« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月31日 (木)

秋山、7回1失点も援護なし。交流戦3連敗スタート。

180531 阪神●2-5○ソフトバンク(甲子園
勝利打点:デスパイネ

関西テレビで2回表から8回ウラ途中まで中継。今日の先発は秋山(中6日)、ソフトバンク・中田。序盤3イニングは両先発の無失点ピッチングで早い展開で試合が進みました。

4回、先頭・今宮がレフト前ヒットで出塁。さらに暴投と四球でノーアウト1,2塁のピンチ。ここで柳田の強いショートゴロを植田が体で止めますが2塁アウトの1つだけ。1アウト1,3塁からデスパイネがセンターオーバーのタイムリー2塁打でホークス先制。さらに柳田がホームを狙いましたがタッチアウト。そのウラ、先頭・植田がセカンドへのボテボテの内野安打で出塁しますが、後続が凡退。

6回、先頭・梅野がセンター前ヒットで出塁すると、秋山が送りバント成功。1アウト2塁のチャンスでトップの植田が三球三振。右投手への弱さが出ました。続く糸原もショートゴロで無得点。7回もクリーンアップ相手に三者連続三振に抑えられて、中田の前にわずか2安打(無四球)と手も足も出ない状態。好投の秋山は7回1失点、90球で降板。

1点ビハインドの8回は岩崎が登板。1アウト1塁から中村晃のライトフェンス際の当たりに浜風で流された糸井が転倒。記録はライトオーバーのタイムリー3塁打で2点目。さらに連続四球で満塁となった所で右の岡本にスイッチしますが、松田に押し出しの四球。さらに2アウトから甲斐に2点タイムリーを許して0-5。ゲームが決まってしまいました。

そのウラ、1アウトからロサリオがストレートの四球で出塁すると、代打・鳥谷、代打・隼太も四球で満塁。トップに戻って代打・板山の犠牲フライで1点を返すと、糸原に四球を与えた所で中田が降板。2アウト満塁で代わった加治屋から福留のレフト前タイムリーで2点目。2塁ランナーは3塁でストップしてしまい、続く糸井はサードゴロで三者残塁。9回は鳥谷が5月20日以来のセカンド守備に就きました。

9回は抑えの森が3連投。2アウトからロサリオがショートの横を破るヒットで出塁すると、鳥谷も2試合連続ヒット。守備に入っていた隼太も四球でつないで満塁まで行きますが、最後は原口がレフトフェンス手前のフライで三者残塁でゲームセット。5連勝で挑んだ交流戦ですが、ホームで3連敗のスタート。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
秋山[負] 板山 鳥谷
  伊藤隼 モレノ(4)
   
福留 ロサリオ  
植田 糸原 梅野 原口 江越
糸井 中谷 大山 岩崎(2) 岡本(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
31日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 北條史也内野手(初昇格。不振で出遅れたが、内野の一角を狙う。)
OUT 高橋遥人投手(強力打線相手に6回に球威が落ちたのが気がかり。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

鳥谷、代打ヒットで再スタート。追撃ならずタカに連敗。

180530 阪神●3-6○ソフトバンク(甲子園
勝利打点:塚田

サンテレビで完全中継。今日の先発は高橋遥、ソフトバンク・石川。初回、先頭・植田が10球粘って四球を選ぶと、今季10個目の盗塁成功。1アウト3塁から福留の犠牲フライでタイガース先制!さらに3回、2アウトからヒットの糸井が投げる前からスタートを切って盗塁を決めると、中谷のピッチャーのグラブを弾く内野安打で1,3塁。大山の打席で暴投の間に2点目。

4回、先頭・デスパイネの三遊間へのゴロを大山が悪送球。1アウトから連打で満塁のピンチを作ってしまった高橋。本調子ではない石川をそのまま打席に立たせて空振り三振。2アウトまで行きますが、トップに戻って川島慶に押し出しの四球を出してしまい1点差。さらに今宮にレフト前へ2点タイムリーでホークス逆転。

5回、先頭・植田が9球粘って四球で初回と同じような攻撃。続く糸原はエンドランがかかっており、ショートゴロの間に2塁へ進塁。ここで福留のピッチャー返しでセンターへ抜けそうな当たりを今宮がダイビングキャッチ!ファイプレーで止められますが、2アウト3塁から糸井の場面。追い込まれてから今日2個目の暴投で3-3の同点!

6回、1アウトから代打・塚田にバックスクリーンへの一発が飛び出してホークスが再び勝ち越し。さらに1アウト1塁から今宮にもバックスクリーンへ持って行かれて3-6で高橋KO。4回あたりから痛打され出していたこともあり、交代期が難しかった。代わった尾仲が2アウト1,2塁のピンチを切り抜けて追加点は許さず。そのウラ、ロサリオが3打席連続三振に倒れてしまい、次の回の守備から退いて中谷がファースト。

3点ビハインドの9回、抑えの森が連投。1アウト1塁から昨日連続試合出場がストップした鳥谷が代打で登場で甲子園球場は今日1番の大歓声。当面は代打要員ですが新しいスタイルで再び始めたい。そしてフルカウントからライト前ヒット!さらに盛り上がりましたが最後は2アウト1,3塁から糸原が空振り三振に倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
植田 板山 鳥谷 尾仲(2)
糸井 伊藤隼 岡本(3)
福留 中谷 モレノ(4)
大山 梅野 高橋遥[負]  
糸原 ロサリオ 原口
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高橋遥人投手(交流戦も先発の谷間で期待されるルーキー左腕。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

メッセ、好投報われず拙攻14残塁。鳥谷ついにストップ。

180529 阪神●0-1○ソフトバンク(甲子園
勝利打点:柳田

よみうりTVで3回ウラ途中から8回表まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、ソフトバンク・岡本。14年目のセパ交流戦が開幕。初回、2アウトから2,3塁のピンチを背負ったメッセですが、デスパイネに意表を突く3球連続カーブで見逃し三振!そのウラ、プロ初先発の岡本からノーアウト1,2塁のチャンス。この後、2アウト満塁で大山がセンターフライで三者残塁。

3回、先頭・植田がライト線への長打コースで2塁を狙いましたが、上林のレーザービームが決まってアウト。さらに福留の痛烈なファーストへの当たりを中村晃がダイビングキャッチ。4回、2アウトから大山ロサリオ(ポテンヒット)の連打で1,3塁のチャンスでしたが、梅野が良い当たりのセンターフライで無得点。エース千賀の負傷で急きょ先発した岡本は4回75球で降板。

6回、2アウト1塁で柳田との対戦。サードゴロに打ち取りましたが、ロサリオが足を開きすぎて1塁ベースから離れてしまい転倒。ただ打った柳田がフェアグラウンドに入ってしまい、気付いたロサリオが挟殺プレーを開始。ただ追いつけず三遊間で中村晃を挟んでアウト。そのウラ、ホークス3番手の二保から2アウト1,2塁のチャンスでしたが、ロサリオが空振り三振。

7回、先頭・梅野がライト前ヒットで出塁すると、メッセが送りバント成功。トップに戻って植田が四球を選んだ所で左のモイネロにスイッチ。ここで糸原福留が連続三振に倒れてしまい無得点。8回は右の加治屋が登板。1アウト1塁から大山のサードゴロ併殺崩れとなり、2塁アウトの判定を巡って金本監督のリクエスト要求も覆らず。この後、ロサリオがカウント3-0からレフト前ヒット。続く梅野のショート内野安打(今宮に止められました)で満塁まで行きますが、代打・隼太が空振り三振。

メッセは8回3安打、119球で降板。0-0の9回はドリスが登板して先頭・今宮を空振り三振に抑えますが、梅野の1塁送球が当たってしまい振り逃げ。ノーアウト1,2塁から柳田のレフト前タイムリーでホークス先制。この後、1アウト満塁の大ピンチは抑えました。そのウラ、抑えの森との勝負。先頭・植田がストレートの四球で出塁すると、糸原が送りバント成功。2アウト1,2塁のチャンスでしたが、中谷が空振り三振。そして鳥谷が出場せず、連続試合出場が1939でついにストップ。明日から再スタート。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー  
植田  
梅野  
糸原 福留 中谷  
大山 ロサリオ 山崎 江越
糸井 伊藤隼 ドリス[負](2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 才木浩人投手(プロ初勝利を挙げ、次回の先発チャンスも楽しみ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

