« メッセ、ビシエドに2発で6失点KO。大山がブレーキ。 | トップページ | 西、連敗ストッパーの救世主!自ら打って逆転勝利! »

2019年4月13日 (土)

岩貞、6失点で連続KO。竜2本の満塁弾で虎4連敗。

20190413阪神●2-10○中日(甲子園
勝利打点:ビシエド

NHK総合、サンテレビで完全中継。今日の先発は岩貞(中6日)、中日・柳。昨日待望のプロ初ヒットを放った木浪が8番でファーストでは初スタメン。初回、2アウト1塁からビシエドにセンターオーバーのタイムリー2塁打を許してドラゴンズ先制。さらに2回、2アウト1,2塁から京田にライト前タイムリーを許して2点のビハインド。

2回、鳥谷のライト前ヒットで1塁ランナーの大山が3塁まで進む好走塁。1アウト1,3塁のチャンスで梅野は空振り三振に倒れますが、木浪がセンター前へポトリと落ちるプロ初タイムリーで1点を返しました。さらに岩貞も左中間を破りそうな大きな当たりでしたが、センター大島が背走キャッチで得点ならず。

4回、2打席連続で7番大島、8番加藤の連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、柳の送りバントが岩貞の横をすり抜けて内野安打となってしまいノーアウト満塁。ここで京田が初球のスライダーを振り抜いてライトスタンドへの満塁ホームランで1-6。試合が決まってしまいました。何とか5回まで投げ抜いた岩貞ですがヒット13本を許して6失点KO。立ち上がりは球が走っていた分、もったいなかった。

6回、近本が内角ストレートを豪快に振り抜いてライトスタンドへの一発で早くも2号。しかし8回、連投の岩崎が先頭・アルモンテに四球を出すと、京田のサードライナーを大山が後ろに弾くエラー。1アウト満塁でビシエドはショートフライに抑えますが、続く堂上にカウント2-0から高めストレートをレフトスタンドへ放り込まれてしまい、チーム1試合2本目の満塁弾で10点目。大敗で4連敗を喫し、最下位が近づいてきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
近本  
  守屋(2) 尾仲(5)
鳥谷 木浪 島本(3)
糸井 大山 北條 ナバーロ
糸原 福留 梅野 岩貞[負] 岩崎(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« メッセ、ビシエドに2発で6失点KO。大山がブレーキ。 | トップページ | 西、連敗ストッパーの救世主!自ら打って逆転勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メッセ、ビシエドに2発で6失点KO。大山がブレーキ。 | トップページ | 西、連敗ストッパーの救世主!自ら打って逆転勝利! »