« 小野、粘れず5四球でKO。対ツバメ5連敗に北條負傷。 | トップページ | 大山、1試合3発6安打の大暴れ!20点でベイに爆勝! »

2018年9月15日 (土)

青柳、サブマリン対決で粘れず。CS争いも最下位転落。

180915 阪神●4-6○ヤクルト(甲子園
勝利打点:山田

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は青柳(中5日)、ヤクルト・山中のサブマリン対決。北條の負傷離脱により、再び糸原が1番に入りました。初回、先頭・糸原が右中間への当たりで一気に2塁を陥れると、1アウト3塁から大山のショートゴロの間にタイガース先制!さらにヒットの糸井が今季20盗塁を決めました。

2回、2アウト1,2塁から中村にレフト前タイムリーを許してしまい同点に追いつかれると、ピッチャーの山中にも9球粘られてしまいました。3回、先頭・坂口の1塁線を破りそうな当たりをナバーロがダイビングキャッチ!しかしこの後、青木に2塁打を許すと、続く山田がレフトオーバーの当たり。陽川もグラブに当てながら捕れずタイムリー2塁打で勝ち越し。さらに2アウト後、川端のライト前タイムリーで1-3。

5回、先頭・隼太がセンター前ヒットで出塁しますが、梅野がセーフティ気味に送りバント成功。ここでベンチは青柳を打席に立たせて初球ショートゴロ。リリーフ陣の疲労具合を見ての判断ながら、ここの攻めは苦しかった。そして6回、2アウト2塁となった所で114球の青柳が降板。代わった岩崎がピンチを抑えましたが、前の回との采配に違和感。

7回、イニングまたぎの岩崎が1アウトから四球と連打で満塁のピンチを背負うと、代打・バレンティン登場で初球打ちで詰まりながらセンター前タイムリー。さらに西浦がサードのグラブを弾く2点タイムリーで1-6。そのウラ、隼太のセカンドゴロを山田が後ろに逸らして1アウト1,3塁とすると、梅野のサードゴロ併殺崩れの間に1点。そして代打・鳥谷が左中間への当たり。坂口のスライディングも及ばずタイムリー2塁打!次の回からサードの守備に入りました。

3点を追う8回、セットアッパー近藤が登板。1アウトから大山がヒットで出塁すると、糸井がライト線への2塁打で2,3塁のチャンス。続く陽川がレフト前へのポテンタイムリー(3連打)で2点差!さらに代打・原口が登場も初球デッドボールで満塁としますが、ここで隼太がショート後方へのフライに倒れると、梅野もショートゴロで三者残塁。9回は球児が久々にビハインドの展開で投入しますが、反撃及ばず。今季ワースト借金10でついに最下位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
糸井 陽川 鳥谷
  原口 桑原(3) 藤川(4)
糸原 大山 伊藤隼  
ナバーロ 梅野 青柳[負] 熊谷 俊介
植田 岩崎(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3位争いが大混戦に。【G●】(借金7)⇔1.5差⇔【D○】⇔0差⇔【De○】⇔0差⇔【T●】

15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 森越祐人内野手(再昇格。内野のバックアップ要員として期待。)
OUT 北條史也内野手(打率3割をキープしていたが守備で左肩を脱臼。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 小野、粘れず5四球でKO。対ツバメ5連敗に北條負傷。 | トップページ | 大山、1試合3発6安打の大暴れ!20点でベイに爆勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/67171820

この記事へのトラックバック一覧です: 青柳、サブマリン対決で粘れず。CS争いも最下位転落。:

« 小野、粘れず5四球でKO。対ツバメ5連敗に北條負傷。 | トップページ | 大山、1試合3発6安打の大暴れ!20点でベイに爆勝! »