才木、19歳プロ初勝利!巨人に3タテ返しで交流戦へ。

180527 阪神○9-1●巨人(甲子園
勝利打点:中谷②

サンテレビ→朝日放送のリレー中継。今日の先発は才木(中6日)、巨人・野上。不振のロサリオがついに7番降格。糸井が今季初の4番に座りました。初回、先頭・坂本に左中間フェンス直撃の2塁打を許しますが、三盗を狙って飛び出したのを才木が見逃さずタッチアウト。

2回、先頭・糸井が2塁打で出塁すると、中谷が初球を振り抜いてレフトスタンドへの1号2ランでタイガース先制!さらにノーアウト1塁でロサリオのピッチャー返しでセカンドゴロ併殺コースでしたが、イレギュラーして吉川が弾いて内野安打。続く長坂もピッチャーゴロ併殺コースでしたが、2塁のベースカバーが合わずアウトは1個。相手のミスにも助けられましたが、追加点ならず。

4回、ノーアウト1塁から大山がショートの頭を越えて早い打球で左中間を破っていくタイムリーで3点目!ただこの後、ロサリオのセカンド後方へのフライに大山が飛び出して戻れずゲッツー。さらに5回、福留のライト前ヒットで糸原が1塁から3塁へ好走塁。1アウト1,3塁から糸井の犠牲フライで4点目。野上は5回4失点で降板。

6回、1,2塁間へのバウンドが合わず糸原のエラーでノーアウトのランナーを出しましたが、無失点で抑えた才木。今日は6回95球、被安打2で無四球と初先発の前回から見違えた内容。7回、ノーアウト1,2塁のチャンスで福留が空振り三振に倒れますが、この際にダブルスチール成功。続く糸井への初球で暴投の間に5点目を取ると、さらに今日2度目の犠牲フライで6点目。

8回、先頭・大山がセンター前ヒットで2日連続の猛打賞。ここで代打・熊谷が三遊間を破るプロ初ヒットでノーアウト1,2塁のチャンス。続く途中出場の山崎が移籍後初ヒットとなるレフト前タイムリー!この後、1アウト1,2塁で植田のレフト前ヒットをゲレーロが弾いたのを見てホームを狙い、坂本のバックホームが熊谷の頭に当たって転がる間に8点目。さらに糸原の犠牲フライも飛び出しました。2アウト2塁で江越のショート内野安打のスキに植田がホームを狙いましたが惜しくもアウト。

9点リードの9回はモレノが昇格即登板。点差もありチェンジアップが浮いて苦しみました。1アウト2塁から岡本のライト前タイムリーで1点を返されると、3連打で満塁のピンチ。ここで長野が特大のレフトフライで犠牲フライかな?と思いましたが、中谷が投げる際に落球。ところが3塁の土山塁審がノーキャッチの判定で犠牲フライではなくインプレーとなり、ジャイアンツの2塁ランナー(マギー)が動けず7-5-4とボールが渡ってゲッツー完成。高橋監督も抗議に出ましたがリクエストも行わず後味の悪いゲームセット。貯金2、首位カープと4ゲーム差の2位で交流戦へ。

「最高です!エースと呼ばれるピッチャーになれるように頑張ります。」by 才木
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 才木[勝] 山崎 藤川(2)
糸原 中谷 大山 熊谷 板山
植田 長坂 江越
福留  
ロサリオ 鳥谷 梅野
  モレノ(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN モレノ投手(再昇格。2軍で打ち込まれているが、交流戦で期待。)
OUT マテオ投手(右肩の違和感を訴えて抹消。今年はピリッとせず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

中谷、プロ初のサヨナラ打!今季初4連勝で3位浮上!

180526 阪神○5x-4●巨人(甲子園
勝利打点:中谷①

毎日放送→BS-TBSのリレー中継。今日の先発は小野(中6日)、巨人・田口。福留が休養日に充てられて、江越が7番センターでスタメン。初回、先頭・坂本が初球ストレートを右中間オーバーの2塁打。2アウト1,3塁から亀井にライト前タイムリーを許してジャイアンツ先制。最速154キロを出しながら不安定な小野の立ち上がり。

2回、スタメン起用のルーキー大城の一発で2点目。ここから3連打でノーアウト2,3塁のピンチでしたが、踏ん張った小野。そのウラ、1アウト1塁から江越のレフト線への当たりにゲレーロがクッション処理で後逸する間にホームイン!なお3塁にランナーを置き、梅野のスクイズはファウルになりますが、この後ライト前タイムリーで同点!打率1割台の3連打はしびれました。

3回、ノーアウト1,2塁のチャンスでロサリオがフルカウントから外角スライダーに見逃し三振。2アウト後、大山が詰まりながらセンター前タイムリーで勝ち越し!さらに4回、ピッチャー小野が1,2塁間を破るヒット。1アウト満塁のチャンスで糸井が初球を振り抜きますが、浜風に押し戻されて犠牲フライに。5回、大山が右中間への3塁打で今季初の猛打賞も無得点。田口から早くも10安打を放ちました。

2点リードの7回、ジャイアンツは上原が登板。首脳陣が決断してロサリオに代打・鳥谷を送って四球を選びますが、代走・熊谷が盗塁失敗で無得点。8回は岩崎が先頭バッターを出しながら2アウトを取った所で桑原にスイッチ。しかし長野にスライダーをレフトスタンドへ放り込まれてしまい4-4の同点。

9回はドリス。先頭・大城にヒットを許し、途中出場の陽岱鋼が送りバント。ここでドリスが2塁ホースアウトを狙い、間一髪アウトの判定を巡って高橋監督がリクエスト要求も覆らず。2アウト後、1塁牽制で陽を刺したドリスのフィールディングが光りました。そのウラ、イニングまたぎの澤村が連続四球で1アウト1,2塁のチャンス。途中出場の山崎は打席に立たせて空振り三振に倒れますが、中谷が詰まりながらレフト前ヒット。糸原が一気にホームを狙い、タイミングはアウトでしたがレフトからの送球がそれてサヨナラ!

「心臓バクバクでした。サヨナラが初めてでどう喜んでいいかわからない。」by 中谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 大山 ドリス[勝](4)
糸井 中谷 小野 鳥谷 岩崎[H](2)
江越 梅野  
   
植田 山崎 熊谷 原口
ロサリオ 桑原(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

糸井、150号は値千金の菅野撃ち!岩貞投げ勝った!

180525 阪神○1-0●巨人(甲子園
勝利打点:糸井③

BS1で完全中継。今日の先発は岩貞(中8日※スライド)、巨人・菅野。輝流ラインの限定ユニフォームが復活した伝統の一戦。初回、先頭・坂本にレフト前ヒットを許しますが、牽制に誘い出してタッチアウト。結果的に苦手な立ち上がりを3人で抑えました。2回、2アウトから中谷のセンター前への当たりを今日1軍復帰の陽岱鋼がダイビングキャッチ。

4回、2アウトから長野、陽の連打で1,3塁のピンチを背負いますが、小林をセカンドフライに打ち取ってピンチ脱出。そのウラ、先頭・植田がライト前へ痛烈なライナーを放ちますが、長野が地面スレスレでダイレクトキャッチ。

5回1アウトまでパーフェクトに抑えていた菅野ですが、糸井が甘く入ったスライダーをライトスタンドへ放り込み、通算150号でタイガース先制!さらに中谷のショートへの深いゴロを坂本が1塁悪送球。続く大山のヒットで1,2塁のチャンス。2アウトから岩貞に四球を出して満塁まで行きましたが、植田は見逃し三振。菅野もギアを上げて外角低めに152キロのストレートが決まりました。

6回、1アウトからマギーのレフトポール際への当たりを福留がフェンスにぶつかりながらキャッチ!そのウラ、先頭・糸原がレフトオーバーの3塁打!相性の良い福留との対戦でしたが7球粘って前進守備のショートゴロ。ロサリオは3打席連続の空振り三振、糸井もサードファウルフライに抑えられて無得点。岩貞は100球を超えた7回も続投して無失点ピッチング!

菅野は8回まで投げ抜いて敗戦完投。2アウトでネクストサークルにロサリオがおらず、隼太が控えており代打を出される所で打席が回らず。1点リードのまま9回はドリス。先頭・マギーにセンター前ヒットを許しますが、ここから2アウト。代打・阿部のレフト前ヒットで1,2塁のピンチでしたが、最後は代打・亀井を空振り三振に抑えてゲームセット!菅野から今季2勝目で勝率5割復帰!

「秋山が良いピッチングをして見習うというか。思い切って投げました。」by 岩貞
「毎日不利な風が吹いてますけど、声援が後押ししてくれました。」by 糸井
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 岩貞[勝]  
梅野 ドリス[S](2)
   
糸原 中谷 大山  
福留 山崎 鳥谷
植田 ロサリオ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

ロサリオ、敬遠に燃えた!均衡破る8回の決勝打!

180524 阪神○2-0●ヤクルト(甲子園
勝利打点:ロサリオ③

サンテレビで完全中継。今日の先発は秋山(中6日)、ヤクルト・ハフ。雨天中止の次の試合は4戦4勝のタイガース。初回、先頭・植田がセンター前ヒットで出塁しますが、牽制に誘い出されてアウト。2回、先頭・バレンティンにヒットを許しましたが、コーナーを突く投球で秋山が無失点ピッチング。KOされた前回から調整してきました。

4回、先頭・福留がレフト前ヒットで出塁しますが、ロサリオがサードゴロ併殺。さらに糸井のピッチャーゴロで送球が体に当たりましたが1塁線より内側に走っておりアウト。同じ背番号7だけに14年の日本シリーズを思い出しました。

6回、1アウトから糸原のサードライナー性の当たりを谷内のグラブを弾くヒット。続く福留が初球を豪快に振り抜いて右中間を真っ二つに破る長打コースでしたが、当たりが強く糸原が3塁ストップ。ここでロサリオが前進守備のショートゴロでホームタッチアウト。糸井も8球粘りましたが内角ストレートに差し込まれてセンターフライ。7回はノーアウトから大山がエンドランを仕掛けますが、セカンドへのハーフライナーで中谷が戻れずゲッツー。

2安打ピッチングの秋山ですが8回に試練。先頭・西浦にセンター前ヒットを許すと、谷内がバスターを仕掛けて進塁打の形に。ここでタイミングの合っていた中村がレフト前ヒットで1,3塁のピンチ。ここで好投ハフの代打・荒木で勝負に出ますが見逃し三振!トップに戻って山田との対戦でしたが、急にギアが上がってストレート勝負。今日の最速146キロが出て、ライトフライに抑えてピンチ脱出!

8回、スワローズは左の中尾を投入。1アウトから植田がセーフティバントを決めて内野安打。続く糸原は送りバントを決めた所で、福留は勝負を避けられて申告敬遠。ただ右の近藤にスイッチしてロサリオとの勝負に出ますが、高めに浮いたスライダーをとらえてセンターフェンス金網まで飛ばす2点2塁打でタイガース先制!前進守備の外野を大きく越えていきました。9回はドリスが先頭・青木に四球を出しますが、坂口をゲッツーに抑えて3人斬り!

「負けないという気持ちじゃないですか。トロの返球が元気なかった。」by 秋山
「最高の気分です。皆さんの前でヒットを打てて最高です。」by ロサリオ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 秋山[勝] ドリス[S](2)
ロサリオ 梅野  
植田  
糸原 山崎
中谷 大山 鳥谷
糸井  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

ロサリオ&糸井の連続アーチ!倉敷で打線復活!

180522 阪神○8-3●ヤクルト(倉敷マスカット
勝利打点:福留⑤

関西テレビで1回ウラから7回ウラ途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、ヤクルト・石川。中谷が6番センターで昇格即スタメン。初回、1アウト1,2塁のピンチをしのいだメッセですが、制球に苦しんで初回から27球。2回も2アウトから1,2塁のピンチを背負い50球超え。そのウラ、ノーアウト1塁から中谷の初打席でバットがキャッチャーミットに当たって打撃妨害。ノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、大山が初球をセカンドゴロ併殺。

3回、先頭・メッセ自らライト前ヒットで出塁すると、1アウトから糸原のセカンドゴロ併殺コースで山田がメッセの背中に当てて悪送球で1,3塁のチャンス。ここで福留が1,2塁間を破りそうな当たりを山田が追いつきましたが、再び2塁悪送球でボールが外野に転がる間に2人が還ってタイガース先制!さらにロサリオが左中間スタンドへの2ランが飛び出すと、糸井もライトスタンドへの2者連続アーチで一挙5点の猛攻!

4回、大量リードをもらったメッセですが、先頭・坂口にフルカウントから四球を出すと、ここから連打でノーアウト満塁のピンチ。中村のセンター前が2点タイムリーとなると、1アウト2,3塁から山田のセカンドゴロの間に3点目。一気に試合がわからなくなりました。そのウラ、1アウト1塁から植田がセーフティバントを決めて内野安打。続く糸原が8球粘って四球を選んで満塁とすると、福留の犠牲フライで6点目!石川をこの回途中でKO。

5回まで111球のメッセは6回も続投。1アウトから中村の三塁線を破りそうな当たりを大山が止めて内野安打に。2アウト後、山田のセンター前ヒットで1,3塁。さらに山田の盗塁で2,3塁まで行きますが、西浦をフルカウントから空振り三振に抑えてピンチ脱出!6回131球の熱投でした。そのウラ、代打・鳥谷がコールされて場内大歓声。不振で危ぶまれた連続試合出場を継続。12試合ぶりのセンター前ヒットも飛び出しました。

3点リードの7回、スワローズは秋吉が登板。1アウトから糸井がフェンス直撃の2塁打で猛打賞。2アウト後、大山が前進守備の左中間を破っていくタイムリー3塁打!さらに梅野のセーフティスクイズが3塁線に決まってタイムリー内野安打でダメ押し!13試合ぶりの2ケタ安打で快勝!

「本当にすごい選手だと思いますし2人で打てたので最高です。」by ロサリオ
「トロがすごい打球を打っていた。(150号に王手)再来年ぐらいですね。」by 糸井
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 ロサリオ 岩崎[H](2)
福留 梅野 鳥谷 桑原(3)
植田 メッセンジャー[勝]  
糸原 大山 マテオ(4)
  熊谷 伊藤隼 長坂 江越 山崎
中谷  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 中谷将大外野手(初昇格。不振で出遅れたが昨年20本の長打力に期待。)
21日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 俊介外野手(打撃不振が続き抹消。確実性を上げたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

才木、初先発はホロ苦いKO。松坂に完敗で5位転落。

180520 中日○6-1●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:モヤ

今季39試合目は中継なし。今日の先発は才木(再昇格)、中日・松坂。植田が初の1番に座り、糸井も初の5番起用。隼太が約1年ぶり、鳥谷も10試合ぶりの先発出場。長坂はプロ初のスタメンマスク。大きく打線をいじってきました。

初回、先頭・京田が初球をライト前ヒット。1アウトからヒットとビシエドへの死球で満塁としてしまうと、モヤを押し出してドラゴンズ先制。続く福田に2点タイムリーを許して3点先行。さらに亀澤のサードフライを糸原が落としたのが幸いして5-5-4のゲッツー。

2回、2アウトから京田にライトへの2塁打を許すと、暴投で3塁へ。ここで大島をピッチャーゴロに抑えたのですが、ボールを捕りに行ったロサリオが1塁ベースを空けてしまい投げれず。タイムリー内野安打で4点目。さらに暴投でピンチを作りましたが追加点は許さず。3回は長坂が左中間を破る2塁打でこれがプロ初ヒット。続く才木に抜けた変化球が死球となり1,2塁のチャンス。ただ植田糸原が連続三振。

4回、松坂自らレフトへのヒットでこれが12年ぶりのヒット。続く京田の2塁打でノーアウト2,3塁のピンチでしたが、無失点でしのいだ才木。しかし5回、2アウトから再び松坂にヒットを許して1,2塁とされると、京田が猛打賞となるライト前タイムリーで5点目。

6回、1アウトから植田がチーム2本目となるヒットで出塁すると、糸原がセンターオーバーのタイムリー2塁打で1点を返しましたが、後続が凡退。松坂は6回1失点で降板し、先週負傷した右脚の張りを感じさせないピッチング。そのウラ、岡本が登板。先頭・アルモンテのセカンドゴロを追いついた鳥谷が1塁悪送球。この後、ゲッツーで2アウトを取ってから3連打を許しますが、福留のバックホームが決まってモヤをホームタッチアウト。

7回、ドラゴンズは岩瀬が登板。ノーアウト1塁で隼太に代打・俊介を送りますが空振り三振。この後、糸井が盗塁と悪送球で3塁まで行きますが、鳥谷が空振り三振。そのウラ、尾仲が牽制悪送球で1塁から3塁に進まれると、京田の犠牲フライで6点目。今日は5安打で敗れ、組み替え実らず5位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
糸井  
植田 糸原 原口
福留 長坂 俊介 岡本(2) 尾仲(3)
ロサリオ 伊藤隼 鳥谷
才木[負]
山崎 板山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
20日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 才木浩人投手(再昇格。2軍で好投しプロ2年目で待望の初先発。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

