« 秋山、今度こそ8年ぶり完封でG倒!虎の二刀流や! | トップページ | 谷川、プロ初先発は4回3失点。阿部の一発に沈む。 »

2018年5月 9日 (水)

大山、痛恨の牽制アウト。中軸沈黙で連勝ストップ。

180509 巨人○3-1●阪神(東京ドーム
勝利打点:岡本

BS日テレで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、巨人・吉川光。大山が9試合ぶりのスタメン。初回、1アウトから吉川尚が四球で出塁すると、初球で盗塁成功。ゲレーロのサードゴロに飛び出した吉川を見て、大山が2塁へ送球しますが間一髪セーフの判定。金本監督のリクエスト要求も覆らずフィルダースチョイスに。2アウト後、岡本にカウント3-0からレフト前タイムリーで先制されると、亀井もタイムリーで2点目。

3回、2アウト1塁から長野がピッチャー強襲の内野安打。ボールが1,2塁間へ転がるのを見て亀井が1塁から一気に3塁を狙いましたが、ここはロサリオのカバーが早くタッチアウト。4回、先頭・植田が10球粘って左中間オーバーの2塁打を放ちますが、クリーンアップが3人揃って凡退。しかし5回、先頭・糸原が四球を選ぶと、大山はボテボテのピッチャーゴロが進塁打の形に。1アウト2塁から梅野がセカンドの頭を越えて右中間へのタイムリー2塁打(18打席ぶりヒット)で1点を返しました。

6回、植田糸井の連続四球でノーアウト1,2塁のチャンス。ここでジャイアンツは澤村にスイッチ。ロサリオは良い当たりのショートライナー。初球パスボールで1アウト2,3塁まで行きますが、福留が147キロのスプリットに空振り三振。続く糸原もサードファウルフライで同点ならず。そのウラ、亀井のライトスタンドへの一発で痛い3点目。

2点ビハインドの7回、先頭・大山、代打・原口の連続ヒットでノーアウト1,2塁のチャンス。ここで代打・山崎が送りバントの構えを見せますが、澤村が意表を突いた2塁牽制で大山がタッチアウト。1アウト1塁に場面が変わり、1球も投げずに代打の代打・高山を送りますがファーストゴロ。トップに戻って俊介が空振り三振に倒れて悔しい無得点。今日はここで勝負がありました。

8回、才木が今季初登板。先頭・ゲレーロにセンター前ヒット。送りバントの後、岡本に死球で1アウト1,2塁のピンチでしたが、亀井、長野を抑えて無失点ピッチング。最速は152キロ。最終回はカミネロから先頭・糸原が四球を選びましたが、後続が倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
植田  
   
糸原 梅野 原口 マテオ(2)
メッセンジャー[負] 才木(3)
糸井 鳥谷
俊介 ロサリオ 福留 大山 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
メッセンジャーが3月・4月のセリーグ投手部門の月間MVPに選出。4勝1敗、防御率1.82の活躍で低迷するチーム事情を助けるピッチングを見せてくれました。虎の助っ人外国人史上で最多の3度目の受賞。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 秋山、今度こそ8年ぶり完封でG倒!虎の二刀流や! | トップページ | 谷川、プロ初先発は4回3失点。阿部の一発に沈む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/66715307

この記事へのトラックバック一覧です: 大山、痛恨の牽制アウト。中軸沈黙で連勝ストップ。:

« 秋山、今度こそ8年ぶり完封でG倒!虎の二刀流や! | トップページ | 谷川、プロ初先発は4回3失点。阿部の一発に沈む。 »