« プロ野球戦力分析【巨人編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2019開幕】 »

2019年3月21日 (木)

プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2019開幕】

Image19s2019年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ2位の東京ヤクルトスワローズ。長年の課題とされたリリーフ陣を整備して、シーズン96敗の最下位から2位に押し上げた小川監督。オープン戦で投手陣が打ち込まれているが、3度のトリプルスリーを達成した山田哲人を中心に自慢の強力打線で戦う事になる。若手も積極的に起用しながら世代交代もポイントになる。

【野手編】
Image19sorderリードオフマンの坂口、青木が1,2番に座り、揃って打率3割を期待。中軸の山田哲、バレンティンも30発を期待され、高い得点力を誇る。2年目の塩見が俊足を武器にオープン戦好調で雄平を脅かす存在に。さらに19歳の村上が将来の大砲候補として侍ジャパン入り。粗削りながら開幕サードでスタートする事になりそう。4年目の廣岡も結果を残しておりシーズンでも競争になる。キャッチャーは2年目の松本直が強肩を武器に開幕1軍入りで出場機会を増やしたい。

注目選手は、村上。高卒新人の昨年は初打席でホームラン。左の大砲。

【投手編】
小川が3年ぶり4度目の開幕投手。和製ライアンのフォーム改造が成功するかどうか。昨年10勝のブキャナンと軸になるが、新外国人のスアレスが故障で開幕絶望となり先発陣が手薄。新加入の高梨(日本ハム)や寺原(ソフトバンク)もチャンス。リリーフ陣は、新外国人のマクガフを補強して、左のハフと外国人で中盤を底上げ。勝ちパターンには昨年後半に確立した20歳の梅野、35歳の近藤のリレー。抑えは石山で今年もフル回転の活躍が期待される。

注目選手は、高梨。一発病に不安があるがパリーグ新人王の復活なるか。

【1軍登録選手(投手13人、野手16人)】
投手
先発 小 川 ブキャナン 石 川 高 橋 寺 原
中継 近 藤 梅 野 マクガフ ハフ 風 張 大 下
抑え 石 山
次点 高 梨 館 山 山 中 五十嵐 中 澤 清 水
故障 スアレス 中 尾
野手
捕手 中 村 西 田 松本直
内野 坂 口 山田哲 村 上 西 浦 大 引 廣 岡 荒 木
宮 本
外野 バレンティン 青 木 雄 平 塩 見 上 田
次点 井 野 吉 田 奥 村 藤 井 三 輪 渡 辺 田 代
故障 畠 山 川 端
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【巨人編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2019開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球戦力分析【巨人編・2019開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2019開幕】 »