生観戦。小野、6回に捕まり逆転負け。惜しい四球。

180519 中日○3-2●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:ビシエド

関西テレビで4回表途中から中継。今季2度目の生観戦試合でした。先発は小野(中6日)、中日・ガルシア。福留が休養日に充てられて、ロサリオが4番復帰。初回、連続四球でノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、1アウト2,3塁からロサリオの1,2塁間を破りそうな当たりを高橋がダイビングキャッチ。この間にノーヒットでタイガース先制!ただ追加点は入らず。

3回、1アウトから植田がセンター前ヒットでチーム初ヒットを放つと、すかさず盗塁成功。糸井が四球を選んで1,2塁のチャンスでしたが、ロサリオが初球ショートゴロ併殺。貧打戦でイニングが進んでいき、5回ウラの攻撃前に円陣を組んできたドラゴンズ。先頭・福田がレフト前ヒットで出塁しますが、続く高橋が初球打ちでピッチャーゴロ併殺。ただ8番の大野に四球を出してしまい、次の回が1番からで苦しくなりました。

6回、先頭・京田がライト前ヒットで出塁すると、ここで盗塁成功。続く大島がセンター前へのポテンヒットでノーアウト1,3塁のピンチ。1アウトを取りますが、ビシエドへの初球ストレートが甘く入って左中間フェンス直撃の2点2塁打でドラゴンズ逆転。さらにモヤも初球打ちでライト前タイムリーで3点目。そしてバッテリーの意表を突いてモヤが盗塁を決めますが、金本監督がリクエスト要求して判定が覆ってアウト。ここはリプレー映像がバックスクリーンに映し出されて場内が盛り上がりました。

2点ビハインドの8回、ドラゴンズは鈴木博が登板。代打・板山が四球を選んでノーアウトのランナー。2アウト2塁から植田に代打・隼太のライト前ヒットで1,3塁のチャンス。ここで1塁代走に熊谷が送られてプロ初出場、そしてプロ初盗塁を決めますが、糸井が空振り三振で無得点。

9回は田島との勝負。先頭・ロサリオの右中間への当たりを大島が弾いて2塁打に。1アウト3塁から糸原のセカンドゴロの間に1点を返しましたが、2アウトでランナーなし。最後は代打・福留が出てきましたがセカンドゴロでゲームセット。今日も4安打と打線が深刻。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  伊藤隼
植田 小野[負] 板山 熊谷
ロサリオ 岩崎(2)
俊介 糸井 糸原 梅野 鳥谷 原口 福留
大山 江越  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 高橋遥人投手(プロ最長の7回2/3を投げて2勝目。次回も楽しみ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

高橋遥、攻めの投球で竜倒!ナゴヤで逆転勝ち!

180518 中日●1-2○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:糸原①

サンテレビで完全中継。今日の先発は高橋遥(再昇格)、中日・小笠原。早くも今季2度目のマッチアップとなった左腕対決。3回、先頭・大山がレフトフェンス直撃の2塁打。12打席ぶりのヒットで復調気配を見せました。1アウト3塁から高橋のボテボテのファーストゴロが内野安打(プロ初ヒット)となって1,3塁になりますが無得点。そのウラ、大野に一発を許してドラゴンズ先制。

4回、2アウトからロサリオがレフトへの長打コースでしたが、当たりが良すぎてシングルに。15打席ぶりのヒットが飛び出しました。5回、1アウトから平田がチーム2本目となるヒット。2アウト2塁となった所で大野を申告敬遠でピッチャー小笠原との勝負。初球をセカンドゴロに抑えて無失点。高橋は5回を53球で投げ抜きました。

6回、先頭・俊介がセカンドの頭を越えるヒット。この後、2アウト3塁となり福留がフルカウントから四球を選んで1,3塁とすると、ロサリオが初球低めのストレートをピッチャー返し。センター前タイムリーとなり同点に追いつくと、続く糸原がカーブを引っ張ってライト前タイムリー!2塁から福留の激走ホームインでタイガース逆転!そのウラ、2アウトからアルモンテに2塁打。さらにパスボールで3塁まで行きますが、ビシエドをキャッチャーファウルフライに抑えました。

1点リードの8回、ドラゴンズは岩瀬が登板。1アウトから糸井がボテボテのサード内野安打で出塁すると、福留には左ひじへの死球。さらにロサリオが猛打賞となるライト前ヒットで満塁としますが、糸原がショートゴロでホームホースアウト。ここで右の福谷にスイッチし、大山は空振り三振で三者残塁。

高橋はプロ初の8回も続投。先頭の代打・堂上がライト線へヒットを打ちますが、この回からライトに回っていた俊介のカバーで2塁に行かせず。1アウト2塁から京田の1,2塁間を破りそうな当たりを糸原がダイビングキャッチ!2アウト3塁からアルモンテに四球を出した所で桑原にスイッチ。ビシエドを浅いレフトフライに抑えてくれました。9回、ノーアウト1塁から代打・鳥谷が送りバント成功。これで球団新の2011試合出場を記録。そのウラ、ドリスが3人で抑えてゲームセット!

「しっかり攻められたので良かった。遅くまでありがとうございました。」by 高橋遥
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ロサリオ 高橋遥[勝] 桑原[H](2) ドリス[S](3)
糸原  
俊介 福留 梅野 鳥谷
大山  
植田 糸井 山崎 江越
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高橋遥人投手(再昇格。前回と同じ中日戦でリベンジしたい。)
IN 熊谷敬宥内野手(初昇格。2軍で20盗塁の快足ルーキーに注目。)
OUT 西岡剛内野手(監督指名のジョーカーも打撃不振に勝てず。)
OUT 高山俊外野手(開幕スタメンを勝ち取ったが、淡泊な打撃が響いた。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

ロサリオ、悩める打撃が守備にも影響。正念場。

180517 阪神●3-6○DeNA(甲子園
勝利打点:ソト

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は秋山(中8日)、DeNA・平良。高山が7試合ぶりのスタメン。初回、先頭・桑原に四球を出しますが、この後の2アウト1,3塁のピンチを抑えて無失点の立ち上がり。4回、1アウトから宮崎にレフトポール際へ放り込まれてしまいベイスターズ先制。しかしそのウラ、2アウトから福留がバックスクリーンへの一発で1-1の同点!

5回、先頭・大和がレフト線へ落とす2塁打。桑原がバントフライに倒れますが、ソトのレフト前タイムリーでベイスターズが勝ち越し。そして続くロペスが変化球を狙い打たれてレフトスタンドへの一発で1-4。さらに筒香のファーストゴロをロサリオが弾いてエラー。この後、宮崎のショートゴロを植田も捕れず1,3塁のピンチでしたが、倉本をショートゴロ併殺に抑えてしのぎました。本調子ではない秋山は5回4失点で降板。連続完投で疲労が抜けきれなかったのか心配。

3点ビハインドの6回、1アウトから1,2塁のチャンスを作った所で、ベイスターズは左のエスコバーにスイッチ。ここで福留がサードゴロ併殺に倒れて万事休す。7回はマテオが3連続押し出しを喫したカープ戦以来のマウンド。先頭・ソトにセンター前ヒットを許すと、ロペスのファーストゴロをロサリオが弾いて打球を見失って足で蹴った所をマテオがカバーリング。ゲッツーが捕れなかった分、2アウトから宮崎にライト前タイムリーを許して5点目。

7回は井納が登板。先頭・ロサリオの強いショートゴロを大和が弾いて1塁悪送球。1アウト1,2塁から代打・隼太が四球を選んで満塁とすると、代打・原口がセンター前へポトリと落とすタイムリーで2点目。ここで左の砂田にスイッチすると、高山の代打・俊介が押し出しの四球を選んで3-5まで行きますが、植田のピッチャー返しが前進守備の大和のポジションニングに阻まれて6-4-3のゲッツー。

8回はパットンから先頭・糸井がライト線への2塁打で出塁。続く福留の会心の当たりが1塁線、ロペスのダイビングキャッチに阻まれて無得点。9回には岩崎がロペスに今日2本目の一発。そのウラ、抑えの山崎康から1アウト1,3塁のチャンスを作りましたが、代打・西岡が空振り三振。植田がファーストゴロに倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  伊藤隼 原口 俊介
糸井 藤川(2)
福留 尾仲(4)
糸原  
  鳥谷
高山 植田 ロサリオ 板山
梅野 秋山[負]
西岡 マテオ(3) 岩崎(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

