« 才木、松坂との投げ合いで3戦3敗。甲子園で負け越し。 | トップページ | 青柳、サブマリン対決で粘れず。CS争いも最下位転落。 »

2018年9月14日 (金)

小野、粘れず5四球でKO。対ツバメ5連敗に北條負傷。

180914 阪神●0-4○ヤクルト(甲子園
勝利打点:バレンティン

サンテレビで完全中継。今日の先発は小野(中5日)、ヤクルト・原。坂本が8月12日以来のスタメンマスク。初回、先頭・坂口に左中間への2塁打を許すと、1アウト1,2塁からバレンティンのレフト前タイムリーでスワローズ先制。さらに2回、連打と暴投でノーアウト1,3塁としてしまうと、井野に四球でノーアウト満塁の大ピンチ。炎上寸前で何とか抑えました。

4回、1アウトから井野の三遊間を破りそうな当たりを北條がダイビングキャッチ!ただ左肩を押さえて起き上がれず担架で負傷退場。脱臼したような症状で3割バッターを欠く緊急事態に。ショートには代わりに植田が入りました。5回、先頭・青木に四球を出しますが、山田を三振ゲッツーに抑えて坂本が助けました。そのウラ、ナバーロがピッチャーのグラブを弾く内野安打でようやくチーム初ヒット。

6回、2アウトから1,2塁のピンチを背負うと、ピッチャーの原にレフト前タイムリーを許して痛い2点目。さらにトップに戻って坂口に四球を出した所で小野が降板。満塁となりワンテンポ遅れた形で能見が登板しますが、青木にセンター前へ2点タイムリーを許して勝負アリ。この後、再び満塁となりますがバレンティンを抑えてくれました。

8回、2アウトから代打・鳥谷がレフト前ヒットを放ち、これがチーム2本目。続いて代打・原口が登場しますが、空振り三振で無得点。今日は原の前に2安打に抑えられてしまい完敗。9回、昨日3イニングの伊藤和が連投のマウンドでクリーンアップ相手に3人斬り。そのウラ、完封目前ながら121球の原を交代させて、抑えの石山が3人に抑えてゲームセット。対スワローズ5連敗で一気に離されてしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  鳥谷 望月(3) 伊藤和(4)
   
ナバーロ  
小野[負] 原口 能見(2)
北條 糸原 大山 糸井
陽川 俊介 坂本
植田 伊藤隼
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 才木、松坂との投げ合いで3戦3敗。甲子園で負け越し。 | トップページ | 青柳、サブマリン対決で粘れず。CS争いも最下位転落。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/67177438

この記事へのトラックバック一覧です: 小野、粘れず5四球でKO。対ツバメ5連敗に北條負傷。:

« 才木、松坂との投げ合いで3戦3敗。甲子園で負け越し。 | トップページ | 青柳、サブマリン対決で粘れず。CS争いも最下位転落。 »