« ジョンソン、決死の7回投入。竜の追撃を抑えGW初勝利! | トップページ | 秋山、7回無失点で平成最後のコイ料理!借金1で5月へ。 »

2019年4月29日 (月)

青柳、129球でプロ初完封!マルテ初登場で存在感。

20190429中日●0-2○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:大山③

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中5日)、中日・阿知羅。マルテが1軍合流して6番ファーストで初スタメン。初回、1アウト2塁から大島のセカンドゴロで1塁セーフの判定にマルテがアピールして矢野監督がリクエスト。判定が覆ってアウトに。続くビシエドを空振り三振に抑えて無失点の立ち上がり。

2回、大山が初球の高めカーブをレフトスタンドへ放り込む6号ソロでタイガース先制!そしてマルテの第1打席はストレートに差し込まれてショートフライ。3回、2アウトから近本が12球粘って四球を選ぶと、盗塁成功。続く糸原が空振り三振に倒れて無得点。

6回、先頭・松井雅が三塁線へのセーフティバントを決めてヘッスラ内野安打。これがチーム2本目のヒット。代打・渡辺はバントを決めれず空振り三振。2アウトから京田のセンター右へのヒットで1,3塁のピンチを背負い、大島との勝負。青柳が外から大きく曲げるスライダーに空振り三振でピンチ脱出!

8回、ドラゴンズはマルティネスが登板。2アウトから近本がセンター前ヒットを放ち、10試合連続ヒット。糸原が1,2塁間を破っていくライト前ヒットを見て、一気に3塁を狙う近本。ここで平田の3塁送球が悪送球となりファウルエリアに転がる間に貴重な2点目のホームイン!この後、1,2塁のチャンスでしたが大山がサードファウルフライで追加点ならず。そのウラ、ノーアウト1塁から松井雅のサードゴロを大山が弾いてオールセーフ。ここで代打・井領のバスターを捕ったマルテが際どいタイミングながら2塁ホースアウト。これが響くのが1,3塁になった事で平田が初球をサードゴロ併殺。

9回、小熊が登板。ノーアウト1塁からマルテが粘って11球目をレフト前ヒット!続く梅野の二遊間を破りそうな当たりを京田がダイビングキャッチ。グラブトスが決まり何とかゲッツー崩れで1アウト1,3塁。前進守備を取り梅野が初球スチール。2,3塁とし申告敬遠で満塁策を取りますが、矢野監督は誘いに乗らず青柳をそのまま打席へ。ただショートゴロ併殺は痛かった。

2点リードのままプロ入り後初めて青柳が9回のマウンドへ。先頭・京田がファースト左へ叩き付けた内野安打。嫌な流れになりますが、大島をサードゴロに抑えると、ビシエドには少し甘く入ったツーシームに逆を突かれたか見逃し三振。最後は阿部をピッチャーゴロに抑えて129球プロ初完封勝利!

「8回行く前に矢野監督に任したぞと言われたので自信持って行きました。」by 青柳
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
青柳[勝]  
近本  
大山 梅野  
糸原 糸井 マルテ 植田
福留 江越 中谷
木浪  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN マルテ内野手(初昇格。右脚の張りで出遅れた待望の助っ人。)
OUT ナバーロ内野手(打撃不振で出場機会が減り、マルテと入替。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« ジョンソン、決死の7回投入。竜の追撃を抑えGW初勝利! | トップページ | 秋山、7回無失点で平成最後のコイ料理!借金1で5月へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジョンソン、決死の7回投入。竜の追撃を抑えGW初勝利! | トップページ | 秋山、7回無失点で平成最後のコイ料理!借金1で5月へ。 »