打線沈黙は深刻。ルーキー東にプロ初完封を喫す。

180516 阪神●0-5○DeNA(甲子園
勝利打点:ロペス

サンテレビ→朝日放送のリレー中継。今日の先発は岩貞(中9日※スライド)、DeNA・東。ドラ1ルーキーと早くも3度目の対戦。初回、先頭・桑原が右中間への2塁打でしたが、糸井のファンブルを見て一気に3塁へ。1アウトからロペスにセンター前タイムリーを許してベイスターズ先制。そのウラ、四球の植田が盗塁を決めますが、後続が凡退して無得点。

3回、2アウトからソトに左中間スタンドへ放り込まれてしまい、痛い2点目を献上。さらに4回、筒香のサードゴロが少しイレギュラーした所を大山が弾いてエラー。さらに暴投とタッチアップで1アウト3塁とされると、スタメン起用の田中浩が前進守備のショート後方へ落とすタイムリーで3点目。

5回、先頭・大和がフルカウントから右中間への2塁打。トップに戻って桑原が送りバントを決めると、2アウト3塁でロペスの場面。勝負を避けるのか見ていましたが、結局センターフェンス金網直撃のタイムリー2塁打。この後、筒香がタイミングが合わず三球三振に倒れただけにもったいなかった。岩貞は5回4失点でKO。

6回から再昇格の岡本が登板。2イニング目の7回、2アウトからソトに2塁打を許すと、再びロペスと勝負を選択。レフト前タイムリーで福留のバックホームも及ばず。8回はベイスターズから移籍した尾仲が登板。いきなり宮崎に内野安打を許しますが、田中浩をゲッツーに抑えてくれました。外角のカットボールが結構使えそうです。

完敗ムードの中、鳥谷が9回からセカンドの守備に就いて連続出場を継続。桑原が中11日のマウンドで2アウト1,2塁のピンチをしのいで無失点。そのウラ、8回まで1安打ピッチングの東が完封目指して9回のマウンドに。先頭・植田がサード内野安打の判定を巡って、ラミレス監督がリクエスト要求も覆らず。糸井が詰まりながらヒットでノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、福留がショートゴロ併殺。最後はロサリオが強いショートゴロで凡退してゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
植田 尾仲(3)
  岡本(2) 桑原(4)
糸井 福留 糸原 西岡 長坂 鳥谷
江越 ロサリオ 原口 大山
岩貞[負]
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岡本洋介投手(再昇格。状態も良く苦しいリリーフ事情を助けたい。)
OUT 石崎剛投手(自慢の石直球も乱調が目立つ。故障発生か?) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

原口、必死のパッチで代打成功!連敗ストップ!

180515 阪神○2-1●DeNA(甲子園
勝利打点:原口①

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、DeNA・飯塚。体調不良の植田が3試合ぶりのスタメン。初回、2アウトから糸井がヒットで出塁すると、続く福留のセンターオーバーの2塁打でしたが、糸井が3塁ストップ。そして不振のロサリオがセカンドフライに倒れて無得点。左足を上げてタイミングの取り方を変えてましたが、今日はノーヒット。

3回、1アウトからピッチャーの飯塚がセンター前ヒット。続く9番の大和にもヒットを許して1,2塁のピンチでしたが、トップの神里をショートゴロ併殺に抑えてピンチ脱出!今日は得点圏にランナーが進んだのはここだけでした。

4回、先頭・ソトのレフトポール際への当たりを福留がジャンピングキャッチでフェンスに激突!さらに6回、先頭・大和のライトポール際への当たりを糸井がジャンピングキャッチ!両翼でファインプレーを披露。続く神里のセーフティバントを梅野が素早い処理で間一髪アウト!

6回、1アウトから糸井が右中間への2塁打で出塁すると、福留が内角攻めにイラッとしながら四球を選んで1,2塁。続くロサリオのライトフライで2アウト1,3塁となってから、糸原がフルカウントから四球を選んで満塁。ベイスターズは100球の飯塚を降板させて、左のエスコバーにスイッチ。タイガースは代打・原口を送ると内角ストレートにバットを折りながらレフト線へ落とす2点タイムリーでタイガース先制!さらに申告敬遠で満塁からメッセの当たりはセカンド倉本がダイビングキャッチ。

7回、先頭・ロペスの痛烈な三塁線の当たりを大山が弾きますが、塁審に当たってシングルヒットに。続く筒香を内角ストレートで見逃し三振。さらに宮崎をショートゴロ併殺に抑えてくれました。8回を投げ終えて102球のメッセは完封目指して9回のマウンドに上がりますが、代打・桑原に追い込んでからカーブを被弾。すかさずドリスにスイッチして、今日はフォーク主体で3人で抑えてゲームセット!

「最終回、点を取られて悔しいですけど勝てて良かったです。」by メッセ
「野球は何が起こるかわからないので8回から準備している。」by ドリス
「必死のパッチで打ちました!甲子園に帰れば良い流れになると思った。」by 原口
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー[勝] 原口 ドリス[S](2)
糸井 福留 糸原  
梅野  
   
植田 山崎 鳥谷
江越 ロサリオ 板山 大山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 長坂拳弥捕手(初昇格。第3の捕手からアピールしたい2年目。)
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 坂本誠志郎捕手(リード面で苦労しており、矢野監督の師事を仰ぐ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

板山、1軍昇格即プロ1号。悔やまれる小野の交代期。

180512 広島○6-1●阪神(マツダ
勝利打点:大瀬良

NHK総合で完全中継。今日の先発は小野(中6日)、広島・大瀬良。不振のロサリオが初めて5番降格。板山がセカンドで昇格即スタメン。2回、ノーアウト1,2塁から三振で1アウトを取りますが、死球で1アウト満塁のピンチを背負った小野。大瀬良にもカウントを悪くしてしまいフルカウントから高めストレートをライトフェンス直撃の2点2塁打。まさかの一撃でカープ先制。

3回、2アウトから江越がショート内野安打で出塁すると、すかさず盗塁成功。続く糸原がセンター返しで二遊間を破りそうな当たりでしたが、田中が追いついてしまい1塁アウトにするファインプレーで得点ならず。3回、2アウトから松山の三塁線を破りそうな当たりを大山がダイビングキャッチ。内野安打になりましたが、長打になる所を止めて無失点に。

5回、先頭・板山が外角ストレートを弾き返してレフトスタンド最前列へ放り込む一発!実はこれがプロ初ホームラン。1点差に迫ると6回、1アウトから糸原が左中間への2塁打でチャンスを作りましたが、糸井がレフトフライ。4番起用の福留は空振り三振に倒れて無得点。そのウラ、安部のファーストゴロのアウト判定を巡って、緒方監督がリクエスト要求も判定は覆らず。

7回、先頭・ロサリオが1,2塁間を破るヒットで18打席ぶりのヒット。ただ後続が凡退して無得点。8番で攻撃終了となったこともあり、106球の小野が続投。代打・エルドレッドにヒットを許すと、バントの構えをする田中にストレートの四球。ここでたまらずマテオにスイッチしたのが裏目に。菊池が2度バント失敗で追い込まれてからバスターでセンター前ヒットで満塁とすると、バティスタの犠牲フライで3点目。2アウトまで行きましたが、安部、野間、会澤と三者連続押し出しでマテオもKO。初登板の尾仲がカウント3-0から抑えました。

5点差に広がった8回、代打・鳥谷がレフト線へ惜しいファウルも打ちましたが空振り三振。そのウラ、連投の石崎が1番から三者連続三振で抑えてくれました。9回はクリーンアップ3人が早打ちで凡退してしまいゲームセット。再び借金生活に入り、金本監督は今年最初の正念場に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
板山 尾仲(3) 石崎(4)
   
糸原  
江越 小野[負]  
ロサリオ 鳥谷
糸井 福留 大山 梅野 マテオ(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 尾仲祐哉投手(再昇格。前回は登板無く今回が初登板のチャンス。)
IN 板山祐太郎外野手(初昇格。2軍で打撃好調で出場チャンス。)
OUT 能見篤史投手(カープ打線に通用せず、次回先発も白紙に。)
OUT 山本翔也投手(急きょ1軍合流したが、3回5失点で一発アウト。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

能見、無残な9失点。福留&植田欠場で勝負にならず。

180511 広島○14-1●阪神(マツダ
勝利打点:菊池

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(再昇格)、広島・ジョンソン。福留が休養日に充てられてベンチスタート。売り出し中の植田も発熱による体調不良で痛い欠場。初回、1アウトを取った能見ですが、菊池がレフトスタンドへの一発で先制されると、バティスタも低めフォークをすくってレフト最前列へ2者連続アーチ。2アウトから安部のタイムリー3塁打の後、暴投で4点目。さらに石原にも一発を許して初回から6失点。

