« 青柳、苦手の丸を抑えられず。開幕5戦目新オーダー不発。 | トップページ | 中谷、大瀬良から代打逆転弾!メッセの日米100勝に貢献! »

2019年4月 4日 (木)

浜地、初登板初先発はプロの洗礼。巨人3タテで虎4連敗。

20190404巨人○10-1●阪神(東京ドーム
勝利打点:岡本

BS日テレで完全中継。今日の先発は浜地、巨人・高橋のプロ初登板どうしの対戦。1番に上本を起用して今季初スタメン。内野もシャッフルしてきました。初回、2アウト1,2塁のチャンスでしたが、福留が空振り三振で無得点。そのウラ、プロ初登板初先発の浜地がマウンドへ。2アウト1塁から岡本に2試合連続の一発を浴びてジャイアンツ先制。さらに1,3塁からダブルスチールを決められて3点のビハインド。準備ができていなかった北條もホームへ大暴投でした。

4回、1アウト1塁で高橋が2打席続けてバント失敗。2アウトを取った所で福原コーチがマウンドで間を取りましたが、吉川尚に低めのカットボールで追い込んでからフォークが浮いてレフト前ヒットを許すと、続く坂本が高めに浮いたスライダーを見逃さず左中間スタンドへの特大3ランで0-6。嫌な流れを首脳陣も感じていたはずですが試合が決まってしまいました。5回、坂本の今季1号ソロでようやく反撃。

5回、1軍合流の望月が今季初登板。しかし先頭・岡本にライトスタンドへ一発を許すと、亀井もストレートを狙いすまして2者連続アーチ。ストレート自体は走っていましたが4人連続出塁でなかなか1アウトが取れず。さらに6回、1アウト満塁から亀井のショートゴロ併殺崩れの間に1点を追加。続くゲレーロの三塁線への当たりは今日サードの糸原がファインプレーで2塁ホースアウト。

ドラフト1位ルーキーの高橋は6回101球で降板。大量リードに守られる形で内角を突く投球が決まりました。8回、島本が中1日のマウンドでしたが、坂本がセンターオーバーの2塁打。この後ノーアウト満塁となり、1アウトを取ってから中島に押し出しの四球で10点目。9回、先頭・糸井がライト線への2塁打で出塁しますが、後が続かず。大山はついに打率1割を切りました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
糸井  
坂本  
   
福留 糸原 中谷 木浪
上本 近本 大山 北條
浜地[負]
江越 望月(2) 島本(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 浜地真澄投手(矢野チルドレンを大抜擢。緊張のプロ初登板。)
IN 望月惇志投手(2軍では先発調整も再びロングリリーフから。)
OUT 飯田優也投手(昨日は2回50球を投げて2失点で抹消。)
OUT 高山俊外野手(代打起用もボール球を振らされて無念の降格。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 青柳、苦手の丸を抑えられず。開幕5戦目新オーダー不発。 | トップページ | 中谷、大瀬良から代打逆転弾!メッセの日米100勝に貢献! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青柳、苦手の丸を抑えられず。開幕5戦目新オーダー不発。 | トップページ | 中谷、大瀬良から代打逆転弾!メッセの日米100勝に貢献! »