« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

秋山、7回無失点で平成最後のコイ料理!借金1で5月へ。

20190430阪神○8-3●広島(甲子園
勝利打点:福留①

サンテレビで完全中継。今日の先発は秋山、広島・アドゥワ。平成最後の一戦はウル虎の夏ユニフォームを着用。初回、3連続四球でノーアウト満塁のチャンスでしたが、大山が空振り三振。それでも福留が押し出しの四球を選んでタイガース先制!続くマルテはサードゴロ併殺で追加点ならず。2回、先頭・梅野のショートゴロを田中が弾いてエラー。2アウト1,2塁から糸原が粘って9球目をレフト線へのタイムリーで2点目!アドゥワは2回で5四球。

3回、先頭・大山がレフト前ヒットで出塁しますが、1アウトからマルテが2打席連続となるショートゴロ併殺。速球に差し込まれてまだ打球が上がらない。4回、1アウトから木浪がセンターフェンス金網直撃の2塁打で出塁すると、2アウト後、近本が初球を叩いてライトオーバーのタイムリー3塁打にガッツポーズ!

7回、先頭・バティスタのサードゴロがセーフの判定に矢野監督がリクエスト。判定が覆って一転アウトに。秋山もボールが思う所に行かなくなり苦しいマウンドでしたが、2アウト1,2塁から代打・西川をセカンドゴロに抑えてピンチ脱出!今日の秋山は7回無失点!そのウラ、糸井大山の連打でノーアウト2,3塁のチャンスを作ると、福留がセンターオーバーの2点2塁打でダメ押し!さらに1アウト3塁から梅野の犠牲フライで6-0!

8回、島本が登板。先頭・野間にセンター前ヒットを許し、2アウトまで行きますが菊池にストレートの四球。嫌な感じがしましたが、バティスタにカウントを悪くして真ん中に入ったストレートを左中間スタンドへ3ラン。さらに鈴木誠のショートゴロがセーフの判定に矢野監督がリクエスト。ここも判定が覆ってアウトになりました。

201904302そのウラ、カープは矢崎が登板。前の回から出場している高山が今季初ヒットとなるセンター前ヒット。続く近本(全打席出塁!)もヒットでつないでノーアウト1,3塁のチャンス。3点差で前進守備を敷いておりフリーパスで近本が2塁に進むと、糸原がライト線への当たり。不規則なバウンドで鈴木誠が後ろに逸らす間に2点3塁打!追加点は取れなかったのは残念。最大借金6まで行きましたが、13勝14敗の4位で4月を終えました。

「久しぶりすぎてすいません。(平成最後の勝利)狙ってたんで記録に残る。」by 秋山
「隣にすごい方がいるので緊張してます。思い切りやります。」by 糸原
「ほとんど嘘ですね。素晴らしいキャプテンです。明日から令和です。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 糸原 福留 秋山[勝]  
木浪 高山 岩崎(3)
梅野  
糸井 大山 江越
  植田
マルテ 中谷 島本(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(再昇格。GW12連戦で今季2度目の先発チャンス。)
IN 高山俊外野手(再昇格。打撃不振からの復活に期待。)
OUT 石崎剛投手(1軍登板なく抹消。石直球は次回に持ち越し。)
OUT 陽川尚将内野手(貴重な一発は出たが打撃面で確実性に欠けた。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

青柳、129球でプロ初完封!マルテ初登場で存在感。

20190429中日●0-2○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:大山③

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中5日)、中日・阿知羅。マルテが1軍合流して6番ファーストで初スタメン。初回、1アウト2塁から大島のセカンドゴロで1塁セーフの判定にマルテがアピールして矢野監督がリクエスト。判定が覆ってアウトに。続くビシエドを空振り三振に抑えて無失点の立ち上がり。

2回、大山が初球の高めカーブをレフトスタンドへ放り込む6号ソロでタイガース先制!そしてマルテの第1打席はストレートに差し込まれてショートフライ。3回、2アウトから近本が12球粘って四球を選ぶと、盗塁成功。続く糸原が空振り三振に倒れて無得点。

6回、先頭・松井雅が三塁線へのセーフティバントを決めてヘッスラ内野安打。これがチーム2本目のヒット。代打・渡辺はバントを決めれず空振り三振。2アウトから京田のセンター右へのヒットで1,3塁のピンチを背負い、大島との勝負。青柳が外から大きく曲げるスライダーに空振り三振でピンチ脱出!

8回、ドラゴンズはマルティネスが登板。2アウトから近本がセンター前ヒットを放ち、10試合連続ヒット。糸原が1,2塁間を破っていくライト前ヒットを見て、一気に3塁を狙う近本。ここで平田の3塁送球が悪送球となりファウルエリアに転がる間に貴重な2点目のホームイン!この後、1,2塁のチャンスでしたが大山がサードファウルフライで追加点ならず。そのウラ、ノーアウト1塁から松井雅のサードゴロを大山が弾いてオールセーフ。ここで代打・井領のバスターを捕ったマルテが際どいタイミングながら2塁ホースアウト。これが響くのが1,3塁になった事で平田が初球をサードゴロ併殺。

9回、小熊が登板。ノーアウト1塁からマルテが粘って11球目をレフト前ヒット!続く梅野の二遊間を破りそうな当たりを京田がダイビングキャッチ。グラブトスが決まり何とかゲッツー崩れで1アウト1,3塁。前進守備を取り梅野が初球スチール。2,3塁とし申告敬遠で満塁策を取りますが、矢野監督は誘いに乗らず青柳をそのまま打席へ。ただショートゴロ併殺は痛かった。

2点リードのままプロ入り後初めて青柳が9回のマウンドへ。先頭・京田がファースト左へ叩き付けた内野安打。嫌な流れになりますが、大島をサードゴロに抑えると、ビシエドには少し甘く入ったツーシームに逆を突かれたか見逃し三振。最後は阿部をピッチャーゴロに抑えて129球プロ初完封勝利!

「8回行く前に矢野監督に任したぞと言われたので自信持って行きました。」by 青柳
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
青柳[勝]  
近本  
大山 梅野  
糸原 糸井 マルテ 植田
福留 江越 中谷
木浪  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN マルテ内野手(初昇格。右脚の張りで出遅れた待望の助っ人。)
OUT ナバーロ内野手(打撃不振で出場機会が減り、マルテと入替。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

ジョンソン、決死の7回投入。竜の追撃を抑えGW初勝利!

20190428中日●2-4○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:糸井③

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩貞(中7日)、中日・柳。好調の上本が4月10日以来のスタメン。2回、1アウトから糸原がライト線への2塁打で出塁すると、続く梅野が高めボール球を弾き返してレフトフェンス最上部に当てるタイムリー2塁打でタイガース先制!しかし3回、1アウト2塁から平田のレフト前ヒットを福留が弾いてしまい同点。さらに2アウト1,3塁のピンチでしたが、ビシエドを外角ストレートで空振り三振!

4回、先頭・福留がライト線への2塁打で出塁しますが、梅野のショートゴロで福留が飛び出してしまい3塁でタッチアウト。2アウト1塁に変わりますが、木浪が今日2本目のヒットで1,3塁のチャンス。打席は岩貞の場面で1塁ランナー木浪が盗塁を仕掛けますが、キャッチャー加藤が偽投のはずが三遊間にボールを投げてしまい、外野に転がる間にタイガース勝ち越し!

5回、1アウトから平田、京田の連打。さらに大島へはストライクが入らず四球で満塁の大ピンチ。ここでビシエドにはチェンジアップでタイミングを外してショートライナー。2アウトまで行きますが、阿部の三遊間への当たりを木浪が止めてタイムリー内野安打となり同点。ただ2塁ランナーの京田が外野に抜けたと思い一気にホームを狙ってタッチアウト。木浪も落ち着いており助かりました。岩貞は5回89球で降板。

6回、球児が連投のマウンド。いきなり高橋に初球ヒットを許して心配しましたが、後続を抑えて無失点。7回、ドラゴンズは田島が登板。代打・ナバーロがフルカウントから四球を選んで先頭バッターが出塁すると、近本がヒットでつないでノーアウト1,2塁のチャンス。ここで上本がバスターの構えで揺さぶりながら送りバント成功で1アウト2,3塁とすると、糸井が前進守備のファーストのグラブを弾く2点2塁打で勝ち越し!満塁策を取らず勝負に行ったのが裏目に。

2点リードの7回、能見が登板。好調の上位打線を相手に苦しいマウンドとなり、1アウト1,2塁のピンチを背負った所でジョンソンにスイッチ。矢野監督も勝負に出ました。いきなりビシエドとの対戦でしたが浅いセンターフライ。続く阿部もセカンドフライに抑えてピンチ脱出!さらに8回もイニングまたぎで続投して三者凡退。9回はドリスが制球に苦しみながら3人で抑えてゲームセット!

