« プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2018終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2018終了】 »

2018年11月19日 (月)

プロ野球戦力分析【広島編・2018終了】

Image1811c 2018年シーズン終了、戦力分析。今回はセリーグ1位の広島東洋カープ。開幕前から優勝候補で期待通りの強さ。主力の故障もあって投打ともに数字を落としたが、4月末から首位を独走。一時は2位以下が借金生活となる事も。球団史上初のリーグ3連覇を果たしたが、悲願の日本一はまたも叶わず。自慢の機動力が甲斐キャノンに阻まれた。若手に夢を託して新井は現役引退。

【野手編】
Image1811corder 丸が右脚の故障で5年にわたる連続試合出場が止まったが、キャリアハイの39発でオフにFA宣言。歴代4位の130四球も驚異。主砲の鈴木誠は3年連続の打率3割で、初の30発。自慢の1,2番がやや数字を落としたが、得点力はリーグトップ。4年目の野間が初の規定打席に到達し、守備固めから巧打を武器にレギュラーをつかんだ。バティスタは25発ながら夏場に調子を落とした。キャッチャーは會澤が打率3割超え。3年目の西川も打率3割をマークしており、厚みのある下位打線を形成して切れ目のない打線に。

【投手編】
5年目の大瀬良がキャリアハイの15勝で初の最多勝。左腕のジョンソンも復活して2年ぶりの2ケタ勝利となる11勝。昨年15勝の薮田が制球難に陥り2勝どまり。岡田、九里、野村は防御率4点を超えて先発陣は苦しい。リリーフ陣は、一岡が7回を任されて23HP。左のフランスアが5月に支配下登録されると、158キロの速球を武器にセットアッパーとなり救世主に。20歳のアドゥワが53試合登板で1軍定着したのも大きい。抑えの中崎はチームトップの68試合登板。32セーブで通算100セーブを達成。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 大瀬良 ジョンソン 九 里 野 村 岡 田
中継 フランスア 一 岡 ジャクソン 今 村 アドゥワ 中 田
抑え 中 崎
次点 中村祐 薮 田 高橋樹 永 川 戸 田 飯 田 ヘルウェグ
故障 退団 佐 藤 オスカル
野手
捕手 會 澤 石 原 磯 村
内野 松 山 菊 池 安 部 田 中 新 井 西 川 上 本
曽 根 小 窪
外野 野 間 鈴木誠 バティスタ
次点 坂 倉 メヒア 庄 司 エルドレッド 堂 林 岩 本 下水流
故障 赤 松 退団 新 井 天 谷
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2018終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2018終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【広島編・2018終了】:

« プロ野球戦力分析【ヤクルト編・2018終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2018終了】 »