« 才木、19歳プロ初勝利!巨人に3タテ返しで交流戦へ。 | トップページ | 鳥谷、代打ヒットで再スタート。追撃ならずタカに連敗。 »

2018年5月29日 (火)

メッセ、好投報われず拙攻14残塁。鳥谷ついにストップ。

180529 阪神●0-1○ソフトバンク(甲子園
勝利打点:柳田

よみうりTVで3回ウラ途中から8回表まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、ソフトバンク・岡本。14年目のセパ交流戦が開幕。初回、2アウトから2,3塁のピンチを背負ったメッセですが、デスパイネに意表を突く3球連続カーブで見逃し三振!そのウラ、プロ初先発の岡本からノーアウト1,2塁のチャンス。この後、2アウト満塁で大山がセンターフライで三者残塁。

3回、先頭・植田がライト線への長打コースで2塁を狙いましたが、上林のレーザービームが決まってアウト。さらに福留の痛烈なファーストへの当たりを中村晃がダイビングキャッチ。4回、2アウトから大山ロサリオ(ポテンヒット)の連打で1,3塁のチャンスでしたが、梅野が良い当たりのセンターフライで無得点。エース千賀の負傷で急きょ先発した岡本は4回75球で降板。

6回、2アウト1塁で柳田との対戦。サードゴロに打ち取りましたが、ロサリオが足を開きすぎて1塁ベースから離れてしまい転倒。ただ打った柳田がフェアグラウンドに入ってしまい、気付いたロサリオが挟殺プレーを開始。ただ追いつけず三遊間で中村晃を挟んでアウト。そのウラ、ホークス3番手の二保から2アウト1,2塁のチャンスでしたが、ロサリオが空振り三振。

7回、先頭・梅野がライト前ヒットで出塁すると、メッセが送りバント成功。トップに戻って植田が四球を選んだ所で左のモイネロにスイッチ。ここで糸原福留が連続三振に倒れてしまい無得点。8回は右の加治屋が登板。1アウト1塁から大山のサードゴロ併殺崩れとなり、2塁アウトの判定を巡って金本監督のリクエスト要求も覆らず。この後、ロサリオがカウント3-0からレフト前ヒット。続く梅野のショート内野安打(今宮に止められました)で満塁まで行きますが、代打・隼太が空振り三振。

メッセは8回3安打、119球で降板。0-0の9回はドリスが登板して先頭・今宮を空振り三振に抑えますが、梅野の1塁送球が当たってしまい振り逃げ。ノーアウト1,2塁から柳田のレフト前タイムリーでホークス先制。この後、1アウト満塁の大ピンチは抑えました。そのウラ、抑えの森との勝負。先頭・植田がストレートの四球で出塁すると、糸原が送りバント成功。2アウト1,2塁のチャンスでしたが、中谷が空振り三振。そして鳥谷が出場せず、連続試合出場が1939でついにストップ。明日から再スタート。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー  
植田  
梅野  
糸原 福留 中谷  
大山 ロサリオ 山崎 江越
糸井 伊藤隼 ドリス[負](2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 才木浩人投手(プロ初勝利を挙げ、次回の先発チャンスも楽しみ。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 才木、19歳プロ初勝利!巨人に3タテ返しで交流戦へ。 | トップページ | 鳥谷、代打ヒットで再スタート。追撃ならずタカに連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/66773123

この記事へのトラックバック一覧です: メッセ、好投報われず拙攻14残塁。鳥谷ついにストップ。:

« 才木、19歳プロ初勝利!巨人に3タテ返しで交流戦へ。 | トップページ | 鳥谷、代打ヒットで再スタート。追撃ならずタカに連敗。 »