2回に打席が回りましたが、さすがに能見に代打を出せず。さらにそのウラ、1アウト1塁からバティスタに左中間オーバーのタイムリー2塁打。そして2アウトから故障明けで今季初出場の新井が能見キラーを発揮するセンターオーバーのタイムリー2塁打。さらに安部のサードゴロをロサリオが捕れず9点目(記録は大山の悪送球)。ここまで試合が壊れるのも珍しい。

3回は石原がレフト前ヒットで1000本安打を達成。バントの構えをするジョンソンに四球を出してノーアウト1,2塁のピンチでしたが、田中をショートゴロ併殺に抑えて助かりました。この後は何とか4回まで投げ抜いた能見。5回は鳥谷が代打で登場してファーストゴロ。連続試合出場をつなぎました。

5回からは山本-原口のバッテリー。いきなり安部に四球を出すと、続く野間のショート内野安打で苦しくなり、ノーアウト満塁の大ピンチ。1アウト後、田中の犠牲フライでついに10点目。この後、満塁でバティスタを迎えましたがライトフライに抑えて追加点は許さず。6回、先頭・江越がフルカウントからバックスクリーンへ放り込む2年ぶりの一発で1点を返しました。

7回、3イニング目の山本がつかまり。2アウト1,3塁から菊池にレフトスタンド最上段まで持って行かれる3ランを許すと、バティスタもバックスクリーンへ放り込む今日2度目の2者連続アーチ。8回は石崎がコントロールに苦しみながら満塁のピンチを抑えて無失点。大差の展開で45球も費やしました。ロサリオが看板直撃弾から15打席ノーヒットとなり、一度4番から外したほうが。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
江越  
糸井  
   
西岡 糸原 鳥谷 高山 石崎(3)
ロサリオ 大山 俊介 梅野
能見[負]
原口 山本(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 能見篤史投手(再昇格。登板間隔を空けた先発調整が続く。)
IN 山本翔也投手(初昇格。高橋の離脱で1軍合流した左のリリーフ。)
OUT 谷川昌希投手(プロ初先発は4回3失点。次もチャンスがある。)
OUT 高橋聡文投手(左肩の状態が上がらず。移籍3年目で痛い離脱。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

谷川、プロ初先発は4回3失点。阿部の一発に沈む。

180510 巨人○4-2●阪神(東京ドーム
勝利打点:阿部

BS日テレ→よみうりTV→BS日テレのリレー中継。今日の先発は谷川(プロ初登板)、巨人・内海。江越が今季初スタメンで1番に入り、西岡がセカンドで4月19日以来のスタメン。2回、先頭・阿部のファーストゴロをロサリオがファンブル。嫌な形でノーアウトのランナーを出しますが、2アウト1,2塁から小林をショートフライに抑えてピンチ脱出。腕の位置がやや下でしたが、スライダー、カーブでうまく緩急を使っていました。

3回、1アウトからトップに戻って坂本、吉川尚の連打。続くゲレーロのライトフェンス際への当たりを糸井がジャンピングキャッチ!この間にタッチアップで2人が進んで2アウト2,3塁とされると、4番起用の阿部がストレートをコンパクトに振り抜いてライトスタンド最前列への3ランでジャイアンツ先制。谷川も2巡目でやられました。

5回、1アウトから相性の良い西岡が粘って12球目をセンター前ヒット。2アウトになった所で谷川に代打・山崎を送りますが三球三振。阿部の一発以外はまずまずの内容だった谷川は4回3失点で降板。そのウラ、球児が中5日のマウンド。1番からの打順で3人に抑えて味方の反撃を待ちました。

6回、先頭・江越が初球打ちでライト線への2塁打。続く植田も初球から引っ張りますがレフトライナー。糸井がレフト前ヒットでつないで1,3塁のチャンス。ここで内海が降板して宮国にスイッチ。2アウト後、福留の打席で糸井が盗塁成功。2,3塁となってフルカウントからカーブをセンター前へ弾き返す2点タイムリーで1点差!

1点ビハインドの7回は上原が競った場面では久しぶりの登板。ここを3人で抑えられてしまったのが痛かった。逆に8回、岩崎が登板。1アウト1,2塁から長野のショートゴロ併殺崩れで2アウト1,3塁まで行きますが、小林を追い込んでから痛恨の暴投でやってはいけない4点目を献上。最終回はカミネロとの勝負。1アウトから糸原のセカンド内野安打をめぐって高橋監督がリクエスト要求も判定はセーフのまま。ただ後続が凡退してゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 藤川(2)
   
   
江越 福留 マテオ(3)
植田 糸原 西岡 谷川[負]  
ロサリオ 坂本 原口 山崎 鳥谷 岩崎(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 谷川昌希投手(プロ初昇格。ドラフト5位ルーキーが抜擢の先発。)
OUT 才木浩人投手(日程の都合でリリーフ登板のみ。次回は先発で。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

大山、痛恨の牽制アウト。中軸沈黙で連勝ストップ。

180509 巨人○3-1●阪神(東京ドーム
勝利打点:岡本

BS日テレで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、巨人・吉川光。大山が9試合ぶりのスタメン。初回、1アウトから吉川尚が四球で出塁すると、初球で盗塁成功。ゲレーロのサードゴロに飛び出した吉川を見て、大山が2塁へ送球しますが間一髪セーフの判定。金本監督のリクエスト要求も覆らずフィルダースチョイスに。2アウト後、岡本にカウント3-0からレフト前タイムリーで先制されると、亀井もタイムリーで2点目。

3回、2アウト1塁から長野がピッチャー強襲の内野安打。ボールが1,2塁間へ転がるのを見て亀井が1塁から一気に3塁を狙いましたが、ここはロサリオのカバーが早くタッチアウト。4回、先頭・植田が10球粘って左中間オーバーの2塁打を放ちますが、クリーンアップが3人揃って凡退。しかし5回、先頭・糸原が四球を選ぶと、大山はボテボテのピッチャーゴロが進塁打の形に。1アウト2塁から梅野がセカンドの頭を越えて右中間へのタイムリー2塁打(18打席ぶりヒット)で1点を返しました。

6回、植田糸井の連続四球でノーアウト1,2塁のチャンス。ここでジャイアンツは澤村にスイッチ。ロサリオは良い当たりのショートライナー。初球パスボールで1アウト2,3塁まで行きますが、福留が147キロのスプリットに空振り三振。続く糸原もサードファウルフライで同点ならず。そのウラ、亀井のライトスタンドへの一発で痛い3点目。

2点ビハインドの7回、先頭・大山、代打・原口の連続ヒットでノーアウト1,2塁のチャンス。ここで代打・山崎が送りバントの構えを見せますが、澤村が意表を突いた2塁牽制で大山がタッチアウト。1アウト1塁に場面が変わり、1球も投げずに代打の代打・高山を送りますがファーストゴロ。トップに戻って俊介が空振り三振に倒れて悔しい無得点。今日はここで勝負がありました。

8回、才木が今季初登板。先頭・ゲレーロにセンター前ヒット。送りバントの後、岡本に死球で1アウト1,2塁のピンチでしたが、亀井、長野を抑えて無失点ピッチング。最速は152キロ。最終回はカミネロから先頭・糸原が四球を選びましたが、後続が倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
植田  
   
糸原 梅野 原口 マテオ(2)
メッセンジャー[負] 才木(3)
糸井 鳥谷
俊介 ロサリオ 福留 大山 高山
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
メッセンジャーが3月・4月のセリーグ投手部門の月間MVPに選出。4勝1敗、防御率1.82の活躍で低迷するチーム事情を助けるピッチングを見せてくれました。虎の助っ人外国人史上で最多の3度目の受賞。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

秋山、今度こそ8年ぶり完封でG倒!虎の二刀流や!

180508 巨人●0-9○阪神(東京ドーム
勝利打点:梅野③

BS日テレで完全中継。今日の先発は秋山(中6日)、巨人・山口俊。0.5ゲーム差の2位で迎えた2位攻防3連戦。初回、先頭・坂本のファウルチップを梅野がミットと右手で弾きながら最後はダイビングキャッチを見せる珍しいファインプレーで助けました。

2回、1アウト1,2塁から高山の場面。内角スライダーがボールの判定ながら、金本監督がリクエストを要求。ビデオ判定でつま先に当たっている事が確認されて死球で満塁のチャンス。続く梅野のセカンドゴロ併殺コースでしたが、吉川尚のグラブトスを坂本が捕れずタイガース先制!さらに秋山自らのレフト前タイムリー、トップに戻って鳥谷の犠牲フライで3点先行!

