« 西、虎初登板は7回2失点。打線の援護なく初黒星。 | トップページ | 青柳、苦手の丸を抑えられず。開幕5戦目新オーダー不発。 »

2019年4月 2日 (火)

ガルシア、得意の東京ドームで7失点KO。虎大敗。

20190402巨人○9-3●阪神(東京ドーム
勝利打点:丸

BS日テレ→よみうりTV→BS日テレのリレー中継。今日の先発はガルシア、巨人・山口俊。初回、ストレートの四球で出塁した近本がプロ初盗塁。得点圏に進みましたが無得点。そのウラ、連続ヒットでノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、丸に1塁線を破るタイムリー2塁打でジャイアンツ先制。さらに陽岱鋼のセカンドゴロの間に2点目。

2回、開幕3連戦で12打席ノーヒットの福留が今季初ヒット。さらに梅野のサード内野安打で2アウト1,2塁のチャンスを作りましたが無得点。3回、2アウト1塁で大山がレフトフェンス際まで飛ばしますが一歩届かずアウト。

3回、ショート前への不運な当たりもあって再び1,2番に連続ヒットを許したガルシア。丸は三球三振に抑えますが、暴投で進まれると4番の岡本に真ん中低めのストレートを左中間フェンス直撃の2点2塁打。続く陽岱鋼のサードゴロにバウンドが合わず大山が後逸。そしてゲレーロが初球をレフトスタンドへ放り込む3ランで0-7。虎初登板のガルシアは4回で降板。

5回、馬場が今季初登板のマウンドでしたが、丸に初球のスライダーをライトスタンドへ放り込まれ移籍第1号で8点目。6回、先頭・近本が右中間を真っ二つに破る3塁打を放つと、1アウト1,3塁から福留が1,2塁間を破るタイムリーでようやく1点を返しました。なお2アウト1,2塁から糸原が鋭く振り抜いた打球に、目測を誤ったライト陽岱鋼が人工芝に足を取られて転倒。この間に2点3塁打となり5点差まで詰めました。しかしそのウラ、1アウト満塁から丸のレフト犠牲フライの間に9点目。

7回、100球を超えた山口俊ですが、途中出場の北條が粘って四球を選ぶと、2アウトから糸井にも四球で1,2塁のチャンス。あと1人つなげば降板という所でしたが、大山がサードゴロに倒れて無得点。開幕して初めて3点取れましたが、今日は良い所がなく完敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
近本 福留 島本(3)
糸原  
糸井 北條
ナバーロ 梅野 上本 馬場(2)
木浪 大山 ガルシア[負] 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ガルシア投手(中日のエースが阪神入り。先発三本柱として期待。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西、虎初登板は7回2失点。打線の援護なく初黒星。 | トップページ | 青柳、苦手の丸を抑えられず。開幕5戦目新オーダー不発。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西、虎初登板は7回2失点。打線の援護なく初黒星。 | トップページ | 青柳、苦手の丸を抑えられず。開幕5戦目新オーダー不発。 »