« 小野、制球難で4回KO。5点差追撃も一歩及ばず。 | トップページ | 藤浪、407日ぶりの復活星!得意の楽天戦で快投。 »

2018年6月14日 (木)

秋山、ドリス抹消で7回続投も8失点KO。虎大敗。

180614 日本ハム○11-3●阪神(札幌ドーム
勝利打点:中田

BS-TBSで8回表途中まで中継。今日の先発は秋山(中7日)、日本ハム・マルティネス。初回、1アウトから大田に死球で出してしまうと、近藤のヒットで1,3塁のピンチ。ここで中田がショートゴロ併殺コースでしたが、植田が2塁へ悪送球してしまいファイターズ先制。ただ後続は抑えてくれました。

4回、1アウト1塁から鳥谷が右中間オーバーかという大きな当たりでしたが、西川が回り込んでキャッチ。糸井が2塁ベースを越えた所から懸命に1塁へ戻ってきました。この後、盗塁を決めますが、陽川が空振り三振に倒れて無得点。5回、先頭・石井一がレフトフェンス直撃の2塁打。鶴岡の送りバントで1アウト3塁とされると、中島卓の犠牲フライで痛い2点目。

6回、先頭・福留がセンター前ヒットで出塁しますが、1アウトから中谷がセーフティバントで打ち上げてしまいキャッチャーファウルフライ。毎回のようにランナーは出るのですが攻略できず。そのウラ、先頭・近藤に右中間を鋭く破っていく2塁打を許すと、続く中田へカーブが甘く入ってしまい打った瞬間、とわかるレフトスタンド中段への一発で0-4。本来はこの回で降板する秋山ですが、リリーフ陣を酷使しており続投。

7回、1アウトから中島卓のショート右への当たりを追いついた植田ですが、1塁送球が少しそれてこの回からファーストの中谷が弾いてしまいました。盗塁を決められると、西川のヒットで1,3塁。さらに西川の盗塁で2,3塁となってから大田のセンター前への当たりを捕りに行った高山が後逸。記録は2点2塁打で0-6。続く近藤に四球を出した所で秋山が降板。代わった守屋ですが、中田にレフト線への2点2塁打を許して8点目。

8回、ファイターズは左の公文が登板。代打・俊介がセンター前ヒットを許すと、福留が内角ストレートを豪快に振り抜いてライトスタンドへの一発で反撃!史上33人目となる12球団からのホームランを放ちました。そのウラ、長坂がキャッチャーに入りますが、2アウト満塁から近藤にフルカウントから3点2塁打を許してしまいました。9回、1アウト1塁から俊介が右中間を破るタイムリー2塁打で反撃もここまで。2位から一気に5位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 福留 俊介
   
  伊藤隼 原口
梅野  
秋山[負] 長坂
糸原 鳥谷 中谷 陽川
植田 高山
大山 守屋(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 伊藤和雄投手(再昇格。交流戦の間だけでもリリーフ陣を助けたい。)
OUT ドリス投手(札幌で体調不良を訴えて守護神が痛い離脱。)
OUT 小野泰己投手(スライドもあって4回KO。次回はリーグ戦再開後。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 小野、制球難で4回KO。5点差追撃も一歩及ばず。 | トップページ | 藤浪、407日ぶりの復活星!得意の楽天戦で快投。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/66844927

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山、ドリス抹消で7回続投も8失点KO。虎大敗。:

« 小野、制球難で4回KO。5点差追撃も一歩及ばず。 | トップページ | 藤浪、407日ぶりの復活星!得意の楽天戦で快投。 »