« 梅野、サイクル安打達成!5点差大逆転で甲子園開幕! | トップページ | 秋山、復帰戦は6回5失点KO。近本がプロ1号も空砲。 »

2019年4月10日 (水)

青柳、6回1失点も援護なし。苦手の濵口に1安打完封負け。

20190410阪神●0-2○DeNA(甲子園
勝利打点:神里

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継、BS1で完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、DeNA・濵口。対左投手で北條が7番ショートで先発起用。初回、先頭・神里のピッチャーゴロを青柳が弾いて嫌な立ち上がり。直後に梅野が盗塁を刺してくれました。この後、1アウト2,3塁のピンチをしのいで無失点。そのウラ、糸原がレフト前ヒットで出塁しますが、1塁牽制の際どい判定にラミレス監督がリクエストすると判定が覆ってアウト。

3回、4回と得点圏にランナーを置きながら抑えていた青柳。しかし5回、先頭・神里がバックスクリーン右へ放り込む一発でベイスターズ先制。そのウラ、2アウトから中谷北條が連続四球を選んで1,2塁のチャンス。ここで昨日サイクル安打の梅野に期待が集まりましたが、ボテボテのサードゴロ。今日の青柳はスライダーが切れ味抜群で8奪三振。6回1失点で降板。

6回、1アウトから上本が四球で出塁すると、またも牽制で際どい判定。ここはラミレス監督のリクエストも判定変わらず。これで流れが来るかと思われましたが、糸原が1-6-3のゲッツーで無得点。そして7回、1点ビハインドの展開で能見を投入しますが、連続三振で2アウトからロペスにレフトポール際へ放り込まれてしまい、痛すぎる2点目。

8回、1アウトから北條が今日3個目の四球を選んで代走・植田。続く梅野もフルカウントから四球を選んで1,2塁とすると、代打・鳥谷で勝負に出ますがセカンドフライ。トップに戻って上本も四球で満塁となりますが、糸原がショートフライに倒れて三者残塁。7四球で120球を超えても濵口が投げきりました。結局、9回も続投して1安打でプロ初完封。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
青柳[負]  
北條 守屋(3)
   
上本 梅野 島本(4)
糸原 中谷 植田 能見(2)
糸井 大山 福留 山崎 鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 梅野、サイクル安打達成!5点差大逆転で甲子園開幕! | トップページ | 秋山、復帰戦は6回5失点KO。近本がプロ1号も空砲。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅野、サイクル安打達成!5点差大逆転で甲子園開幕! | トップページ | 秋山、復帰戦は6回5失点KO。近本がプロ1号も空砲。 »