3回、1アウトからロサリオが高めストレートを見逃さず、打った瞬間とわかるレフトスタンドの看板直撃(賞金100万円)の一発!実況も吉永小百合さんに当たりました~と興奮。さらに4回、2アウトから今度は秋山が外角ストレートを弾き返して自らレフトポール際へ放り込む2年連続の一発!これには驚きました。そして5回、1アウトから糸井がフェンス直撃の2塁打。2アウトから糸原が8球粘って満塁とすると、高山がファウルで粘りながらショート右を破る2点タイムリーで7点目!この回で100球を投げた山口俊をKO。

1回から5回まで先頭バッターを三振で抑えた秋山。大量リードに守られて丁寧なピッチングを展開。7回、1アウト1塁から亀井の1,2塁間を破りそうな当たりを糸原がダイビングキャッチしますが、1塁送球が間に合わず惜しくもセーフ。初めて得点圏にランナーが進みましたが、続く長野を5-4-3のゲッツーに抑えてピンチ脱出!秋山は8回113球で投げ抜き、ベンチで金本監督から「行け!」と完封指令。

9回、2アウトから植田が初ヒットで出塁すると、糸井が初球ストレートを豪快に振り抜き、右中間スタンドへの6号2ランでダメ押し!先週は完封目前の9回に1失点した秋山が再挑戦。1アウトからゲレーロが低めボール気味の球を弾き返して左中間スタンド最上部に当てる長打。なぜか一気に3塁を狙った所を俊介-植田-大山の中継プレーが決まってタッチアウト!最後はマギーをショートゴロに抑えて8年ぶりの完封!

「自分じゃないみたい。またかと思いました。最後は圧をかけられた。」by 秋山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
秋山[勝]  
ロサリオ 糸井 高山  
梅野  
糸原 俊介
鳥谷 福留 植田 大山 江越 山崎
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN マテオ投手(再昇格。出産立ち合いの為一時帰国。復調にも期待。)
7日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT モレノ投手(1軍でも十分の活躍。外国人枠の都合で抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

岩貞、苦しんで6回1失点!6点差から最後はヒヤリ。

180506 阪神○7-5●中日(甲子園
勝利打点:福留④

BS1で完全中継。今日の先発は岩貞(中5日)、中日・マルティネス。絶好調の上本が負傷離脱となり、鳥谷が5試合ぶりのスタメン。2回、ノーアウト1,2塁から3連打となる平田のライトへのタイムリーでドラゴンズ先制。さらにノーアウト満塁と絶体絶命でしたが、後続を抑えて踏みとどまった岩貞。そのウラ、1アウト1,3塁から高山のセカンドゴロの間に同点。

4回、ノーアウト1塁からロサリオがエンドランの形でがら空きの1,2塁間をボールが転がるように抜けていき、1,3塁のチャンス。ここで福留の打席でしたが、カウント2-1から意表を突いたロサリオが2塁へ盗塁失敗。嫌な流れになりますが、レフト犠牲フライで勝ち越し!初対戦で苦しんでいたチェンジアップが高めに浮いた所をとらえました。

1点リードの6回、簡単に2アウトを取った岩貞ですが、ここから連打と四球で満塁にしてしまいました。投手交代も考えられましたがベンチは続投を指示。マルティネスの代打・藤井との勝負となり、低めのフォークで三球三振に抑えてピンチ脱出!毎回のように苦しい投球が続いただけに、この場面は危なかった。

そのウラ、マウンドに上がった谷元が乱調。先頭・糸井がレフト前へポトリと落ちるヒットで出塁すると、暴投の間に一気に3塁へ進塁。ノーアウト1,3塁から福留のセカンドゴロ。前進守備でホームタッチアウトの場面でしたが、この回からキャッチャーの大野が捕れずにセーフ。さらに満塁から高山のライトフェンス際まで飛ばした犠牲フライで4点目。2アウトから代打・隼太のファーストゴロをビシエドが後逸する間に1点を取ると、トップの鳥谷が浜風にも乗ってレフトオーバーの2点2塁打で一挙5点!

8回は石崎が中6日で登板。レフト・ライトにそれぞれ守備固めを入れてきました。先頭・平田の三塁線のボテボテの当たりが内野安打となると、1アウト1,2塁から代打・高橋にバックスクリーンへ3ランを許してしまい7-4。ストレートをうまくコントロールできず苦しいマウンドに。そのウラ、江越の初打席でしたが変化球に崩されて空振り三振。

3点リードの9回はドリス。先頭・アルモンテにストレート勝負を挑みましたが、ライトスタンド中段まで運ばれました。雨が少し強まっていく中、1アウトを取って落ち着くかに見えましたが、連打で満塁の大ピンチ。途中出場の松井雅がレフトフライで2アウトとなり、代打・工藤にはフルカウントまで行きましたがフォークで空振り三振!7-1から負けそうで胃の痛い4時間ゲームでした。

「苦しい場面が多かったんですけれども、何とか粘りました。」by 岩貞
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 糸井 糸原  
福留 ロサリオ 高山  
原口 岩貞[勝] 伊藤隼
  高橋聡(2)
植田 俊介 江越 山崎 ドリス[S](4)
  大山 梅野 石崎(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
6日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 江越大賀外野手(初昇格は外野控えから。生き残りには打撃がカギ。)
OUT 上本博紀内野手(3戦連続の猛打賞から一転、左ひざを負傷。痛すぎる。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

ロサリオ、猛打賞&4打点!虎4盗塁全て得点を演出。

180505 阪神○7-2●中日(甲子園
勝利打点:ロサリオ②

毎日放送で7回ウラ途中まで中継。今日の先発は小野(中6日)、中日・ガルシア。坂本が今季2度目の先発マスク。初回、1アウト1,3塁のピンチでしたがビシエドをセカンドゴロ併殺に抑えて無失点。そのウラ、上本が盗塁成功も左脚をひねって動けなくなり、担架で運ばれ負傷交代。この後、ノーアウト満塁からロサリオが三遊間を破る2点タイムリーでタイガース先制!

2回、2アウト2塁から途中出場の大山がレフト前ヒット。一気にホームを狙った坂本がタッチをかいくぐってセーフの判定でしたが、森監督がリクエスト要求して判定が覆ってアウト。真っ直ぐ走ればコリジョン適用の可能性もあっただけに残念。3回、先頭・植田がセーフティバント成功。ランナーが入れ替わって糸井が盗塁を決めると、1アウト2塁からロサリオがショートのグラブを弾くタイムリーで3点目。

4回、1アウト1塁から福田のレフト前ヒットで一気に3塁を狙ったビシエドでしたが、福留のダイレクト返球でタッチアウト。ただ連打が続いて4連打となり、モヤのライト前タイムリーで1点を返されました。さらに5回、ピッチャーのガルシアにヒットを許すと、1アウト満塁のピンチ。ここでビシエドが今日2度目となるサードゴロ併殺に抑えてピンチ脱出!

5回、2アウトから糸原が今季初盗塁を決めると、カウント3-1から俊介がセンター前へポトリと落とすタイムリーで4-1。6回からドラゴンズは伊藤準が登板。1アウト1塁から糸井が真ん中低めのストレートを弾き返してライトポール際への一発!7回、2アウト1,2塁からビシエドに右中間へタイムリーを許した所で小野が降板。8安打7四球と乱れながらよく2点で抑えました。代わったモレノが高速チェンジアップで福田を打ち取り。

8回、東邦高校で甲子園出場を果たした2年目の藤嶋が登板。先頭・植田がストレートの四球を選ぶと、初球で盗塁成功。今日のタイガースは1試合で4盗塁。1アウト後、ロサリオがレフト線へのタイムリー2塁打で猛打賞&4打点の大活躍!5点リードの最終回は岩崎が3人で抑えてゲームセット!

