« 才木、初回から緊急登板!序盤の大差でも危なかった。 | トップページ | メッセ、球審白井で10失点KO。望月が圧巻5連続K。 »

2018年7月 1日 (日)

小野、苦しんで2ヶ月ぶり勝利!ドリス最後はヒヤリ。

180701 ヤクルト●5-6○阪神(神宮
勝利打点:俊介①

CSフジテレビONEで無料中継。今日の先発は小野(中6日)、ヤクルト・寺島。福留が休養日に充てられ、昨日死球を受けた糸井が欠場。ナバーロ陽川(プロ初の4番)、俊介のクリーンアップを組んできました。初回、先頭・西浦のサードゴロを北條が捕れずエラー。この後、1アウト2,3塁のピンチを抑えて無失点の立ち上がり。

2回、1アウトから俊介が内角スライダーを弾き返してレフトポール直撃の一発で先制!さらに2アウト2塁から中谷にカウントを悪くした所で敬遠しますが、ピッチャーの小野にストライクが入らなくなり四球で満塁。ここで糸原が高めに浮いたスライダーをレフト前へ弾き返す2点タイムリー!さらに熊谷が粘って四球を選んで満塁。ナバーロが押し出しの四球を選ぶと、陽川の右中間への2点2塁打で一挙6点の猛攻!

大量点をもらった小野もピリッとせず、いきなり3連打。井野のライト前タイムリーで1点を返されました。続く代打・山崎のセンターフライで飛び出していた川端が2塁に戻ってからタッチアップを狙いますが、ここは3塁タッチアウト。さらに3回、1アウトから連続四球と暴投で1,3塁のピンチを作ると、雄平にライト線へのタイムリー2塁打。続く畠山のピッチャーゴロの間に1点を返されて6-3。ここから小野も持ち直しました。

3点リードの7回は球児。連続三振で2アウトを取ってから、坂口のファーストゴロで球児がベースカバーに入っておらず内野安打。山田にカーブを打たれてレフト前ヒットでつながれると、バレンティンには四球で満塁。絶体絶命でしたが雄平をフルカウントからライトフライに抑えて三者残塁。

9回、先頭・北條が猛打賞となるレフト前ヒットを放ちますが、中谷が送りバント失敗。この後、代打・隼太のセカンドゴロで1塁アウトの判定を巡って金本監督がリクエスト要求も判定は覆らず。そのウラ、ドリスが登板。代打・三輪がセーフティバントを試み、北條の1塁送球がワンバウンドになりますが間一髪アウトの判定。小川監督のリクエストも覆らず。しかし1アウト1,2塁から山田のセンター前タイムリーが飛び出すと、バレンティンのレフトライナーが犠牲フライとなって1点差。何とか2アウトまで行き、最後は雄平を空振り三振に抑えてゲームセット!

「野手の方に感謝です。9連戦、勝って広島に追いつきたい。」by 小野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  桑原[H](3)
糸原 北條  
俊介  
陽川 小野[勝] 藤川[H](2)
熊谷 ナバーロ 原口 植田 梅野 伊藤隼
中谷 ドリス[S](4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 才木、初回から緊急登板!序盤の大差でも危なかった。 | トップページ | メッセ、球審白井で10失点KO。望月が圧巻5連続K。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/66890983

この記事へのトラックバック一覧です: 小野、苦しんで2ヶ月ぶり勝利!ドリス最後はヒヤリ。:

« 才木、初回から緊急登板!序盤の大差でも危なかった。 | トップページ | メッセ、球審白井で10失点KO。望月が圧巻5連続K。 »