「アリガトウゴザイマス。(無失点記録は)言ってほしくない。」by ジョンソン
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 藤川[勝](2) ジョンソン[H](4)
梅野 木浪 ナバーロ ドリス[S](5)
近本 上本 糸原  
岩貞 植田
福留 中谷
大山 能見[H](3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

西、4回に崩れて5失点KO。GW12連戦は逆転負けから。

20190427中日○5-4●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:ビシエド

サンテレビで完全中継。今日の先発は西(中5日)、中日・佐藤。GW12連戦がスタート。ドラゴンズは先発予定の笠原が不整脈の症状があり、登板回避。初回、2アウトから満塁のチャンスを作ると、梅野が右中間を破る3点2塁打でタイガース先制!さらに3回、1アウト1,2塁から梅野が意表を突いたセーフティバントが決まって内野安打としますが、陽川がタイミング合わず追い込まれてから浅いレフトフライ。続く木浪も空振り三振。ここが響きました。

3回パーフェクトの西ですが、4回でした。先頭・平田に抜けたカーブを避けずに死球を出すと、京田が2球目をエンドラン。1,2塁間を破っていき、いきなりノーアウト1,3塁のピンチを背負うと、大島には低めのボール球を片手で1,2塁間へ。糸原のダイビングキャッチで止めますが、タイムリー内野安打となり1失点。さらにビシエドに内角攻めを続けた結果、レフトスタンドへの逆転3ラン。修正できないまま11球で4点を失いました。

さらに2アウト1塁から加藤のセカンド後方への当たりを回り込んだ糸原の2塁送球でアウトの判定。ここで与田監督のリクエストが成功でオールセーフに。4回表から登板したピッチャーの又吉までヒットを許し、満塁まで行きましたが追加点は許さず。5回、1アウト2塁からビシエドにボール2とした所で申告敬遠。バッテリーに迷いが出ました。ここで阿部がフルカウントからショート右への当たり。エンドランがかかっており、木浪がセンター方向へ弾いてしまいタイムリーとなりました。

2点ビハインドの7回、左のロドリゲスとの勝負。西の代打・上本がセンターフェンス直撃の2塁打で出塁。この後パスボールで3塁に進むと、近本が叩き付けてピッチャー後方へ落とすタイムリー内野安打で1点差!続く糸原が送りバントを決めて1アウト2塁としますが、糸井が内角高めに来た球を避けた際のハーフスイングを取られて三振。ここで谷元にスイッチし、大山がシュートをとらえますがレフトライナー。

8回、球児が再昇格して即マウンドに。コントロールが定まらないボールもありましたが、今日はストレートが走っており三者連続三振。ここから状態を上げてほしい所。9回は抑えの鈴木博(スズキンブレル)の前に3人で抑えられてしまいゲームセット。勝てた試合を落としただけに痛い敗戦。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  藤川(3)
梅野 上本
大山 福留  
  岩崎(2)
近本 糸原 糸井 中谷
陽川 木浪 西[負]  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤川球児投手(再昇格。速球が戻れば再び勝ちパターンに。)
IN 岡崎太一捕手(再昇格。GW12連戦で貴重な捕手要員。)
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 齋藤友貴哉投手(プロ初登板は2回無失点。次も楽しみ。)
OUT 坂本誠志郎捕手(出場機会が少なく2軍で実戦経験を。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

近本、あと1人から逆転弾!ベイに3タテで最下位脱出!

20190425DeNA●3-5○阪神(横浜
勝利打点:近本①

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、DeNA・今永。昨日ホームランの陽川が3試合ぶりのスタメン。初回、先頭・近本がセンター前ヒットで出塁すると、糸原が初球送りバント成功。2アウトから大山が特大ファウルの後、次の球をライトスタンドへ放り込み5号2ランでタイガース先制!逆方向ながら打球が伸びました。

4回、1アウトから筒香が外角高めのストレートをレフトスタンド中段まで持っていく一発で反撃。5回、大和のサードゴロが3塁ベースに跳ね返って内野安打。2アウト2塁のピンチでしたが、神里をレフトフライに抑えて無失点。しかし6回、ソトが外角ツーシームをライトポール際へ放り込む一発で2-2の同点。さらに宮崎に左中間を破る2塁打を許しましたが、ここは岩田が抑えました。

7回、1アウトから木浪が今日2本目のヒットで出塁すると、86球の岩田に代打・上本を投入。得意の内角ストレートを豪快に弾き返してレフトフェンス直撃の長打。1塁から一気にホームを狙いましたが筒香、大和の中継が早く木浪が楽々タッチアウト。そのウラ、守屋が初めて勝ちパターンに組み込む形での登板でしたが、いきなり伊藤光に左中間スタンドへ一発。勝ち越されてから能見を出して後続を抑えました。

1点ビハインドの9回は抑えの山崎康との勝負。先頭・梅野が四球で出塁すると、代打・北條の送りバントが悪送球となり1塁セーフの判定。ここでラミレス監督のリクエストも判定変わらず。そして木浪がスリーバント失敗で嫌な流れになりますが、代打・鳥谷のレフトフライで植田が3塁へタッチアップ。2アウト1,3塁と変わり、近本が外角ストレートをレフトポール際へ放り込む逆転3ラン!!

そのウラ、ドリスが登板。梅野に代走が出たことで坂本との今季初バッテリー。1アウトから途中出場の柴田にライト前ヒットを許しますが、嶺井をショートゴロ併殺に抑えてゲームセット!ハマスタで3タテしてついに最下位脱出!

「(送れなかった木浪を)しっかり僕がカバーしたろかなと思いました。」by 近本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 上本 ジョンソン[勝](4) ドリス[S](5)
岩田 能見(3)
糸原 大山 北條 植田
梅野 木浪 鳥谷
福留 江越 坂本
糸井 陽川 守屋(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

島本、ピンチで投入し筒香斬り!飛躍の今季初ホールド。

20190424DeNA●1-3○阪神(横浜
勝利打点:糸井②

関西テレビで2回表途中から中継。今日の先発は才木、DeNA・大貫。ナバーロが6試合ぶりのスタメン。初回、先頭・神里にライト前ヒットを許しますが、梅野が盗塁を刺してくれました。2アウトからロペスにレフトフェンス直撃の2塁打を許しますが、筒香を高めストレートで空振り三振!今季初登板で無失点の立ち上がり。

3回、2アウトから近本が三塁線へセーフティバントを決めて内野安打。糸原もヒットで続いて1,2塁とすると、糸井が外角低めのフォークに食らいついてセンター前へ落とすタイムリーでタイガース先制!先発の才木もストレートが走り、5回まで2安打ピッチング。

6回、先頭・大山福留の連打でノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、不振のナバーロに代打・鳥谷が登場。崩されながら進塁打の形を取って、2塁ホースアウトで1アウト1,3塁。ここで梅野がボテボテのセカンドゴロの間に貴重な2点目を取りました。

そのウラ、1アウトから神里がレフトオーバーの2塁打を許すと、ソトが内角ストレートに詰まりながらレフト前へ落とすタイムリーで1点差。さらにロペスにレフト前ヒットを許した所で才木が降板。代わった島本が思い切り腕を振り筒香、宮崎と打ち取ってピンチ脱出!ここは大きかった。

1点リードの7回、能見がチーム再合流後、初のマウンド。全球ストレートで3人で抑える無失点ピッチング。8回はジョンソン。9番代打からの打順でしたが、得意のカーブでタイミングを外して当たっている神里を空振り三振。そして9回、代わった三嶋から代打・陽川が左中間スタンドへの一発で大きな大きな3点目。最終回、ドリスがいきなりロペスにレフト前ヒットを許しますが、筒香を157キロストレートで三球三振!宮崎、佐野を抑えてゲームセット!

「(外国人セーブの球団)記録を超えてうれしい。ガンバリマス!」by ドリス
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
才木[勝] 陽川 島本[H](2) 能見[H](3)
ジョンソン[H](4) ドリス[S](5)
糸井  
梅野  
福留 大山 鳥谷
近本 糸原 木浪 中谷 植田
ナバーロ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 才木浩人投手(昨年6勝からの飛躍を目指す20歳。再び先発。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

青柳、4併殺でベイ打線を手玉。ハマスタで打線復活!

