« ガルシア、得意の東京ドームで7失点KO。虎大敗。 | トップページ | 浜地、初登板初先発はプロの洗礼。巨人3タテで虎4連敗。 »

2019年4月 3日 (水)

青柳、苦手の丸を抑えられず。開幕5戦目新オーダー不発。

20190403巨人○6-3●阪神(東京ドーム
勝利打点:丸

BS日テレで完全中継。今日の先発は青柳、巨人・メルセデス。昨日の試合で梅野が左足を負傷して緊急帰阪となり坂本が今季初マスク。北條も今季初スタメン。初回、ヒットで出塁した近本でしたが牽制で誘い出されてタッチアウト。そのウラ、1アウト1,2塁のピンチでしたが、岡本をショートゴロ併殺に抑えて無失点の立ち上がり。

3回、先頭・田中俊にセンター前ヒットを許すと、2アウト3塁で坂本にフルカウントから四球。ここで苦手の丸を迎えてカウント0-2と追い込んでから間を嫌って投げきれない青柳。内角に投げきれず低めのボール球でしたが、ライトスタンド中段まで運ばれてしまい2号3ランでジャイアンツ先制。気落ちした所を続く岡本が初球をバックスクリーン右へ放り込み、4点のビハインド。青柳も他の回はしっかり抑えただけに、もったいなかった。

6回からは飯田が今季初登板。不運な当たりが続いて1アウト1,2塁のピンチこそ無失点に抑えましたが、次の7回につかまり。2アウトから四球の吉川尚が盗塁成功。悪送球も重なって3塁まで進むと、坂本、丸にも連続四球で満塁。ここで岡本がサードのグラブをかすめるレフト線への2点2塁打で0-6。50球投げて明日はこのまま抹消か。

見せ場は8回。先頭の代打・上本が今季初ヒットとなるレフト前ヒット。1アウトから代打・中谷も今季初打席でヒット。開幕して出番が回ってこなかった選手をつぎ込んできました。2アウト満塁から近本が片手でショート後方へ落とす2点タイムリーで反撃!さらに糸井もファーストの頭を越えるライト前タイムリーで3点差!なお1,3塁のチャンスでしたが原監督はメルセデスを続投し、悩める大山を三球三振。

3点ビハインドの9回、抑えのクックとの勝負。先頭・福留が左中間フェンス直撃の2塁打を放つと、上本も8球粘って四球。ノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、糸原が痛恨のショートゴロ併殺。最後は中谷が空振り三振に倒れてしまいゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  上本 藤川(3)
近本  
糸井 福留 中谷
   
北條 坂本 青柳[負] 木浪 長坂
大山 ナバーロ 糸原 江越 飯田(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 青柳晃洋投手(プロ3年目で初の開幕ローテ。制球力はどうか。)
IN 長坂拳弥捕手(梅野の一時離脱に伴い、2軍から緊急合流。)
OUT 馬場皐輔投手(今季初登板は2回2失点。ピリッとせず。)
OUT 岡崎太一捕手(梅野の負傷帰阪も影響して無念の抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« ガルシア、得意の東京ドームで7失点KO。虎大敗。 | トップページ | 浜地、初登板初先発はプロの洗礼。巨人3タテで虎4連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガルシア、得意の東京ドームで7失点KO。虎大敗。 | トップページ | 浜地、初登板初先発はプロの洗礼。巨人3タテで虎4連敗。 »