« プロ野球戦力分析【オリックス編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2019開幕】 »

2019年3月26日 (火)

プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2019開幕】

Image19m2019年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ5位の千葉ロッテマリーンズ。昨年は後半戦に失速してしまい2年連続のBクラス。井口監督の2年目は実績のあるレアード(日本ハム)を獲得。ZOZOマリンスタジアムに新設されたホームランラグーンで本塁打増が見込める。高卒ドラフト1位ルーキーの藤原恭大(大阪桐蔭)が開幕1軍入りで公式戦デビューに注目。

【野手編】
Image19morder昨年24発でブレイクした井上が低調ながら4番で開幕。前を打つ中村が内野の中心選手になり、打率3割40盗塁を期待。新加入のレアードは故障がなければ30発も狙える存在。昨年サードで全試合出場の鈴木が控えに回る層の厚さを見せるが、新外国人バルガスの内容次第では再びレギュラー奪取となる。ショートは右ひざ痛で出遅れた藤岡が開幕に間に合わせたが、平沢も内外野で出場チャンスをうかがう。キャッチャーは田村が正捕手で固定され侍ジャパン入り。

注目選手は、藤原。マリンの風に対応が必要だが、走攻守で注目が集まる。

【投手編】
6年目の石川が初の開幕投手。昨年は後半戦に失速し今年は安定した投球が求められる。チームトップの13勝を挙げたボルシンガーも故障明けながら今年も先発の軸になる。新人左腕の小島(早大)が開幕ローテ入り有力。リリーフ陣は、昨年途中でリリーフ転向した唐川、左の松永が勝ちパターンになる。復活を目指す西野や20歳の種市など選手を入れ替えながらの戦いに。抑えは実績のある益田で開幕。新外国人のレイビン、守護神の内が出遅れており、苦しい戦いになる。

注目選手は、唐川。今年は開幕から7回・8回を任される新セットアッパー。

【1軍登録選手(投手13人、野手16人)】
投手
先発 石 川 ボルシンガ 涌 井 有 吉 ブランドン 小 島
中継 唐 川 松 永 西 野 種 市 酒 居 東 妻
抑え 益 田
次点 二 木 チェン 高 野 東 條 大 谷 田 中 レイビン
故障 大 嶺 佐々木
野手
捕手 田 村 吉 田
内野 井 上 中村奨 レアード 藤 岡 バルガス 鈴 木 平 沢
高 濱
外野 角 中 藤 原 加 藤 清 田 荻野貴
次点 江 村 福 浦 李杜軒 安 田 三 木 細 谷 伊志嶺
故障
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【オリックス編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2019開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【オリックス編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2019開幕】 »