« メッセ、8回11Kで開幕2連勝!5戦連続の先制で快勝。 | トップページ | 秋山、厳しい判定にも負けず。粘って今季初勝利! »

2018年4月 6日 (金)

梅野、見え見えのスクイズ。併殺幕切れで痛い敗戦。

180406 阪神●2-3○中日(京セラドーム
勝利打点:福田

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は藤浪(中5日)、中日・小笠原。ホーム開幕戦とあって陸上の桐生選手が始球式。初回、158キロで先頭大島に四球を出すと、京田の送りバントを処理した藤浪がアンダースローで1塁悪送球。これでリズムが乱れると、アルモンテへは投げる際にバランスを崩してよろめきながら大暴投。この間にドラゴンズ先制されますが、そのウラ、糸井が泳ぎながらライトスタンドへの逆転2ラン!

2回以降は取り戻した藤浪でしたが、5回に乱調。先頭・高橋のセカンド左へのゴロを上本が追いつきますが、間一髪セーフの判定。ここで金本監督が初のリクエストを要求しますが判定は変わらず。この後、2アウト2,3塁まで行きますが、トップに戻って大島、京田に突如ストライクが入らなくなり、8球連続ボールで押し出しで同点。たまらず石崎にスイッチして、アルモンテを空振り三振に抑えました。

そのウラ、梅野がセーフティバントを試みますが打球が体に当たって珍しいアウト。これが1つの伏線に。6回、球児が2アウト満塁の大ピンチを作りますが、打席にそのまま立たせた小笠原を空振り三振に抑えて無失点。そのウラ、上本糸井の連打でノーアウト2,3塁のチャンスでしたが、後続が凡退。福留のピッチャーゴロでホームを狙った上本が3フィートオーバーでアウト。

8回、2イニング目の岩崎でしたが、1アウトから平田が詰まりながらライト前へ落とすヒット。続く高橋も詰まりながらセンター前ヒット。打球判断の良かった平田は一気に3塁へ。ここで福田が3連打となるライト前タイムリーで勝ち越し。

1点を追う9回、田島との勝負。先頭・大山がレフト線への2塁打で出塁しますが、糸原に送りバントを指示。1アウト3塁となった所で代走・植田。ここで梅野をそのまま行かせたことでスクイズの匂いがしました。4球連続でセーフティスクイズの構えで最後はピッチャー正面。田島のグラブトスも決まり、交錯しかけてスタートの遅れた梅野も1塁アウトでまさかのゲッツー。痛い試合を落としました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 石崎[H](2)
  岩崎[負](4)
上本 糸原 原口 高橋聡(5)
   
大山 藤浪 鳥谷 俊介 西岡 藤川[H](3)
高山 ロサリオ 福留 梅野 植田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« メッセ、8回11Kで開幕2連勝!5戦連続の先制で快勝。 | トップページ | 秋山、厳しい判定にも負けず。粘って今季初勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/66583491

この記事へのトラックバック一覧です: 梅野、見え見えのスクイズ。併殺幕切れで痛い敗戦。:

« メッセ、8回11Kで開幕2連勝!5戦連続の先制で快勝。 | トップページ | 秋山、厳しい判定にも負けず。粘って今季初勝利! »