« 能見、無残な9失点。福留&植田欠場で勝負にならず。 | トップページ | 原口、必死のパッチで代打成功!連敗ストップ! »

2018年5月12日 (土)

板山、1軍昇格即プロ1号。悔やまれる小野の交代期。

180512 広島○6-1●阪神(マツダ
勝利打点:大瀬良

NHK総合で完全中継。今日の先発は小野(中6日)、広島・大瀬良。不振のロサリオが初めて5番降格。板山がセカンドで昇格即スタメン。2回、ノーアウト1,2塁から三振で1アウトを取りますが、死球で1アウト満塁のピンチを背負った小野。大瀬良にもカウントを悪くしてしまいフルカウントから高めストレートをライトフェンス直撃の2点2塁打。まさかの一撃でカープ先制。

3回、2アウトから江越がショート内野安打で出塁すると、すかさず盗塁成功。続く糸原がセンター返しで二遊間を破りそうな当たりでしたが、田中が追いついてしまい1塁アウトにするファインプレーで得点ならず。3回、2アウトから松山の三塁線を破りそうな当たりを大山がダイビングキャッチ。内野安打になりましたが、長打になる所を止めて無失点に。

5回、先頭・板山が外角ストレートを弾き返してレフトスタンド最前列へ放り込む一発!実はこれがプロ初ホームラン。1点差に迫ると6回、1アウトから糸原が左中間への2塁打でチャンスを作りましたが、糸井がレフトフライ。4番起用の福留は空振り三振に倒れて無得点。そのウラ、安部のファーストゴロのアウト判定を巡って、緒方監督がリクエスト要求も判定は覆らず。

7回、先頭・ロサリオが1,2塁間を破るヒットで18打席ぶりのヒット。ただ後続が凡退して無得点。8番で攻撃終了となったこともあり、106球の小野が続投。代打・エルドレッドにヒットを許すと、バントの構えをする田中にストレートの四球。ここでたまらずマテオにスイッチしたのが裏目に。菊池が2度バント失敗で追い込まれてからバスターでセンター前ヒットで満塁とすると、バティスタの犠牲フライで3点目。2アウトまで行きましたが、安部、野間、会澤と三者連続押し出しでマテオもKO。初登板の尾仲がカウント3-0から抑えました。

5点差に広がった8回、代打・鳥谷がレフト線へ惜しいファウルも打ちましたが空振り三振。そのウラ、連投の石崎が1番から三者連続三振で抑えてくれました。9回はクリーンアップ3人が早打ちで凡退してしまいゲームセット。再び借金生活に入り、金本監督は今年最初の正念場に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
板山 尾仲(3) 石崎(4)
   
糸原  
江越 小野[負]  
ロサリオ 鳥谷
糸井 福留 大山 梅野 マテオ(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 尾仲祐哉投手(再昇格。前回は登板無く今回が初登板のチャンス。)
IN 板山祐太郎外野手(初昇格。2軍で打撃好調で出場チャンス。)
OUT 能見篤史投手(カープ打線に通用せず、次回先発も白紙に。)
OUT 山本翔也投手(急きょ1軍合流したが、3回5失点で一発アウト。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 能見、無残な9失点。福留&植田欠場で勝負にならず。 | トップページ | 原口、必死のパッチで代打成功!連敗ストップ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/66712065

この記事へのトラックバック一覧です: 板山、1軍昇格即プロ1号。悔やまれる小野の交代期。:

« 能見、無残な9失点。福留&植田欠場で勝負にならず。 | トップページ | 原口、必死のパッチで代打成功!連敗ストップ! »