« プロ野球戦力分析【阪神編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【DeNA編・2019開幕】 »

2019年3月18日 (月)

プロ野球戦力分析【中日編・2019開幕】

Image19d 2019年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ5位の中日ドラゴンズ。昨年6年連続Bクラスの責任を取って森監督が辞任。今季から再び背番号18を付ける松坂大輔だが春季キャンプでの負傷離脱は痛い。世代交代が進み、与田新監督と伊東ヘッドコーチによる投手陣の再建がポイントになる。高卒ドラフト1位ルーキー根尾昂(大阪桐蔭)の早期の1軍デビューも楽しみ。

【野手編】
Image19dorder 機動力のある大島、京田が昨年は打撃面で苦しんだ。2人の出塁率アップがチーム浮上のカギになる。中軸の両外国人は調整が遅れているが、ビシエド、アルモンテの広角に打てる攻撃力は脅威。キャプテンに就任した8年目の高橋は再びサードにコンバートされ、中軸での活躍を期待される。キャッチャーは5年目の加藤が強肩で、伊東ヘッドが1軍に抜擢。実績のある松井雅、大野奨との競争になる。根尾は非凡な打撃センスでまずショートから出場機会をうかがう。

注目選手は、京田。根尾の獲得でショートは競争となり、今年は結果が求められる。

【投手編】
3年目の笠原が初の開幕投手。昨年6勝から左腕エースとして期待がかかる。新外国人のロメロが早くも150キロを超えており、クイックを克服すれば昨年のガルシア(阪神)超えの可能性。この後に続く先発が足らずベテランに頼らざるを得ない。リリーフ陣は、昨年抑えを外された田島が復活をかける。左のロドリゲスとの勝ちパターンでリーグワーストの逆転負けを減らしたい。抑えは2年目の鈴木博。登板過多が心配だが150キロ超の速球を武器に新守護神になれるか。

注目選手は、佐藤。昨年終盤は抑えを任されたが、勝ちパターンに加わると手強い。

【1軍登録選手(投手13人、野手16人)】
投手
先発 笠 原 吉 見 ロメロ 大野雄 山 井
中継 田 島 ロドリゲス 佐 藤 祖父江 又 吉
抑え 鈴木博
次点 小 熊 谷 元 勝 野 伊藤準 鈴木翔 マルティネス 福 谷
故障 松 坂 小笠原 藤 嶋 岡 田
野手
捕手 加 藤 松井雅 大野奨
内野 ビシエド 亀 澤 高 橋 京 田 福 田 堂 上 阿 部
外野 アルモンテ 大 島 平 田 井 領 渡 辺 藤 井
次点 木下拓 三ツ俣 石 川 根 尾 モヤ 遠 藤 松井佑
故障
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【阪神編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【DeNA編・2019開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【中日編・2019開幕】:

« プロ野球戦力分析【阪神編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【DeNA編・2019開幕】 »