20190423DeNA●3-8○阪神(横浜
勝利打点:大山②

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中5日)、DeNA・上茶谷。初回、1アウトから糸原がセカンドへの内野安打で出塁すると、糸井が左中間オーバーの2塁打で2,3塁のチャンス。ここで大山が外角の変化球を泳ぎながらセンター前へ落とすタイムリーで先制すると、福留も会心の当たりがライトライナーの犠牲フライで2点目。

2回、先頭・中谷がレフトオーバーの2塁打で出塁すると、2アウト3塁から近本が粘って8球目を左中間を破るタイムリー2塁打で3点目。さらに5回、先頭・近本のショートゴロを焦った大和が悪送球。1アウトから近本が盗塁を決めると、糸井が四球を選んで1,2塁のチャンス。ここで大山が三球三振に倒れますが、福留が初球のストレートをバックスクリーンへ放り込む3ラン!ルーキー上茶谷を5回途中でKO。

5回、先頭・筒香にフルカウントから四球を出しますが、宮崎をサードゴロ併殺に抑えてベイスターズがなんと4併殺。6回、先頭・木浪がライト線への2塁打を放つと、青柳が送りバント成功。1アウト3塁で近本のショートゴロでバックホームが間一髪アウトの判定。足が入っているようにも見えましたが、矢野監督のリクエストも実らず。ここから連続四球で2アウト満塁となりますが、大山が空振り三振で三者残塁。

7回、大差の展開で左の砂田が登板。先頭・福留のセカンド後方のフライをソトが落球。この後、ノーアウト満塁のチャンスを作ると、2アウトまで行きますが、近本が左中間への2点タイムリーで8-0!しかしそのウラ、1アウト1塁で宮崎のショートゴロ併殺コースでしたが、目を切った木浪がファンブルしてオールセーフ。直後、佐野にバックスクリーンに放り込まれる3ランを浴び、青柳が無念の降板。代わった岩崎が2人を抑えて流れを断ち切りました。

ベイスターズは5連敗中で9回には抑えの山崎康が調整登板。3人で抑えられました。そのウラ、島本が中5日のマウンドで3人で抑えてゲームセット!タイガースは得意のハマスタで連敗を3でストップ。

「中5日でも6日でも関係ない。地元横浜で勝てるのが一番うれしいです。」by 青柳
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
近本 福留 梅野 青柳[勝] 岩崎(2)
  島本(4)
糸井 守屋(3)
糸原 中谷 江越
大山 鳥谷
木浪  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 歳内宏明投手(3年ぶりの1軍登板はお預け。次回に期待。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

西、援護なく2敗目。巨人戦6連敗&18イニング無得点。

20190421阪神●0-3○巨人(甲子園
勝利打点:なし

朝日放送で完全中継。今日の先発は西(中6日)、巨人・メルセデス。不振の福留がスタメンを外れ、梅野を5番に抜擢。初回、先頭・近本がサード内野安打で出塁しますが、盗塁失敗。3回、西がライト前へ弾き返しましたが、亀井のチャージでライトゴロの判定。矢野監督のリクエストも判定は変わらず。その後、近本がヒットで出塁しますが今日2度目の盗塁失敗。

4回、ノーアウト1塁で岡本のショートゴロ併殺コースでしたが、エンドランがかかっており2塁はセーフの判定。さらにビヤヌエバの広げた両手が邪魔になってしまい、糸原が1塁へ悪送球。ボールがベンチに入りました。守備妨害も認められずノーアウト2,3塁で再開するかと思われましたが、審判団が集まってボールデッドの為、ビヤヌエバのホームインが認められてジャイアンツ先制。そのウラ、1アウト1,2塁のチャンスでしたが、梅野がピッチャーゴロ併殺。

7回、1アウトからゲレーロがレフトへの2塁打で出塁すると、代走・重信。2アウトから山本泰に初球のスライダーが甘く入った所を左中間真っ二つに破られてしまい、タイムリー3塁打で痛すぎる2点目。メルセデスはそのまま打席に立ち、二遊間を破りそうな当たりでしたが、糸原のジャンピングスローが決まりアウト。西は7回2失点、111球で降板。

8回はジョンソン。ノーアウト1塁で丸が意表を突いたセーフティバントが決まって内野安打。1,2塁からビヤヌエバが今度は送りバントを試みますが、陽川のチャージが決まって3塁ホースアウト!さらに1塁もアウトとなりゲッツー。

9回はドリス。先頭・亀井のセカンドゴロを上本が弾いて間一髪アウトの判定でしたが、原監督のリクエスト成功でセーフに。ノーアウト1,2塁で代打・田中俊の送りバントの構えをしていると、梅野が2塁ランナーを牽制で刺しました。ただ2アウトから重信の盗塁で今度は梅野が2塁へ悪送球で一気に3塁へ。そして次の球をドリスが暴投してしまい決定的な3点目。最後は梅野が今日2度目のゲッツーに倒れて巨人戦3タテ。ついに単独最下位に転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
西[負]  
  ジョンソン(2)
   
近本 糸原 陽川  
大山 中谷 木浪 ドリス(3)
糸井 梅野 上本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

生観戦。序盤の拙攻響き4安打零封負け。巨人戦5連敗。

20190420阪神●0-2○巨人(甲子園
勝利打点:石川

毎日放送で完全中継。今日の先発は岩貞(中6日)、巨人・ヤングマン。今季2試合目の生観戦試合でした。初回、先頭・近本がショート内野安打で出塁すると、インプレーのまま2塁ベースががら空きになっているのを見逃さず意表を突いた走塁。慌てたヤングマンが悪送球してしまい一気に3塁へ。ノーアウト3塁のチャンスでしたが、後続が倒れて先制できず。

2回、1アウトからゲレーロにストレートの四球を出すと、スタメン起用の石川がバックスクリーン左へ放り込む2ランでジャイアンツ先制。3回、ヤングマンがライト線へのフライを糸井がスライディングキャッチ。そのウラ、先頭・木浪がライト前ヒットで出塁すると、岩貞が送りバントの構えをしながら四球を選んでノーアウト1,2塁のチャンス。ここで近本が送りバントを決めますが、糸原糸井が凡退してしまい無得点。

内容次第では2軍降格もあった岩貞ですが、7回2失点で投げきりました。8回、2点ビハインドの展開でジョンソンを投入。7回を投げて100球のヤングマンがそのまま打席に立って続投。そのウラ、2アウトから糸原が四球を選びますが、糸井がライトフェンス際へのフライで無得点。

9回はドリスが体調不良で欠場して以来のマウンド。2アウトから岡本にライト線へ落とされるヒットを許しますが、捕球した上本が2塁で刺してタッチアウト。そのウラ、抑えのクックとの初対戦。先頭・大山がライト前ヒットで出塁しますが、福留が痛恨のセカンドゴロ併殺。最後は中谷がショートゴロに倒れてゲームセット。最下位カープに並ばれてしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩貞  
近本 ジョンソン(2)
  ドリス(3)
大山 木浪  
梅野 上本
糸原 糸井 福留 中谷  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 石崎剛投手(初昇格。手術明けで石直球の復活がカギに。)
IN 歳内宏明投手(初昇格。育成契約から再び1軍マウンドへ。)
OUT メッセンジャー投手(右腕に打球が当たり登板間隔を空ける事に。)
OUT 桑原謙太朗投手(連続して打ち込まれてしまい無念の抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

木浪、プロ1号は菅野から。ミス多発で巨人戦4連敗。

20190419阪神●4-12○巨人(甲子園
勝利打点:小林

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・菅野。糸井を移籍後初の2番で起用し、陽川を昇格即スタメン。2回、亀井、ゲレーロの連打でノーアウト1,2塁のピンチ。田中俊は送りバント失敗で1アウトを取りますが、小林に初球のカーブを振り抜かれてレフトスタンドへの3ランでジャイアンツ先制。

4回、小林がフルカウントからランエンドヒットの形でライト前ヒットを放ち、ノーアウト1,3塁のピンチ。菅野が送りバントで1アウト2,3塁とすると、前進守備の中で坂本がショートゴロ。ただ北條のバックホームが左に大きくそれてタッチできず生還。さらに丸のセカンドゴロ併殺コースでしたが、北條の1塁悪送球の間にもう1人ホームに還り、連続エラーでこの回2失点。