「責任のあるポジション。植田が塁に出ると何かが起こる気がする。」by ロサリオ
「なんとも言えないです。(どの打席が良かったか)全部ですね。」by 植田
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
植田 糸井 ロサリオ モレノ[H](2) 桑原(3)
坂本 西岡 岩崎(4)
福留 小野[勝]  
  大山 梅野
俊介 糸原 山崎 鳥谷
上本  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 才木浩人投手(今季初昇格。次週の巨人戦での先発が有力。)
OUT 高橋遥人投手(今回は6回1失点とゲームを作り、次回も注目。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

鳥谷、2000試合出場は代打で。拙攻で延長負け。

180504 阪神●1-5○中日(甲子園
勝利打点:モヤ

関西テレビで3回ウラから11回表途中まで中継。今日の先発は高橋遥(再昇格)、中日・小笠原。初めて原口とのバッテリーを組んできました。初回、1アウト1,2塁のチャンスでロサリオのセンター前へのフライが浜風に流されて落ちますが、セカンド阿部の2塁送球が間に合ってホースアウト。金本監督のリクエスト要求も判定は覆らず。

3回、2アウトから京田がヒット&盗塁で2塁に進むと、アルモンテが地面スレスレのボールをライト前へ弾き返してタイムリーとなりドラゴンズ先制。続くビシエドのライト前ヒットでアルモンテが一気に3塁を陥れる好走塁を見せますが、追加点は許さず。そのウラ、好調の上本植田の連打でノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、糸井の痛烈な当たりをビシエドがキャッチ。続くロサリオも痛恨のショートゴロ併殺。

4回、ノーアウト1塁から糸原のセカンドゴロを阿部がトンネルして1,3塁のチャンス。ここで俊介のショートゴロ併殺の間に1-1の同点。ただランナーは無くなってしまいました。5回、1アウトから上本がショートのグラブをかすめるヒット。2アウト後、糸井への投球が死球の判定でしたが、今度は森監督がリクエスト要求。グリップに当たったのが確認され覆ってファウルに。特に痛そうなそぶりもしていなかっただけに納得。

6回、先頭・アルモンテがライト線への2塁打。1アウト1,2塁のピンチでしたが、阿部をショートゴロ併殺に抑えて高橋遥は6回1失点で降板。そのウラ、2アウト1,2塁のチャンスでしたが、原口が大きなセンターフライで大島が背走キャッチ。7回からは祖父江が登板し、代打・鳥谷が生え抜き3人目の通算2000試合出場を果たしてショートゴロ。

8回、2アウトから福留が四球で出塁すると、糸原のセカンドゴロを阿部が再びトンネル。1,3塁のチャンスでしたが、俊介がファーストゴロで勝ち越せず。同点の9回はルーキー鈴木博が登板。1アウトから代打・隼太がレフト前ヒットで出塁すると、トップの上本がレフト前ヒットで3試合連続の猛打賞。1,2塁のチャンスで植田がレフト正面のフライ。続く糸井もサードフライに倒れてサヨナラならず延長戦へ。

11回、球児が登板。先頭・ビシエドのショートゴロをこの回からファーストの守備に入った山崎がまさかの落球。1アウトから亀澤の1塁方向へのプッシュバントが決まって内野安打。2アウト後、フルカウントから大野に際どいコースの四球で満塁にしてしまうと、代打・モヤにストレートの四球で押し出し。たまらず高橋聡にスイッチしますが、大島にセンターオーバーの3点2塁打を打たれて勝負アリ。攻めきれずもったいない試合を落としました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
高橋遥 桑原[H](3) ドリス[H](4) 岩崎[H](5)
上本 福留 伊藤隼 モレノ[H](2)
植田 大山
俊介  
糸原 原口 梅野 鳥谷 高山
糸井 ロサリオ 山崎 藤川[負](6) 高橋聡(7)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高橋遥人投手(再昇格。前回は大量失点でKOされ巻き返したい。)
OUT 岡本洋介投手(リリーフではまずまずの内容。次回もチャンス。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

メッセ、粘りの投球で5勝目!上本絶好調で2位浮上!

180503 阪神○4-2●DeNA(甲子園
勝利打点:上本①

毎日放送で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中7日※スライド)、DeNA・東。今日から4連戦はスコアボードの選手名がひらがな表記の仕様に。初回、先頭・乙坂にライト線を破られる2塁打で出塁されると、大和の送りバントで1アウト3塁のピンチ。2アウトまで行きますが、ロペスに粘られて9球目を左中間を破るタイムリー2塁打でベイスターズ先制。

4回、先頭・筒香に左中間を破られる2塁打を許すと、続くロペスのライト線への当たり。いつもよりも強い浜風で打球が失速したのを糸井が対応できず前に落としてしまいました。記録は2塁打でノーアウト2,3塁のピンチ。前進守備の中、2アウトまでこぎつけると嶺井には申告敬遠。満塁でピッチャーの東との勝負。カウント2-0からフルスイングしてきましたが、最後は空振り三振で三者残塁!

5回、先頭・糸原がセンター前ヒットで出塁しますが、ランナーを進めることができず。2アウト1塁からメッセ自らのセンター前ヒットで1,2塁とすると、トップに戻って上本が初球のカーブを見逃さずセンターオーバーの2点2塁打!メッセが1塁から一気にホームインする激走でタイガースが逆転!

1点リードの7回、ベイスターズは三嶋が登板。先頭・糸原がレフト前ヒットで出塁すると、続く俊介が初球バスターの形で二遊間を越えていくヒット!ここで梅野が難しい場面でスリーバント成功。1アウト2,3塁で代打・鳥谷が登場しますが申告敬遠で満塁。そして再び上本に打席が回り、追い込まれてから高めストレートを弾き返してレフト前へ2点タイムリーで4-1!

8回は桑原。先頭・大和が左中間オーバーの2塁打で出塁しますが、筒香、ロペスを抑えて2アウト。しかし宮崎にライトオーバーのタイムリー2塁打を許して1点を返されました。この後、梶谷を外角スライダーで見逃し三振に抑えて追加点は許さず。ベイスターズのヒット7本のうち、6本が2塁打という珍しい結果に。2点リードの9回はドリスが2アウトから四球を出しますが、乙坂をピッチャーゴロに抑えてゲームセット!

「ハイ、イイネ。自分が塁に出れば必ずいい結果につながると思った。」by メッセ
「迷惑をかける事が多いので、たまには良いかなと思います。」by 上本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 メッセンジャー[勝] ドリス[S](3)
糸原  
俊介 梅野  
  桑原[H](2)
植田 福留 山崎 大山 鳥谷
糸井 ロサリオ  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

秋山、チーム初完投!自らのバットで今永攻略!

180501 阪神○7-1●DeNA(甲子園
勝利打点:糸井②

関西テレビで1回ウラ途中から中継。今日の先発は秋山(中9日)、DeNA・今永。“ウル虎の夏2018”でサードユニフォームを披露するこの3連戦。昨オフにFA移籍した大和が古巣の甲子園に初めて戻り、タイガースファンからも歓声が上がりました。

初回、先頭・上本が左中間への2塁打で出塁すると、植田が送りバント成功。1アウト3塁から糸井がカーブを弾き返して左中間オーバーのタイムリー2塁打でタイガース先制!さらに2アウト3塁から福留の右手首へ死球を喰らいますが、続く糸原俊介の連続タイムリーで3点先行!

4回、糸原俊介の連続ヒットでノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、梅野が送りバント成功。ここで秋山に打席が回り、外角高めのストレートをレフト前へ弾き返す野手顔負けのタイムリーで4点目!トップに戻って上本のセンター犠牲フライで5点目を取ると、植田がレフト前へポトリと落とすヒットで1,3塁。ここで糸井がボテボテの当たりがセカンドへのタイムリー内野安打となり、6-0とリード。復帰2戦目の今永はこの回でKO。

5回、先頭・ロペスにレフト線へ2塁打を許した秋山。1アウト3塁から1点はOKというシフトでしたが、梶谷を147キロで空振り三振に抑えると、柴田を内角ストレートで見逃し三振に抑えてガッツポーズ!大量リードということもあり、6回の守備から福留が退きました。そして6回、2アウトから上本がレフトスタンドへの一発で7点目。あと3塁打が出ればサイクルまで行きましたが、7回の守備から交代。

8回まで90球で投げ抜いた秋山は新人以来、8年ぶりの完封へ向けて9回のマウンドに。しかし、代打の宮本、乙坂に連続ヒットを許してノーアウト1,2塁のピンチ。1アウト1,3塁から筒香にレフト犠牲フライを許して、秋山も思わず苦笑い。それでも最後は宮崎をファーストファウルフライに抑えて今年も完投第1号!

「(ユニ)ちょっと不評ですけど。皆着たらかっこいいんちゃいますか。」by 糸井
「まあ詰めが甘いなと、僕らしい。足遅いし守るとこない。」by 秋山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 糸井 糸原 秋山[勝]  
植田 俊介 梅野  
   
福留  
ロサリオ 高山 鳥谷 山崎
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »