« 西、4回に崩れて5失点KO。GW12連戦は逆転負けから。 | トップページ | 青柳、129球でプロ初完封!マルテ初登場で存在感。 »

2019年4月28日 (日)

ジョンソン、決死の7回投入。竜の追撃を抑えGW初勝利!

20190428中日●2-4○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:糸井③

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩貞(中7日)、中日・柳。好調の上本が4月10日以来のスタメン。2回、1アウトから糸原がライト線への2塁打で出塁すると、続く梅野が高めボール球を弾き返してレフトフェンス最上部に当てるタイムリー2塁打でタイガース先制!しかし3回、1アウト2塁から平田のレフト前ヒットを福留が弾いてしまい同点。さらに2アウト1,3塁のピンチでしたが、ビシエドを外角ストレートで空振り三振!

4回、先頭・福留がライト線への2塁打で出塁しますが、梅野のショートゴロで福留が飛び出してしまい3塁でタッチアウト。2アウト1塁に変わりますが、木浪が今日2本目のヒットで1,3塁のチャンス。打席は岩貞の場面で1塁ランナー木浪が盗塁を仕掛けますが、キャッチャー加藤が偽投のはずが三遊間にボールを投げてしまい、外野に転がる間にタイガース勝ち越し!

5回、1アウトから平田、京田の連打。さらに大島へはストライクが入らず四球で満塁の大ピンチ。ここでビシエドにはチェンジアップでタイミングを外してショートライナー。2アウトまで行きますが、阿部の三遊間への当たりを木浪が止めてタイムリー内野安打となり同点。ただ2塁ランナーの京田が外野に抜けたと思い一気にホームを狙ってタッチアウト。木浪も落ち着いており助かりました。岩貞は5回89球で降板。

6回、球児が連投のマウンド。いきなり高橋に初球ヒットを許して心配しましたが、後続を抑えて無失点。7回、ドラゴンズは田島が登板。代打・ナバーロがフルカウントから四球を選んで先頭バッターが出塁すると、近本がヒットでつないでノーアウト1,2塁のチャンス。ここで上本がバスターの構えで揺さぶりながら送りバント成功で1アウト2,3塁とすると、糸井が前進守備のファーストのグラブを弾く2点2塁打で勝ち越し!満塁策を取らず勝負に行ったのが裏目に。

2点リードの7回、能見が登板。好調の上位打線を相手に苦しいマウンドとなり、1アウト1,2塁のピンチを背負った所でジョンソンにスイッチ。矢野監督も勝負に出ました。いきなりビシエドとの対戦でしたが浅いセンターフライ。続く阿部もセカンドフライに抑えてピンチ脱出!さらに8回もイニングまたぎで続投して三者凡退。9回はドリスが制球に苦しみながら3人で抑えてゲームセット!

「アリガトウゴザイマス。(無失点記録は)言ってほしくない。」by ジョンソン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 藤川[勝](2) ジョンソン[H](4)
梅野 木浪 ナバーロ ドリス[S](5)
近本 上本 糸原  
岩貞 植田
福留 中谷
大山 能見[H](3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西、4回に崩れて5失点KO。GW12連戦は逆転負けから。 | トップページ | 青柳、129球でプロ初完封!マルテ初登場で存在感。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西、4回に崩れて5失点KO。GW12連戦は逆転負けから。 | トップページ | 青柳、129球でプロ初完封!マルテ初登場で存在感。 »