5回、岡本に特大の一発を浴びると、亀井のピッチャー返しがメッセの右腕に直撃。続投させますがボールに力がなく、2球目をゲレーロにレフト前ヒットを許した所でKO。代わった守屋が1アウト満塁のピンチを背負いますが、菅野の二遊間へのゴロで糸原がバックホーム!ワンバウンド送球ながら間一髪アウト!追加点を許さず好リリーフ。

6回、齋藤がプロ初登板。さすがに緊張があったか四球2つで1アウト1,2塁のピンチを背負いましたが、無失点で切り抜け。苦しいかと思いましたが7回も続投して無失点。そのウラ、100球を超えた菅野から梅野が2塁打。2アウトから代打・近本のレフト前ヒットで1,3塁とすると、途中出場の木浪が高めに浮いたスライダーをとらえてライトポール際へのプロ1号3ラン!菅野をマウンドから下ろし反撃ムードが出ました。

3点ビハインドの8回、桑原が登板。2アウトを取ってから急変。1,2塁から山本泰が前進守備の右中間を破っていく2点3塁打。続く小林のセカンド後方のフライで譲り合ってしまい、近本が落球する間に1点追加。さらに代打・阿部のタイムリーで10点目を許すと、トップに戻って坂本がバックスクリーンへの2ランでまさかの一挙6失点。そのウラ、1アウト2塁から大山が左中間フェンス直撃の2塁打を放ちますが、2塁の糸井が加速せずホームタッチアウト。

9回、大差ながら能見が調整登板で三者凡退。そのウラ、ジャイアンツは吉川光が登板。先頭・梅野がレフトフェンス金網直撃の2塁打を放つと、23歳誕生日の植田がバースデーのトランペットが流れる中で浅いセンターフライ。2アウト3塁から木浪がライトオーバーのタイムリー2塁打で1点を返すのがやっと。ミスが失点につながってしまい今日は大敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  木浪 守屋(2)
   
糸井 大山 梅野 能見(5)
  近本 齋藤(3)
糸原 中谷 植田
福留 陽川 北條
メッセンジャー[負]
桑原(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 陽川尚将内野手(初昇格。手術明けながら内外野で出場チャンス。)
OUT 山崎憲晴内野手(2軍では好調も2試合の出場で抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

岩田、4年ぶり完投!神宮花火大会で5発13点の大勝!

20190418ヤクルト●5-13○阪神(神宮
勝利打点:大山①

今季18試合目は地上波中継なし。今日の先発は岩田、ヤクルト・大下。福留が今季初の休養日となり、糸原を5番に抜擢。初回、先頭・近本のセカンドゴロで矢野監督がリクエストも判定変わらず。この後、1,2塁から大山が左中間スタンドへの3号3ランでタイガース先制!さらに連打となり中谷のレフトフェンス直撃のタイムリー(シングル)で4点目。6人連続出塁の猛攻でした。

そのウラ、先頭・太田が左中間を破る2塁打でパスボールで3塁へ進むと、青木が意表を突いたセーフティスクイズも失敗。1アウトから山田にセンター前タイムリーで1点を返されました。3回、先頭・大山が2打席連発となる左中間スタンドへの4号ソロ!さらに1アウト1,3塁で大下KOとなり、左の中澤にスイッチしたのを見て早くも代打・上本を送り犠牲フライで6点目。

4回、先頭・近本がレフト線への2塁打を放つと、北條が送りバント成功。続く糸井の犠牲フライでソツのない攻撃で1点を取りました。これで終わらず大当たりの大山がフェンス直撃の2塁打で猛打賞。続く糸原のセンター前タイムリーが飛び出すと、中谷の左中間スタンドへの2ランで10点目!そのウラ、山田に一発を許しますが、5回の守備から青木・山田・バレンティンを下げました。

5回から風張が敗戦処理の形でロングリリーフ。6回、大山が四球を選んで今日4出塁。2アウト1塁から中谷が左中間スタンドへ初の1試合2本塁打!さらに7回、近本がバックスクリーン左へ放り込み早くも3号!2アウトから大山がレフトポール際へ大ファールを打ちますが、ここは空振り三振。そのウラ、村上に左中間スタンドへ放り込まれますが、大量リードに守られて岩田を続投。

9回、完投目指してマウンドに上がった岩田。1アウトから雄平のショートゴロを北條がジャッグル。さらに西浦が三遊間を破るヒットで1,2塁。2アウトから代打・大引にセンターフェンス直撃の2点2塁打を許しますが、118球で2015年6月以来の完投勝利!

「そんな前でしたっけ?恥ずかしいです。(若手に)ホンマありがとう!」by 岩田
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大山 糸原 中谷 梅野 上本
近本 岩田[勝]  
糸井  
   
北條 植田 江越
木浪  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩田稔投手(初昇格。今季は崖っぷちで再起をかける35歳。)
OUT 尾仲祐哉投手(リリーフで敗戦処理として活躍も押し出される形。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

ジョンソン、継投失敗も粘った。ドリス不在で決死ドロー。

20190417ヤクルト△2-2△阪神(神宮

BS1で完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、ヤクルト・ブキャナン。移動ゲームで松山から神宮に場所を変えての一戦。3回、1アウト1塁から青木のピッチャーゴロ併殺コースでしたが、青柳が2塁へ悪送球。不安のあるフィールディングで失敗してしまいました。それでも続く山田をサードゴロ併殺に抑えて無失点でしのぎました。

4回、先頭・糸原の左中間へのフライをバレンティンがスライディングキャッチ。それでも1アウト1塁から大山が打った瞬間とわかるレフトポール際の2号2ランでタイガース先制!そのウラ、1アウト1塁から西浦をサードゴロ併殺。フルカウントでエンドランがかかっておりましたが、高速ゲッツーで抑えました。

5回、先頭・梅野が四球で出塁すると、1アウト2塁で青柳の送りバント。ここでブキャナンが3塁送球でタッチアウトの判定に矢野監督がリクエストを要求しますが判定は変わらずアウト。そのウラ、先頭・中村がショートへの内野安打で出塁しますが、ブキャナンがスリーバント失敗。2アウト1,2塁のピンチでしたが、青木をファーストゴロに抑えました。青柳は7回無失点、111球で降板。

2点リードの8回は能見が中6日のマウンド。1アウトから連続四球を出してしまいピンチの場面でジョンソンにスイッチ。初めてイニング途中からの投入で、初球いきなり山田の頭に死球。変化球が抜けて危険球扱いにならなくて助かりました。さらにバレンティンも初球のカーブを軽打でレフト前へ2点タイムリーで同点。ただここから雄平、西浦を連続三振で勝ち越しは許さず。

9回、抑えの石山が登板。先頭・糸原がファーストの頭を越えるヒットで代走・植田糸井の空振り三振の際に盗塁を決めますが、大山が打ち上げてセカンドフライ。福留はカウントが悪くなった所で申告敬遠となりますが、ナバーロがレフトフライで無得点。そのウラ、ジョンソンが続投。先頭・村上が三遊間への内野安打でヘッドスライディング。送りバントの後、暴投で1アウト3塁となり、2ストライクから廣岡がスクイズ空振り!梅野が三本間に飛び出した村上を追いかけてタッチアウト!

10回、スワローズは近藤。先頭・梅野がセンター前ヒットで出塁。木浪がバント失敗で追い込まれてからまさかの暴投。得点圏に進みますがスリーバント失敗。さらに代打・鳥谷が見逃し三振で2アウト。1,2塁で代打・北條をコールしますが痛恨の初球キャッチャーファウルフライ。そのウラ、桑原が登板。ノーアウト満塁の絶体絶命となりますが、バレンティンが前進守備のショートゴロ併殺。ここで代わった岩崎が雄平を抑えた!

12回、2アウト2塁から鳥谷が空振り三振に倒れて今日の勝ちがなくなりました。そのウラ、ドリスではなく守屋が登板。廣岡をショートゴロに打ち取った所で左の島本にスイッチ。上田、青木を抑えてドロー。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 青柳 岩崎[H](5) 守屋[H](6) 島本(7)
大山  
  ジョンソン(3)
糸井 鳥谷
糸原 福留 木浪 上本 中谷 江越
近本 ナバーロ 北條 能見(2) 桑原[H](4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN  齋藤友貴哉投手(プロ初昇格。即戦力として期待がかかる右のリリーフ。)
OUT ガルシア投手(3戦連続KOで抹消。開幕前の故障が響いたか。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

ガルシア、2回KOで2軍降格。虎5連勝中の松山で大敗。

20190416ヤクルト○9-5●阪神(松山坊ちゃん
勝利打点:村上

テレビ大阪で1回ウラ途中から中継。今日の先発はガルシア(中6日)、ヤクルト・原。木浪が開幕4戦目以来のショートでの先発。初回、1アウトから叩き付けたラッキーな当たりが続いて1,2塁のチャンスを作ると、大山のレフト前タイムリーでタイガース先制!さらに2アウトからナバーロのライト前タイムリーで2点先行!

