の先頭打者アーチでタイガース先制!4月17日に抹消され復帰戦となったガルシアですが、ストレートの走りが戻っており初回は3人で抑える立ち上がり。

2回、先頭・梅野の左中間への当たりをダイブした神里が後逸。一気に3塁まで進むと、マルテがチェンジアップに崩されずレフトスタンドへの4号2ラン!さらに中谷が高めのストレートを豪快にレフトスタンド中段へ放り込む2者連続アーチで4-0!2アウトからヒットで出塁した近本が牽制で逆を突かれ間一髪セーフの判定。ラミレス監督のリクエストは失敗。1,2塁から糸井のファーストゴロでトスを受けた濵口が落球してしまい、この間に5点目のホームインで濵口KO!

4回、ノーアウト1塁でソトのサードゴロを大山がファンブル。1,2塁で筒香には150キロも出て外角ストレートにタイミングが合わず空振り三振。続くロペスのピッチャーゴロ併殺コースをガルシアが2塁へ悪送球。ただカバーした木浪が3塁オーバーランした宮崎を見逃さずタッチアウト!ここを無失点で抑えると、5回には大山がレフトポール際への一発で6点目。

6回、2アウトから2,3塁のピンチを背負いますが、ロペスのセカンド後方へのフライを糸原が背走してポケットキャッチ。このファインプレーが結果的には大きかった。7回、先頭・糸井がセンター前ヒットで出塁し、盗塁を試みますがタッチアウトの判定。ここで矢野監督がリクエスト成功で判定覆りセーフ。大山が進塁打の形で1アウト3塁とすると、梅野が叩き付けてサードの頭を越えるタイムリー2塁打で7点目。

7回を98球で投げ抜いたガルシアは8回の打席にも立って完封指令。8回を9球、9回を10球でベイスターズ打線を完璧に抑え込んで、移籍後初勝利は4安打完封勝利!防御率も19.29から9.82に。貯金4で交流戦前、最後の6連戦に挑みます。

「暑かったけど、ファンの応援もすごく熱かった。グラシアス!」by ガルシア
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 梅野 ガルシア[勝]  
糸原  
大山 マルテ 植田
糸井 中谷  
木浪 高山 江越
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ガルシア投手(再昇格。開幕3試合で振るわず巻き返しを図る。)
OUT 浜地真澄投手(リリーフでは少しずつ攻めの投球。先発調整へ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

メッセ、9四死球で得意のベイに敗戦。6点差追い詰めた。

20190525DeNA○6-5●阪神(横浜
勝利打点:ロペス

BS-TBSで9回表途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、DeNA・上茶谷。2回、先頭・筒香に四球を出すと、続くロペスがフルカウントから四球の際にスタートを切っており、四球と気づかなった梅野が2塁へ悪送球。ノーアウト1,3塁から伊藤にも四球を出して満塁。ここで中井をサードゴロ。大山が3塁ベースを踏んでから3塁ランナーの筒香を挟んで併殺に抑えますが、大和にこの回4個目の四球。ストライクを取ってもらえずメッセが叫びましたが、再び満塁で上茶谷を抑えました。

5回、先頭・福留が1塁線を破る2塁打を放つと、梅野が送りバント成功。1アウト3塁で中谷が浅いセンターフライに倒れてタッチアップできず。続く木浪は申告敬遠されてしまい、メッセがピッチャーゴロで無得点。そのウラ、1アウト1,2塁から筒香にフルカウントから四球となり、メッセがマウンド上でしゃがみこみました。続くロペスの犠牲フライでベイスターズ先制。5回で105球、7四球と苦しみました。

6回もメッセは続投。ノーアウト1,2塁から上茶谷の送りバントを3塁ホースアウト。しかしトップの神里にフルカウントから四球を出してしまい満塁。限界を超えていましたが相性の良い宮崎との勝負を選択。ただ3ボールになってしまい高めに浮いたストレートをセンター前タイムリーで2点目。続くソトのショートライナーを木浪がダイビングキャッチで2アウトとしますが、筒香にレフトフェンス直撃の2点2塁打で0-4。ここで135球のメッセがKO。代わった谷川がロペスに2点タイムリーを許して6点目。ダイブした木浪のグラブをかすめました。

8回までわずか2安打に抑えられ、ドラ1ルーキー上茶谷のプロ初完封が目前でした。9回、連打でノーアウト2,3塁のチャンスを作ると、糸井が初球をレフトスタンドへ放り込む3号3ランで反撃!さらに大山がセカンド内野安打で出塁した所で、完投目前の上茶谷が降板。代わったエスコバーが福留を空振り三振に抑えた所で、クローザーの山崎康が登場。梅野のセカンドゴロを回り込んだ柴田が後ろに逸らして、1アウト1,3塁のチャンス。ここで中谷がファーストファウルフライに倒れますが、木浪がライト線への2点タイムリーで1点差!しかし代打・鳥谷がレフトフライに倒れて一歩及ばずゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
糸井 木浪  
  浜地(3)
糸原 大山 梅野 谷川(2)
近本 福留 メッセンジャー[負] 高山 植田 鳥谷
中谷  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

大山、今永撃ちで4番の仕事!全て1点差で4連勝!

20190524DeNA●2-3○阪神(横浜
勝利打点:大山⑤

BS-TBSで8回ウラ途中まで中継。今日の先発は西(中6日)、DeNA・今永。初回、先頭・神里にフルカウントから四球。西がバランスを崩してマウンドを気にしていました。ゲッツーで2アウトを取りますが、ソトにヒットを許すと筒香にレフトスタンドへの2ランでベイスターズ先制。続くロペスもレフトポール際ギリギリの大ファール。西にしては珍しく初回で31球も費やしました。

4回、先頭・糸原の右肘付近へ死球を喰らい、次の回の守備から退きました。続く糸井がボテボテの三遊間への内野安打でこれがチーム初ヒット。大山もレフト前ヒットで続いてノーアウト満塁のチャンスを作ると、福留のセンターオーバーかという当たりを神里が背走キャッチで犠牲フライ。ただ梅野がショートゴロ併殺で追いつけず。5回、ソトが3打数3安打となるヒットで2アウト1,2塁のピンチでしたが、筒香を空振り三振!西は5回111球で代打を送られました。

6回、連続四球でノーアウト1,2塁のチャンス。1アウトから梅野のサードの頭を越えるショート内野安打で満塁とすると、マルテの犠牲フライで同点!筒香がバックホームしたのを見て、1塁・2塁ランナーが揃ってタッチアップ成功!木浪が申告敬遠され、満塁で代打・中谷を送りますがレフトフライで三者残塁。そのウラ、守屋が3人で抑えて流れを引き寄せました。7回、先頭・近本がライト線への3塁打。ただここから2アウトとなり嫌な流れでしたが、相性の良い大山がレフト線へ入れるタイムリー2塁打で勝ち越し!

1点リードの8回、球児が3連投。いきなりソトにストレートの四球を出して代走・桑原。続く筒香の1,2塁間を破りそうな当たりを上本がスライディングキャッチ!ここで2塁をオーバーランした桑原を見逃さずタッチアウト!この後、2アウト1,2塁のピンチでしたが石川を空振り三振でガッツポーズ!9回はドリスが4連投。先頭・大和にライト前ヒットを許すと、送りバント成功。2アウトから初球で大和が三盗を決めますが、宮崎を三遊間深い所で止めてショートゴロでゲームセット!

「切れるなと思って走りました。チーム全員でとった一点です。」by 大山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山 守屋[勝](2) ドリス[S](5)
近本 能見[H](3)
糸井 梅野 藤川[H](4)
福留 木浪 西 上本
マルテ 北條
糸原 中谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

糸原、満塁でサヨナラ決めた!ツバメを3タテ再浮上!

20190523阪神○1x-0●ヤクルト(甲子園
勝利打点:糸原④

サンテレビで完全中継。今日の先発は高橋遥、ヤクルト・ブキャナン。今日は上本北條と二遊間を揃って替えてきました。初回、先頭・山田に四球を出してしまうと、続く坂口の空振り三振の際に盗塁成功。それでも青木、バレンティンと強打者を抑えて無失点の立ち上がり。そのウラ、先頭・近本が内野安打で出塁しますが、強攻策の上本がサードゴロ併殺。

6回、バレンティンのセンター右へのヒットで1アウト1,3塁のピンチ。ここで雄平のファーストゴロでマルテがバックホーム!タッチプレーで青木をアウトに。なお2アウト1,2塁のピンチで村上が左中間オーバーかという当たりでしたが、背走した近本がジャンピングキャッチ!好投の高橋遥は6回99球で代打を送られました。そのウラ、近本が叩き付けた当たりで内野安打となり猛打賞。続く上本もヒットでつなぎますが、後続が倒れて無得点。

0-0の7回は球児が連投。いきなり中村に四球を出してしまうと、廣岡が送りバント成功。この後、2アウト3塁から山田にストレートの四球を出しますが、坂口をサードゴロに抑えてピンチ脱出!そのウラ、2アウト2塁から北條が四球でつなぎますが、途中出場の糸原がセカンドゴロで無得点。8回はジョンソン(3連投)が2アウト1,2塁のピンチを背負いますが、中村を最速153キロの内角ストレートで見逃し三振!

9回はドリスが3連投。同点の投入は良い結果が出ておらず、先頭・廣岡が早速セーフティバント。ワンバウンド送球がアウトの判定でしたが、小川監督がリクエスト。捕ったマルテの足が離れておりリクエスト成功。続く太田も送りバントでこれもドリスの出足が遅れますが、剛速球で1塁アウト。2アウト3塁まで行きますが、坂口をショートゴロに抑えて無失点!

そのウラ、マクガフがイニングまたぎ。1アウトから梅野が四球で出塁すると、一度スタートを切りますがファウル。これで警戒したマクガフが1塁悪送球。ボールが梅野の顔面に当たってファウルエリアに転がりました。ここで2塁ベース上へ矢野監督が駆け寄りましたが出場継続。マルテがフルカウントから四球を選ぶと、北條が浅いレフト前ヒットで満塁。ここで糸原が追い込まれてからライト左へ抜けていくサヨナラタイムリー!!カープに3タテされた後、スワローズを3タテ!

「最高でーす!すごい良い雰囲気なので明日からも頑張ります。」by 糸原
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 高橋遥 糸原
梅野 ドリス[勝](4)
北條 藤川[H](2) ジョンソン[H](3)
大山 マルテ  
上本 中谷 植田
糸井 福留  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高橋遥人投手(再昇格。5月5日以来2度目の先発チャンス。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

糸井、決勝打&痛みに耐えて激走!守り勝った!

20190522阪神○3-2●ヤクルト(甲子園
勝利打点:糸井⑤

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発は岩田(中6日)、ヤクルト・高橋。中谷がファーストで先発起用。初回、2アウトから山田にヒットを許しますが1塁牽制で刺して無失点の立ち上がり。そのウラ、先頭・近本がセカンドへの内野安打で出塁すると、すかさず盗塁成功。ノーアウト2塁のチャンスでしたが無得点。

2回、ノーアウト2,3塁の大ピンチを背負った岩田。1アウト満塁から今季まだノーヒットの廣岡をショートゴロ併殺に抑えてピンチ脱出!そのウラ、先頭・梅野がレフトスタンドへの3号ソロでタイガース先制!さらに3回、ピッチャーの高橋に内野安打で出塁を許すと、1アウト1,2塁のピンチ。ここで山田をショートゴロ併殺に抑えて無失点!

4回、バレンティンにカウント3-0から甘く入ったボールをレフトスタンドへ放り込まれて同点。続く雄平のサードゴロを大山が投げる際に手につかず内野安打。さらに村上のサードゴロを大山の送球がワンバウンドで悪送球となりオールセーフ。1アウト満塁の大ピンチで高橋にフルカウントから空振り三振!続く坂口を1,2塁間へのファーストゴロに抑えてピンチ脱出!5回、2アウト2塁から雄平のセンター前ヒットでホームを狙った山田を近本が刺してくれました!そのウラ、2アウト1,2塁から近本糸原がダブルスチールを決めますが、大山がサードゴロ。

同点の7回は球児。1アウトから連打で1,2塁のピンチを背負いますが、山田を意表を突いた内角ストレートで三球三振!さらにバレンティンを追い込んでからフォークで空振り三振で抑えて珍しくガッツポーズ!今日は球速が130キロ台が大半で心配されましたが無失点!そのウラ、代打・上本のショートゴロを廣岡が1塁悪送球の間に2塁へ。2アウト3塁から糸井のセンター前タイムリーで勝ち越すと、大山が左中間真っ二つの当たり!バレンティンが弾く間に糸井が1塁から激走ホームインで3-1!

2点リードの8回はジョンソン。3打数3安打の雄平をパワーカーブで見逃し三振に抑えると、続く村上のショートゴロを木浪がダイビングキャッチ!3人で抑えてくれました。9回はドリスが2アウトから四球のランナーを出すと、フリーパスで盗塁成功。青木にセンター前タイムリーを許して1点差。嫌なムードが流れますが、山田を強い当たりのショートゴロに抑えてゲームセット!

「糸井選手頼むという気持ちで打席に入りました。そういう顔です。」by 糸井
「梅野が考えてくれて頼もしい存在になっています。」by 藤川
「アリガトゴザイマス。自分も抑えてやろうと思ってました。」by ドリス
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 梅野 上本 ジョンソン[H](3)
糸井 岩田 藤川[勝](2)
福留 鳥谷 ドリス[S](4)
大山 木浪  
糸原 中谷  江越 植田
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

青柳、チームトップ4勝目!梅野のラッキー打が決勝打。

20190521阪神○3-2●ヤクルト(甲子園
勝利打点:梅野②

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、ヤクルト・原。初回、1アウトから四球で出塁した糸原が盗塁失敗。2アウトとなりますが1,3塁のチャンスを作ると、福留がセカンド左を破る右中間へのタイムリーでタイガース先制!しかし2回、連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、1アウト2,3塁から川端のファーストゴロ。マルテのバックホームでアウトのタイミングでしたが、送球がそれて捕った梅野が交錯してボールがこぼれる間に同点。

4回、1アウトから先頭・福留が左中間フェンス直撃の2塁打で出塁すると、梅野のサードゴロが3塁ベースに当たって大きく跳ねてレフト線へ転がる間に勝ち越しのホームイン!さらにマルテが死球でつなぐと、1,2塁から木浪が鋭い打球でセカンド右を破るライト前タイムリーで3-1!左足骨折の梅野もタッチをかいくぐる好走塁。この後、青柳がバスターを試みますがピッチャーゴロ併殺。

6回、1アウトから梅野に死球で出塁すると、マルテが外角スライダーを見送って四球。この後、2アウト1,3塁と場面が変わり、好投の青柳に代打・鳥谷を送りますがセカンドゴロで無得点。2点リードの7回は能見がマウンドに上がりますが、いきなり村上にレフトスタンドへ12号ソロを許してしまい、あっさり1点差。ただこの後は3人で抑えてくれました。

8回はジョンソン。先頭・太田にレフト前ヒットを許すと、送りバント成功。さらに三盗まで決められてしまい、青木には四球で1アウト1,3塁のピンチ。ここで山田、雄平をパワーカーブで空振り三振!配球のうまさが出ました。そして9回はドリス。1アウトから坂口に四球を出すと、ここで上半身の張りがありベンチスタートのバレンティンが代打で登場。一発出れば逆転という場面でしたが、バットを折られてしまいサードゴロ併殺でゲームセット!

「何が何でも勝てるよう意識しました。応援してくれて勝てました!」by 青柳
「運良くベースに当たってくれて。明日も勝つバイ!」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 梅野 青柳[勝] ドリス[S](4)
   
大山 木浪 ジョンソン[H](3)
糸原 糸井 マルテ 能見[H](2)
  鳥谷 植田
近本  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 秋山拓巳投手(5回5失点と試合を作れず。再び2軍調整。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

秋山、5回5失点KO。カープに3タテされ勝率5割に逆戻り。

20190519阪神●1-5○広島(甲子園
勝利打点:鈴木誠

朝日放送、BS朝日で完全中継。今日の先発は秋山、広島・アドゥワ。マルテがスタメンを外れ、中谷をファースト起用。初回、1アウト1塁でバティスタのショート右への打球を木浪がダイブしますが、ボールがこぼれてオールセーフ。続く鈴木誠が外角のカットボールに逆らわず右中間への2点2塁打で今日もカープ先制。

2回、不振の田中がライト線への2塁打。アドゥワはスリーバント失敗で助かりました。ここで野間のファーストゴロでグラブトスを受けた秋山の足と競争になり間一髪アウトの判定。緒方監督がリクエストを要求しますが判定変わらず。2アウト3塁と場面が変わり、菊池のピッチャーゴロを秋山がグラブに当てながら弾いてしまいタイムリー内野安打で3点目。

4回、先頭・田中が初球打ちで2打席連続ヒット。アドゥワは再びスリーバント失敗に倒れますが、2アウトから菊池が外角高めのストレートを弾き返してライトフェンス際への長打。フェンスの上をボールが伝って打球処理が遅れてタイムリー3塁打。さらにバティスタに高め要求をしますが、コース通りに投げた秋山がレフト前タイムリーを許して決定的な5点目。今日の秋山は苦しい内容が続き5回5失点で降板。

7回、1アウトから中谷のセンター前ヒットをバウンドが変わったか野間が後ろに逸らしてしまい、一気に3塁へ(1ヒット1エラー)。ただ木浪が浅いレフトフライに倒れてタッチアップできず。続く代打・鳥谷もキャッチャーファウルフライに倒れて得点圏で今季21打席ノーヒット。アドゥワは7回無失点で制球難に苦しんだ前回のリベンジに成功。

9回、連投の浜地が1アウト2,3塁のピンチを背負いますが、バティスタをサードゴロに抑えて三本間にランナーを挟んでタッチアウト。続く鈴木誠へはサインに首を振って内角ストレート勝負が成功。今日も無失点で抑えました。そのウラ、2アウトから大山が初球スチール(記録つかず)で2塁に進むと、中谷がレフト線へのタイムリー2塁打で1点を返すのがやっと。これが21イニングぶりの得点。良い所なく本拠地でカープに3連敗を喫し、勝率5割に逆戻り。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
糸原 中谷 谷川(2) 島本(3)
大山  
  浜地(4)
近本 高山 江越
糸井 福留 梅野 木浪
秋山[負]
鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(再昇格。中11日で今季4試合目の先発チャンス。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

メッセ、2戦連続で初回3失点。零封負けで甲子園4連敗。

20190518阪神●0-4○広島(甲子園
勝利打点:西川

毎日放送で6回ウラまで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、広島・ジョンソン。北條が7試合ぶりのスタメン起用。初回、先頭・野間にレフト前ヒット。2アウトまで行きますが、1,3塁から西川が初球のツーシームが真ん中に入り、ライトスタンドへの1号3ランでカープ先制。今日は浜風と逆の向きで風が吹いており打球が伸びました。

2回、先頭・福留が粘って9球目をショート内野安打。梅野もヒットで続くと、1アウトから北條も四球を選んで満塁のチャンス。しかしメッセが見逃し三振に倒れると、近本もショートゴロで三者残塁。1回から3回まで先頭バッターを出しますが、ジョンソンと石原の術中にはまりました。

4回、鈴木誠のライトファウルフライを糸井がスライディングキャッチ!勢い余ってフェンスに激突し、次の回から中谷に交代して退きました。そのウラ、1アウトからマルテがセンター前ヒットで出塁しますが、北條がフルカウントから見逃し三振。さらにスタートを切っていたマルテも楽々タッチアウトとなり、三振ゲッツー。ここはサインミスだったか。

5回、1アウトから近本が三塁線へセーフティバントを決めますが、盗塁失敗。間一髪のタイミングで矢野監督がリクエストを要求しますが、判定は覆らず。6回、2アウトからバティスタをカウント0-2と追い込んでからど真ん中に入ったストレートを見逃してもらえず、レフトスタンド中段への一発。2回からパーフェクトに抑えていたメッセだけに決定的な4点目に。

7回、カープは一岡が登板。先頭・梅野がレフト線への2塁打で出塁すると、1アウトから代打・木浪が空振り三振。さらに代打・鳥谷が粘って7球目を空振り三振で無得点。8回、浜地がいきなりノーアウト1,2塁のピンチを背負いましたが、粘って無失点ピッチング。9回は能見が3ランを浴びて以来のマウンド。ヒットのランナーを出しますが無失点で抑えました。打線はカープよりチャンスがありましたが今季5度目の完封負け。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
梅野 中谷 能見(3)
近本 糸原 浜地(2)
福留 メッセンジャー[負] 木浪 鳥谷
糸井 マルテ 北條 大山   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 谷川昌希投手(再昇格。前回は登板無く抹消され今回こそ。)
OUT 石崎剛投手(2試合登板も敗戦処理からランクアップならず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

西、志願の8回に逆転負け。PJ温存が裏目で虎大敗。

20190517阪神●2-10○広島(甲子園
勝利打点:バティスタ

BS1で完全中継。毎日放送でも中継。今日の先発は西(中6日)、広島・床田。同率で迎えた2位攻防戦。4回、2アウトからバティスタがマルテのグラブをかすめるヒット。1,2塁から西川のセンター前への当たり。近本のバックホームがそれてカープ先制。そのウラ、2アウト1,2塁で梅野のライト前ヒット。2塁から大山が一気にホームを狙いますが、鈴木誠のレーザービームでタッチアウト。

6回、先頭・糸原がフルカウントから四球を選ぶと、糸井も初球をライト前ヒット。ノーアウト1,2塁のチャンスでしたが大山が空振り三振。続く福留がフルカウントから四球を選んで満塁とすると、梅野のレフト前タイムリーで同点!さらにマルテもレフト前タイムリーで逆転!ここでカープが床田から左のレグナルト(防御率0.00)にスイッチし、木浪西が凡退して追加点ならず。ここが後で響きました。

1点リードの8回、1アウトから代打・松山が四球を選ぶと、野間のファーストへの痛烈な打球を弾いたマルテが見失ってしまい内野安打に。1,2塁で菊池のレフト前タイムリーで同点に追いつかれると、続くバティスタの左中間へ落ちる当たりにスタートの遅れた野間が2塁から一気に勝ち越しのホームイン。7回まで84球に抑えていた西ですが、8回に捕まってしまいました。

1点ビハインドの9回、島本が2アウト2塁まで行った所で守屋にスイッチしますが、これが悪夢の始まり。ヒットと四球で満塁のピンチを背負うと、菊池にファウルで粘られてストレートを狙い打ち。フルカウントからライト前2点タイムリーで勝負アリ。さらにバティスタのレフト前タイムリーが飛び出すと、鈴木誠のレフト前への当たり。福留が前進守備でバックホームしますが、菊池にかいくぐられました。アウトを1つも取れずKOされ、代わった石崎が満塁から会澤のレフトへの当たりに福留のダイビングキャッチも及ばず後逸。3点3塁打まで飛び出して一挙7点の猛攻。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
糸井 西[負]  
福留 マルテ  
梅野 島本(2)
糸原 木浪 高山
近本 大山 守屋(3) 石崎(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

菅野から4発10得点!乱打戦を制し連勝で2位浮上!

20190515巨人●8-13○阪神(東京ドーム
勝利打点:糸井④

BS日テレで9回ウラ途中まで中継。今日の先発は岩田(中6日)、巨人・菅野。初回、1アウト1塁から糸井がライトスタンドへの2号2ランでタイガースが先制すると、2アウト1,2塁からマルテが高めに浮いたスライダーをレフトオーバーのタイムリー2塁打で3点先行!さらに2回、2アウト1,3塁から大山がレフト前タイムリーを放つと、福留がカウント3-0からライト前タイムリーで5-0!

2回、1アウト1,3塁から小林のサードゴロの間に1点を返されると、続く3回には先頭・石川にレフトスタンド最前列へ放り込む一発で5-2。試合がわからなくなってきました。そして4回、3連打でノーアウト満塁の大ピンチを背負うと、小林のセカンドゴロ併殺の間に1点。これで終わらず、菅野のショート右への当たりに木浪のダイビングキャッチで1塁アウトの判定でしたが、原監督のリクエスト成功でタイムリー内野安打となり、5-4。完全に巨人の流れとなり、岩田から守屋にスイッチして抑えました。

5回、福留が初球をライトスタンド中段へ放り込む一発で再び突き放すと、そのウラ、続投の守屋が2番坂本から3人で抑えるナイスピッチングで流れを引き寄せました。6回、100球を超えた菅野が続投しますが、先頭・木浪がライトポール際へ特大の2ラン!代打・高山が際どいコースで四球を選ぶと、1アウト2塁から糸原のセカンドゴロを山本が弾いて1,3塁とすると、糸井の犠牲フライで8点目。さらに大山が初球をレフトスタンド看板下に直撃する一発で10点目!菅野は6回を投げきれず127球で降板。

7回、先頭・梅野がレフトスタンドへの一発で11-4。今日はホームラン5本の大当たり。しかしそのウラ、能見がエンドランを決められてノーアウト1,3塁のピンチ。1アウトから丸に左中間スタンドへ放り込まれて3ランで4点差。8回、ノーアウト2塁から大山のサードゴロを岡本が1塁悪送球となり1,3塁のチャンス。2アウト後、満塁となり木浪のライト前2点タイムリーで13-7。

6点リードに広がりましたが、8回はジョンソン。1アウトから連打で1,2塁のピンチを背負うと、代打・亀井にレフト線へのタイムリーを許して1点を返されました。ここで代打・阿部登場も初球をセンターフライ。坂本には11球粘られましたがハーフスイングをとられて空振り三振!最終回はドリスが3人で抑えてゲームセット!スワローズと並びカープと揃って2位浮上!

「強気のピッチングができている。矢野さんの力になりたい。」by 守屋(プロ初勝利)
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 大山 福留 木浪 高山 守屋[勝](2)
糸原 ドリス(6)
近本 梅野 マルテ 中谷 藤川(3)
  植田
  江越 ジョンソン(5)
岩田 鳥谷 能見(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

糸原、満塁で逆転打!今季7戦目で巨人戦初勝利!

20190514巨人●2-4○阪神(東京ドーム
勝利打点:糸原③

BS日テレで完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、巨人・高橋。初回、2アウトから糸井がセンター前ヒットを放つと、盗塁成功。さらにキャッチャー大城の悪送球で一気に3塁に進みますが無得点。そのウラ、先頭・重信が左中間オーバーの3塁打でいきなりピンチ。坂本のサードへの痛烈な当たりを大山がダイビングキャッチでアウトにしますが、丸のライト線へのタイムリー2塁打でジャイアンツ先制。さらに岡本もセンター前タイムリーで2点目。

2回、マルテがレフトスタンド中段へ放り込む一発で1点を返しました。そのウラ、ピッチャーの高橋にボテボテの内野安打を許すと、ここから1アウト2,3塁の大ピンチ。坂本を空振り三振に抑えると、苦手の丸をサードゴロに抑えてピンチ脱出!青柳が踏ん張った事で試合になりました。1-2のまま6回、100球を超えたルーキー高橋に代打を送った事で流れが変わりました。

7回、ジャイアンツはアダメスが登板。先頭・福留がセンター前ヒットで出塁すると、梅野が送りバント成功。ここでマルテが四球を選んだ所で左の戸根(防御率0.00)にスイッチ。代打・上本は空振り三振に倒れますが、青柳の代打・北條が初球を詰まりながらショート後方へ落とすタイムリーで同点!トップに戻って近本が四球を選んで満塁とすると、糸原がストレートを弾き返してセンター前への2点タイムリーで勝ち越し!さらに満塁で右の田原にスイッチされると、大山がショートゴロで追加点ならず。

そのウラ、1番からの打順を見てジョンソンを先に投入。これが決まってランナー1人を出しますが無失点ピッチング!8回は球児。1アウトから苦手の立岡に四球を出しますが、高めのストレートに連続三振!少しバラつきながら今日は球が走っていました。2点リードの9回はドリスが3人で抑えてゲームセット。最後のバッター坂本が凡退して開幕からの連続試合出塁が36(セリーグ新記録)でストップ。今季7試合目で初めて巨人に勝ちました!

「絶対打ってやるという気持ちで打ちました。すごく声援が聞こえている。」by 糸原
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 マルテ 北條 ジョンソン[H](2) 藤川[H](3)
ドリス[S](4)
青柳[勝]  
糸井  
大山 福留 梅野 江越
近本  
木浪 上本 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 才木浩人投手(5回KOで再び抹消。次回も谷間での先発機会を狙う。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

才木、5回5失点KO。ミスも響きプロ初先発の清水に敗戦。

20190512阪神●2-5○中日(甲子園
勝利打点:大島

朝日放送で完全中継。今日の先発は才木、中日・清水。初回、1アウト1塁から連続四球で満塁としてしまうと、好調・高橋の1塁ベース手前の当たりをマルテのグラブをかすめてライトファウルエリアに転がると、これがフェアの判定。2点2塁打となりドラゴンズ先制。矢野監督の抗議もリプレー検証は行われず。ただ1アウト2,3塁のピンチは抑えました。

そのウラ、プロ初先発の19歳清水との対戦。1アウトから満塁のチャンスを作ると、福留がセンター前への2点タイムリーですかさず同点!ただ後続が倒れて勝ち越せず。すると2回、先頭・加藤が21打席ぶりのヒット。清水もきっちり送りバントを決めると、2アウト2塁から大島が左中間に落ちる当たりがフェンスまで転がっていき、タイムリー3塁打でドラゴンズ勝ち越し。そのウラ、才木が送りバントを決めれず無得点。

4回、ノーアウト1,2塁のチャンスを作りますが、木浪の右中間への会心の当たりを背走した平田がダイレクトキャッチ。才木がスリーバント失敗で2アウトとなり、近本がセンターフェンス際まで飛ばしますがフライに倒れて無得点。5回、2アウトからビシエドのピッチャー返しが才木の左脚ふくらはぎに当ててしまい、一度はベンチに。続投しますが高橋に初球をライト前ヒット。ビシエドが3塁を陥れる好走塁で2,3塁とすると、阿部がレフトフェンス直撃の2点2塁打で今日の才木は5失点。

6回、ドラゴンズは2番手で岡田が登板。先頭・梅野が三塁線を破る2塁打で出塁すると、マルテが進塁打の形で1アウト3塁。2アウトから代打・上本が四球を選んで1,3塁としますが、近本が初球をセカンドゴロで無得点。

3点ビハインドの9回、抑えの鈴木博との対戦。1アウトから近本がレフト前ヒットで出塁。2アウト後、糸井がストレートの四球を選んで1,2塁となり、一発出れば同点という場面まで行きましたが、大山が三球三振。最後は見逃し三振に倒れてしまいゲームセット。6カードぶりの負け越しで3位カープに並ばれました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  守屋(3)
糸井 上本 島本(2) 能見(5)
糸原 福留 梅野  
  石崎(4)
近本 木浪 高山
大山 マルテ 才木[負]  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 才木浩人投手(再昇格。5月1日以来、3度目の先発チャンス。)
IN 石崎剛投手(再昇格。前回は復帰登板なし。今回こそ。)
OUT 福永春吾投手(150キロ超も打ち込まれて怖さが出たか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

メッセ、悔やまれる初回3失点。糸井の守備に暗雲。

20190511阪神●1-5○中日(甲子園
勝利打点:高橋

毎日放送で9回ウラ途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、中日・柳。初回、1アウトから大島のライト右への当たりに一気に2塁を陥れる好走塁。2アウト1,2塁から好調の高橋がカーブを右中間へ。フルカウントでスタートを切っていたランナーが2人還ってドラゴンズ先制。続く阿部のライト前ヒットでチャージが遅れてバックホームを諦め3点目。2度の糸井の守備にメッセが怒ってしまい、たまらず福原コーチが詰め寄り不穏な空気に。

2回、先頭・加藤にフルカウントから四球を出してしまい、柳が送りバント成功。1アウト2塁で京田のセカンドへの当たりに糸原がジャンピングキャッチ!2塁ランナーが戻れずゲッツー完成!5回、先頭・京田にライト前ヒット。2アウト3塁で行きましたがビシエドをショートフライに抑えてガッツポーズのメッセ。悪いなりに5回3失点、92球。ツーシームや変化球の割合が増えてきました。

4回まで柳に1安打に抑えられたタイガース。内角攻めとチェンジアップに三振の山。5回、先頭・梅野のショートゴロで1塁送球が高めに浮いてセーフ。2アウトから代打・高山が低めボール球のチェンジアップをライト線へ弾き返し、一気に2塁へ。2,3塁のチャンスでしたが、近本が内角ストレートにどん詰まりのショートライナーで無得点。

7回、2アウトから木浪が右中間への2塁打で出塁すると、代打・鳥谷に大歓声もピッチャーゴロで無得点。柳は8回12奪三振の好投。8回、浜地が初の甲子園のマウンド。先頭・大島にレフト線への2塁打を許すと、平田が初球を進塁打。2アウトから高橋のレフト前タイムリーで決定的な4点目。9回、福永が打ち込まれたヤクルト戦以来の登板。いきなり福田にバックスクリーン右への一発を許してしまいました。

最終回、左のロドリゲスとの勝負。先頭・福留梅野の連打でノーアウト1,3塁のチャンスを作ると、マルテのサードゴロの間に1点を返すのがやっと。今日は打線が苦しみました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  高山 守屋(2)
  能見(3)
梅野  
糸原 木浪 メッセンジャー[負]  
糸井 大山 福留 江越 浜地(4)
近本 マルテ 鳥谷 上本 福永(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

西、自らのヒットから逆転劇!竜倒でリベンジ!

20190510阪神○7-3●中日(甲子園
勝利打点:糸原②

サンテレビ、NHK総合で完全中継。今日の先発は西(中6日)、中日・又吉。GW12連戦を8勝3敗1分で終えたタイガース。2回、先頭・ビシエドの時に西が左足のバランスを崩してトレーナーが駆け寄る場面も。顔をしかめますが続投。次の球をセンター前ヒット。続く阿部のピッチャーゴロ併殺崩れ、1塁セーフの判定を巡って矢野監督がリクエストも判定変わらず。そして高橋が初球をライトポール直撃の2ランでドラゴンズ先制。

そのウラ、1アウト1塁からマルテがレフトスタンドへの2号2ランで同点!2アウトランナーなしから西自ら三塁線を破るヒットで出塁すると、近本が粘って8球目を叩き付けて内野安打。送球も少しそれました。1,2塁から糸原の左中間へのタイムリーで勝ち越すと、満塁で大山がセンター前へ落とす2点タイムリーで一挙5点の猛攻!又吉を2回でKO。

5回、ドラゴンズは小熊。先頭・福留がフルカウントから四球を選ぶと、梅野が送りバント成功。マルテは外角スライダーに見逃し三振に倒れますが、木浪が前進守備の左中間を大きく破っていくタイムリー3塁打!さらに西にストライクが入らずストレートの四球も追加点ならず。7回、先頭・高橋が右中間への2塁打で猛打賞。続く伊藤康のヒットでノーアウト1,3塁から代打・福田のセカンドゴロ併殺の間に1点を返されました。疲れの見えた西は7回3失点、96球で降板。

3点リードの8回、ジョンソンが28歳のバースデー登板。無失点記録が止まって以来のマウンドでしたが、2番からの打順ながら3人で抑えるナイスピッチング。最速153キロをマーク。そのウラ、ドラゴンズは谷元が登板。2アウトから糸原が粘って8球目で四球を選ぶと、糸井もレフト前ヒットで1,2塁。ここで大山が三遊間を破るレフト前タイムリーで今日3打点!4点リードながら9回はドリスが無失点で抑えてゲームセット!2位スワローズに並びました。

「全体的に調子が悪かった。振ったら当たりました。」by 西
「アリガトウゴザイマス!西のためにアウトを取った。」by ジョンソン
「4番バッターとしてしっかり打つべきところで打てた。」by 大山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 大山 木浪 西[勝] ジョンソン[H](2)
糸井 マルテ 福留 ドリス(3)
梅野  
   
近本 植田 高山 江越 
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 長坂拳弥捕手(再昇格。2軍で実戦経験を積み出場チャンス。)
9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岡崎太一捕手(GW12連戦で出番はなかった控え捕手。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

岩田、危険球退場で一変。5点差守れず大暗転ドロー。

20190508ヤクルト△7-7△阪神(神宮

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、ヤクルト・高橋。糸原が今季初めてベンチスタートとなり、上本北條がスタメン。初回、連打でノーアウト2,3塁のチャンスを作ると、糸井のセンター前タイムリーでタイガース先制!続く大山が1,2塁間を緩やかに破るタイムリーで2点目を取ると、1アウトから梅野のショートゴロ併殺崩れの間に3点目!

3点リードのまま6回、好投を続けていた岩田ですが、2アウトから青木の頭部にストレートを当ててしまい危険球退場。去年から何度も死球を与えており両軍が集まってエキサイト。警告試合となりました。代わった守屋が山田をライトフライに抑えて流れを断ち切りました。7回は能見が登板。1アウトから1,2塁のピンチを背負いますが、代打攻勢の西浦、西田を抑えて無失点リリーフ。

8回、リリーフで既に5勝を挙げている五十嵐が登板。2アウトから西田のパスボールで2塁に進むと、代打・木浪が四球を選んで1,2塁のチャンス。ここで代打・糸原が前進守備の右中間を越えていく2点3塁打で5-0!これで勝ったと思いました。しかしそのウラ、点差も見ながら福永が登板しますが、3連打でノーアウト満塁のピンチを背負うと、山田がライトオーバーの2点2塁打で反撃。たまらずジョンソン(4連投)に代わりますが、雄平がレフトフェンス直撃の2点2塁打でもう1点差。1アウト3塁から村上のレフト犠牲フライで5-5の同点となり、開幕からの無失点記録もストップ。

9回、球児が3連投のマウンド。振り逃げでサヨナラのランナーを出しますが、2アウト1,2塁から雄平をストレートで空振り三振に抑えて延長戦へ。10回、スワローズは梅野がイニングまたぎ。1アウトから梅野がセンターオーバーの2塁打で出塁しますが、代打・鳥谷が空振り三振。2アウト1,2塁のチャンスでしたが、糸原がレフトファウルフライで無得点。10回、11回とドリスが2イニングを無失点に抑えました。

12回、先頭・大山がピッチャー強襲の内野安打で出塁すると、高山が送りバント成功。この後、梅野が申告敬遠で歩かされて1,2塁で代打・中谷が前進守備のレフトオーバーの2点2塁打でタイガース勝ち越し!そのウラ、島本(4連投)が登板しますが、いきなり山田にレフトポール直撃の一発で1点差。2アウトから村上にストレートが抜けて手首付近をかすめる死球。警告試合で小川監督が抗議に出ますが退場ならず。ここで村上が意表を突いた盗塁で送球もできず2塁に進めると、代打・中村がライトオーバーのタイムリー2塁打で同点。ピッチャーの風張が代走で出ますが、西田がライトフライに倒れて4時間53分ドロー。負けなかった。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  中谷 糸原 守屋[H](2) 藤川[H](6)
ドリス[H](7)
上本 糸井 岩田 木浪
梅野  
大山 高山 江越 能見[H](3)
近本 北條 ジョンソン(5)
福留 マルテ 植田 鳥谷 福永(4) 島本(8)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 秋山拓巳投手(来週は5試合で先発機会がない為、抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

木浪、逆転打で初のお立ち台!継投で僅差を逃げ切り。

20190507ヤクルト●1-3○阪神(神宮
勝利打点:木浪①

テレビ大阪で3回ウラから9回表途中まで中継。今日の先発は秋山(中6日)、ヤクルト・原。初回、2アウトから連続四球で1,2塁のチャンスでしたが、福留が見逃し三振。2回、先頭・雄平にライト前ヒットを許すと、暴投で2塁へ。ここで村上のセンター前タイムリーでスワローズ先制。さらに大引のセカンド左の当たりを糸原が捕れず外野に転がる間に1塁ランナーが3塁へ。ノーアウト満塁の大ピンチでしたが、荒木がショートゴロ併殺で追加点を許さず。

4回、先頭・大山が10球粘ってバットを折りながらライト前へポテンヒット。続く福留が初球を振り抜いてライトオーバーの2塁打でノーアウト2,3塁とすると、梅野のショートゴロの間に1-1の同点。ここでマルテが外角スライダーに何とかバットが止まって四球で出塁すると、1,2塁から木浪が1,2塁間を鋭く破るライト前タイムリーで勝ち越し!

6回、マルテがどん詰まりながらライト線へポトリと落ちるヒットで1アウト1,2塁とすると、木浪のセンターフライで福留が2塁から3塁へ激走のタッチアップ。ダイレクト返球を見てマルテも2塁へ好走塁。秋山がそのまま打席に立ち、惜しい当たりがレフト線ファールとなり、最後はショートゴロで無得点。そのウラ、先頭・青木のセカンドゴロを糸原がファンブルしてノーアウトのランナー。1アウトを取った所で99球の秋山が降板して左の島本(3連投)にスイッチ。雄平を力強いボールでショートフライ。続く村上には四球を出しましたが、大引をライトフライに抑えてナイスリリーフ!

1点リードの7回は球児。先頭・中村にフルカウントから四球を出すと、2アウト2塁から西浦、青木に連続四球で満塁の大ピンチ。ストレートの制球が定まらず苦しい投球で絶対絶命でしたが、山田をレフトフライに抑えてピンチ脱出!

9回、スワローズはビハインドの展開ながら近藤を投入。先頭・木浪がセンター前ヒットで出塁すると、代打・北條がバントの構えから四球を選んでノーアウト1,2塁のチャンス。ここで近本が三塁線への送りバントが決まり内野安打。さらに近藤が1塁悪送球でボールが転がる間に貴重な3点目のホームイン!なおノーアウト2,3塁で糸原が浅いレフトフライに倒れた後、糸井を申告敬遠。1アウト満塁で大山に期待がかかりましたが、痛恨のピッチャーゴロ併殺。そのウラ、ドリスが3人で抑えてゲームセット!

「自分のアピールポイントは全力疾走なので見に来てください。」by 木浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  北條 島本[H](2) ジョンソン[H](4)
ドリス[S](5)
福留 木浪 秋山[勝]  
近本  
マルテ 藤川[H](3)
糸原 大山 梅野 植田 江越
糸井  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

青柳、自らの悪送球で自滅。サンテレビ開局50周年で敗戦。

20190506ヤクルト○4-2●阪神(神宮
勝利打点:山崎

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、ヤクルト・ブキャナン。GW12連戦最後の移動ゲームで福留はベンチスタート。初回、先頭・太田のセーフティバントを青柳が1塁へ悪送球。ボールがファウルグラウンドに転がる間に一気に3塁まで進まれると、山崎のレフト前タイムリーでスワローズ先制。さらに青木までヒットで3連打。山田のピッチャーゴロで三本間に挟みますが手間取って進塁されると、1アウト2,3塁から雄平の犠牲フライで2点目。

4回、先頭・雄平がライト前ヒットで出塁すると、村上に外角へのツーシームをレフトスタンドへ放り込まれる9号2ランで痛すぎる4点目。ボール自体は良かっただけに初回のミスとこの一発がもったいなかった。青柳は4回4失点で代打を送られました。5回、1アウトからマルテが低いライナーでレフトフェンス際への2塁打。2アウト3塁で代打・鳥谷登場もピッチャーゴロ。

5回、福永が今季初登板。いきなり太田に不運なヒットを許しますが、続く山崎が初球をバント小フライ。さらに青木、山田を連続三振に抑えてアピール成功。6回、先頭・近本糸原の連打でノーアウト1,2塁のチャンス。1アウト2,3塁から大山の犠牲フライで1点を返すと、2アウト2塁から梅野のサードゴロを村上がトンネルして2点目。左のハフにスイッチし代打・中谷。ファーストファウルフライを川端が落球しますが、結局見逃し三振。

2点ビハインドの7回、球児が登板。今日は球が走っており3人で抑えました。8回は能見。2アウトから連続四球で村上との対戦でしたが、スライダーで空振り三振!9回、抑えの石山が故障で今日抹消されて20歳の梅野がクローザー。2アウトからマルテが四球で出塁。ここで代打・福留が抜けたフォークに見逃し三振でゲームセット。プロ初セーブを献上。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  福永(2) 藤川(4)
  島本(3)
近本 糸原 マルテ 木浪 能見(5)
糸井 大山 梅野 高山 鳥谷 上本
青柳[負] 中谷 福留
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 浜地真澄投手(再昇格。今回はロングリリーフ待機。)
OUT 高橋遥人投手(守備に足を引っ張られたが、次回も先発。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

福留、セリーグ5万号はサヨナラ弾!ベイに6連勝!

20190505阪神○7x-5●DeNA(甲子園
勝利打点:福留③

朝日放送で8回表途中まで中継。今日の先発は高橋遥、DeNA・京山。2回、先頭・ソトのショートゴロを木浪がトンネル。続く宮崎のサードゴロで大山が2塁悪送球。この後、1アウト1,3塁から嶺井のショートゴロで木浪がバックホームしますが間に合わずオールセーフでベイスターズ先制。さらに中井のショートゴロを木浪が弾いて散々。よく1点で済みました。

そのウラ、ノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、木浪が三塁線を破るタイムリーで同点!高橋遥の送りバントは三塁ホースアウトになりますが、近本が13打席ぶりのヒットとなるレフト前タイムリーで勝ち越し!さらに1アウト満塁のチャンスで糸井がカウント3-0から追い込まれると、ショートゴロ併殺崩れの間に1点入りますが、ラミレス監督のリクエストが成功して1点取り消しでゲッツーに。

4回、2アウト2塁から中井のライト前タイムリーで2-2の同点。さらに5回、1アウト1,2塁から神里のライト前ヒットで糸井がファンブル。焦ったか山なりのバックホームが大暴投となり1点勝ち越されて、ランナーもそれぞれ進塁。これが響いて嶺井がどん詰まりながらセカンド後方への2点タイムリーで2-5となり、高橋遥KOで守屋にスイッチ。2アウト1塁から中井のセンター前ヒットで3塁を狙った京山がタッチアウト。6回の守備から近本が背中の張りを訴えて途中交代。

6回、先頭・大山が左中間への2塁打。1アウト3塁から梅野のセンター前タイムリーで1点差!続くマルテがタイムを取ってもらえず慌ててスイングしたら、これがエンドラン成功。1,3塁となった所で左の石田にスイッチ。2アウトから代打・北條が三遊間を破るタイムリーで1点差!さらに中谷のセカンドゴロで1塁送球がそれてベースから足が離れたのではないかと矢野監督がリクエストも判定変わらず。

7回、ベイスターズはエスコバーが登板。先頭・糸原がレフト線への2塁打で出塁すると、1アウトから大山が右中間へのタイムリーで同点!8回は能見。ノーアウト1塁から柴田の送りバントで2塁ホースアウトを狙った能見。間一髪アウトの判定にラミレス監督がリクエストもここは判定が変わらず。1アウト1,2塁となった所でジョンソンにスイッチ。PJカーブで大和、ロペスを連続三振に抑えてピンチ脱出!

9回はドリスが3人で抑えて3日前のリリーフ失敗を払拭。そのウラ、三嶋が登板。先頭・糸原がフルカウントから四球で出塁しますが、ランナーを進める事ができず2アウト。しかし福留がカウント2-0から甘く入ったスライダーを豪快に振り抜いてライトスタンドへのサヨナラホームラン!!

「最高に気持ちいいです。北條と言いたいですけど鳥谷選手です。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 福留 北條 守屋(2) ジョンソン[H](5)
ドリス[勝](6)
梅野 鳥谷 島本(3)
大山 マルテ  
近本 高橋遥  
  能見[H](4)
糸井 木浪 上本 中谷 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高橋遥人投手(初昇格。岩貞の離脱で緊急の先発チャンス。)
OUT 谷川昌希投手(今回は登板機会なく1日で抹消。次回に期待。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

生観戦。メッセ、復帰戦で完投!ベイキラー健在で貯金1。

20190504阪神○5-1●DeNA(甲子園
勝利打点:福留②

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー、DeNA・バリオス。今季3度目の生観戦試合でした。初回、1アウト1塁で苦手のロペスでしたが、ピッチャーゴロ併殺に抑えて無失点の立ち上がり。2回、ノーアウト1塁で梅野が1塁方向へプッシュバントしますが、2塁ホースアウトで進塁できず。続くマルテのショートゴロ併殺コースでしたが、ソトが1塁悪送球でカメラマン席へ。この後、ラミレス監督の申告敬遠で9番まで回りました。

3回、1アウトから満塁のチャンスを作ると、福留のレフト前タイムリーでタイガース先制!5回、先頭・筒香に四球を出しますが、続くソトの1,2塁間を破りそうな当たりに糸原がスライディングキャッチで1塁アウト!さらに2アウト2塁から神里のサードゴロを大山がダイビングキャッチ!復帰戦のメッセは5回までノーヒットピッチング。

5回、先頭・糸原糸井の連続四球でノーアウト1,2塁のチャンス。ここでラミレス監督が右サイドの進藤に交代しますが、2アウト満塁からマルテに押し出しの死球。たまらず武藤にスイッチしますが、木浪にはストレートの四球で3-0!この回、5四死球・ノーヒットで2点を取りました。6回、先頭・伊藤光がライト線へポトリと落とすチーム初ヒットで記録は止まりましたが、代打・梶谷をピッチャーゴロ併殺に抑えて無失点。

そのウラ、先発要員の井納がリリーフ登板。先頭・近本のセカンドゴロをソトが弾くエラー。「走れ走れ近本」のコールを背に盗塁を決めると、1アウト3塁で前進守備の中、糸井の三遊間への当たりが緩やかに抜けていくタイムリーで4点目!さらに2アウト1,2塁から梅野のセンター前タイムリーで5点目!

7回、ノーアウト1塁からロペスのレフトポール際への当たり。レフト守備に入った江越がフェンスに上りますが、目測が合わずフェンス直撃の2塁打で2,3塁とされると、筒香のショートゴロの間に1失点。そのウラ、2アウトから四球の近本が今日2個目、今季10個目の盗塁成功。結局、メッセが9回まで投げ抜いて114球、3安打完投勝利!

「サイコーデース!甲子園球場、ダイスキデース!」by メッセ
「最高でした。がんばります!ハッスルしてがんばります。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 福留 メッセンジャー[勝]  
糸原  
   
近本 大山 梅野 木浪 江越
マルテ 中谷 植田
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN メッセンジャー投手(再昇格。右腕に打球を受け2週間ぶり復帰。)
IN 谷川昌希投手(初昇格。連戦で手薄なリリーフ陣を助けたい。)
OUT 岩貞祐太投手(インフルエンザ発症で5日の先発を回避。)
OUT 岩崎優投手(インフルエンザ発症で貴重な左腕が離脱。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

大山、プロ初のサヨナラ打!延長戦を制し5割復帰!

20190503阪神○2x-1●DeNA(甲子園
勝利打点:大山④

毎日放送で完全中継。今日の先発は西(中5日)、DeNA・阪口。糸井が今季初のベンチスタートとなり、高山がライトでスタメン。糸原がプロ初の3番。2回、1アウト1,2塁から神里のライト前ヒット。高山のバックホームが決まってタッチアウトの判定でしたが、ラミレス監督のリクエスト成功で判定が覆りベイスターズ先制。

4回、1アウトから大山がセンターフェンス直撃の2塁打。続く福留のピッチャーゴロに飛び出した大山ですが、ピッチャー阪口が2塁へ悪送球してオールセーフ。しかし梅野がショートゴロ併殺に倒れて無得点。プロ初登板の19歳・阪口は初回から150キロ連発。5回無失点でマウンドを降りました。6回、代わった国吉から先頭・上本が初球をレフトスタンド中段への一発で1-1の同点!

7回、ベイスターズはリリーフに回っている石田が登板。高山のショートゴロで1塁アウトの判定を巡って矢野監督がリクエストしますが、判定変わらずアウト。8回はエスコバーが登板。西の代打・マルテが鋭い打球でレフト線への2塁打を放つと、代走・植田。ここまでノーヒットの近本が送りバントを決めて1アウト3塁から上本が空振り三振。続く糸原も良い当たりのサードゴロで勝ち越せず。

同点の9回、球児がマウンドに上がりますが先頭・ソトにストレートの四球。続く筒香のセンターフェンス直撃の当たりを捕りに行った近本がお手玉して落球。これを見て1塁から一気にホームを狙ったソトですが、植田の中継が決まってタッチアウト!ただフォークの制球が定まらず2アウト満塁で代打・佐野にフルカウントまで行きますが、センターフライで三者残塁。そのウラ、三嶋が登板。1アウトから福留がピッチャー強襲の内野安打で代走・江越。ここで梅野が送りバントを決めると、高山には申告敬遠で2アウト1,2塁。続く木浪が四球を選んで満塁とした所で代打・鳥谷が登場しますが、セカンドゴロに倒れて三者残塁。

10回、能見が登板。先頭・嶺井にフルカウントから四球を出しますが、2アウト2塁まで行った所でジョンソン(3連投)にスイッチ。ソトを2球でセンターフライに抑えて無失点。そのウラ、三嶋がイニングまたぎ。2アウトから糸原がストレートの四球で出塁。三浦コーチが間を取りますが、大山が初球スライダーを弾き返しセンターフェンス直撃のサヨナラタイムリー!!

「鳥谷さんのように長く試合に出られるようにがんばりたい。」by 大山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山 西 植田 ジョンソン[勝](4)
上本 マルテ
木浪  
梅野 高山  能見[H](3)
近本 糸原 江越 糸井
福留 鳥谷 藤川[H](2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

岩田、7回無失点の好投も援護なし。ドリス力尽きる。

20190502阪神●0-4○広島(甲子園
勝利打点:バティスタ

関西テレビで3回ウラから中継。今日の先発は岩田(中6日)、広島・大瀬良。初回、野間が粘って内野安打で出塁しますが、バティスタの打席で梅野が前に弾いたのを見て1,2塁間に飛び出してしまい、梅野が自ら1,2塁間まで追いかけて挟殺プレーでアウト。そのウラ、1アウト1,3塁のチャンスでしたが、大山がセカンドフライ。福留もレフトフライで無得点。

3回、1アウトから近本が三塁線を破る2塁打を放ち、新人13試合連続ヒットの球団新記録。1,2塁のチャンスで糸井がショートフライ。大山もセカンドライナーで無得点。4回、先頭・菊池の1,2塁間への当たりをマルテがダイビングキャッチ!トスも決まり序盤3イニングすべて先頭を出していた岩田を助けました。

0-0の投手戦で7回、2アウトから長野がライト前ヒット。ここで会澤の三遊間への深いゴロでしたが、木浪が追いつくと反転してのジャンピングスローでバウンドしましたが1塁アウトのファインプレー!そのウラ、先頭・梅野がレフト前ヒット。1アウトから木浪が送れず追い込まれてから見逃し三振となりますが、代打・高山がライト前ヒット。さらに近本も三遊間を破るヒット(猛打賞)で2アウト満塁のチャンス。ここで糸原が良い当たりのセンターフライで三者残塁。

8回、ジョンソンが3人で抑えて無失点記録を継続。そのウラ、カープは大瀬良に代打を送ったので左のフランスアが登板。1アウトから大山が右中間へ2塁打を放ちますが、福留が初球ショートフライ。梅野もファーストファウルフライに倒れて無得点。

9回はドリス。先頭・野間がセーフティバントの構えで揺さぶり、痛すぎるストレートの四球。菊池が1球で送りバントを決めると、バティスタにレフトスタンドへの2ランを許してカープ先制。さらに鈴木誠にヒットを許した所で守屋にスイッチ。牽制球をマルテが捕れず2塁に進めてしまうと、1,3塁から会澤のレフト線への長打で1塁から曽根も一気にホームインして0-4。この後、小窪のショートゴロの判定を巡って緒方監督のリクエスト失敗。最後は中崎に抑えられて今季4度目の零封負け。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 岩田 ジョンソン[H](2)
  高山 上本
糸原  
梅野 守屋(4)
大山 江越
糸井 福留 マルテ 木浪 ドリス[負](3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 福永春吾投手(初昇格。2軍で無失点を継続する右のリリーフ。)
OUT 才木浩人投手(メッセの復帰見込みで一度抹消。長い回を投げたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

近本、逆転打からの二盗三盗!令和初戦を制し4連勝!

20190501阪神○6-2●広島(甲子園
勝利打点:近本②

BS1で完全中継。朝日放送でも中継。今日の先発は才木(中6日)、広島・野村。令和最初の一戦は雨の影響で30分遅れての試合開始。福留が休養日に充てられて高山が6番レフトで今季初スタメン。初回、150キロ台連発の才木が3者凡退の立ち上がり。しかし3回、1アウト1塁から菊池がランエンドヒット。フォークを片手でレフト線へ弾き返す当たりに野間が一気にホームインでカープ先制。さらにバティスタもレフト線を破るタイムリー2塁打で2点目。

4回、1アウト1塁から野村の送りバントがファウルフライとなり、梅野がダイビングキャッチ!そのウラ、1アウトから3連続四球で満塁のチャンスを作ると、梅野が初球サード右への痛烈な当たり。安部のダイビングキャッチで2塁ホースアウトの間に1点を返しました。さらに高山が初球打ちでセンターオーバーかという当たりでしたが、野間が懸命に追いついて後ろ向きにキャッチ。この時点で虎まだノーヒット。

5回、先頭・マルテがフルカウントから四球で出塁すると、木浪のショートゴロを田中が今日2度目のファンブル。ノーアウト1,2塁で代打・北條が初球を送りバント成功。1アウト2,3塁で近本がセンター前へ弾き返す2点タイムリーで逆転!12試合連続ヒットで赤星氏の新人球団記録に並びました。すかさず盗塁を決めると、次の球でなんと三盗成功の離れ業!そして次の球を糸原がライト線へのタイムリー2塁打!さらに2アウトから大山のファーストゴロがイレギュラーしてバティスタが捕れずタイムリー!一挙4点で5-2としてヒット3本で野村をKO。

6回、カープは菊池保が登板。1アウトからマルテがカウント3-0から高めストレートを弾き返してレフトスタンドへの来日第1号ホームランでダメ押し!ベンチではメジャーさながらのサイレントトリートメントで祝福。7回、守屋が登板。1アウトからバティスタがセンターフェンス直撃の当たりで2塁を狙いましたが、近本のダイレクト送球が決まってタッチアウト!そのウラ、四球の近本が今日3つ目の盗塁成功も追加点ならず。

8回、ジョンソンがヒット2本を許しながら無失点で抑えて記録継続。9回はドリス。セーブのつかない場面でしたが1番からの打順で3人で抑えてゲームセット!今日はヒット4本でしたが4連勝。ついに5割復帰&3位浮上!

「憧れの先輩だったので並ぶことができて良かったです。」by 近本
「特別な日に打てて、チームも勝てて良かったです。」by マルテ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 北條 岩崎[H](2)
マルテ 糸原 ドリス(5)
大山 梅野 守屋(3) ジョンソン(4)
木浪 才木[勝] 江越
糸井 鳥谷
高山 中谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »