« プロ野球戦力分析【中日編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2019開幕】 »

2019年3月20日 (水)

プロ野球戦力分析【DeNA編・2019開幕】

Image19db2019年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ4位の横浜DeNAベイスターズ。昨年は3年ぶりのBクラスに終わったが、目立った補強もなく今季は若手選手の底上げを図る。攻撃力はリーグトップクラスを誇っており、問題は昨年苦しんだ先発陣。今年より1軍の選手枠が1人増えることで、リリーフに厚みを増やしたい意向のラミレス監督の起用法にも注目したい。

【野手編】
Image19dborder主砲・筒香が故障もあって仕上がりが遅れていたが、特大弾で開幕に間に合わせた。前後を打つ宮崎、ロペスも打率3割、20発は期待できる。そして昨年ホームラン王のソトが2番・6番で起用見込み。セカンドの守備が不安視されるが、ライトと兼用して挑む。ライトは故障明けの梶谷が戻るまでは2年目の楠本、神里を起用しながらの戦いに。キャッチャーは昨年途中に加入した伊藤光を中心に、実績のある嶺井、戸柱との併用になる。

注目選手は、大和。FA移籍2年目は右打者専念で、センターラインを守り切りたい。

【投手編】
復活を期す4年目の今永が初の開幕投手。2ケタ勝利できる実力もありマウンド度胸が戻るか。新人王の東が故障で開幕に間に合わず、先発陣は苦しい様相。ドラフト1位の上茶谷(東洋大)が150キロ超の即戦力右腕で今年の新人王候補。リリーフ陣は、右のパットン、左の砂田を中心にワンポイント起用を含めた小刻みな継投で戦う。オープン戦で国吉が好調でブルペンの底上げなるか。抑えは山崎康が絶対的守護神としてハマスタのマウンドに立ちはだかる。

注目選手は、上茶谷。1年目から開幕ローテに入り、ラミレス監督の期待に応えたい。

【1軍登録選手(投手14人、野手15人)】
投手
先発 今 永 濵 口 上茶谷 井 納 飯 塚 大 貫
中継 パットン 砂 田 エスコバー 国 吉 三 上 三 嶋 笠 井
抑え 山崎康
次点 京 山 バリオス 阪 口 熊 原 藤 岡 田中健 武 藤
故障 石 田 平 良 平 田
野手
捕手 伊藤光 嶺 井
内野 ロペス ソト 宮 崎 大 和 倉 本 柴 田 中 井
外野 筒 香 桑 原 楠 本 神 里 佐 野 宮 本
次点 戸 柱 山 下 石 川 伊藤裕 乙 坂 関 根 細 川
故障 梶 谷
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【中日編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2019開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【中日編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2019開幕】 »