« 由伸の意地。メッセ100勝ならず、菅野投入でCS決定。 | トップページ | 金本監督、ラストゲーム勝利!引退試合に粋な計らい。 »

2018年10月10日 (水)

金本監督、ホーム最終戦で逆転勝利!もファンに謝罪。

181010 阪神○2-1●DeNA(甲子園
勝利打点:陽川⑤

142試合目は中継なし。今日の先発は岩田(中7日)、DeNA・ウィーランド。昨日の敗戦でセリーグ全チームの順位が確定してしまい、ホーム最終戦は25,930人。ベイスターズも筒香、ロペスをスタメンから外してきました。2回、1アウトから連打で1,3塁のチャンスでしたが、板山がセカンドゴロ併殺に倒れて無得点。

3回、先頭・楠本のショートゴロを間一髪セーフの判定でしたが、金本監督のリクエストが決まって一転アウト!4回、2アウト1,3塁から倉本にセンター前タイムリーを許してベイスターズ先制。この後、打席に立ったウィーランドですが早くも降板して濵口にスイッチ。先頭・島田のセカンドゴロが内野安打の判定でしたが、今度はラミレス監督がリクエスト成功でアウト。

5回、2アウトから大和のサードゴロが内野安打の判定でしたが、金本監督のリクエストが決まってアウト。3度リクエストで判定が覆った1塁塁審・杉本もどうなのでしょうか。そのウラ、1アウト1塁から板山がセカンドゴロ併殺で今日2個目のゲッツー。

6回、ベイスターズは砂田が登板して1アウト。代打・中谷をコールした所で右の三嶋にスイッチしますが、レフトスタンドへの5号ソロで同点!ラミレス監督はここで今永にスイッチして連続三振。7回、1アウトから大山がライトへの2塁打で出塁すると、続く陽川がセンターオーバーのタイムリー2塁打で勝ち越し!

1点リードの8回は球児。1番からの打順で三者連続三振に抑えてくれました。さらに9回、ドリスがマウンドに上がると、三者連続三振に抑えてゲームセット!ホーム最終戦を勝利。試合終了後、監督・コーチ・選手がマウンド上で整列。2年ぶりのスピーチでは「謝罪とお詫び」を繰り返した金本監督は、今シーズン限りでの辞任を発表。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
陽川 岩田 中谷 能見[勝](2) 藤川[H](3) ドリス[S](4)
   
   
大山 梅野  
  俊介 原口 森越
糸原 島田 伊藤隼 板山 植田  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
「今シーズンこういうチーム状態の中、1年間、最後まで応援していただきまして心より感謝申し上げます。選手たちは開幕から目一杯、体を張って頑張ってくれましたけど、私の力足らずのため、こういう結果になってしまい、謝罪とおわびを申し上げたいと思います。この悔しさを選手は真摯に受け止め、来年必ずたくましくなって帰ってくれるものと信じております。本当に心よりおわび申し上げます。そして1年間、本当にありがとうございました。」by 金本監督 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 由伸の意地。メッセ100勝ならず、菅野投入でCS決定。 | トップページ | 金本監督、ラストゲーム勝利!引退試合に粋な計らい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金本監督、ホーム最終戦で逆転勝利!もファンに謝罪。:

« 由伸の意地。メッセ100勝ならず、菅野投入でCS決定。 | トップページ | 金本監督、ラストゲーム勝利!引退試合に粋な計らい。 »