« メッセ、8年連続の規定投球回。ツバメ集中打に苦杯。 | トップページ | 秋山、乱調で2軍降格。3度の中断で3回ノーゲーム。 »

2018年8月30日 (木)

糸原、幻の犠牲フライ。甲子園で3タテされCSも暗雲。

180830 阪神●1-3○ヤクルト(甲子園
勝利打点:坂口

サンテレビで完全中継。今日の先発は才木(中7日)、ヤクルト・山中。福留が休養日に充てられて、陽川が今季初のレフトでのスタメン。初回、1アウト1,2塁のピンチでしたが、バレンティンを5-5-3のゲッツーに抑えて無失点の立ち上がり。2回、1アウト1,2塁のチャンスで相性の良い鳥谷がライトフライ。梅野も三球三振で無得点。

5回、1アウト1塁で山中の送りバントがキャッチャー前で止まり、梅野が2塁アウトを狙いましたがワンバウンドで悪送球。1,3塁のピンチとなり、坂口のセンター犠牲フライでスワローズ先制。アウトを狙った俊介のバックホームを梅野が捕れず、記録は悪送球。そのウラ、1アウト1,2塁から才木の3塁線への送りバントがライン上で止まる内野安打で満塁。ここで糸原がセンターへ大きな犠牲フライかと思われましたが、スピードを少し緩めてホームに生還した鳥谷より、タッチアップしていた梅野が先に3塁でタッチアウトになり無得点の判定。

7回、2アウト2塁から山中の二遊間へのゴロを北條がダイブで止めますが、1塁悪送球となってしまいチーム3個目のエラー。ここで坂口にストライクが入らなくなり四球で満塁になると、青木に粘られてからレフト前タイムリーで痛すぎる2点目。132球の熱投もむなしく才木が降板。代わった望月が山田をセンターフライに抑えてくれました。

8回、先頭・梅野がレフト線への2塁打で出塁すると、1アウトから糸原がライト前ヒット。この打球を雄平が後ろに逸らしてしまい、この間に1点を返しました。なお北條のライト前ヒットで1,3塁のチャンスを迎えた所で、好投の山中が降板。代わった梅野に対して代打・福留が四球を選んで満塁としますが、糸井が浅いライトフライ。続くナバーロもファーストゴロに倒れて三者残塁。

9回、桑原を投入しますが、先頭・廣岡にライト前ヒット。2アウト2塁から坂口に左中間へのタイムリー2塁打を許してしまい決定的な3点目。そのウラ、5連投の石山でしたが、代打・原口はセンターフェンス際まで飛ばしますが上田がジャンピングキャッチ。結局3人で抑えられてしまいゲームセット。長期ロードが終わっての甲子園3連敗は一気に秋風を呼んでしまう結果に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
才木[負] 望月(2)
  福留
糸原 糸井  
   
北條 俊介 梅野 原口
陽川 ナバーロ 鳥谷 伊藤隼 桑原(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« メッセ、8年連続の規定投球回。ツバメ集中打に苦杯。 | トップページ | 秋山、乱調で2軍降格。3度の中断で3回ノーゲーム。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/67119473

この記事へのトラックバック一覧です: 糸原、幻の犠牲フライ。甲子園で3タテされCSも暗雲。:

« メッセ、8年連続の規定投球回。ツバメ集中打に苦杯。 | トップページ | 秋山、乱調で2軍降格。3度の中断で3回ノーゲーム。 »