しかしそのウラ、連打と四球でノーアウト満塁のピンチを背負ったガルシア。バレンティンに押し出しの四球で1点を返されると、雄平のショートゴロ併殺崩れの間に同点。2アウトまでこぎつけますが、村上にライトスタンドへ3ランを打たれてしまい一挙5失点。さらに2回、1アウトから山田がセンターフェンス金網直撃の3塁打。1,3塁から雄平にタイムリーを許した所でガルシアKO。3試合連続KOで2軍降格が決定。代わった守屋から西浦のタイムリーで7点目。

4回、3番手で岩崎が登板しますが、バレンティンに低めストレートをレフトスタンドへ放り込まれました。6回、先頭・福留がレフトポール際、フェンス直撃の2塁打。跳ね返った打球がバレンティンの股間に直撃してました。1アウト3塁から梅野のセカンドゴロの間に1点を返しました。

7回、尾仲が登板。しかし先頭・西浦に四球を出してしまうと、ここからノーアウト満塁のピンチ。7回112球の原が続投で打席に立ちました。2アウトまで行きますが、青木の足に当ててしまい押し出し。点差が開いていただけに怒りながらベンチに退きました。9回、先頭・ナバーロがライト線への2塁打。そして2アウトから途中出場の中谷がライトポール直撃の2ラン!1号、2号とポールに当てました。結局、原に完投を許しましたが、序盤の大量失点がなければ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  中谷
糸原 ナバーロ 鳥谷
   
大山 福留 守屋(2) 岩崎(3)
糸井 木浪 北條 江越 上本 島本(4) 尾仲(5)
近本 梅野 ガルシア[負]  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

西、連敗ストッパーの救世主!自ら打って逆転勝利!

20190414阪神○5-2●中日(甲子園
勝利打点:梅野①

朝日放送で完全中継。今日の先発は西(中6日)、中日・吉見。試合前から雨が降り続ける悪天候のデーゲーム。初回、2アウト1,2塁のピンチを背負った西ですが、アルモンテへの攻めが素晴らしく外角低めいっぱいのシュートが決まって見逃し三振で無失点の立ち上がり。しかし2回、先頭・高橋がヒットで出塁すると意表を突く初球スチール。1アウト3塁から加藤にカウント0-2と追い込んでから3球勝負が裏目に出て、センター前タイムリーでドラゴンズ先制。

4回、先頭・糸井が左中間を破る2塁打で出塁すると、1アウトから福留が1,2塁間を緩やかに破るタイムリーで同点!さらに鳥谷がフルカウントから四球でつなぐと、梅野のセンター前タイムリーで勝ち越し!なお1,2塁から木浪も低めボール気味のフォークを拾ってライト前タイムリー!これで終わらず2,3塁から西がスクイズファウルとなりますが、次の球をレフト線へ弾き返す2点タイムリーで5-1!プロ初打点のオマケつき。ここで吉見がKOされて又吉にスイッチ。6人連続出塁の猛攻で逆転に成功。

7回、1アウトから加藤に外角低めのボール球をセンター前へ落とされるヒット。2アウトから京田に初球をセンターオーバーの長打。近本がライン取りを誤って最短距離で打球に入れず、フェンスまで転がる間に1塁から一気にホームイン。それでも悪天候ながら7回2失点、89球でまとめた西が連敗ストッパーに。そのウラ、2アウトから満塁のチャンスを作りましたが、鳥谷がレフトフライに倒れて三者残塁。

3点リードの8回、ジョンソンが登板してクリーンアップを三者凡退。9回はドリス。今季4試合はすべて3人で抑えていましたが、1アウトから堂上、代打・福田の連打で1,2塁のピンチ。ここで井領に対してフォーク攻めでワンバウンドを何度も止める梅野。ハーフスイングで空振り三振を取りました。最後は京田をサードゴロに抑えてゲームセット!

「心強い西さんが俺が止めると言ってくれた。バッテリーで勝てた。」by 梅野
「ありがとうございまーす!振ったら当たりました。」by 西
「顔が似てると言われてる。あさっても勝つばーい!」by 梅野&西
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 西[勝] ジョンソン[H](2)
糸井 福留  
木浪 ドリス[S](3)
大山  
近本 鳥谷 江越 植田 ナバーロ
糸原  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

岩貞、6失点で連続KO。竜2本の満塁弾で虎4連敗。

20190413阪神●2-10○中日(甲子園
勝利打点:ビシエド

NHK総合、サンテレビで完全中継。今日の先発は岩貞(中6日)、中日・柳。昨日待望のプロ初ヒットを放った木浪が8番でファーストでは初スタメン。初回、2アウト1塁からビシエドにセンターオーバーのタイムリー2塁打を許してドラゴンズ先制。さらに2回、2アウト1,2塁から京田にライト前タイムリーを許して2点のビハインド。

2回、鳥谷のライト前ヒットで1塁ランナーの大山が3塁まで進む好走塁。1アウト1,3塁のチャンスで梅野は空振り三振に倒れますが、木浪がセンター前へポトリと落ちるプロ初タイムリーで1点を返しました。さらに岩貞も左中間を破りそうな大きな当たりでしたが、センター大島が背走キャッチで得点ならず。

4回、2打席連続で7番大島、8番加藤の連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、柳の送りバントが岩貞の横をすり抜けて内野安打となってしまいノーアウト満塁。ここで京田が初球のスライダーを振り抜いてライトスタンドへの満塁ホームランで1-6。試合が決まってしまいました。何とか5回まで投げ抜いた岩貞ですがヒット13本を許して6失点KO。立ち上がりは球が走っていた分、もったいなかった。

6回、近本が内角ストレートを豪快に振り抜いてライトスタンドへの一発で早くも2号。しかし8回、連投の岩崎が先頭・アルモンテに四球を出すと、京田のサードライナーを大山が後ろに弾くエラー。1アウト満塁でビシエドはショートフライに抑えますが、続く堂上にカウント2-0から高めストレートをレフトスタンドへ放り込まれてしまい、チーム1試合2本目の満塁弾で10点目。大敗で4連敗を喫し、最下位が近づいてきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
近本  
  守屋(2) 尾仲(5)
鳥谷 木浪 島本(3)
糸井 大山 北條 ナバーロ
糸原 福留 梅野 岩貞[負] 岩崎(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

メッセ、ビシエドに2発で6失点KO。大山がブレーキ。

20190412阪神●4-9○中日(甲子園
勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、中日・笠原。昨日プロ初ホームランの近本が1番で5試合ぶりのスタメン。初回、1アウトから遠藤にライト線2塁打を許すと、続くアルモンテとの対戦でボールを前に弾いた梅野が3塁へ悪送球する間にドラゴンズ先制。それでも2回、大島の盗塁を梅野が刺して三振ゲッツーに抑えました。

4回、1アウトからアルモンテにヒットを許すと、続くビシエドが低めボール気味のフォークを弾き返し、低いライナーでレフトスタンドへ放り込む2ランで0-3。これでリズムを崩したメッセが四球とヒットで1アウト1,3塁のピンチ。三ツ俣を空振り三振に抑えると、2アウトからダブルスチールを敢行。梅野が警戒して2塁に投げず三本間に挟んでタッチアウト。今日のメッセはストレートが走らず苦しい投球。

6回、1アウトからアルモンテに四球を出すと、ビシエドが今度はライトポール際へ放り込む今日2本目の2ラン。さらに四球とヒットで1アウト1,2塁のピンチを背負うと、2アウトから加藤にセンター前タイムリーを許して6点目。近本もチャージしていましたがバックホームが転々としました。そのウラ、代打・上本がライト前ヒットを放ち、ようやくチーム初ヒット。この後、1アウト1,3塁から糸井のセカンドゴロ併殺崩れの間に1点を返しました。

7回、岩崎が今季初登板で三者凡退に抑えるナイスピッチング。そのウラ、ドラゴンズは佐藤が登板。1アウトから代打・木浪がセンター前へ落とすヒットで18打席目でプロ初ヒット。この後、2アウト1,3塁で上本の打席で暴投の間に1点を返すと、次の球を再び暴投で3塁まで進みました。9球粘って四球を選んで1,3塁とした所で谷元にスイッチ。ここで近本がセンター前タイムリーで1点を返すと、続く糸原も連続タイムリーで2点差!さらに暴投で2,3塁となり、カウントを悪くした所で糸井を申告敬遠。3暴投に与田監督がたまらずキャッチャーを大野に交代。満塁で大山との勝負でしたがサードゴロ。次の回からベンチに退きました。

2点差の8回はジョンソンが中6日で初のビハインドでの投入。ビシエドからの打順でしたが3人で抑えてくれました。しかし9回、桑原が乱調。先頭・堂上に四球を出すと、バントの構えをする大野にストライクが入らず。ハーフスイングに助けられて1アウトを取りますが、福田のセンター前ヒットで堂上が一気に3塁を陥れる好走塁。2,3塁から京田、遠藤の連続タイムリー。尾仲に代わりますが、井領にもタイムリーでこの回3失点。そのウラ、近本がファーストへの内野安打でプロ初の猛打賞。1アウト満塁のチャンスを生かせず無得点でゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  上本
近本 糸原 北條 岩崎(2) ジョンソン(3)
  木浪
   
  尾仲(5)
糸井 大山 福留 中谷
梅野 メッセンジャー[負]
鳥谷 桑原(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩崎優投手(初昇格。2軍で先発調整も救援陣投壊で今年もリリーフ。)
OUT 秋山拓巳投手(手術明けの復帰マウンドで及第点。次回も先発。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

秋山、復帰戦は6回5失点KO。近本がプロ1号も空砲。

20190411阪神●2-5○DeNA(甲子園
勝利打点:伊藤光

関西テレビで1回ウラ途中から8回ウラまで中継。今日の先発は秋山、DeNA・大貫。初回、1アウト1塁から糸井の右中間への2塁打で糸原が3塁ストップ。続く大山がサードゴロに倒れて2アウトとなり、福留は敬遠気味に歩かされて満塁まで行きますが、中谷が初球をひっかけてセカンドゴロに倒れて三者残塁。

2回、1アウトから宮崎のショート右への当たりを鳥谷が捕りますが、1塁送球をナバーロが捕れず。続く大和のセンター前ヒットを中谷が弾いてしまい1,3塁とすると、伊藤光のセンター前タイムリーでベイスターズ先制。これで終わらず大貫の三塁線への送りバントが内野安打となってしまい満塁。2アウトまで行きますが、桑原にフルカウントから押し出しの四球で2点目。

3回、2アウトから大山が左中間への今季1号ソロで1点差に詰め寄りました。5回、1アウトからロペスの左中間へのフライを中谷がダイビングキャッチ!しかし6回、先頭・宮崎にライト前へのポテンヒットを許すと、ここから1アウト1,3塁のピンチ。代打・倉本はセカンドライナーで2アウトまで行きますが、神里が2試合連続となる右中間への3ランで1-5。復帰戦の秋山でしたが一発に沈みました。

7回、ベイスターズは国吉(先日161キロをマーク)が2イニング目。1アウトから代打・近本が真ん中付近のストレートを豪快に振り抜いてライトスタンドへ放り込むプロ1号アーチ!パンチ力のある所を見せてくれました。8回、悩めるパットンが登板。いきなり福留に死球を出すと、2アウト1,2塁のチャンスで代打・北條をコールしますが、空振り三振で無得点。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  近本
福留 守屋(2) 尾仲(3) 島本(4)
糸井  
糸原 大山  
ナバーロ 秋山[負]  
鳥谷 中谷 梅野 北條
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(初昇格。右ひざの手術明けで復活に期待がかかる。)
OUT 長坂拳弥捕手(梅野の負傷で緊急昇格したが出場は1試合のみ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

青柳、6回1失点も援護なし。苦手の濵口に1安打完封負け。

20190410阪神●0-2○DeNA(甲子園
勝利打点:神里

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継、BS1で完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、DeNA・濵口。対左投手で北條が7番ショートで先発起用。初回、先頭・神里のピッチャーゴロを青柳が弾いて嫌な立ち上がり。直後に梅野が盗塁を刺してくれました。この後、1アウト2,3塁のピンチをしのいで無失点。そのウラ、糸原がレフト前ヒットで出塁しますが、1塁牽制の際どい判定にラミレス監督がリクエストすると判定が覆ってアウト。

3回、4回と得点圏にランナーを置きながら抑えていた青柳。しかし5回、先頭・神里がバックスクリーン右へ放り込む一発でベイスターズ先制。そのウラ、2アウトから中谷北條が連続四球を選んで1,2塁のチャンス。ここで昨日サイクル安打の梅野に期待が集まりましたが、ボテボテのサードゴロ。今日の青柳はスライダーが切れ味抜群で8奪三振。6回1失点で降板。

6回、1アウトから上本が四球で出塁すると、またも牽制で際どい判定。ここはラミレス監督のリクエストも判定変わらず。これで流れが来るかと思われましたが、糸原が1-6-3のゲッツーで無得点。そして7回、1点ビハインドの展開で能見を投入しますが、連続三振で2アウトからロペスにレフトポール際へ放り込まれてしまい、痛すぎる2点目。

8回、1アウトから北條が今日3個目の四球を選んで代走・植田。続く梅野もフルカウントから四球を選んで1,2塁とすると、代打・鳥谷で勝負に出ますがセカンドフライ。トップに戻って上本も四球で満塁となりますが、糸原がショートフライに倒れて三者残塁。7四球で120球を超えても濵口が投げきりました。結局、9回も続投して1安打でプロ初完封。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
青柳[負]  
北條 守屋(3)
   
上本 梅野 島本(4)
糸原 中谷 植田 能見(2)
糸井 大山 福留 山崎 鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

梅野、サイクル安打達成!5点差大逆転で甲子園開幕!

20190409阪神○12-8●DeNA(甲子園
勝利打点:なし

テレビ大阪で4回表途中から中継。今日の先発はガルシア(中6日)、DeNA・上茶谷。甲子園開幕戦は上本を1番、鳥谷は今季初めての6番起用。2回、2アウトから鳥谷中谷の連打で1,2塁とすると、梅野のライト線へのフライをソトが捕れず後ろに逸らしてしまい、2点タイムリー3塁打でタイガース先制!

3回、2アウト1塁から大山がライト前へのポテンヒットで一気に2塁を狙いましたが間一髪アウトの判定。矢野監督のリクエストも判定変わらずチェンジ。すると4回、1アウト1塁から筒香がライトスタンドへの2ランで同点。これで終わらず3連打で2,3塁から大和がライトへの犠牲フライで勝ち越し。そのウラ、2アウト1,3塁からガルシアが右手一本で叩き付けた当たりをロペスが弾くタイムリー内野安打で3-3の同点!

しかし5回、1番からの打順でアウトを取れずノーアウト満塁の大ピンチ。福原投手コーチがマウンドに向かいましたが、筒香がストレートをセンター前に弾き返す2点タイムリーで再び勝ち越し。ここでガルシアがKOされて守屋が登板。最速149キロもマークしましたが、1アウト満塁から大和が前進守備の二遊間を破る2点タイムリーで3-7。ほぼゲームが決まってしまいました。

7回、島本が登板しますが、今日大当たりの中井にバックスクリーン右へ放り込まれて8点目。そのウラ、ベイスターズはエスコバーが登板。代打・近本がセンター前ヒットで出塁すると、5点差でも盗塁成功。さらに伊藤光の悪送球を誘い一気に3塁へ。1,3塁から糸井が痛烈な当たりで1,2塁間を破るタイムリー!たまらず三上にスイッチしますが暴投で1点を取ると、1,2塁から福留のライト前タイムリーで2点差!試合がわからなくなりました。

8回、今日2度目の三振ゲッツーに抑えて梅ちゃんバズーカ炸裂。そのウラ、パットンが登板しますが、カウント2-1から左足骨折の梅野がレフトスタンドへの1号ソロで1点差!続く近本にストレートの四球で場内が一気に盛り上がりました。トップに戻って上本が送りバント成功。この後、2アウト2塁で糸井へのカウントが悪くなった所で申告敬遠。ここで大山のセカンドハーフライナーにジャンプした柴田がこぼしてオールセーフ!

ここで前倒しで抑えの山崎康で勝負に出ますが、福留の右中間へのフライをソトが落球!走者一掃で10-8と大逆転!気落ちした所を見逃さず代打・ナバーロもレフト前タイムリー!さらに梅野が右中間真っ二つのタイムリーで3塁打コースでしたが、ナバーロがホームタッチアウトになり、記録が2塁打になった事でサイクルヒット達成!!

4点リードに変わり9回はドリス投入。守備のミスをしたソトをセンターフライに抑えると、ロペス、筒香を抑えてゲームセット!5点差大逆転でものすごい試合を取りました。

「表彰されるまで全く気付いてなかったです。明日も勝つバイ!」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 近本 ナバーロ 桑原[勝](4)
糸井 福留 ドリス(5)
鳥谷 守屋(2)
糸原 大山 中谷 江越
上本 植田
ガルシア 島本(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

西、140球完封でコイ料理!ついに打線爆発で虎快勝!

20190407広島●0-9○阪神(マツダ
勝利打点:糸原①

毎日放送で完全中継。今日の先発は西(中6日)、広島・九里。新人2人はベンチスタートで糸原を今季初の2番に上げてきました。初回、先頭・田中に死球を与えてしまうと、1アウト1,3塁から鈴木誠にストレートの四球で満塁。ここで松山を3-6-1のゲッツーに抑えてヒヤヒヤながら無失点の立ち上がり。

3回、先頭・梅野がセンター前ヒットで出塁すると、西が送りバント成功。2アウト後、糸原のレフト前タイムリーでタイガース先制!続く4回、1アウトから福留のショートゴロを田中がファンブル。この後、2アウト1,2塁から梅野がセカンド後方へ打ち上げた当たりを背走の菊池がボールを落としてしまいタイムリーで2点目!

5回、1アウトから糸原がセンター右への当たりに一気に2塁を陥れる好走塁。続く糸井がセンター左を破りそうな当たりでしたが、野間がスライディングキャッチ。それでも大山がレフト線へ弾き返すタイムリー2塁打!ここでカープは左のレグナルトにスイッチしますが、福留がインハイの悪球打ちでセカンド右を破るタイムリーで4点目。早めの登板で制球を乱しており、連続四球で満塁まで行きましたが追加点ならず。

そのウラ、西が先頭・西川に10球粘られてレフト前ヒット。この後は3人で抑えたもののファウルで粘られて、この回29球費やしてしまいました。それでも追撃体勢を作らずカープ打線を封じました。7回、連打でノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、福留が2球続けてセーフティバント。間一髪アウトで送りバント成功。2アウト後、中谷がサードのグラブをかすめる2点タイムリーでダメ押し!

8回、カープはルーキー島内が登板。完封目指して打席に立った西に四球を出してしまいました。ランナーが入れ替わり1アウト1,3塁から糸井が1,2塁間を破るタイムリーを打った所でお役御免となり代走・近本。さらに2アウト1,2塁から福留がライト線を破る2点タイムリーで9点目。8回127球の西でしたが9回も続投志願。ピンチを作りましたが140球で2年ぶりの完封勝利!

「純粋にうれしい。自分のわがままで最後までいかせてもらった。」by 西
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 福留 西[勝]  
糸井 大山 中谷 梅野  
   
  植田 近本
  江越 山崎
鳥谷 ナバーロ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
7日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 山崎憲晴内野手(2軍戦で好調を受けて初昇格。ベンチを盛り上げたい。)
OUT 藤川球児投手(オープン戦から状態が上がらず決断。火の玉復活に期待。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

球児、1イニング2被弾で追撃ならず。福留1000打点も大敗。

20190406広島○10-3●阪神(マツダ
勝利打点:なし

関西テレビで2回ウラ途中から中継。今日の先発は岩貞(中6日)、広島・床田。近本が初めて1番に上がり、昨日のヒーロー中谷がファーストで今季初スタメン。2回、2アウト1,3塁から床田のファーストゴロを中谷が弾いてしまい、更に無理な体勢から1塁悪送球のダブルエラーでカープ先制。直後の3回、ノーアウト1,2塁のチャンスで岩貞が送りバント失敗で無得点。

3回、1アウト1塁から鈴木誠がレフトスタンド上段へ放り込む2試合連続の一発。2ランで0-3。さらに今シーズン打率0割の松山にまでヒットが飛び出しました。さらに4回、2アウト2塁から田中に四球を出すと、続く菊池にレフト前タイムリーを許して4点目。岩貞もボール自体は走っていたように見えただけに4回4失点KOは残念。

5回、ノーアウト1塁で左足薬指を骨折している梅野がセーフティバント。サード堂林が誰もいないファーストへ投げてしまい、ボールが転々とする間に2,3塁。ここで代打・上本が左中間へ落とす2点タイムリーで反撃!トップに戻って近本が送りバントを決めたのは良かったですが、少し違和感がありました。北條糸井と連続三振に倒れて追加点ならず。そのウラ、球児を投入して追撃体勢を取りますが、松山にライトスタンドへ2ラン。さらに会澤にも一発を許して1イニング2発で2-7。

6回、尾仲が今季初登板のマウンド。いきなり四球とヒットでピンチを作ると、1アウト1,3塁から鈴木誠が今日2本目となる一発を左中間スタンドへ放り込む3ランでダメ押し。7回、先頭・梅野がレフト前ヒットで今季初の猛打賞。続く上本のサードゴロを安部が弾くエラー。ノーアウト1,2塁のチャンスで代打・鳥谷を送りますが、高めからフォークが落ちてきて見逃し三振。

7回、守屋が今季初登板のマウンド。少し腕を下げて変則的なフォームから140キロ後半を投げ込んできました。2イニングを抑えて次回も楽しみな内容。8回、カープは中田が登板。1アウトから福留がバックスクリーンへの一発でNPB通算1000打点を達成。そのウラ、植田がセンターの守備につき、難しい打球を捕りました。9回、代打・木浪がボールを追いかけるように三球三振に倒れて開幕17打席ノーヒット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  上本 守屋(4)
福留 梅野  
   
糸原 植田
近本 大山 鳥谷 坂本 江越
北條 糸井 中谷 岩貞[負] 木浪 藤川(2) 尾仲(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

中谷、大瀬良から代打逆転弾!メッセの日米100勝に貢献!

20190405広島●2-3○阪神(マツダ
勝利打点:中谷①

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、広島・大瀬良。開幕7戦目でついに鳥谷が1番で今季初スタメン。左足薬指骨折の梅野が3試合ぶりに強行出場。初回、先頭・鳥谷がピッチャー返しでセンター前ヒット。近本が送りバント成功。2アウト2塁から悩める大山が追い込まれてからセンター前タイムリーでタイガース先制!得点圏でついに打ちました。

3回、ここまでパーフェクトに抑えていたメッセですが、2アウトから大瀬良にセンターオーバーの2塁打。トップに戻って田中がフルカウントから四球を選ぶと、菊池が初球のカーブをレフト線へ弾き返すタイムリー2塁打で同点。4回、先頭・大山がレフト前ヒットで初のマルチ。ここから1アウト満塁のチャンスでしたが、梅野がセカンドゴロ併殺。足が痛む中、ヘッドスライディングも及ばず。そのウラ、鈴木誠が左中間スタンド場外への140m弾で勝ち越し。

7回、1アウトから糸原のファーストゴロがイレギュラーしてヒット。2アウト1塁の場面でメッセに代打・中谷を投入。ファウルで粘って7球目の高めストレートを振り抜いてレフトポール直撃の逆転2ラン!起死回生の一発に矢野監督も喜んでました。1点リードに変わり、桑原が登板しますが先頭・会澤に死球。送りバントで1アウト2塁となった所で能見にスイッチ。2アウト1,2塁のピンチを背負いましたが、打撃好調の野間をサードフライに抑えてピンチ脱出!

8回はジョンソン。いきなり鈴木誠にライトフェンス際まで飛ばされますがアウト。2アウトから四球を出して代走・曽根が盗塁。梅野の送球はタイミング的にはアウトでしたが交錯した鳥谷が落球。それでも西川を空振り三振に抑えてくれました。

9回、左腕レグナルトとの初対決。1アウトから梅野がセンター前ヒット。代打・北條の送りバントでワンバウンド送球となり1塁アウトの判定を巡って矢野監督がリクエストも判定変わらず。そのウラ、中5日でドリスが登板。先頭・会澤のライトファウルフライを糸井がフェンスに激突しながらキャッチ。代打・松山、田中を抑えてゲームセット!

「走っている途中もずっと『切れないでくれ』と思って走っていた。」by 中谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  中谷 能見[H](3) ドリス[S](5)
大山 メッセンジャー[勝] 北條 ジョンソン[H](4)
ナバーロ 糸原  
鳥谷 糸井 福留 梅野 桑原[H](2)
近本  
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 尾仲祐哉投手(移籍2年目の右腕。リリーフで結果を残したい。)
IN 守屋功輝投手(オープン戦好調の秘密兵器。接戦での登板を期待。)
OUT 浜地真澄投手(プロ初登板は4回6失点。変化球の精度が課題。)
OUT 望月惇志投手(緊急合流でロングリリーフし抹消。先発調整か。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

浜地、初登板初先発はプロの洗礼。巨人3タテで虎4連敗。

20190404巨人○10-1●阪神(東京ドーム
勝利打点:岡本

BS日テレで完全中継。今日の先発は浜地、巨人・高橋のプロ初登板どうしの対戦。1番に上本を起用して今季初スタメン。内野もシャッフルしてきました。初回、2アウト1,2塁のチャンスでしたが、福留が空振り三振で無得点。そのウラ、プロ初登板初先発の浜地がマウンドへ。2アウト1塁から岡本に2試合連続の一発を浴びてジャイアンツ先制。さらに1,3塁からダブルスチールを決められて3点のビハインド。準備ができていなかった北條もホームへ大暴投でした。

4回、1アウト1塁で高橋が2打席続けてバント失敗。2アウトを取った所で福原コーチがマウンドで間を取りましたが、吉川尚に低めのカットボールで追い込んでからフォークが浮いてレフト前ヒットを許すと、続く坂本が高めに浮いたスライダーを見逃さず左中間スタンドへの特大3ランで0-6。嫌な流れを首脳陣も感じていたはずですが試合が決まってしまいました。5回、坂本の今季1号ソロでようやく反撃。

5回、1軍合流の望月が今季初登板。しかし先頭・岡本にライトスタンドへ一発を許すと、亀井もストレートを狙いすまして2者連続アーチ。ストレート自体は走っていましたが4人連続出塁でなかなか1アウトが取れず。さらに6回、1アウト満塁から亀井のショートゴロ併殺崩れの間に1点を追加。続くゲレーロの三塁線への当たりは今日サードの糸原がファインプレーで2塁ホースアウト。

ドラフト1位ルーキーの高橋は6回101球で降板。大量リードに守られる形で内角を突く投球が決まりました。8回、島本が中1日のマウンドでしたが、坂本がセンターオーバーの2塁打。この後ノーアウト満塁となり、1アウトを取ってから中島に押し出しの四球で10点目。9回、先頭・糸井がライト線への2塁打で出塁しますが、後が続かず。大山はついに打率1割を切りました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
糸井  
坂本  
   
福留 糸原 中谷 木浪
上本 近本 大山 北條
浜地[負]
江越 望月(2) 島本(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 浜地真澄投手(矢野チルドレンを大抜擢。緊張のプロ初登板。)
IN 望月惇志投手(2軍では先発調整も再びロングリリーフから。)
OUT 飯田優也投手(昨日は2回50球を投げて2失点で抹消。)
OUT 高山俊外野手(代打起用もボール球を振らされて無念の降格。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

青柳、苦手の丸を抑えられず。開幕5戦目新オーダー不発。

20190403巨人○6-3●阪神(東京ドーム
勝利打点:丸

BS日テレで完全中継。今日の先発は青柳、巨人・メルセデス。昨日の試合で梅野が左足を負傷して緊急帰阪となり坂本が今季初マスク。北條も今季初スタメン。初回、ヒットで出塁した近本でしたが牽制で誘い出されてタッチアウト。そのウラ、1アウト1,2塁のピンチでしたが、岡本をショートゴロ併殺に抑えて無失点の立ち上がり。

3回、先頭・田中俊にセンター前ヒットを許すと、2アウト3塁で坂本にフルカウントから四球。ここで苦手の丸を迎えてカウント0-2と追い込んでから間を嫌って投げきれない青柳。内角に投げきれず低めのボール球でしたが、ライトスタンド中段まで運ばれてしまい2号3ランでジャイアンツ先制。気落ちした所を続く岡本が初球をバックスクリーン右へ放り込み、4点のビハインド。青柳も他の回はしっかり抑えただけに、もったいなかった。

6回からは飯田が今季初登板。不運な当たりが続いて1アウト1,2塁のピンチこそ無失点に抑えましたが、次の7回につかまり。2アウトから四球の吉川尚が盗塁成功。悪送球も重なって3塁まで進むと、坂本、丸にも連続四球で満塁。ここで岡本がサードのグラブをかすめるレフト線への2点2塁打で0-6。50球投げて明日はこのまま抹消か。

見せ場は8回。先頭の代打・上本が今季初ヒットとなるレフト前ヒット。1アウトから代打・中谷も今季初打席でヒット。開幕して出番が回ってこなかった選手をつぎ込んできました。2アウト満塁から近本が片手でショート後方へ落とす2点タイムリーで反撃!さらに糸井もファーストの頭を越えるライト前タイムリーで3点差!なお1,3塁のチャンスでしたが原監督はメルセデスを続投し、悩める大山を三球三振。

3点ビハインドの9回、抑えのクックとの勝負。先頭・福留が左中間フェンス直撃の2塁打を放つと、上本も8球粘って四球。ノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、糸原が痛恨のショートゴロ併殺。最後は中谷が空振り三振に倒れてしまいゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  上本 藤川(3)
近本  
糸井 福留 中谷
   
北條 坂本 青柳[負] 木浪 長坂
大山 ナバーロ 糸原 江越 飯田(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 青柳晃洋投手(プロ3年目で初の開幕ローテ。制球力はどうか。)
IN 長坂拳弥捕手(梅野の一時離脱に伴い、2軍から緊急合流。)
OUT 馬場皐輔投手(今季初登板は2回2失点。ピリッとせず。)
OUT 岡崎太一捕手(梅野の負傷帰阪も影響して無念の抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

ガルシア、得意の東京ドームで7失点KO。虎大敗。

20190402巨人○9-3●阪神(東京ドーム
勝利打点:丸

BS日テレ→よみうりTV→BS日テレのリレー中継。今日の先発はガルシア、巨人・山口俊。初回、ストレートの四球で出塁した近本がプロ初盗塁。得点圏に進みましたが無得点。そのウラ、連続ヒットでノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、丸に1塁線を破るタイムリー2塁打でジャイアンツ先制。さらに陽岱鋼のセカンドゴロの間に2点目。

2回、開幕3連戦で12打席ノーヒットの福留が今季初ヒット。さらに梅野のサード内野安打で2アウト1,2塁のチャンスを作りましたが無得点。3回、2アウト1塁で大山がレフトフェンス際まで飛ばしますが一歩届かずアウト。

3回、ショート前への不運な当たりもあって再び1,2番に連続ヒットを許したガルシア。丸は三球三振に抑えますが、暴投で進まれると4番の岡本に真ん中低めのストレートを左中間フェンス直撃の2点2塁打。続く陽岱鋼のサードゴロにバウンドが合わず大山が後逸。そしてゲレーロが初球をレフトスタンドへ放り込む3ランで0-7。虎初登板のガルシアは4回で降板。

5回、馬場が今季初登板のマウンドでしたが、丸に初球のスライダーをライトスタンドへ放り込まれ移籍第1号で8点目。6回、先頭・近本が右中間を真っ二つに破る3塁打を放つと、1アウト1,3塁から福留が1,2塁間を破るタイムリーでようやく1点を返しました。なお2アウト1,2塁から糸原が鋭く振り抜いた打球に、目測を誤ったライト陽岱鋼が人工芝に足を取られて転倒。この間に2点3塁打となり5点差まで詰めました。しかしそのウラ、1アウト満塁から丸のレフト犠牲フライの間に9点目。

7回、100球を超えた山口俊ですが、途中出場の北條が粘って四球を選ぶと、2アウトから糸井にも四球で1,2塁のチャンス。あと1人つなげば降板という所でしたが、大山がサードゴロに倒れて無得点。開幕して初めて3点取れましたが、今日は良い所がなく完敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
近本 福留 島本(3)
糸原  
糸井 北條
ナバーロ 梅野 上本 馬場(2)
木浪 大山 ガルシア[負] 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ガルシア投手(中日のエースが阪神入り。先発三本柱として期待。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »