« 浜地、初登板初先発はプロの洗礼。巨人3タテで虎4連敗。 | トップページ | 球児、1イニング2被弾で追撃ならず。福留1000打点も大敗。 »

2019年4月 5日 (金)

中谷、大瀬良から代打逆転弾!メッセの日米100勝に貢献!

20190405広島●2-3○阪神(マツダ
勝利打点:中谷①

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、広島・大瀬良。開幕7戦目でついに鳥谷が1番で今季初スタメン。左足薬指骨折の梅野が3試合ぶりに強行出場。初回、先頭・鳥谷がピッチャー返しでセンター前ヒット。近本が送りバント成功。2アウト2塁から悩める大山が追い込まれてからセンター前タイムリーでタイガース先制!得点圏でついに打ちました。

3回、ここまでパーフェクトに抑えていたメッセですが、2アウトから大瀬良にセンターオーバーの2塁打。トップに戻って田中がフルカウントから四球を選ぶと、菊池が初球のカーブをレフト線へ弾き返すタイムリー2塁打で同点。4回、先頭・大山がレフト前ヒットで初のマルチ。ここから1アウト満塁のチャンスでしたが、梅野がセカンドゴロ併殺。足が痛む中、ヘッドスライディングも及ばず。そのウラ、鈴木誠が左中間スタンド場外への140m弾で勝ち越し。

7回、1アウトから糸原のファーストゴロがイレギュラーしてヒット。2アウト1塁の場面でメッセに代打・中谷を投入。ファウルで粘って7球目の高めストレートを振り抜いてレフトポール直撃の逆転2ラン!起死回生の一発に矢野監督も喜んでました。1点リードに変わり、桑原が登板しますが先頭・会澤に死球。送りバントで1アウト2塁となった所で能見にスイッチ。2アウト1,2塁のピンチを背負いましたが、打撃好調の野間をサードフライに抑えてピンチ脱出!

8回はジョンソン。いきなり鈴木誠にライトフェンス際まで飛ばされますがアウト。2アウトから四球を出して代走・曽根が盗塁。梅野の送球はタイミング的にはアウトでしたが交錯した鳥谷が落球。それでも西川を空振り三振に抑えてくれました。

9回、左腕レグナルトとの初対決。1アウトから梅野がセンター前ヒット。代打・北條の送りバントでワンバウンド送球となり1塁アウトの判定を巡って矢野監督がリクエストも判定変わらず。そのウラ、中5日でドリスが登板。先頭・会澤のライトファウルフライを糸井がフェンスに激突しながらキャッチ。代打・松山、田中を抑えてゲームセット!

「走っている途中もずっと『切れないでくれ』と思って走っていた。」by 中谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  中谷 能見[H](3) ドリス[S](5)
大山 メッセンジャー[勝] 北條 ジョンソン[H](4)
ナバーロ 糸原  
鳥谷 糸井 福留 梅野 桑原[H](2)
近本  
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 尾仲祐哉投手(移籍2年目の右腕。リリーフで結果を残したい。)
IN 守屋功輝投手(オープン戦好調の秘密兵器。接戦での登板を期待。)
OUT 浜地真澄投手(プロ初登板は4回6失点。変化球の精度が課題。)
OUT 望月惇志投手(緊急合流でロングリリーフし抹消。先発調整か。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 浜地、初登板初先発はプロの洗礼。巨人3タテで虎4連敗。 | トップページ | 球児、1イニング2被弾で追撃ならず。福留1000打点も大敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浜地、初登板初先発はプロの洗礼。巨人3タテで虎4連敗。 | トップページ | 球児、1イニング2被弾で追撃ならず。福留1000打点も大敗。 »