« 島田、初のサヨナラ!背番号53の新星が連敗止めた! | トップページ | 金本監督、ホーム最終戦で逆転勝利!もファンに謝罪。 »

2018年10月 7日 (日)

岩貞、またも初回失点。対ツバメ9連敗で最下位王手。

181007 ヤクルト○6-0●阪神(神宮
勝利打点:バレンティン

BS朝日で完全中継。今日の先発は岩貞(中5日)、ヤクルト・石川。福留が休養日に充てられて、陽川を3番起用。梅野が5番に上がりました。初回、先頭・糸原がセカンドへの内野安打で出塁すると、島田が進塁打の形で1アウト2塁のチャンスを作りますが、陽川大山が相次いで凡退して無得点。

そのウラ、いきなり坂口、山田の連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負った岩貞。バレンティンにライト線へのタイムリー2塁打を許してスワローズ先制。さらに4番雄平の初球打ちがファーストの頭を越えていくタイムリーで2点目。1アウト1,3塁で西浦がレフトフェンス際への犠牲フライ。ジャンピングキャッチの陽川が飛び出した1塁ランナーを刺してチェンジ。

2回、またも連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、石川が送りバント成功。トップに戻って坂口のショートゴロでバックホームしますがホームはセーフの判定。金本監督のリクエスト要求も判定変わらず4点目。5回、ノーアウト1,2塁のチャンスを作りますが、中谷がショートゴロ併殺。この後、1,3塁としますが、代打・俊介がセカンドゴロ。そのウラ、代わった望月がバレンティンに右中間スタンドへ放り込まれて5点目。

6回、1アウト1塁で陽川がショートゴロ併殺。さらに7回、ノーアウト1塁で梅野がショートゴロ併殺と3イニング続けての併殺と打線がチグハグ。そのウラ、岩崎が登板しますが、ルーキー塩見がライト線へポトリと落ちる2塁打。これが25打席目でプロ初ヒット。2アウト後、バレンティンのセンター前タイムリーで6点目。

8回、スワローズは近藤が登板。代打・板山の1,2塁間を破りそうな当たりを奥村に捕られて、間一髪セーフの判定。小川監督がリクエストを要求し、アウトっぽく見えましたが判定変わらずセーフ。1アウト後、代打の切り札・原口がレフト線へ良い当たりを放ちますが、途中出場の田代のジャンピングキャッチに阻まれました。そのウラ、板山が初のショート。糸原が独り気を吐く猛打賞の活躍でしたが、5安打零封負け。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原  
  板山
  岡本(4)
大山 望月(2)
島田 ナバーロ 植田 伊藤隼 原口
陽川 梅野 中谷 岩貞[負] 俊介 岩崎(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
7日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 板山祐太郎外野手(再昇格。2軍日本一に貢献した打撃でアピールしたい。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 島田、初のサヨナラ!背番号53の新星が連敗止めた! | トップページ | 金本監督、ホーム最終戦で逆転勝利!もファンに謝罪。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/67252334

この記事へのトラックバック一覧です: 岩貞、またも初回失点。対ツバメ9連敗で最下位王手。:

« 島田、初のサヨナラ!背番号53の新星が連敗止めた! | トップページ | 金本監督、ホーム最終戦で逆転勝利!もファンに謝罪。 »