« 西、連敗ストッパーの救世主!自ら打って逆転勝利! | トップページ | ジョンソン、継投失敗も粘った。ドリス不在で決死ドロー。 »

2019年4月16日 (火)

ガルシア、2回KOで2軍降格。虎5連勝中の松山で大敗。

20190416ヤクルト○9-5●阪神(松山坊ちゃん
勝利打点:村上

テレビ大阪で1回ウラ途中から中継。今日の先発はガルシア(中6日)、ヤクルト・原。木浪が開幕4戦目以来のショートでの先発。初回、1アウトから叩き付けたラッキーな当たりが続いて1,2塁のチャンスを作ると、大山のレフト前タイムリーでタイガース先制!さらに2アウトからナバーロのライト前タイムリーで2点先行!

しかしそのウラ、連打と四球でノーアウト満塁のピンチを背負ったガルシア。バレンティンに押し出しの四球で1点を返されると、雄平のショートゴロ併殺崩れの間に同点。2アウトまでこぎつけますが、村上にライトスタンドへ3ランを打たれてしまい一挙5失点。さらに2回、1アウトから山田がセンターフェンス金網直撃の3塁打。1,3塁から雄平にタイムリーを許した所でガルシアKO。3試合連続KOで2軍降格が決定。代わった守屋から西浦のタイムリーで7点目。

4回、3番手で岩崎が登板しますが、バレンティンに低めストレートをレフトスタンドへ放り込まれました。6回、先頭・福留がレフトポール際、フェンス直撃の2塁打。跳ね返った打球がバレンティンの股間に直撃してました。1アウト3塁から梅野のセカンドゴロの間に1点を返しました。

7回、尾仲が登板。しかし先頭・西浦に四球を出してしまうと、ここからノーアウト満塁のピンチ。7回112球の原が続投で打席に立ちました。2アウトまで行きますが、青木の足に当ててしまい押し出し。点差が開いていただけに怒りながらベンチに退きました。9回、先頭・ナバーロがライト線への2塁打。そして2アウトから途中出場の中谷がライトポール直撃の2ラン!1号、2号とポールに当てました。結局、原に完投を許しましたが、序盤の大量失点がなければ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  中谷
糸原 ナバーロ 鳥谷
   
大山 福留 守屋(2) 岩崎(3)
糸井 木浪 北條 江越 上本 島本(4) 尾仲(5)
近本 梅野 ガルシア[負]  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西、連敗ストッパーの救世主!自ら打って逆転勝利! | トップページ | ジョンソン、継投失敗も粘った。ドリス不在で決死ドロー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西、連敗ストッパーの救世主!自ら打って逆転勝利! | トップページ | ジョンソン、継投失敗も粘った。ドリス不在で決死ドロー。 »